ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年4月

11件の記事があります。

2017年04月27日南伊豆で発見! 桃太郎で有名なあの2匹 !!

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

今回は南伊豆で見つけた動物について紹介いたします。 

 

(2017/04/25 ニホンザル) 

 

ニホンザルが毛繕いをしています。林道を歩いていると山の中から突然ガサガサという音とともに数匹が姿を現しました。一瞬ドキッとしましたが特にいたずらされることもなく通過できました。 

 

南伊豆町の波勝崎周辺には、約300匹のニホンザルがいるそうです。 

 

  

(2017/04/25 子ザル) 

これだけサルがいると農作物被害などがあるのではないかと思いますが、波勝崎にはサル園があり、管理されているので周囲への被害は鹿や猪に比べて少ないようです。

  

 

(2017/04/25 雄のキジ) 

 

次に見つけたのは、日本の国鳥でもあるキジです。 

写真を撮ろうと近づくと飛ばずに走って逃げてしまいました。飛ぶよりも走る方が得意な様でとても足が速いです。ことわざに雉の草隠れ(頭隠して尻隠さずと同じ意味)とありますが、まさにその通りで、草むらに隠れても長い尾が見えますし、色が目立つのですぐ見つけられました。

 

  

(2017/04/18 雌のキジ)

今の季節は卵を産む時期なので、雄の近くに雌もいました。雄に比べて雌は地味な色をしています。 

 

サルとキジ、あとイヌがいればまるで桃太郎のようでした。

桃太郎は、南伊豆のような里山で生まれた物語なのかもしれませんね。

ページ先頭へ↑

2017年04月24日【那須】那須事務所よりお知らせ

日光国立公園 吉川 美紀

みなさんこんにちは。

那須事務所周辺(標高約900m)の雪は大分溶け、とうとう那須平成の森でも冬のプログラム・スノーシュートレッキングが終了しました。カタクリやショウジョウバカマが開花しており、とても春らしくなってきましたが、まだ場所によっては1m近い積雪が残っている場所もあります。

那須にお越しの際は、目的地の状況や天候をご確認のうえ、適切な装備をご用意ください。

(峠の茶屋登山口/4月21日撮影)

さて、そんな春らしくなってきた那須よりお知らせです。

  1. ①那須事務所の名称変更

    平成29年度より、那須自然保護官事務所は「日光国立公園那須管理官事務所」に名称が変更いたしました。事務所名称の変更に伴い、自然保護官の役職名も「国立公園管理官」に変更となり、自然保護官補佐も「国立公園管理官補佐(通称はアクティブレンジャーのまま変わりなし)」となります。

    事務所の所在地には変更ございませんので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

     ○参考:http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_95.html

  2. ②那須平成の森フィールドセンター及び那須高原ビジターセンターの休館日の変更

    平成29年度より、那須平成の森フィールドセンターおよび那須高原ビジターセンターの休館日が以下のとおり変更となりました。ご利用の際はご注意ください。

       (変更前)休館日 4-11月:無休、12-3月:水曜日

       (変更後)休館日 毎週水曜日(ただし、5、8、10月は無休)

         ○那須平成の森フィールドセンター:http://www.nasuheiseinomori.go.jp/

         ○那須高原ビジターセンター   :http://www.nasuheiseinomori.go.jp/vc/

  3. ③2017新宿御苑みどりフェスタ出展

     4月29日(土)新宿御苑にて開催されます「2017新宿御苑みどりフェスタ」に那須管理官事務所が出展いたします。タイトルはずばり、「楽しさ発見!日光国立公園・那須の山、那須平成の森にでかけよう!」

    今年度、第2回山の日記念全国大会の会場に選ばれた那須の魅力をご紹介します。また、「木の枝で笛作り」などのワークショップも同時に開催!ぜひお近くにお越しの際は、那須の情報をゲットして那須の魅力に触れてください!

     ○参考:http://www.env.go.jp/press/103958.html

        

    (木の枝で笛作り)

    今年度、那須は話題がたっぷりです!

    アクティブレンジャー日記でも随時情報を発信していきますので、ぜひおつきあいください!

ページ先頭へ↑

2017年04月24日雪と尾瀬

尾瀬国立公園 細川有希

2017年4月より尾瀬国立公園檜枝岐地区に着任しました細川です。

到着した当初から檜枝岐村内で雪が1から2m程積もっていました。


シーズン前に行う尾瀬のビジターセンター等の開所作業の準備のために尾瀬に登りました!

雪山は白馬山しか登ったことがなく、長靴もスノーシューズも初めての経験でした。

雪山=とっても寒い
という印象だったので何枚も重ね着をしていたのですが、序盤から汗をかく程暑く感じました。

尾瀬沼に到着すると施設(ビジターセンター等)が雪に埋まっており、

ビジターセンターは二階の出入り口から入ることができました。

(尾瀬沼ビジターセンター)


雪は山の中だとおよそ3m近く積もっており、夏場と冬場では雰囲気が全く違うので
道を間違えないようピンクテープを木にくくりつけて、帰りはそれを辿って下山しました。

大江湿原には雪が積もり、真っ白な平原ができあがっていました。

(大江湿原)

寒い冬は夏に感謝し、暑い夏は冬に感謝するように、四季の変化を身近に感じながら

尾瀬は今後も私たちを魅了してくれることでしょう。

(尾瀬沼から見た燧ヶ岳)

ページ先頭へ↑

2017年04月21日着任のごあいさつ

南アルプス国立公園 本堂舞華

初めまして。

4月から南アルプス国立公園に着任しました本堂舞華です。

登山は大学2年生の頃から始め、現在4年目になりました。

主に北アルプスや八ヶ岳、中央アルプスなどへ。

南アルプスには、昨年秋に初めて登りました。

大好きな山に関わりながら仕事ができることにとても喜びを感じています。

自然についてはまだまだ勉強中ですが、動植物の保全に貢献したいと思っています。

先日、夜叉神峠へ行ってきました。

芦安から夜叉神峠登山口の道路には雪は全くありません。

夜叉神峠付近の登山道にはアイスバーンがほんの少し。

夜叉神峠から見る素晴らしい白峰三山を期待していましたが・・・・・・。

雪が残りガスがかかる白峰三山

真っ白でした・・・・・・。残念。雪がまだありました。高山ではまだ冬ですね。

今回私が行った夜叉神峠ですが、ルートも分かりやすく、5月ごろには樹々が新緑に包まれます。

木々の名前が記載されている標識

写真のような標識が付いているので、歩きながら樹々を楽しむこともできます。

登山口から1時間ほどのハイキングコースで、天気が良いととても美しい白峰三山も見ることができます!

芦安地区では御勅使川(みだいがわ)に鯉のぼりが泳いでいます。春を感じますね。

御勅使川を泳ぐこいのぼり

休日やゴールデンウィークに足を運んでみてはいかがですか?

ページ先頭へ↑

2017年04月20日箱根に春がやってきた!②

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

後藤アクティブ・レンジャーに引き続き、箱根の春の情報です。
現在箱根では周辺の地域より一足遅い春が訪れ、花々が咲き、彩りも豊かになってきました。

今回は仙石原の様子をお伝えします。


(国指定の天然記念物『仙石原湿原植物群落』)

仙石原では毎年3月頃に野焼きが行われています。昔は仙石原のススキ草原は屋根材や堆肥、牛馬の飼料として利用され、人為的に草刈りや火入れが行われていました。それらの活動によって草原環境が保たれ、貴重な生態系が残されてきました。いつの日か人間の活動による草原の利用がなくなり、火入れが行われなくなると、草原は森林化していきました。その後、貴重な草原環境を守ろうと、再び火入れが行われるようになりました。

今年も3月9日に火入れが行われ、辺り一面が真っ黒になりました。

3月24日撮影。正面、天然記念物指定地は草刈りのみ。)


一見すると死の世界になってしまったようですが、4月に入り暖かくなると、再び新たな命が芽吹いてきました。


4月20日撮影。)

地面がうっすら緑色になってきているがお分かりになりますでしょうか?




地面に顔を近づけてみると、小さな芽があちらこちらに生えてきているのがよく分かります。

これからさらに暖かくなるにつれて、植物もぐんぐんと背を伸ばし、辺り一面が緑の世界へ、そしてその後、黄金色の世界へと変わっていきます。
これからもそんな仙石原の変化をお伝えしていきますので、お楽しみにしていてください!

ページ先頭へ↑

2017年04月20日箱根に春がやってきた!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

桜の開花で賑わう今日この頃、日中には暖かい日差しが差しており、箱根にも春が来たと教えてくれています。

今回は箱根の春を、少しだけお裾分けします。

今週422日(土)に開催される「箱根地域自然に親しむ運動 スミレを探して春の仙石原を歩く」自然観察会の下見に行ってきました。

箱根パークボランティアの皆さんと一緒に歩き始めると、道の端や木の下には、たくさんの小さなスミレを発見!横を見ても、上を見ても、紫色、白色、黄色、ピンク色と春の植物に目を奪われます。

(ニオイタチツボスミレ)

(エイザンスミレ)

(マメザクラ)

(ミツマタ)

ヒメスミレや、タチツボスミレ、ニョイスミレ、ナガバノスミレサイシンと、

スミレがメインの自然観察会、今年は開催日にたくさん咲いているでしょうか?

雨天中止にならないことを心から祈っております!

皆さんの地域はどうでしょうか?

是非、外に出て歩いてみてください!

ページ先頭へ↑

2017年04月17日至仏山残雪調査2017

尾瀬国立公園 柳澤美果子

こんにちは。

尾瀬の麓、片品村で過ごした2度目の冬は、雪がよく降り寒さが身にしみる、

雪国を体感した冬でしたが、ようやく辺りの雪もとけ、心待ちにしていた春がやってきました。

(桜の開花はもう少し先です。。)

そして、今年も至仏山の残雪状況を確認をするため、この時期恒例の至仏山残雪調査に参加してきました。

調査日は4月13日です。

(昨年の様子はこちら)

昨年は記録的な少雪は尾瀬関係者を驚かせ、ミズバショウなど植物の開花が半月程早まるなど
様々な影響がありましたが、今年の積雪量はどうでしょう?

まず、出発地点の鳩待峠へ。



そこには、雪の大谷を思わせる雪壁が周囲にドーンと立ちはだかっていました。積雪はおおよそ4m!

「この時期にこんなに雪が多いのは初めて」とガイドさんや地元の方が言うほどの積雪量です。

そして、気を引き締めて、いざ残雪の至仏山へ!

鳩待峠から至仏山間の3箇所に設置されている積雪深計を確認していきます。

鳩待峠付近:3m(2016年4月18日:65cm、2015年4月23日:2.1m)

なんと、昨年の5倍弱程の積雪量です!

標高1780m付近:3.3m(2016年4月18日:1m、2015年4月23日:2.5m)

標高1850m付近:3.6m(2016年4月18日1.1m・2015年4月23日2.9m)

写真左が去年の様子、右が今年の様子です。(赤いラインが同じ位置!)

私はこの残雪調査に3回参加しましたが、少雪と大雪の両極端を経験し、年によってこれほど違うのか・・

と驚かされました。

そしてなんと、3箇所とも記録の残る平成19年以降、一番多い積雪量でした!




調査のルートを進みながら、山岳遭難救助隊の方が冬道の目印となるピンクテープをつけていきます。

ポールの指す先が去年のテープ位置です。

この日は予報では晴れ予報でしたが、次第に雪が降り始め、辺りはガスで真っ白に。

今回は山頂まではいかず、途中で引き返すことになりました。

山は安全第一。無理は禁物です。

空に溶け込む残雪の至仏山

残雪期の至仏山利用者に向けて、【至仏山利用ルール】を作成しています。

入山される方は、登山計画・雪山装備を万全に、植生保護や安全のためルールを守って行動して下さい。

ページ先頭へ↑

2017年04月11日平成29年度のAR写真展♪ 「箱根」で開催中!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

今年度も関東地方の国立公園 / 国指定鳥獣保護区で活動するARによる写真展

「国立公園・野生生物フォトコレクション -アクティブ・レンジャー写真展-が始まりました!

最初の会場は「箱根」

平成29年4月8日(土)~ 4月27日(土)まで、箱根ビジターセンターにて開催しております。

ARの人数も増え、さらに各所の特徴が見えるようになったAR写真展。活動中に見た雄大な自然や、動植物を皆さんにお届けいたします。

こちらは箱根のAR、後藤・宍戸が撮影した写真です。

【水の音:箱根自然環境事務所 後藤AR撮影】

【火入れを見守る:箱根自然環境事務所 宍戸AR撮影】

他地域の写真や実物も見に来てください!

ゆっくり座って書けるアンケートコーナーも設けておりますので、見に来た方はぜひ、印象に残った写真をお選びください。AR一同、今後の励みとなります!

本展示は今年度1年間を通して、関東地方を回ります。お近くでの開催を楽しみにお待ちくださいね。

ページ先頭へ↑

2017年04月11日トキの足跡

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。

 佐渡では春の花があちこちで咲きはじめ、色とりどりの花が春らしさを際立たせています。トキたちも繁殖期真只中。営巣・抱卵するペアが続々と確認されています。


<雪割草(オオミスミソウ)佐渡市鷲崎にて4/2撮影>

 しかし、今回はトキの繁殖の話ではなく、トキの足跡についてお話ししたいと思います。

 それでは実際にトキの足跡の写真を、足跡の周辺にも注意してご覧ください。
 他の鳥とは異なる大きな特徴が見られます。

<佐渡市真野 3/23撮影>


<佐渡市真野 3/23撮影>

 
 他の鳥とは異なる大きな特徴とは。

 トキの足跡(長さおよそ10㎝)のそばに点々と小さな穴が空いているのがお分かりになるでしょうか。この穴はトキがくちばしを泥の中にさしてエサを探した跡です。

<佐渡市真野 3/23撮影>


<佐渡市真野 3/23撮影>

 トキのくちばしの先には神経が通っており、鋭い感覚が備わっています。この感覚を頼りに、目に見えない泥の中のエサとなる生き物を感じ取って捕まえます。足跡とともに、このようなトキ特有の採餌(さいじ)方法によって付けられた「くちばし跡」を確認することにより、足跡がトキのものだと判断できます。

 水田では様々な生き物の痕跡を確認できます。

 田植え前のこの時期、春の花を楽しみつつ、水田に残る動物たちの痕跡を探してみると新たな発見があるかもしれません。

ページ先頭へ↑

2017年04月10日ボニン島へ赴任(フニン)

小笠原国立公園 小笠原 古田貴士

皆様

初めまして。4月からアクティブレンジャーとして小笠原自然保護官事務所へ赴任しました、古田貴士と申します。

小笠原諸島は昔、無人島であったことから、「無人」の「むにん」、「ぶにん」がなまってボニンと呼ばれていたそうです。

小笠原の自然環境については、大学院生時の研究でオサムシとカタツムリの関係を調べることを通して知りました。実際に、オガサワラハンミョウやカタマイマイ(小笠原固有のカタツムリ種)などの、貴重な動植物の保全に仕事として関われることに期待を感じています。

仕事では、現場にたくさん出て、希少種保護や外来種対策に取り組み、多くのステークホルダーの方々と協力して、小笠原の自然環境保全に努めていきたいと考えています。

出来れば、外来種が侵入する以前の自然環境を復活させることが大きな目標です。

まだまだ至らない点も多いかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

小笠原自然保護官事務所 自然保護官補佐 古田貴士

写真 アノールトラップ(左)と外来種のグリーンアノール(右)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ