ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年1月

9件の記事があります。

2017年01月31日南アルプスの「ニホンジカ」と「ライチョウ」について、こんな展示をしています

南アルプス国立公園 大石 佳織

みなさん、こんにちは。
ここ数日の暖かい陽気で自然保護官事務所がある芦安周辺の山々に積もった雪はかなり減っています。
寒いのは苦手なのですが、あまり雪が少なくなってしまうとニホンジカが南アルプスの高山に登る時期が早まるのでちょっと心配しています。


さて、今日は南アルプス自然保護官事務所で作成した、ニホンジカ問題やライチョウ保護に関する展示についてご紹介します。

● 野呂川広河原インフォメーションセンターでの展示

南アルプス 北岳の登山口である広河原には「野呂川広河原インフォメーションセンター」があります。
※野呂川広河原インフォメーションセンターは現在、冬期閉鎖中です!

(建物外観。バス乗り場の前にあります)



この建物の2階では、平成27年度から山梨県森林総合研究所と共催で、南アルプスのニホンジカ問題について紹介しています。

(展示の様子)

山梨県森林総合研究所は、北岳の植生被害をランク分けして地図で紹介しています。

一方、南アルプス自然保護官事務所で作成した展示は、南アルプスの景観が変化した様子を紹介したり、対策について説明しています。

また、平成28年度からは階段の壁面にライチョウ保護の話を少し紹介しています。

(ライチョウの展示。スペースの関係で量は少なめ)

この夏、広河原を訪れる機会のある方はぜひご覧くださいね。

● 写真展などでの展示
ニホンジカやライチョウについてより多くの人に知ってもらうため、機会を見つけては様々な場所で展示をしています。

自然保護官事務所のある芦安で開催される「新緑やまぶき祭」や「国立公園・野生生物フォトコレクション」の南アルプス会場などでも展示をしてきました。

(平成28年度の国立公園・野生生物フォトコレクション(南アルプス会場)での展示の様子)

これはライチョウの保護について紹介する展示です。

この時はライチョウという鳥について学ぶクイズも一緒に置かせてもらい、お子さんにとても好評でした!

● より多くの人に展示を見てもらうために
いろいろな場所で展示をする場合、会場によって使用できるスペースの大きさや形状が異なるため、これまではバラバラの素材を会場で貼りつけて展示してきました。

この方法は、それぞれの場所にあった展示ができるのですが、いかんせん作業に時間がかかります。

そこで、「いつでも」「どこでも」「誰でも」展示ができるように、ポータブル(?)展示を作成しました!
(ポータブル?展示)




...単に模造紙に貼りつけただけです。

が、これを貼る壁面がありさえすれば、いつでもどこでも誰でも簡単に展示ができるようになりました!

(ちょっと混み合っているのと、若干斜めになっている部分はご愛嬌ということでお許しください...。)

ちなみにおおよそのサイズは、高さ160cm×幅110cm。
漢字にはふりがな付き。


この展示は、仁田自然保護官が講師を務めた南アルプス学講座(1月21日(土)開催)の早川町の会場にも出張し、掲示されました。
現在は南アルプス自然保護官事務所内の壁に貼りつけてありますが、貸し出し可能ですよ。

冬の間、現場に行く機会がほとんどない南アルプスのアクティブ・レンジャーは、事務所内でこのような展示物の作成もしています!

+++ 野呂川広河原インフォメーションセンターについて +++++++++++

 開館期間:6月中旬から11月上旬

 ※現在、冬期通行止めのため広河原へはアクセスできません。
 ※展示にご興味のある方は、6月下旬頃のバス運行開始までお待ちください。
  南アルプス国立公園ホームページアクセス・施設のページもご覧ください。
++++++++++++++++++++++++++++ 南アルプス自然保護官事務所 +++



ページ先頭へ↑

2017年01月27日冬の中津川「勘兵衛の滝」

秩父多摩甲斐国立公園 野崎 拓

少し前になりますが、1月18日に奥秩父の中津川にある「勘兵衛の滝」を見てきました。

(大若沢休憩所)

1月上旬に降り積もった雪も大分減っており、この日は車で大若沢休憩所まで行くことができました。

※スタッドレスタイヤなど冬用装備は必要です。





大若沢休憩所から勘兵衛の滝の区間は、彩の国ふれあいの森(学習の森)にあり、イヌブナやシオジなどの原生林と渓流の美しさが特徴です。


沢沿いのため至る所で氷柱が見られます。


(勘兵衛の滝)

大きな滝ではないものの、両側に迫る岩壁が滝の存在感を際立たせていました。

中津川はもともと紅葉が有名な渓谷のため冬場はあまり注目されませんが、四季を通して楽しめるオススメの渓谷です。

※現在、勘兵衛の滝より上流の歩道は通行止めになっています。また、道路状況によっては歩道や駐車場までの道が通行できなくなる可能性があるため、お越しになる際は事前の情報収集をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2017年01月26日冬の金時山

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

金時山は一年を通して登れる山ですが、冬の登山には軽アイゼン等の雪山登山の装備が欠かせません。現在の登山道は、雪が踏み固められて氷状になり、大変滑りやすくなっております。特に下りが大変危険ですので、注意してお歩きください。







さて、そんな冬の金時山ですが、空気が澄んだ今の季節は、山頂から綺麗な富士山を見られる確率がかなり高くなります。



また南方面へ向くと、眼下に広大な景色を眺めるができます。



左から大涌谷、仙石原のススキ草原、芦ノ湖、駿河湾まで見渡せます。

しばらく寒い日が続いており、雪が溶ける気配はありません。

下界に雪が無い状態でも、冬に山に登る際は必ず雪山装備を持参してお楽しみ下さい!


ページ先頭へ↑

2017年01月24日奥多摩で「国立公園・野生生物フォトコレクション」開催中!

秩父多摩甲斐国立公園 野崎 拓

みなさん、こんにちは。

現在、奥多摩ビジターセンター2階で「国立公園・野生生物フォトコレクション」が開催中です!



関東地区で活躍するアクティブレンジャー達が撮影した、動植物・風景・活動の様子などの写真を展示しています。
開催案内の詳細はコチラをご覧ください。

(奥多摩ビジターセンター)

奥多摩でのフォトコレクションは212()まで開催されます。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

ページ先頭へ↑

2017年01月24日火山が生み出す景色【伊豆大島】

富士箱根伊豆国立公園 森山希美

寒い日が続きますね。寒さで外に出るのにためらいを感じることもありますが、こんな時こそ空気が澄んでいて、きれいな景色を見ることができる側面もあります。今回は最近伊豆大島島内で撮影した写真より、火山島ならではの景色をご紹介します。

●地層大切断面

地層大切断面

ご覧いただき分かるように、巨大な露頭です。島の外周を一周する道路の一角に姿を現します。伊豆大島では島内全域に影響を及ぼす大噴火が100から200年の周期で繰り返し発生してきたといわれており、噴火による噴出物が重なってこのような層を作っています。約100層、2万年分の噴火の歴史が刻まれています。

●トウシキ遊泳場

トウシキ遊泳場

夏には海水浴やスノーケリングを楽しむ人々でにぎわうこの場所は、外からの波や潮の流れが溶岩によって遮られ、天然のプールのようになっています。伊豆大島の海岸線では、このように溶岩が生み出した複雑な形をした入り江や潮溜まりがたくさん見られます。

●ボムサッグ

ボムサッグ

激しい噴火で飛ばされた石が地面にめり込んで残っており、これをボムサッグといいます。トウシキ海岸にあるこの石は約500m離れた波浮港(はぶみなと)から飛んできたと推測されています。

<おまけ>

●三原山中央火口

三原山中央火口

(写真提供:伊豆大島ジオパーク)※残念ながら巡視中に撮った写真ではありません

伊豆大島の中心にそびえる三原山の火口です。噴火のたびに姿を変えてきました。現在の火口は径約300m、深さ約200mの大穴となっています。

伊豆諸島の島々は、火山活動によって生み出され、姿を変えてきました。今回ご紹介したもの以外にも、火山島ならではの景色を各所で見ることができます。ぜひ「絶えず変化し続ける地球」を体感しに、伊豆諸島へお越しください。

ページ先頭へ↑

2017年01月18日雪と氷の天城山

富士箱根伊豆国立公園 橋本 和加子

1月17日、天城山の万二郎岳(ばんじろうだけ)まで巡視をしてきました。

これから天城山へ登山に行かれる方は、防寒対策だけでなく、雪山登山の装備(最低限、軽アイゼン。他にはストックや雪目対策のサングラス)が必須です。

 

数日前に大寒波に見舞われた日本列島ですが、事務所がある沼津市はほぼ快晴で、雪はひとひらも舞うことはありませんでした。

巡視に向かう時も、登山口が近くなる天城高原の別荘地付近から道路脇に雪が見られる程度でしたが、登山口の天城高原ゴルフ場入口から、様相は一変しました。

登山口からすぐの階段

 

積雪量はそれ程ありません(約10cm)が、すでに氷と化していてつるつる滑ります。

雪が積もっているだけに見えますが、足を載せても沈むことがないくらい固まっています。

足の置き場所や歩き方を慎重にしないと、滑って転びそうで非常に危険です。

万二郎岳までの登山道は、ずっと同じような状況で、天気が良くても、1000mを越える山は雪が溶ける気配は見られませんでした。

 

そんな厳しい状況の天城山ですが、もちろん冬ならではの良さがあります。

この日は風もなく穏やかに晴れて、いつも以上に眺めが良く、登山道途中の開けた場所からは、熱海方面の海岸線や神奈川県の大山(おおやま)などがはっきり見えていました(下の写真)。

 

他にも雪の上に動物の足跡を確認できたり、木々の幹の上に残る様々な雪の形が見られたりと、楽しみながら歩くことも出来ます。

リョウブの幹の上に残る雪

 

積雪期の安易な登山は禁物ですが、事前に情報収集をして装備を整え、現地での判断を確実にすれば、安全に雪山を楽しむことは可能です。

伊豆半島の山だと甘く見ず、万全な冬装備でお出かけ下さい。

ページ先頭へ↑

2017年01月17日雲龍渓谷 氷瀑現状調査

日光国立公園 高橋祐子

初めまして。日光自然環境事務所の高橋と申します。

12月1日からアクティブレンジャーとして着任いたしました。

着任してきてからまもなく二ヶ月。ようやく仕事のペースなどが少しずつ掴めてきたこの頃です。

中旬に行われた、雲龍渓谷の氷瀑現状調査に同行しましたので報告します。

この調査は毎年利用開始前に、栃木県・日光市の山岳連盟と雲龍渓谷を利用する事業者の方が集まり、渓谷内の氷瀑の成長具合、アクセスルートや危険箇所の確認などを行っているものです。

まさに圧巻!大自然の芸術作品です。

燕岩の氷瀑も一つはすでにつながっており、成長中の氷瀑もありました。

冬ならではのすばらしい風景ですが、大自然の懐深くに入るということは、包含するリスクも大きくなると云うことです。

落石や落氷、様々な危険があることをどうかお忘れなく。

風や日差しの強い日は要注意です。

氷瀑にたどりつくまでには雪に埋もれた小川を渡りますので、足場をよく確認し、踏抜き等に注意することも必要です。

また、氷柱落下事故のリスク低減のため、昼頃までには下山しましょう。

今年の入渓期間は、2月12日(日)まで。

以降は気温の上昇などにより氷柱落下等が発生し始め、危険性が高まるとのことです。

入渓に当たっては、登山届けの提出をお忘れなく。

ネットでも提出できるようになっていますので、ぜひご活用ください。

https://s-kantan.com/pref-tochigi-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=1158

補足:お手洗いはありませんので、「携帯トイレ」等のご用意と、紙も含めた持ち帰りをお願いします。

ページ先頭へ↑

2017年01月12日今が見頃!! 300万本の伊豆下田スイセン

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

今回は、下田市爪木崎で見頃を迎えているスイセンをご紹介いたします。

12月頃から咲き始めた爪木崎の約300万本ものスイセンは、ちょうど見頃を迎えて辺り一面を埋め尽くしていました。見に来たほとんどの方々がこの綺麗なスイセンを撮ろうとカメラや携帯電話を構えていたのが印象的でした。

 

(爪木崎 スイセン 2017/01/12)

風が吹くたび甘い香りがして、周りから「良い香り~」という声がたくさん聞こえました。 

風で一斉に揺れるスイセンは、まるで波のようで見ていて飽きませんでした。

 

 

(爪木崎 スイセン 2017/01/12)

あいにく連日の強風で一部倒れてしまっているスイセンもありました。 

 

(爪木崎海岸 スイセン 2017/01/12)  

そんな中、強い海風にさらされ続けてもしっかり立っているスイセンに自然の力強さを感じます。

 

 

(爪木崎 スイセン 2017/01/12)

スイセンは、様々な種類がありますが、ここに咲くほとんどのスイセンはニホンスイセンです。ニホンスイセンは、ニホンと名前についていますが、原産は地中海沿岸地方で日本には中国から渡ってきて野生化したそうです。綺麗な花と香り、ニラの様な葉が特徴的な植物です。花が咲いていない、葉だけの時期は、本当にニラそっくりで間違えてしまいそうですが... 

スイセンは、有毒植物です。食べられません。 

 

ニラと間違えて食べて死亡してしまった例もあるようですので絶対に食べないでください。スイセンの場合、綺麗な花には棘ではなく、毒があるので気をつけましょう。

ページ先頭へ↑

2017年01月11日絶賛開催中!!企画展「小笠原国立公園」のお知らせ

小笠原国立公園 田谷以生

こんにちは。2017年初の投稿です。

本年もよろしくお願いいたします。

皆さんはどこでどんなお正月を迎えましたか?

私は初めて小笠原での年越しでした。

大晦日の夜はカウントダウンイベントに参加し、島民や観光客などたくさんの方々と新年を迎えました。

元旦の朝は父島の中央山で日本一早い初日の出を拝み(※)、日本一早い海開きにも参加しました。

さすがに水温は少し冷たかったですが、やっぱり小笠原の海は綺麗で、とても気持ちよかったです。

日差しが暖かかったので思ったよりも寒くなかったですよ。

さて、本題は国立科学博物館で開催中の企画展「小笠原国立公園」のお知らせです。

お知らせが遅くなってしまいましたが、2月12日(日)まで開催してるので、まだまだ間に合います。

小笠原の自然や固有の生き物などについてご紹介していますので、ぜひ足を運んでみてください。

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/temporary/

小笠原は東京から1000㎞、船で24時間もかかり、簡単に訪れることのできる場所ではないですが、

上野ならお買い物や東京観光のついでにも気軽に足を運べますね。

金曜日と土曜日は20時まで開館しているので、お仕事帰りに立ち寄ることもできます。

企画展「小笠原国立公園」で小笠原に興味を持っていただき、今のうちから旅行の計画を練って、

2017年はぜひ小笠原にも遊びにきて下さい!!!

(※日本の国土全体では南鳥島が最も早く、人が定住している場所としては小笠原諸島の中でも、

父島よりさらに南に位置する母島の方が日の出が早いそうです)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ