ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年10月30日【小笠原】高校兄島授業

小笠原国立公園 玉井徹

こんにちは

秋晴れが気持ちいい小笠原です。(最高気温27度前後)

先日、小笠原高校で授業を行いました。

テーマは「世界自然遺産・兄島」

兄島は、父島のわずか500mほど北に位置する無人島で

その最大の特徴は、小笠原諸島最大の乾性低木林にあります。

そこには陸産貝類をはじめ多くの固有種が生息しています。

環境省では兄島で様々な保全対策を行っており、業務では最もよく行く島です。

(何回行ったかわからないくらい・・・)

しかし、実はほとんどの人は兄島に行く機会があまりないんです。

というのも、ほぼ全域が様々な保護地域に指定され、

遊歩道なども無く、入林には許可が必要だからです。(海岸部への上陸はOkay)

"近くて遠い島"といったところでしょうか。

そのなかで、小笠原高校の1年生は授業の一環として毎年兄島で実習を行います。

兄島は世界自然遺産の核心地域であり、様々な取り組みが行われているため

事前に関係機関から、兄島にまつわる様々な授業を受けるプログラムとなっています。

環境省からは、グリーンアノール対策を中心に

兄島の世界自然遺産の価値と、外来種から守る取り組みを紹介しました。

兄島の一体何がすごいのか?どうして多くの取り組みが行われているのか?

伝えたいことは色々ありますが、

一番はやっぱり自然に興味を持ってもらいたいということ。

授業を通して、実際に兄島に行った時に

"近くの島にこんなに自然が残っているんだ、"

"知らないところでこんなことが行われているんだなぁ"

"地元の素晴らしい自然に改めて気づいた!"

といったような、新しい発見につながってほしいと思います。

玉井

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ