ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年7月

18件の記事があります。

2018年07月31日荒川岳防鹿柵設置作業へ行ってきました!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

7月14日から7月16日に荒川岳の防鹿柵設置作業に行ってきました。荒川岳は南アルプスの南部、静岡県に位置する山です。東岳(悪沢岳)、中岳、前岳の3つの山を総称し、「荒川三山」と呼ばれています。中でも東岳(悪沢岳)は標高3,141m、日本で6番目に高い山になっています。荒川岳には西カール底と前岳南東斜面の2カ所に防鹿柵を設置しています。西カール底、前岳南東斜面と聞くと「どこだろう?」という気がしますが、前岳・中岳分岐と荒川小屋の間の2カ所を指します。この2カ所は荒川岳の重要な景観を構成している場所であることから、お花畑を守るために平成23年度より設置しています。

荒川岳防鹿柵設置作業には初参加。前岳南東斜面のお花畑にわたしは心を打たれました・・・!

前岳南東斜面のお花畑

前岳南東斜面のお花畑

見てください、この素晴らしいお花畑を!!シナノキンバイやハクサンイチゲが斜面いっぱいに咲いており、登山者のみなさんもかなり近い距離でお花畑を楽しまれていました。

前岳南東斜面のお花畑にあるこの防鹿柵は登山道を横断するように設置されているので、出入口に扉が設置されています。

前岳南東斜面登山道上にある防鹿柵扉

△前岳南東斜面登山道上にある防鹿柵扉

ニホンジカが入ってこないようにするために「開けたら閉める」を徹底してください。そして、優しく扉を扱ってください。10月初旬辺りまでの設置予定です。ドアノブがついているので、確実に閉めてください。この素晴らしいお花畑を守るためにもみなさんのご理解、ご協力をお願いします。

西カールのお花畑も前岳南東斜面に劣らず、とても綺麗でした。西カールは傾斜があり、作業を進めるのが大変でしたが、綺麗なお花畑に囲まれながら、ボランティアのみなさんと頑張りました。

お花畑に囲まれながらの西カール底の設置作業

△お花畑に囲まれながらの西カール底の設置作業

この日は海の日を含む3連休だったので、多くの方が登られていました。南部の小屋も営業が始まり、本格的に夏山シーズンが始まりました。今年の夏は異常に暑いですね・・・。水分補給をこまめに行い、熱中症にならないように気をつけてください。また、小屋やルートによっては水場がない、または枯れていることもありますので、下調べを十分に行うようにしてください。みなさんにとって素敵な夏山シーズンになりますように♪

ページ先頭へ↑

2018年07月27日孤高のメストキ

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。


▲佐渡市羽茂大崎

 全国的に猛暑が続いていますが、新潟県佐渡市も、本州より涼しいとはいえ、日中30℃を越える日が続いています。

 本格的な夏を迎え、佐渡のトキたちの間では繁殖期が終わり、ペアでの行動から群れの行動へと変わりつつあります。


▲群れで採餌するトキたち(佐渡市金井地区)


 多くのトキが群れを形成し始めている中、単独行動を貫く5歳のメスのトキがいます。

彼女の名前は、個体番号264。(※職員は「にーろくよん」と呼んでいます)

今月、264はなんと、佐渡島から直線距離にして約200㎞も離れた長野県安曇野市で確認されました。


▲2016年12月4日 佐渡市で撮影された264。関節上のカラーリング「オレンジ・青」が見えます。


 264は、佐渡で暮らしている時から、変わった行動をすることで(職員の間で)有名なトキでした。

彼女は、基本的に単独行動。

トキの群れがいない地域で自由気ままに生活していました。

佐渡にいるトキは、屋根や電柱・電線など、人工物にとまることはほとんどありません。

でも、264の定位置は電柱でした。

ねぐらも佐渡の集落内の電柱でとっていたこともあります。


▲電線にとまり羽繕いする264

 1羽で行動しているトキは、群れで行動しているトキよりも警戒心が強く、人や車が近付けば、すぐに飛び立ってしまいます。しかし、264は道路沿いの電柱にとまり、車が下を通過するのも気にせず羽繕いをしていることもありました。

 思えば、264は、多くのトキが生息する佐渡島中央の平野部ではなく、海岸線沿いを転々と移動しながら生活していました。本州へ飛び立つ日を見計らっていたのかもしれません。


▲海の見える水田で採餌するNo.264とB07。264が珍しくトキと一緒にいます。

 264が佐渡を飛び立ち、本州で確認されたのは実は、2018年3月のこと。初めは石川県珠洲市で確認されていましたが、珠洲市から徐々に南下して行き、石川県白石市(4月)、長野県塩尻市(5・6月)、そして今月に入って、長野県安曇野市で確認されました。安曇野市でトキが確認されたのは、今回が初めてです。

 トキだけに限らず多くの鳥類で、メスや若い個体は広範囲を移動することが知られています。本州で過去に確認された識別可能なトキ(足環が装着されているトキ)19羽中、17羽がメス、2羽が1歳未満の若いオスでした。メスに関しては、より良いオスを求めて繁殖期に広く移動すると考えられています。

 今後もいろいろと初記録を出していくのか。264が放鳥された日から見守る佐渡のトキ関係者は、本州へ渡り、1羽で生活している264を心配しつつも、彼女が今後どういう動きをするのか、期待を込めて注目しています。

 もし、本州でトキを見かけたら。

ゆっくり安心してエサを取り、ねぐらでしっかり休息できるように。

離れた場所から静かに見守ってあげてください。

孤高のメストキ、264。どうか無事で。

本州の皆様、264をよろしくお願いします。

トキ観察ガイドライン「トキのみかた」

ページ先頭へ↑

2018年07月26日こどもパークレンジャー in母島『島の虫を描クンジャー!』開催

小笠原国立公園 和田慎一郎

ニュースでは連日の記録的猛暑が取り上げられていますね。

亜熱帯の小笠原ですが、爽やかな海風のおかげでこの時期は

むしろ内地より過ごしやすいかもしれません。とはいえ、

強力な日差しの下での作業は熱中症に要注意。

島の人たちは毎日のように海で泳いで対策しています!

そんな夏の盛りの715日、

母島で「こどもパークレンジャー」を開催しました。

テーマは「虫さがし」!

貴重な固有生物の宝庫である小笠原ですが、外来種の影響で数が減っていたり、

厳重に保護されていたりと、様々な理由で気軽に虫取りができない環境です。

そうはいっても島の将来を担う子どもたちには、

できるだけ島の自然と触れ合う機会をつくってあげたいところ。

そこで今回は子どもたちをパークレンジャーに任命し、虫調査に参加してもらいました!

場所は母島の新夕日ヶ丘自然再生区。

ここでは外来種のグリーンアノールの侵入を防ぐ柵をつくり、

グリーンアノールの低密度状態を維持しています。

そのため母島の中でもたくさんの虫が生息している場所です。そんな新夕日ヶ丘にて、

実際の昆虫調査でも採用されているビーティング法やスイーピング法で虫を捕まえて観察しました!

虫、いっぱい落ちてきたかな?

朽木の中に幼虫を発見!

よく観察してスケッチ。気づいたことはどんどん書いてみよう!

調査では15名のこどもパークレンジャーがたくさんの虫を発見。

クワガタの幼虫にも脚が6本あった!

ゾウムシはすぐに死んだふりして落ちちゃう!

クモには目が8つもある!

似ている種類がいるけど、脚の模様がちがう!

虫メガネでよ~く観察してみると色々な発見があったようです。

観察してスケッチして、気づいたことは野帳にメモ。

イベントの終わりには、それぞれイチオシの虫を発表してもらいました!

「環境省こどもパークレンジャー in母島」は全3回の開催予定。

次回は虫たちの住処やエサとなる「島の森づくり」をテーマに、

自然再生区内で固有植物の植樹を体験してもらいます。

次回も、集まれ!こどもパークレンジャー!

イベントの様子は8月中に下記HPに掲載予定です。是非ご覧ください。

https://www.env.go.jp/kids/gokan/jpr/

ページ先頭へ↑

2018年07月25日夕方限定 南伊豆の絶景!! ユウスゲ公園

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

 

【ユウスゲ公園】

伊豆半島最南端の石廊崎から少し西へ行ったところにあるのがユウスゲ公園です。

伊豆半島の火山が生み出した地形と海が作り出す絶景スポットです。

 

【ユウスゲの群生】

草原の丘をいっぱいに埋め尽くすユウスゲの花が7月下旬~8月中旬にかけて見頃になります。ユウスゲは、夕方に花が開き、翌日の午前中にはつぼんでしまう花です。

時間帯は、15時~18時頃であれば開花していると思います。写真は16時頃に撮影したものです。 

 

【出会いの鐘】

丘の上に登ると「出合いの鐘」があります。この鐘を鳴らすと良い出会いがあるのか無いのかは、ご自身でお確かめください。 

 

【ユウスゲの花】

夕方暑さが和らいできた時間、海風に揺れるユウスゲの花を見に立ち寄ってみてください。

ページ先頭へ↑

2018年07月24日南アルプス、高山植物シーズン真っ只中です!!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

今年は昨年に比べて積雪が少なく、例年通り開山前に満開になったため、開山後のキタダケソウを楽しめた方は少なかったのではないでしょうか。現在、既にキタダケソウの開花時期は終わってしまいましたが、北岳のお花畑はこれから見頃を迎えます。この時期に見られるお花をみなさんにご紹介したいと思います。

シナノキンバイ

△シナノキンバイ

花びらが大きく直径が3センチから4センチほどと、とてもよく目立つ花です。大群落を作っているので比較的、見つけやすいです。咲いているシナノキンバイを見ると、わたしは「花のシーズンが始まるぞ!」と感じます。花期は7月上旬から8月上旬までなので、まだまだ楽しむことができますよ!

タカネグンナイフウロ

△タカネグンナイフウロ

アジサイのような淡い紫色の花です。「グンナイ」は山梨県東部の桂川流域の古名を指します。タカネグンナイフウロはグンナイフウロという花の品種であり、主な違いは標高の違い、花の色(タカネグンナイフウロは濃い紅紫色、グンナイフウロは薄い紅紫色)などが挙げられます。撮影日が7月上旬だったということもあり、花の奥につぼみの姿を見ることができました。

サワギク

△サワギク

木の陰に隠れてひっそりと咲いていたサワギクです。花は小さく、ちょこんと咲く雰囲気がとても可愛らしいです。可愛らしいサワギクですが、花が散る頃はボロくずのように見えることから「ボロギク」と呼ばれます。ボロくずのように見えてしまってもわたしはサワギクと呼び続けたいと思います...!!

これからの時期はたくさんのお花が咲き、疲れたみなさんを癒やしてくれることでしょう。これからどんなお花を見ることができるのか、楽しみですね!!

++++++++++++ 登山されるみなさんにお願い  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎ストックにゴムキャップをつける
ゴムキャップをつけないで使用してしまいますと、登山道に穴があき、雨で土が流れやすくなってしまいます。土が流れ出すと、登山道が傷み、植物の育つ環境が損なわれてしまいます。また、ストックをつく際は、登山道のわきではなく、登山道上についていただきますよう、ご協力お願いします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++南アルプス国立公園 南アルプス自然保護官事務所 +++++++++++++++++




ページ先頭へ↑

2018年07月23日「親子でトキモニタリング体験!」開催のお知らせ

佐渡 原奈緒子

みなさん、こんにちは。佐渡の原です。

さて、佐渡自然保護官事務所では、トキの放鳥10周年を記念した夏休みの特別企画として、「親子でトキモニタリング体験!」を開催します。

本イベントでは、双眼鏡・望遠鏡の使い方といった基本から学べるトキのモニタリング体験のほか、トキが利用している田んぼのえさ場で生きもの調査も行います。放鳥から10周年をむかえ、佐渡の野生下で約360羽にまで増えたトキ。トキを守っていくことがなぜ大事なのか、今後、どういう距離感でトキと付き合っていくべきか、野生で生きるトキの様子やトキが暮らせる環境について私たちと一緒に観察しながら考えてみませんか。

佐渡島外からの参加も可能です。興味のある方は下記の詳細をご覧下さい。

<トキ放鳥10周年 夏休み特別企画>「親子でトキモニタリング体験!」

日  時:平成30年8月17日(金) 14:00~17:00 

集合場所:トキ交流会館 2階会議室 (佐渡市新穂潟上1101-1)

募集対象:小学生以上の親子  定員5組10名程度(先着順)

参 加 費:1人 100円(保険代として) 

※集合場所までの交通費は自己負担となります

服  装:動きやすい格好、長靴、帽子

持 ち 物:飲み物、観察機材(持っていれば)

申込方法

  ○申込先 佐渡自然保護官事務所

・TEL 0259-22-3372(平日9時~17時)

・FAX 0259-22-3379(24時間受付)

*上記のいずれかに参加希望者の人数、氏名、年齢、緊急連絡先、観察機材の有無を連絡し、申込む。

○申込み〆切り:定員に達し次第終了

当日のスケジュール

14:00 集合

14:05 レクチャー

14:30 モニタリング体験

15:00 野生下トキ観察

15:50 田んぼの生きもの観察

16:40 まとめ

17:00 解散

お問い合わせ

 環境省 佐渡自然保護官事務所

電話:0259-22-3372 (平日9時~17時)

ページ先頭へ↑

2018年07月18日芦ノ湖西岸 散策(箱根)

富士箱根伊豆国立公園 三瓶雄士郎

関東地方が梅雨明けをして早2週間。都心部では気温35℃を超す猛暑日が続いていますが、箱根地域では気温30℃以下の日が多く、木陰に入るとより涼しく感じます。

今月10日(火)に箱根地域の自然情報を収集しているパークボランティアと一緒に芦ノ湖西岸歩道を巡視してきましたので、その様子をお伝え致します。

芦ノ湖西岸コースは、全長約11.5km、コースタイム約4時間。アップダウンが少なく、自動車が通らず、人工的な建物がないコースなので長距離のトレイルウォーキングを楽しみたい方、自然の中でゆっくり楽しみたい方にはオススメのコースです。

今回は地図とは逆のコース(スタート:箱根町港、ゴール:箱根ビジターセンター)で巡視をしました。

↑芦ノ湖西岸歩道のコースマップ

僕がこのコースで実感した見所は様々な芦ノ湖の景色です。

火山活動によって出来た芦ノ湖は地形が複雑で、遊歩道から降りられる砂浜から見る景色が全く違います。

【箱根町港】夏らしい青空と遊覧船(海賊船)がとても良く合います。

【白浜】箱根町港から歩いて1時間で来られるゆっくりとした時間が流れる砂浜。

【真田浜】箱根火山群(矢印左側から大涌谷、神山、駒ヶ岳、二子山、大観山)が一望でき、見える人工物が少なく、自然を満喫できるオススメスポット。コースの中間部でお昼を済ますにはちょうど良い場所です。

【深良水門前】外輪山最高峰の金時山(矢印左側/標高1,212m)と箱根地域の最高峰神山(矢印右側/標高1437.8m)が望むことが出来ます。

また、コース上は広葉樹林と針葉樹林を交互に通過するため、それぞれの環境を好む動植物に出会えます。

↑シロバナイナモリソウ。木陰にひっそりと咲く小さな植物です。

↑ヒグラシの抜け殻。もちろん成虫にも出会いましたが、路沿いの足下でたくさん羽化した跡が見られました。

↑西岸遊歩道の様子

コースタイムでは約4時間ですが、自然観察やバードウォッチングをするとかなりの時間がかかります。今回の巡視では、ゆっくり歩いたこともあって約7時間もかかりました。とても気持ちが良いコースですが、途中に待避する小屋や売店などはありません。しっかりと水分や行程を確認して行かれることをオススメします。

また、芦ノ湖には遊覧船があります。桃源台港もしくは箱根町港に駐車し、西岸を通ってどちらかの港から遊覧船に乗って戻ってくる事も出来ますので、丸1日のんびりと箱根の自然を堪能してみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2018年07月17日天城山自然観察会開催のお知らせ

富士箱根伊豆国立公園 松岡宏明

皆さまこんにちは!沼津管理官事務所の松岡宏明でございます。

突然ですが、8月11日は何の日かご存知でしょうか?」

はい!そうです!「山の日」です!!

山の日は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨に、2016年から施行された祝日です。なので、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

そんな素晴らしい日に、伊豆半島の天城山にある八丁池とその周辺に広がるブナの森にて自然観察会を行います!

△イベントチラシ表面

※クリックで拡大可能

△イベントチラシ裏面

※クリックで拡大可能

2018年4月17日にユネスコ世界ジオパークにも認定された伊豆半島にある天城山の遊歩道を歩きながら、天城を代表するブナなどの原生的な自然とその成り立ちを、プロのガイド達が楽しく解説する観察会です。

ちなみに、当日は下の写真のような風景が観られますよ!

いかがでしょうか?この写真に写っているのはごくごく一部ですし、実物の樹はとーっても大きいですよ。

このような様ざまな形をしたブナの巨木やヒメシャラなどの豊かな広葉樹林を楽しむことができます!

これを機に登山を始めてみたいという初心者の方や天城山周辺は一度登ったことあるけど詳しくは知らないという方、自然に癒されたいというそこのあなたも大歓迎です。

奮ってご参加ください!どうぞよろしくお願いします!

なお、イベントの詳細は以下になります。ご確認ください。

【天城山自然観察会 -八丁池とブナの森をめぐるコース-】

▼日時

  1. 平成30年8月11日(土・祝日)

    ※荒天時平成30年8月12日(日)に延期予定

  2. ▼コース・歩行時間(休憩・ガイド時間は除く)

    八丁池とブナの森をめぐるコース(静岡県 伊豆半島 天城山)・約4時間20分

  3. ▼募集定員(先着順)・対象

    40名・小学5年生以上

      ※小・中学生は要保護者同伴。

  4. ▼応募締め切り

    8月3日(金) 必着(定員になり次第締め切り)

  5. ▼集合場所 ※いずれかにお集まりください。

    ・伊豆箱根鉄道 修善寺駅南口 バス乗り場(無料駐車場なし)

     受付開始7時30分  8時出発

    ・道の駅「天城越え」昭和の森会館 バス停前(無料駐車場あり)

     受付開始8時15分  8時45分出発

  6. ▼解散 

    ・道の駅「天城越え」昭和の森会館 バス停前 15時45分

    ・伊豆箱根鉄道 修善寺駅南口 バス乗り場  16時30分

  1. ▼費用

    無料

  2. ▼持ち物

    登山(散策)ができる服装・登山靴(運動靴)・帽子・雨合羽(上下に分かれたもの)・ザック・水筒(飲み物)・昼食など

  3. ▼主催等

    主催:環境省関東地方環境事務所

    協力:伊豆市観光協会 天城支部 天城自然ガイドクラブ

  4. ▼応募方法

    メールまたはFAXで下記の内容を事務局までお送りください。

    ①氏名 ②性別 ③生年月日(小・中学生は学年も) ④住所 

    ⑤電話番号(参加希望者全員)⑥集合場所(修善寺駅、道の駅「天城越え」)

    【申し込み宛先】

    伊豆市観光協会 天城支部内 天城自然ガイドクラブ事務局

    メール:yamanohi@izu-angc.org  FAX:0558-85-0766

    【お問い合わせ先】

    伊豆市観光協会 天城支部内 天城自然ガイドクラブ

    電話:0558-85-1056 担当:杉本(月・水・金曜日のみ)

    以上

ページ先頭へ↑

2018年07月17日仙丈ヶ岳 馬の背へ防鹿柵設置!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

6月下旬に仙丈ヶ岳にて、防鹿柵設置作業に参加してきました。仙丈ヶ岳は「南アルプスの女王」とも呼ばれ、高山植物が豊富な山として知られていますが、ここ数年の間に多くの高山植物がニホンジカの食圧によって少なくなってきてしまっています。そのため、仙丈ヶ岳には環境省で5カ所、南アルプス食害対策協議会のいう団体で12カ所に防鹿柵を設置しています。

今回は南アルプス食害対策協議会のみなさんと作業を行いました。南アルプス食害対策協議会とは、林野庁や信州大学、長野県、伊那市等の11機関で構成されている団体です。平成19年に設立され、南アルプスの高山植物や農作物、林産物をニホンジカから守る活動に取り組んでいます。

木槌を使って杭を埋めているようす

△木槌を使って杭を埋めているようす

いつもの作業に追加して、ぐらついている支柱を木槌で差し込む作業もありました。秋にネットおよびポールの撤去作業を行うといえども、支柱は冬の間にかなりぐらついてしまうようです。雪圧恐るべし...。

ポールにネットをかけるようす

△ポールにネットをかけるようす

ポールにネットをかける作業はなかなか大変で、わたしは手が届かず、ポールにネットをかけることが精一杯です。なので、わたしはポールを支柱に差し込む作業を頑張りました!!

作業を行った日は天候が悪く、辺り一面真っ白。展望は全くない状況でしたが、たくさんのお花が出迎えてくれました♪稜線ではキバナシャクナゲやツガザクラ、ミネズオウなどが咲いていました。防鹿柵付近ではキバナノコマノツメやハクサンチドリ、ヒメイチゲやシナノキンバイが咲いていました。咲き始めのお花もあり、これからの時期も引き続き楽しめそうです。白や黄色、ピンクに紫とカラフルなお花でいっぱいでした。

ヒメイチゲ

△ヒメイチゲ

ハクサンチドリ

△ハクサンチドリ

仙丈ヶ岳は日本百名山に選ばれるほか、花の百名山にも選出されています。現状を見てわたしは、「多くの花が咲いているな」と感じますが、20年、30年前はニホンジカによる食圧もなく今よりももっと、もっと多くの花でいっぱいだったことでしょう。種類が豊富な高山植物が咲き誇っているお花畑に1日、1年でも早く回復してくれることを願うばかりです。

ページ先頭へ↑

2018年07月13日2018年富士登山夏山シーズンが始まりました!!

富士箱根伊豆国立公園 沼津 松岡宏明

皆さまこんにちは!沼津管理官事務所の松岡宏明でございます。

ついに、今年も富士山登山の夏山シーズンが始まりました!!

7月1日(日)に富士山の山梨県側(吉田口)、7月10日(火)に静岡県側(須走口・御殿場口・富士宮口)が開山となりました。


私自身は開山の準備のために9日から山頂に入り、10日の開山を迎えました。

山頂には御来光を目的とした方々がたくさんおり、非常に賑わっていました。

9日の夜は雨が降っていましたが、10日の早朝には快晴になり、見事な御来光を望むことができました。

△富士山からの御来光

光に包まれてなんだか思わず手を合わせてしまいそうな情景ですよね!

しかし、大変悲しいことに軽装で登山してしまったせいで、御来光を待つ間寒さに体を震わせている方や疲労が溜まりすぎてうつむいたままの方も多く見受けられました。せっかくの綺麗な風景もそんなことでは台無しです。


「富士山」は皆がよく知っている場所ですが、登る山としての富士山は広く知られているとは言えません。富士山が日本一高い標高の山であること、その登山道は険しく時間がかかること、登山には一定以上のリスクが存在していることなどを再度認識していただきたく思います。
登山の前には、自分の体力に合った計画や山登りをする準備をきちんと行い、登山中も十分に注意して歩行してください。

以下のリンクから富士山についての情報等を集められるので、登山をする前に確認されるといいかもしれません。また、富士山山頂が混雑し、登山道が渋滞してしまうような問題もあります。混雑予想カレンダー等も参考にして、混雑を避けてスムーズな登山を心がけるようにしてください。

そして、富士山の美しい景観や文化を思いっきり楽しんでください。

それでは皆様良い登山を!

▼登山前に必ず知っておくべきこと(富士登山オフィシャルサイト)

http://www.fujisan-climb.jp/basic/index.html

▼富士山をより楽しむために(富士登山オフィシャルサイト)

http://www.fujisan-climb.jp/hospitality/index.html

▼混雑を避けて、安全・快適な富士山へ(富士登山オフィシャルサイト)

http://www.fujisan-climb.jp/info/congestion_info.html

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ