ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年2月

21件の記事があります。

2019年02月28日「群馬県立尾瀬高等学校との連携協定」締結式

尾瀬国立公園 尾池こず江

 平成31年2月27日(水)群馬県立尾瀬高等学校で、環境省関東地方環境事務所と群馬県立尾瀬高等学校は「尾瀬国立公園の保護・管理と環境教育等に関する連携協定」を締結いたしました。国立公園の保護管理で環境省と高等学校が連携協定するのは全国初となります。

△関東地方環境事務所 牧谷所長と尾瀬高等学校 小林校長

 群馬県立尾瀬高等学校(以下尾瀬高)は、「自然との共生」を図ることのできる人づくりを目指し、長年にわたり、尾瀬国立公園の自然環境調査や日光国立公園のシラネアオイ群落の保護・復元活動等に取り組んできました。

 昨夏、環境大臣政務官だった笹川博義衆院議員が尾瀬現地調査で尾瀬高生のシカライトセンサス調査や意見交換会に参加したり、2018年に尾瀬国立公園協議会が策定した、尾瀬のめざす姿をまとめた「新・尾瀬ビジョン」の策定過程においても尾瀬高生の協力をいただくなど、環境省と尾瀬高との関わりが深くなったこともあり、支援に向けた動きが始まりました。

 「新・尾瀬ビジョン」の中にもあるように、「みんなに愛され続ける尾瀬」をめざすには、尾瀬高の生徒をはじめとした地域の若い力が欠かせません。こうしたことを踏まえ、尾瀬高と環境省は、互いに連携・協力して尾瀬国立公園をはじめとする国立公園の保護・管理を推進するとともに、それらを担う人材を育成するための環境教育等を推進することを目的に協定を締結することになりました。

 これからも若いパワーを尾瀬のために貸していただけたら嬉しく思います。来年度もまた元気な高校生と一緒に調査等できることを楽しみにしています。

ページ先頭へ↑

2019年02月26日南アルプスで暮らす動物たち

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

南アルプスは山深く原生的な森林が残されており、ほ乳類は種類数も個体数も多く、ツキノワグマ、ホンドキツネ、ホンドオコジョなど30種類以上が確認されています。自然の豊かさを反映して昆虫類も豊富であり、高山性のチョウ類も多く生息しています。今回は、南アルプスで暮らす動物たちについてみなさんにご紹介したいと思います。

ライチョウ親子

△ライチョウ親子

多くの方がご存知ではないでしょうか?南アルプスが生息地の最南限になっており、北端の甲斐駒ヶ岳から南端のイザルガ岳に生息しています。身体はハトよりも大きく、すんぐりしていて、冬の寒い時期にも耐えられるよう、足はふわふわの毛で覆われています。国指定の特別天然記念物、国内希少野生動植物種として法律および条例によって保護されています。きっと今頃は、真っ白な毛で覆われて雪の中でぬくぬくしていることでしょう...♪

こちらをじっと見つめるカモシカ

△こちらをじっと見つめるカモシカ

カモシカは名前に「シカ」とついていますが、実はウシ科です。ニホンジカはオスだけに角が生えますが、カモシカはオスメス両方に角が生えます。南アルプスでは山麓から亜高山帯の広い範囲で生息しているため、登山道でも頻繁に目撃されます。群れで行動することはなく、1年のほとんどを1頭で行動しています。写真には1頭しか写っていませんが、この尾根の下に子どもが2頭!貴重な瞬間でした。

木の実を探しているホシガラス

△木の実を探しているホシガラス

亜高山帯から高山帯までのハイマツなどの針葉樹の茂った場所に生息しています。街でよく見かけるカラスは全身真っ黒ですが、ホシガラスは全身茶褐色気味で、白い斑点が散らばった羽色をしています。標高が高いところでは頻繁に見ることができます。土の中や木の洞など森のあちこちに木の実を隠して貯めておく習性をもっています。そのまま埋められた木の実がやがて芽を出して新しく実を付ける木が育つことから「森を再生する鳥」としても知られています。

このほかにもコウモリやモグラ、ネズミなどの小型ほ乳類やヤマトイワナも生息しています。いかに南アルプスが豊かな自然であるかが分かります。南アルプスで動物を見かけた際は、ぜひ、いきものログを活用してみてください。 → https://ikilog.biodic.go.jp/

ページ先頭へ↑

2019年02月25日日光国立公園の福島県側

日光国立公園 吉川 美紀

みなさん、こんにちは。

今年の那須の冬は、例年よりも大分雪が少なく、今年度の冬季巡視はスノーシューの出番が少ないです。

那須地域では雪が少ないけれど、さらに北部の甲子(かし)地域ではどうだろう?ということで、日光国立公園の福島県側に積雪状況調査も含め、先日、巡視に行ってきました。

今回の巡視場所は、日光国立公園の北東部に位置する福島県西郷(にしごう)村の「西の郷(にしのさと)遊歩道」。ここは、国立公園区域内外をまたぐ遊歩道で、阿武隈川の渓流沿いを歩きながら滝や山を眺められるハイキングコースです。

今年は甲子地域でも雪が少ないようで、準備したスノーシューの出番はなく、スニーカーでも歩けるような状態でした。雪はほとんどありませんでしたが、冬の澄んだ空気のおかげで展望が良かったので、カメラスポットを紹介したいと思います。

○那須見の台

那須連山(左側が那須(栃木県)方面、右側が甲子(福島県)方面)を望む展望台。

栃木県にある那須岳の主峰・茶臼岳や、福島県にある雪深い鋭鋒・旭岳などの山々が連なる風景が圧巻です。

○阿武隈川(あぶくまがわ)源流

福島県西郷村にある旭岳に源を発し、福島県を縦貫して宮城県に至り太平洋へ流れ出る一級河川・阿武隈川。

その源流部は、原生林の中を青く透きとおった水が流れていく静かな場所でした。

○雪割橋(ゆきわりばし)

真っ白な雪の中に浮かぶ真っ赤なアーチ状の橋。

という写真を狙っていたのですが、残念ながら今年は雪がほとんどなく、イメージ通りには撮れませんでした。しかし、雪山を背負い渓谷を跨ぐ姿は力強さを感じます。新緑、紅葉の名所でもあり、年間を通じて楽しむことができる景色がある場所です。

日光国立公園は、日光地域、鬼怒川・栗山地域、那須甲子・塩原地域からなる広い地域を持つ国立公園です。地域によって文化も自然も気候も様々。国立公園内を周遊する際は、ぜひその土地毎の特徴を感じて、その違いを楽しんでみてください!

ページ先頭へ↑

2019年02月25日空からのおくりもの(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 三瓶雄士郎

こんにちは!富士箱根伊豆国立公園管理事務所の三瓶です。

いよいよ、花粉シーズン到来ですね!皆さんは花粉症は大丈夫でしょうか?

私は軽度の花粉症のため、かろうじて大丈夫ですが、つらい時期になってきました。

さて、今年の冬は、寒くはなりますが、タイミング良く雨雲が来ないからか、箱根地域での積雪は先日お伝えした「【速報】箱根の積雪情報」の一回だけで、なにか物足りない気がしています。

ですが、積雪がないだけで、1週間に1回は積雪しない程度に降雪はしています。

 

箱根湖尻周辺の降雪の様子(2019年2月14日 退庁時に撮影)

この時に、ふわっとした雪が舞っていたら、近くの植え込みや枯れ草の上をよく観察してみてください。

このような枝先に雪が積もっているところを要チェック!

多様な雪の結晶1(2019年2月14日撮影)

多様な雪の結晶2(2019年2月14日撮影)

多様な雪の結晶3(2019年2月14日撮影)

虫眼鏡やルーペで見ると、さらによく観察できます。最近だとスマートフォンのカメラにマクロレンズを付属できる商品も販売されているので、手軽に撮影することが出来ます。

お出かけの際、降雪地に居合わせることがありましたら、ぜひ探してみてください。

ページ先頭へ↑

2019年02月22日冬も奥日光を満喫しませんか?

日光国立公園 藤本 優太

こんにちは!

日光国立公園管理事務所の藤本です。

春夏秋冬、季節を問わず自然を楽しむことができる奥日光!

今年は、雪と氷の世界を体験してみませんか?

というわけで、いくつか冬の奥日光情報掲載しちゃいます!

◇庵滝(2019/02/15)

近くでみると、大迫力!

 

◇庵滝(2019/02/15)

誰もいない静寂な場所に行きませんか?

◇刈込湖(2019/02/05)

天気が晴れていなくても楽しめます!

◇西ノ湖(2019/01/24)

冬のアクティビティーも充実しており、スノーシュー、エアーボードなど他にも盛りだくさん!

◇小田代原周辺(2019/02/14)

◇湯元周辺(2019/02/07)

奥日光に来て、日光国立公園を満喫しちゃいましょ!

安全第一で様々な景色、アクティビティーを楽しんでいただけたらと思います。

写真で紹介したいずれの場所も、冬山登山に相当する様々なリスクがあります。

相応の装備や技術などを要しますので、責任ある事業者によるガイドツアーに

参加して楽しむことをおすすめします。

安易な判断で立ち入ることはおやめください。

詳しい奥日光情報は、環境省 湯元ビジターセンターに掲載しております。

→ http://nikkoyumoto-vc.com/

ページ先頭へ↑

2019年02月20日この冬の富士山(富士五湖エリア)

富士箱根伊豆国立公園 小西 美緒

こんにちは。富士五湖の小西です。

暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。

この冬の富士五湖エリアは、例年より気温が高い日が多く過ごしやすいです。

湖面が凍結した精進湖の夜明け(2019年2月7日)

前日の暖かさで溶けた氷が湖畔に着岸(撮影2019年2月8日)

麓の生活用水は富士山に降った雨や雪解け水が何年・何十年という時間をかけ、湧水や地下水となったものに頼っています。

この冬は降水量も少なく、冬には珍しく節水が呼びかけられています。

富士山を覆う雪も、とても少なく真冬にも関わらず、黒い山肌が露出しています。

富士山には4月下旬から5月にかけて、雪解けが進むと山肌に鳥の形をした雪形が現れます。
地元の人たちはこの「農鳥」を農作業を始める季節の目安としていましたが、雪が少ないため季節外れの農鳥が現れました。

季節外れの雪形「農鳥」が現れた富士山(2019年2月15日)*

農鳥のアップ(2019年2月15日)*

また、例年と比べてみても、雪が少ないことがよくわかります。

山肌が見え冬らしからぬ富士山(2019年1月31日)*

1年前の同じ日の富士山(2018年1月31日)*

記録的な大雪となった2014年の富士山。真っ白です!(2014年3月25日)*

富士山はやはり雪をかぶっている姿がいいですね。

いまの季節は空気が澄んでいて写真撮影によい季節です。

また、2月23日は富士山の日です。様々なイベントも開催されますので、遊びに来てください。

「富士山の日」関連イベントガイド(PDF:3,247KB)

富士五湖へお越しの際は、十分な防寒対策や路面凍結等による転倒、交通事故に十分お気を付けください。

*インターネット自然研究所(富士山北麓フラックス観測サイト)映像を使用し加工

 インターネット自然研究所HP

ページ先頭へ↑

2019年02月19日夜叉神峠でバードウォッチング!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

昨日、夜叉神峠へ巡視に行ってきました。

夜叉神峠は鳳凰三山縦走路の通過点になっており、頂上では日本第2の高峰である北岳をはじめとする白峰三山を眺めることができるスポットです。登山口から約1時間で登ることができて、アクセスがいいこと、眺めがよいことから1年を通して多くの方が登られます。

今回は、わたしが発見した生きものをみなさんに紹介しようと思います。

夜叉神峠にはアカゲラやメジロなどの鳥類が数多く生息しています。この時期は木々が葉を落としているため、森や林の見通しが良く、バードウォッチングがしやすくなります。樹林帯を歩いていると、くちばしで木をたたいている音やせわしく飛び回る羽の音が聞こえました。

ルリビタキ メス

△ルリビタキ メス

オスはルリ色で綺麗な色をしていますが、メスは全体的に茶色っぽい色で尾はほんのりルリ色、わき腹がオレンジ色をしています。鳥類はオスが派手な色でメスが地味な色ですね。この色の違いは、メスがオスを選ぶときの信号として、オスの外見の派手さが機能しています。少しそっぽを向いているようで顔を正面から撮影できなかったのが心残りです。

コガラ

△コガラ

木をトントンたたいていました。木の中に餌となる虫がいるか探していたのでしょうか?木に止まってくれる時間が短く、見つけるだけでも一苦労でした。この子の周りにも数羽いたようで、同じような鳴き声が複数箇所から聞こえ、みんなで会話をしているようでした。

冬鳥が見られる時期でもあり、今しか見ることができない鳥もいます。頂上まで行かずとも、暖かい格好をしてバードウォッチングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

夜叉神峠の登山道では春の訪れを見つけました。アセビは1年中緑の葉を付けているので目に付きやすいと思います。

つぼみを付けるアセビ

△つぼみを付けるアセビ

アセビは漢字で「馬酔木」と表記し、馬が食べると神経が麻痺し、酔ったような状態になるとことに由来しています。開花は2月から始まりますので、もう少し経てば夜叉神峠でも花が見られる季節になりますね。

■夜叉神峠、夜叉神峠から鳳凰三山の登山計画をされている方へ

夜叉神峠までの登山道は標高が高い・低い、日が当たる・当たらないに関わらず、凍っている部分が多くあります。落ち葉の下が凍っている場所もありました。雪道の歩行に不安がある方は軽アイゼン等があると歩きやすいかと思います。夜叉神峠までの登山道でも、風が吹いたり、立ち止まると寒さを感じますので防寒対策をしっかりするようにしてください。

ページ先頭へ↑

2019年02月19日春の気配感じる奥多摩

秩父多摩甲斐国立公園 奥多摩 野崎 拓

2月も半ばを過ぎ、春の気配が濃くなってきました。

奥多摩ではウメの花が咲き始めています。

2/12 小河内ダム付近の六ッ石山登山口周辺)

ロウバイはピーク過ぎですが、場所によって見頃を迎えています。

212 奥多摩駅付近の六ッ石山登山口周辺)

先週12日に登った六ッ石山も、日当たりのよい場所の雪はほとんど溶けていました。

溶けた雪や霜によってぬかるんでいる箇所が多いため、下り坂では注意が必要です。


(六ッ石山山頂 標高1478m


暖かいとはいえ、日陰では残雪や凍結が見られます。

そのため、この時期は低山であってもアイゼン等は携帯していた方が安心です。

ページ先頭へ↑

2019年02月18日H30年度アクティブ・レンジャー写真展写真展@大島

富士箱根伊豆国立公園 伊豆諸島 椋本 真里奈

213日(水)から314日(木)まで伊豆大島にて「アクティブ・レンジャー写真展 -国立公園・野生生物フォトコレクション-」を開催中です。

本写真展は、関東地方の国立公園および国指定鳥獣保護区の管理に携わるアクティブ・レンジャーが現地で撮影した写真を紹介するものです。

会場はこちら、伊豆大島火山博物館です。

中心地である元町から、都道を沿って徒歩15分程。

目の前にバス停「火山博物前」があるので、路線バスでのアクセスも簡単です。

(年中無休、開館9:0017:00

正面玄関入ってすぐの1Fエントランスロビーに設営されております。

(本写真展は無料で観覧できますが、その奥の火山博物館の展示へは入場料がかかりますのでご留意ください。)

展示総数は28枚。パネルの裏側まで続いているので、ぐるりと回ってご覧ください。

二箇所開催で関東地方を巡回していた本写真展も今年度は伊豆諸島でおしまいのため、このラインナップが見られるのはこれで最後です!

(※期間中、那須でも同時開催されています)

大島が所属する伊豆諸島地域からはこちらの2枚を展示しております。

左の写真に写る「地層大切断面」は展示会場から路線バスで6駅ですので、展示を見て興味を持った方は是非足を運んでみてください。

展示期間中は伊豆大島椿まつりも開催中です。

冬の島旅、してみませんか?

皆さんのお越しをお待ちしております。

<参考>

火山博物館について(大島町公式HP):

https://www.town.oshima.tokyo.jp/soshiki/kankou/kazan-hakubutsukan.html

椿まつりについて(東海汽船公式HP):

https://www.tokaikisen.co.jp/tsubaki_festival/

ページ先頭へ↑

2019年02月15日駒ヶ岳での鹿調査(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 池田興平

先日鹿の調査で箱根の駒ヶ岳へ行ってきました。

駒ヶ岳は標高1,356mで中央火口丘の一つです。

山頂へ行くためには、ロープウェーで登る方法と防ヶ沢登山口から登る方法があります。

現在、防ヶ沢から駒ヶ岳山頂まで大涌谷周辺の火山活動による立ち入り規制のため通行止めとなっています。

防ヶ沢から駒ヶ岳山頂までのコースタイムは約90分かかりますが、ロープウェーの出発地である箱根園から山頂を目指せば約7分で到着することができます。

▲箱根園のロープウェーを利用して山頂を目指します。

天候に左右されますがロープウェーからの展望は恵まれていれば富士山が綺麗に顔をのぞかせてくれます。

冬の時期は空気が透き通っており遠くまで見通せるため、富士山を見られるチャンスです。

晴天時でも強風の場合、運転見合わせになる可能性もありますのでご注意を。

http://www2.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/ropeway/

駒ヶ岳ロープウェーのHPからNEWSTPOICSの運行情報を見ていただくと確認ができます。

▲駒ヶ岳から見た富士山

山頂には箱根神社元宮(はこねじんじゃもとつみや)があります。

駒ヶ岳では古くから霊峰神山を拝し、山岳信仰が行われていました。

最近ではパワースポットとして注目され多くの観光客が足を運ぶ場所となっています。

▲箱根神社元宮と鳥居

近年、駒ヶ岳でも鹿の出没が確認されているため実態調査をしています。

山頂周辺の登山道に定点カメラを設置しており、定期的にデータの回収を行います。

箱根山の登山道の一部は、2015年6月の大涌谷の噴火の影響により入山規制にされています。

今回の様な調査で許可を得て立ち入りしています。通常は駒ヶ岳の山頂周辺の登山道は立ち入らないようお願いします。

駒ヶ岳に設置してある定点カメラ

赤外線センサーによりカメラの前で熱を発生する物体(動物や人)がセンサーの感知範囲内を移動すると、センサーが感知をして自動的に撮影をおこなってくれます。

カメラ位置は鹿がカメラの前を通りやすい環境を選び定点カメラを設置しています。

今回も無事にデータ回収を終えることができました。

▲駒ヶ岳山頂付近で確認できたメス鹿とオス鹿

箱根でも近年増えつつある鹿ですが、これ以上に増えないためにも鹿の実態調査を今後も続けていくことも重要だと感じます。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ