ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年2月

7件の記事があります。

2017年02月20日箱根で登山道補修ボランティア

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

皆さんは山登りが好きですか?

普段は何気なく歩いている登山道。歩きやすい登山道があったり、逆に荒れている箇所があったり。道の具合を気にしながら歩くと、色々と気が付くことがあります。

現在箱根では、町の登山道の補修活動の舞台でボランティアの方々が活躍されています。

箱根は都心からのアクセスが良く、登山道の利用者が多いので、オーバーユースによる道の荒廃が起こったりします。登山者の踏圧によって道が掘られると、そこに雨水が流れ浸食が起こり、徐々に溝が深くなってしまいます。そんな状態を防ぐために、定期的な登山道補修は欠かせません。

登山道の補修は月2回行われており、箱根自然環境保全活動研究会が第3土曜日に、箱根町が第4水曜日にボランティア活動を主催しています。

先日は黒岳という所の、急坂で土が露出している、転倒の危険性が高い場所の補修を行いました。

その日は新規の参加者が3名おり、その内の2名は女性でした。

補修箇所の現場までは人力で資材を運ぶ必要があるのですが、女性の方も大変パワフルに資材を運んでいました。もちろん自分ができる、危険のない範囲で作業は行っていただきます。

冬は地面が凍っているため、山へ補修活動に行かずに、補修に使う杭づくりを行ったりすることも多いのですが、この日は天気も良く地面の氷が溶けていたため、現地で作業を行いました。

杭打ちは多少慣れが必要です。慣れるまではへっぴり腰になったり、木槌をうまく杭に当てられません。熟練の方ですとうまく力を抜きながらも打てるのですが、初心者は力を入れ過ぎて振ってしまうので、翌日には腕が筋肉痛になってしまいます。

作業に慣れてくると夢中になってしまい、あっという間に時間が過ぎて行きます。

また、作業中に登山者の方から「ご苦労様です」、「ありがとうございます」と言われたりするのが大変励みになります。

補修を終了して成果を振り返ってみると、かなり整備が進んだことに驚きます。

みんなで一心不乱に作業を行った結果ですね。

作業前

作業後

作業前は、急坂のため下るときに勢いがついて、止まることができないような道でしたが、階段を作ることによって、落ち着いて歩けるようになりました。また適所に水切りを作ることによって、水の勢いを止め、雨による洗掘も防ぐこともできます。

登山道補修活動は心地よい疲労感と大きな達成感があります。箱根自然環境保全活動研究会の代表の辻本さんは「登山やトレランのように、登山道補修も自然の楽しみ方の1つとして定着してくれれば」とおっしゃっていました。

この回の補修活動は地元のタウンニュースにも紹介されました。

http://www.townnews.co.jp/0609/2017/01/27/367847.html

爽やかな汗がかけ、登山者や環境にも優しく、活動後のご飯やお風呂が楽しみになる登山道補修活動。
ぜひ皆様も体験してみませんか?

+++++++++++++++++++++ 箱根の登山道補修ボランティア +++++++++++++++++++++

興味を持った方は箱根ビジターセンターまでご連絡下さい。

初心者の方も、経験者が優しく指導いたします。

箱根ビジターセンター

TEL0460-84-9981

Emailhakone-vc@kanagawa.email.ne.jp

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2017年02月17日ラストチャンス! 【那須】平成28年度国立公園・野生生物フォトコレクション

日光国立公園 吉川 美紀

 みなさんこんにちは。

 那須では場所によって1mを越えるほどたっぷりと雪があり、雪上トレッキングをはじめとするウィンタースポーツなど冬ならではの楽しみが満喫できる時期となっています。

 那須のARは雪にも負けずスノーシューを使用して巡視に行きます(ただし安全が確保できる場所のみ)!

 毎年のことながら、シーズン初のスノーシュー巡視はワクワクします。

(1m以上の積雪の上を関係者で巡視中)

 そんな冬本番の那須よりお知らせです。

 「平成28年度国立公園・野生動物フォトコレクション-アクティブレンジャー写真展-」を、那須で開催いたします!

 <開催期間>平成29年2月18日(土)~平成29年3月12日(日)

 <会  場>那須高原ビジターセンター(栃木県那須郡那須町湯本207-2)

       ( 開館時間:9:00~16:30 水曜日休館 )

 この写真展では、関東地区のアクティブレンジャーが日々の業務の中で撮影した風景や動植物の写真を展示します。

 現地で働き、現地を知っているからこそ切り取れた瞬間や、なかなか気づくことのない視点や感性で写された写真など、様々な写真があります。

 あなたのお気に入りの1枚を見つけてみてください。そして、気になる写真が見つかったら、ぜひ実際に現地を訪れてみてください!

(写真展会場の様子)

 1年間関東地方環境事務所管内を巡回してきた平成28年度アクティブレンジャー写真展も、那須会場での開催が最後となります。

 まだ見ていないという方、もう一度見たいという方、那須町にお住まいの方、那須へ遊びに行く予定がある方は、ぜひお立ち寄りください!

● 那須高原ビジターセンターHP ●

http://www.nasuheiseinomori.go.jp/vc/

● 写真展お知らせ ●

http://www.env.go.jp/park/nikko/topics/28_1.html

ページ先頭へ↑

2017年02月10日一足早い春の訪れ 河津桜

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

まだまだ寒い日が続きますが、伊豆半島の河津町では河津桜が満開に近くなっています。河津桜は、一般的によく目にするソメイヨシノに比べて、開花が約1ヶ月早く、ピンク色がやや濃いのが特徴です。 

 

 

(2017/2/10 河津町 河津桜) 

 

 

河津桜は、約60年前に河津町の河津川で苗が発見されました。その後、発見された桜は今までなかった種類とわかり、原木が河津町にあることから河津桜と命名されました。  

 

(2017/2/10 河津桜の原木) 

 

 

河津川沿い約3kmの桜並木は、見事でずっと見ていても飽きませんでした。見に来た人たちは、河原に降りて見たり、桜と写真を撮ったり、とても楽しそうで日本人は改めて桜が好きだなと感じました。

 

 

 

(2017/2/10 蜜を吸いにきたメジロ) 

 

一足早い春の訪れにたくさんの鳥も大喜びでした。 

桜を見ながら歩いていると鼻がムズムズ。

今年も春の訪れを 「はな」 が教えてくれました。

 

 

(2017/2/10 河津川)

 

皆さんもぜひ綺麗な河津桜を見に来てください。 

花粉症の方はそろそろ辛い時期が始まりそうなので対策をお忘れなく。

ページ先頭へ↑

2017年02月10日お知らせ:2月17日南アルプスのニホンジカ対策に関する活動報告会があります

南アルプス国立公園 大石 佳織

みなさん、こんにちは。
昨日からの雪で、自然保護官事務所がある芦安は銀世界に変わりました!
(今朝の芦安 2月10日撮影)

木の枝に雪がついて花のようです

雪には苦労や危険がつきものですが・・・うーん、やっぱりきれいですね!

なお、この雪の影響で夜叉神峠登山口へ続く林道南アルプス線が通行止めになっています。除雪が終わるまでは通行止めが続くようですので、入山予定の方は山梨県県営林道通行規制情報を確認してからお出かけくださいね。
参考:山梨県ホームページ山梨県県営林道通行規制情報


さて、来週217日(金)に、長野県伊那市でニホンジカ対策に関する活動報告会があります。

 「南アルプス食害対策協議会活動報告会」
  日時:217日(金) 1330から1615
  会場:伊那市役所5階501502会議室 (伊那市下新田3050番地)
  ※ 申込み不要、参加費無料
  お問合せ:南アルプス食害対策協議会事務局 (伊那市 農林部 耕地林務課) 
  
TEL 0265-78-4111 内線2416
(報告会のチラシ。クリックすると大きな画像で見られます)

南アルプス食害対策協議会活動報告会リーフレット

南アルプス食害対策協議会は、南アルプスの長野県側でニホンジカ問題に対し、調査や防鹿柵の設置、捕獲など様々な活動を実施しています。
活動報告会は毎年この時期に開催され、いつも興味深い話をたくさん聞くことができて参考になるので、私はいつも楽しみにしています。

もちろん南アルプス自然保護官事務所の仁田自然保護官も活動報告を行いますよ!
内容は、仙丈ヶ岳での植生モニタリング調査結果について。
仙丈ヶ岳では防鹿柵を設置した2008年から3年に1回、防鹿柵の内側と外側で植生調査を実施しています。その結果と、そこから見えてきたことについてご紹介しますので、ご興味のある方は、是非お越しください!

ページ先頭へ↑

2017年02月08日伊豆の山、冬のハイキングの楽しみ方。

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

27日(火)、伊豆半島の山稜線に整備されている「伊豆半島山稜線歩道」の内、仁科峠と三蓋山(みかさやま)の間を巡視しました。

先月は、歩道を覆ってしまうような積雪に見舞われた伊豆半島の山ですが、2月5日の雨は山の上でもみぞれ混じりの雨だったようで、雪はまったく見られませんでした。

今回の巡視では、好条件が揃っていたのか、冬ならではの光景を目にしたのでご紹介します。

 

まずは、水面が凍った【猫越岳山頂の池】です。

凍っているのがわかるでしょうか?

とても薄い氷だったので、戻る時に確認したらすっかり溶けていました。

 

次は、こちらも氷で【木の根にぶら下がるつらら】です。

危険な尖り具合ですが、細いのでかわいさ満点です。

冬の日だまりに溶け始めて、少しずつ滴を地面に落としていました。

 

こちらは、なんとか姿をとらえた鳥【ウソ】です。

写真中央にいるのがわかるでしょうか?

足音を立てないように近づくのですが、さすがは野鳥です。近づいた分だけ離れていきます。

ウソとの距離は、およそ50m。これが精一杯の写真です。

 

最後は、湿った地面の上を歩いた動物の足跡が、そのまま凍ったこちらです。

初めて見かけて、その場ではわからなかったので調べたところ、【ハクビシン】の足跡だと思われます。

この時期に、こんな場所で、何を食べて、どのくらいの生息数なのか・・・気になるところです。

近くには鹿の足跡も残っていました。

 

冬の山は、木々の葉が落ちて見通しが良くなります。

遠くの景色を楽しむにも最適な時期なのでオススメですが、さらに何気ない場所で立ち止まって、よく周りを観察してみると、より自然の中をハイキングしている楽しさを味わえると思います。

ページ先頭へ↑

2017年02月06日雪の奥日光 シカの痕跡調査

日光国立公園 太田祐司

 みなさんこんにちは

 奥日光も1月中旬に少しまとまって雪が降りましたが、1月下旬からは暖かい日が続き、積雪量も少し減った感じです。

 少し前となりますが、1月19日にシカの痕跡調査に同行してきました。戦場ヶ原の植生を増えすぎたシカの食害から守り、復元を促すことを目的として、シカの侵入防止柵を約17km設置し、約980haを囲っています。

 昨年秋の調査で柵内にはシカが7頭程度が生息していると推定されており、柵内の個体数の増加を防ぐことを目的としてシカの捕獲を行っています。シカ柵の管理や捕獲は自然公園財団のシカ管理専門員(略称ONDM:Oku Nikko Deer Manager)が担当しています。

 今回同行させていただいたTさんはまだうら若い乙女?ながら、北米や東欧でオオカミやヤマネコの雪原での調査経験もあり、スノーシューを履いて単独で雪の森林内を彷徨するパワフルな方です。

双眼鏡でシカを探すTさん

 調査箇所は男体山の西のカラマツやミズナラを主体にした平坦な樹林地です。
 2日ほど前に降った雪は落ち着いていてラッセルはそれほどでは無いのですが、やはりスノーシューを履いていてもそれなりに沈みます。
 30分ほど歩くとシカの踏み跡が出て来ました。ここで説明を受けながら観察し、西から東に移動した跡と判断しました。

シカの踏み跡

 この辺りは他にも踏み跡があり、南側から来た跡を辿ってみることにしました。

 シカは雪が深い所では、雪をかき分けて歩くのでは無く、ジャンプして歩く様です。

シカのジャンプ歩行?跡

 南側のシカ侵入防止柵まで来ると、柵沿いに踏み跡がたくさん見られました。

シカ侵入防止柵沿いのシカ踏み跡

 このあとのTさんの調査の結果、この地点から東の地域にシカの餌場や寝屋と思われる痕跡が多くあったことから、この地域で捕獲を進めることになりました。

 今回は道路からも離れた標識もない地域を歩きましたが、奥日光では標識が設置されたスノーシューコーズが湯元地域にありますし、湯元ビジターセンターではアニマルトラッキングという動物の痕跡観察のイベントを開催します。(湯元ビジターセンターのHPをご覧ください。 http://www.nikkoyumoto-vc.com/)

 また、2月11,12日と中禅寺湖や湯元温泉で雪まつりのイベントが行われます。雪の奥日光の自然を楽しみにぜひいらしてください。

ページ先頭へ↑

2017年02月02日八丁池の雪景色 

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

天城山脈の標高約1170mにある八丁池に行ってきました。 

  

雪の気配など全くない登山道を登っていると標高1000m前後から小さくて白い雪がふわふわと降ってきました。道を進むごとに積雪しているところが増えていき、気がつくと温暖な気候で雪とは無縁と思われがちな伊豆半島で雪景色を見ていました。  

 

 

(八丁池 登山道 2017/1/31) 

 

雪に触れる機会の少ないのでテンションが上がりました。すれ違った登山者も同じだったように思います。 

 

ザクザクと雪を踏みながら歩いていましたが、凍結したところは、想像以上に滑って少し怖かったです。皆さんも凍結した歩道を歩く際は、十分に気をつけてください。 

 

 

  

(八丁池 2017/1/31)              (八丁池 2016/9/9)  

 

八丁池は、全面凍っていました。

今回凍結した八丁池と9月の八丁池です。秋には青々していた植物も今は葉を落としています。

  

 

(八丁池 2017/1/31)  

 

昔、天然のスケートリンクとして使っていたという話は本当だったんだなと思いました。 

もちろん今スケートはできません。 

 

最後に、まだまだ寒いので防寒対策、凍結対策などしっかりして万全の準備での登山をお願いいたします。 

休憩中、水筒の温かいお茶を飲むと体が中から温まり、ただのお茶がとてもおいしく感じました。手軽なペットボトルもいいですが、ゴミも出ないですし、寒い日はマイボトルもオススメです。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ