ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年12月

11件の記事があります。

2016年12月28日間もなく繁殖期!

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。



<飛翔する16羽のトキの群れ:12/8撮影>

 日本各地で鳥インフルエンザが猛威をふるっています。佐渡島内での発生は確認されていませんが、トキ関係者の間では緊張が続いています。

 そのような中、佐渡のトキたちは着々と繁殖期に向けて準備を整えていっています。島内の複数のトキたちにおいて、繁殖期が近いことを知らせる羽色の変化が確認されました。

 トキは繁殖期が近付く12月頃になると、首のあたりの黒い皮膚が厚くなり、粉状になってはがれ落ちます。これを水浴びをしてこすりつけることにより、頭から背中にかけて羽根の色を灰色に染めていきます。このように羽根の色を変えるのはトキだけだと言われています。


<着色が始まった個体(右)と、着色していない個体(左):12/8撮影>

 灰色に染まった羽根は、トキが繁殖可能な状態であることを表すとともに、巣で卵を抱く際の保護色の役目を果たすとも考えられています。

 今年は、放鳥したトキではなく、野生下で誕生したトキ同士のペアから「純野生トキ」が42年ぶりに巣立ちました。野生下で誕生したトキは生存率・繁殖成功率ともに高い傾向にあります。
 来年の繁殖期の結果や、いかに。トキたちに期待して、モニタリングにのぞみ
たいと思います。


 それでは皆様、よいお年をお迎えください。






トキに近づかず、やさしく静かに見守りましょう。

地域に迷惑をかけないようにしましょう。農地へ無断で入らないようにしましょう。

車から降りずに観察しましょう。

大きな音や光を出さないようにしましょう。

繁殖期間(2月~6月)は、巣に近づかないようにしましょう。

ページ先頭へ↑

2016年12月26日小笠原世界遺産センター(仮称)新築工事の様子 その9

小笠原国立公園 沼田 伸一

遺産センター成長記、第9回目です。

2016年もあと数日
1年って、あっという間に過ぎていきますね。

遺産センター、足場もだんだん取れてきているので、そろそろ外観がはっきり見えるようになっ

てきました。


正面玄関も何となく、らしくなってきました。


さて、先日に遺産センター内を視察してきたので、とうとう屋内を披露します!


と言っても、まだ柱が立っているだけで、これから壁を貼っていく感じでした。
写真の部屋は、保護増殖室といって世界自然遺産の価値のひとつである陸産貝類(カタツムリ)などを

飼育する場所です。
ガラス越しに、もう父島の野生下では見られないカタツムリ達を見ることが出来るようになる予定です。


それではみなさん良いお年を!

小笠原ではサンタクロースはトナカイに引かれたそりではなく、おがさわら丸に乗ってきます!

ページ先頭へ↑

2016年12月22日南アルプス市で「国立公園・野生生物フォトコレクション」始まります

南アルプス国立公園 大石 佳織

みなさん、こんにちは。

12月24日から南アルプス市櫛形生涯学習センターで、関東地区のアクティブ・レンジャーによる写真展「国立公園・野生生物フォトコレクション」が始まります!
チラシ


  ※写真展について詳細は、コチラをご覧ください。

今日、展示してきました。準備万端です!
(展示の様子)
会場の様子

動物、

鳥、

昆虫、

マイマイ、

植物、

レンジャー(!)、

壮大な景色。
とてもバラエティに富んだ内容になっています。
展示作業をしながら、各地を旅しているような気分になりました。
皆さんも近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

また、この写真展では、現地に足を運ばないとなかなか入手できない関東地区の国立公園などのパンフレットの配布もしています。

気に入った写真が撮影された地域のパンフレットを手に入れて詳しくチェックするのもいいですね。 今後の旅行計画の参考にすることもできますよ。

また、櫛形生涯学習センターには図書館が併設されているので、写真を見て気になったことを本で調べてみることもできるかもしれません。
なお、図書館の開館時間・休館日は生涯学習センターとは異なりますのでご注意ください。

詳しくは南アルプス市立図書館ホームページでご確認ください。

(会場の櫛形生涯学習センター)



冬休みのお子さんやご家族で、またお一人でふらっと立ち寄ってくださるのも歓迎です。
会場は2階ですが、エレベーターもありますので、皆さまどうぞお気軽にお越しください。

ページ先頭へ↑

2016年12月20日尾瀬沼ライブカメラ

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは

冬の尾瀬は人が立ち入らない厳しい自然の場所なのですが、
その間尾瀬がどうなっているか気になりませんか?

そんな時は
環境省自然環境局生物多様性センターが運用しています
ライブカメラをチェックするのはどうでしょうか。

尾瀬には複数カメラが設置されていますが、

環境省のカメラは尾瀬沼に設置されています。
冬の尾瀬沼や湿原、
東北以北最高峰である燧ヶ岳の様子が楽しめ、
過去の画像と見比べて自然の遷移も確認できます。


 
(左)2002年12月20日14時撮影 (右)2016年12月20日14時撮影
※どちらの画像も環境省檜枝岐自然保護官事務所が縮小加工をしています。

また、日光や富士箱根などにも設置されていますので
お気に入りの場所を探してみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
生物多様性センター インターネット自然研究所
http://www.sizenken.biodic.go.jp/index.php
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 




ページ先頭へ↑

2016年12月14日箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄一斉防止パトロール

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

1129日に、毎年恒例の箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄一斉防止パトロールが行われました。

同日に一斉に各管理地のパトロールをして、ゴミが落ちていたら拾うというイベントに今年も沢山の方々がご協力して下さいました。

私達も昨年と同様、箱根スカイラインへ向かう道を巡回したのですが、再び沢山のゴミが落ちていたのを発見しました。この道は車通りが少なく、夜間などに車を停めてゴミを投げ捨てやすいのだと思います。

ちょうど道路脇が崖になっている所なので、ロープを使ってゴミを引き上げて行きます。







短時間で軽トラックがいっぱいになりました。これでもこの道は箱根町の方が既に何回か巡回している所とのことでした。

当日のゴミ回収量は全参加者の合計で約451kgにも上りました。缶やペットボトルや紙くずが多いのですが、中には冷蔵庫や電子レンジなどの大型ゴミもありました。

国立公園内外にかかわらず、ゴミの不法投棄はやめましょう!

またご協力頂いた皆様には誠に感謝申し上げます!

(今年度ご協力頂いた参加機関・団体、及び事業者はこちら )

*******************************************************************************

【機関・団体】

国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所、林野庁関東森林管理局東京神奈川森林管理署、神奈川県県西地域県政総合センター、神奈川県自然環境保全センター箱根出張所、神奈川県県西土木事務所小田原土木センター、箱根町、裾野市、公益財団法人神奈川県公園協会、一般財団法人自然公園財団箱根支部

【事業者】(五十音順)

伊豆箱根交通株式会社、伊豆箱根鉄道株式会社、伊豆箱根バス株式会社、小田急箱根ホールディングス株式会社、株式会社小田急リゾーツ、箱根観光船株式会社、箱根ターンパイク株式会社、箱根登山バス株式会社、箱根ロープウェイ株式会社、株式会社プリンスホテル

*******************************************************************************

ページ先頭へ↑

2016年12月13日尾瀬 檜枝岐の冬

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは

尾瀬国立公園は福島県側にあります檜枝岐村では
雪が降っては溶けての繰り返しです。





12月12日朝の様子です。 事務所前は30cm-50cmほどの積雪でした。



こちらは大雪の冬となった 2014年12月16日の様子です。

雪の量が違います。
これでは除雪しないと事務所に入ることができなさそうですね。

雪かきは大変ですが

はたして今回はどれほど雪が降るのか楽しみです。

ページ先頭へ↑

2016年12月12日箱根地区パークボランティア 勉強中!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

123日(土)に箱根地区パークボランティア向けに開催している

平成28年度第2回パークボランティア研修を開催しました。

今回のテーマは【箱根ジオパークと国立公園の連携】。

今年度9月に箱根ジオパークが

「南足柄市の編入」に伴い「日本ジオパークに新規認定」されたことを受けて本テーマによる講義を実施しました。

今回編入した南足柄で活動されている「南足柄ジオガイドの会」の方達も参加してくださり、計37名の参加となりました。

ペレットストーブを点けても寒い部屋の中でしたが、3名の講師

・箱根ジオパーク推進協議会 事務局の片野氏

・神奈川県温泉地学研究所 所長の里村氏

・伊豆半島ジオパーク推進協議会 事務局 専任研究員の鈴木氏

により「箱根ジオパーク新規認定について」や「昨年の箱根火山について」「伊豆半島と箱根について」など、今後の活動に役立つ講義が行われました。



皆さんは質問もしつつ、真剣に講義を聞いていました。

講師を含め、全員で「意見交換会」も実施しました。

短い時間でしたが、様々な意見が飛び交います。

箱根パークボランティアの皆様、1日お疲れさまでした!

今後も箱根を訪れる方に箱根の魅力をお伝えできるよう、一同お待ちしております!

ページ先頭へ↑

2016年12月08日鮮やかに色づく 伊豆半島の自然

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

今回は冬の伊豆半島の植物について紹介いたします。

こちらのとんがり頭の花は、アロエです。12月~1月になるとアロエの花が見頃になります。

(2016/12/1 アロエの花まつり)

伊豆半島南部にある下田では、アロエの花まつりが開催され、地域に親しまれている植物の1つです。この辺りではアロエを植えて育てている家も多く見られます。昔からアロエがあれば「医者いらず」と言われ、さまざまな健康効果があるそうです。

次は、紅葉です。

 

 

  

 

 

(2016/12/2 長九郎山 2016/12/6 天城峠周辺

 2016/12/6 河津七滝 2016/12/6 天城峠周辺)

 

■長九郎山では、黄色い葉が多く見られました。写真を撮影した前日、強風だったのでモミジの木は、

 葉をたくさん落としていて、少し寂しい感じでした。

■河津七滝周辺は、紅葉していてとても綺麗でした。今が見頃かもしれません。

■天城峠周辺は、黄色い葉もあれば、時期が過ぎた褐色の葉もありました。黄色い葉のモミジも

 とても綺麗でした。

3カ所とも伊豆半島の中央付近に位置している地域ですが、紅葉の状況はバラバラでした。

同じ地域でも標高、日当たり、川の近くなど条件の違いで気温差あり、色づき具合が異なるのではないかと思います。

  

(2016/12/2 長九郎山 シャクナゲ) 

一方で来年に向けて準備を始めていたのは、シャクナゲです。つぼみをつけています。

来年の5月頃には、たくさんの綺麗な花を見せてくれそうです。

ページ先頭へ↑

2016年12月02日放鳥トキ、山形県に飛来!

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。



 山々は雪に覆われ始め、いよいよ佐渡でも冬到来です。

 寒さも厳しくなってきた11月11日、佐渡から遠く離れた「山形県鶴岡市」で、トキ1羽の飛来が確認されました。



 
 このトキは、個体識別用に脚に付けられているリングによって、今年6月に佐渡で放鳥されたNo.258(1歳、メス)だと判明しました。

 No.258は10月25日の佐渡の小木(おぎ)地区での確認を最後に、観察されていませんでした。

<佐渡の小木地区にて枯木にとまるNo.258>

 佐渡から山形県鶴岡市までは、直線距離にしておよそ150㎞。佐渡から本州へは最短でも30㎞以上に及ぶ佐渡海峡を渡らなければなりません。

 この海を渡り、しかも山形県で確認されたというニュースは、モニタリングチームを驚かせました。こうしたトキの驚きの行動を身近に経験できることは、トキモニタリングの醍醐味です。

 さて、本州へのトキの飛来は先月10月13日に新潟県長岡市で確認されたNo.276(1歳、メス)に続き19例目、山形県への飛来は3例目です。

 まだまだ若く、これからどのような動きをするのか全く読めないNo.258。次はどこに現れるのでしょうか。私たちの身近な場所に飛来することがあるかもしれません。

++++++++++++++ 【トキを目撃した際は下記へご連絡ください】 ++++++++++++++

関東地方環境事務所 佐渡自然保護官事務所

電話番号:0259-22-3372

FAX  :0259-22-3379

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2016年12月01日南アルプスの「ニホンジカ対策ワーキンググループ」とは?

南アルプス国立公園 大石 佳織

みなさん、こんにちは。


今日は会議についてお伝えしたいと思います。

11月29日、南アルプス市で「ニホンジカ対策ワーキンググループ」が開催されました。

(会議の様子)


●「ニホンジカ対策ワーキンググループ」とは?

南アルプスに関わる山梨県、長野県、静岡県、周辺10市町村、地主、林野庁及び環境省が構成メンバーです。

平成21年6月に発足した「南アルプス高山植物等保全対策連絡会」が時を経て、平成28年11月29日に南アルプス自然環境保全活用連携協議会傘下の「ニホンジカ対策ワーキンググループ」へ移行しました。


●何のために発足した?
南アルプスでは1990年代末頃からニホンジカによる影響が高山帯でも見られるようになったため、高山帯・亜高山帯の植生(お花畑)を保全するため、国や自治体でそれぞれ対策を始めました。
そして、平成216月 関係行政機関間で情報を共有することにより効率的・効果的な取り組みにつなげる場として「南アルプス高山植物等保全対策連絡会」が発足しました。

●ニホンジカ対策方針を策定!
さらに、「南アルプス高山植物等保全対策連絡会」では多くの検討を重ねて平成23331日「南アルプス国立公園ニホンジカ対策方針」を策定しました。そして5年後、状況の変化を把握するとともに名称を簡素化し、平成28331日「南アルプスニホンジカ対策方針」として改訂・更新されました。
南アルプスニホンジカ対策方針では、南アルプスの高山・亜高山帯に影響を及ぼすニホンジカへの対策を、関係行政機関が連携・協力して実施するために、保全対象や目標、役割、実施すべき対策等を示しています。

※詳しくは南アルプス国立公園の各種資料のページにある、南アルプスニホンジカ対策方針をご覧ください。


ここまでカタく書きましたが、これまでの経緯を平たく言うと以下のような感じです。
その1: 南アルプスでの異変に気付く >
1990
年代末頃から、南アルプスの関係者が山の異変に気付き始めました。
  南アルプスで高山植物のお花畑が減っていたり、
  樹木の皮が剥されていたり、
  植物が失われて土壌が流れ出てしまっていたり...
そして、「ニホンジカによる影響が拡大している」ということに気づき、県や市町村、国が対策を始めました。

(左から順に、ニホンジカによる食痕、樹皮剥ぎ痕、植物が失われ土壌が流れてしまった場所)





< その2: 現場の状況をちゃんと調べて整理しよう(平成20年度) >

平成20年、環境省はニホンジカによる影響などの現状を把握するとともに、今後の対策について専門家と検討しました。

その結果、ニホンジカからの影響は深刻で、関係者が協力して対策を進めていく必要があることがわかりました。

< その3: 情報共有の場が誕生(平成21年6月) >

南アルプスの自然が壊れてしまうのを食い止めるために皆で集まって、それぞれが、

 ・どんな対策をしているのか

 ・その対策の効果はどうなのか

 ・どんな課題があるのか

等の情報交換と意見交換をし、より良い対策につなげていく場を作りましょう!
ということで「南アルプス高山植物等保全対策連絡会(現、ニホンジカ対策ワーキンググループ)」が誕生しました。


11月29日の会議では、南アルプス自然環境保全活用連携協議会傘下のワーキンググループに移行した経緯が協議会事務局から報告され、了承されました。

また、オブザーバーとして招いた専門家から、南アルプスの高山帯を利用するニホンジカの移動経路調査結果と、そこから見えてくるニホンジカの行動特性等についてお話しいただきました。

さらに、ニホンジカの行動特性を踏まえた捕獲効果の検証が改めて必要であること等の助言も頂きました。

(北岳山荘付近でくつろぐニホンジカ)
北岳山荘付近でくつろぐニホンジカ

山に登ればシカの気配を頻繁に感じ、姿を見かけることもあります。
防鹿柵の外側では高山植物が食べられ、昔の写真に見られたお花畑は衰退し、植物が失われて土壌が流れ出てしまったような場所さえあります。
このワーキンググループで共有される情報が有効に活用されるよう、今後も関係者と協力し取り組み続けます。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ