ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

日光国立公園

147件の記事があります。

2013年07月12日日光清掃登山活動

日光国立公園 櫨木 めぐみ

 先日、栃木山岳連盟主催の第40回山岳自然保護の集い【日光清掃登山】活動に参加してきました。私たち日光自然環境事務所チームは、三岳を周回する湯元光徳線を今回のルートとして設定しました。このルートはいくつかの見所があり、ほとんど樹林帯の中を歩くので夏には涼しいハイキングコースです。

 日光湯元から出発すると、はじめにコメツガやアスナロの樹林帯を歩きます。その樹林帯を突き進むと、木々の間からエメラルドグリーンが見えてきます。




 その色の正体は、刈込湖です。於呂倶羅山と三岳に挟まれたこの湖は、水際まで行けることもでき、また湖越しに山王帽子山と太郎山も臨めます。刈込湖に並行して歩くと、隣接する切込湖が見えてきます。両湖とも、周りに人工物が全くない森の中にひっそりと佇む湖です。

 さらに足を進めると、急に開けた空間にでます。


 涸沼です。ここは、その名のごとく沼の跡地で、そして大きな窪地です。私はまだ見たことがないのですが、紅葉の頃には、すり鉢状の地形のため、山の方からではなく下の方から色づくそうです。今の時期は、レンゲツツジが楽しめますよ。

 そんなルートの景観を楽しみつつ、ゴミ拾いの作業をしました。全体を通して、大きな目立つゴミはあまり見られませんでしたが、利用者の飲食時に無意識にゴミとなってしまったような小さなゴミが多いように感じました。他には、時代を感じるデザインの空き缶が主でした(まだペットボトル等が普及していない頃の手軽な飲料だったからでしょうか)。買い物袋1つ分のゴミの量にはなりましたが、故意に置いていったようなゴミは見当たらず、きれいなルートでした。今回のような活動や利用者の方の意識による産物ですね。
 私たちは、巡視の際にはゴミ袋を持参しており、今後も地道にゴミ拾いを心がけます。みなさんも、引き続きゴミの持ち帰りなどにご協力をお願いします。

ページ先頭へ↑

2013年06月28日赤外線センサーカメラ調査実施中

日光国立公園 櫨木 めぐみ

日光国立公園日光地区では、4月末より赤外線センサーカメラ調査を実施しています。



このカメラは、動物の熱を感知して自動撮影ができ、また夜間の撮影も可能なものです。当調査では、このカメラをシカの移動経路として高頻度に利用されている可能性がある5つの箇所に1台ずつ設置して、シカの土地利用頻度についてモニタリングするというものです。

既に各箇所で約2ヶ月分の撮影データがあり、その集計をしつつ、カメラのデータ回収や点検をしています。5箇所という限られた場所ではありますが、設置場所の植生条件や地形により撮影枚数やシカの性別など傾向に違いが見られるように感じます。
とはいえ、まだ調査途中。引き続き、調査を実施します!また何かありましたらご報告します。

時に、カメラ目線のシカも。

時に、ツキノワグマも。

ページ先頭へ↑

2013年06月12日シカ ライトセンサス in 白根山

日光国立公園 中野純

8日から9日にかけて、白根山で行われたシカの生息等調査に同行しました。

まずは、宿泊先の山小屋に向けて出発!標高2000mまではロープウェイで行けました。
楽に標高2000mまで登れます。


写真 頂上は2500mを超える白根山。

途中、シカを発見しました。エサ?を探しているようで、他にも数頭を確認できました。人に少し慣れているようで、あるシカでは、人に気づいても逃げる素振りはせず、逆に自ら近づいてきました。いずれは奈良公園で見られるシカのようになるのではないでしょうか。

さて、山小屋に着き、日が暮れたところで目的のライトセンサスを始めました!

ここでのライトセンサスとは、夜間に決められたルートを強力なライトで照らしながらシカを見つける調査です。シカの眼にライトの光が照らされるとピカッと反射する性質を利用して見つけます。

残念?ながら数頭しか確認できませんでした。予想では十数頭以上は確認できるはずでした。おそらく、今年は残雪が多いことで確認数が少なかったのではないかとのことでした。

翌朝、山小屋から白根山の頂上に向けて出発しました。


写真 山頂付近から撮影。ん~これはすばらしい。

ところで、下の写真は山頂付近に広がっていた裸地です。今は裸地ですが、昔はたくさんの高山植物が生育していたそうです。


写真 石がゴロゴロしている裸地。

これはシカによる採食が原因といわれています。

写真の場所に生育していた高山植物は、生物が生きていく上で過酷な標高2000mを超える環境に適応できていても、シカによる採食圧の耐性は低かったということでしょうか。

シカによる影響が及ぶ以前の高山植物のお花畑がまた見られるといいですね。

それにしても、標高2500m付近にまでシカが進出していることにちょっと驚きです。シカは本来、平野が生息地であったといわれています。ですが、平野は人間の主な活動地であった為、高山帯にまでシカは追いやられたということでしょうか。そうであれば、高山植物群落の衰退は、高山帯にまでシカを追いやった人間も関係しているのでしょうか。

次回の白根山で行われるライトセンサスは夏頃に予定されています。もし、同行できれば
また報告したいと思います。お楽しみに!


ページ先頭へ↑

2013年06月07日中禅寺湖南岸

日光国立公園 櫨木 めぐみ

先日、日光を代表する湖、中禅寺湖の南岸線の巡視をしました。

ヒグラシの声にも似ているエゾハルゼミの大合唱の中、巡視スタート。
穏やかな海のような中禅寺湖越しの男体山は、いつもの巡視とは見え方が
異なるせいかより堂々として見え、青空や緑とともに初夏の雰囲気を漂わせていました。


ところが、天気は一変してゴロゴロと雷雨に変わってしまいました。

そんな天気の中、目を楽しませてくれていたのが花々。
栃木県の県花でもあるヤシオツツジ(アカヤシオやシロヤシオ、ムラサキヤシオのツツジの総称)やヤマツツジなどが、場所によっては最盛期をむかえているようでした。見逃した方はお早めに!また、足下には薄暗いところを好む銀白色のギンリョウソウがむくむくと出てきていました。




日光の自然も、春から夏へと季節の変わり目を迎えています。
梅雨のない奥日光とも言われていますが、やはり天気の変わりやすい山地。
雨具など備えをもって、季節の変わり目を楽しみに是非お越し下さい。

ページ先頭へ↑

2013年05月24日出会いの季節

日光国立公園 櫨木 めぐみ

日光の自然は豊かで、動物たちの息吹を感じやすい場所です。
奥日光の自然も新緑の季節を迎え、
動物の動きも活発になっているように思います。
そして、実際に遭遇することもあります。

時間帯にもよりますが、シカと出会う可能性は大いにあります。
直接出会えなくても、糞や足跡、食痕、角研ぎの跡などを確認できます。


ここは獣がいる!と“臭う”雰囲気があり、実際このようなところに、
現在、赤外線センサーカメラにてシカの調査中です。
それについては、おって報告しますのでお楽しみに!

シカ以外は?というと・・・
巡視中、ここで何かがあったのだろうと思われる
フクロウの羽根の散乱の跡を見つけたり、


調査中、無我夢中で餌を探すアナグマに遭遇したり・・・。


野鳥はもちろん、他の動物も目撃しています。

それだけの動物との出会いがあるということは
まさに自然の中にいるという実感やわくわくする気持ちがあるのは
確かなのですが、中には要注意のものもいます。

そう、サルやクマです。
各地で事故が起きたりしていますが、サルやクマをはじめ
野生動物は警戒心も強く、むしろ人間に出会いたくはないはず。
自然の中に出かけるということは、
彼らの生息する地へ訪れるということ。
双方の不意な遭遇を避けるため鈴を鳴らすなど
人間の存在を知らせましょう。また目撃した場合は近づかず、
もし至近距離で遭遇してしまった場合は、
急な動作や大きな音を避け、ゆっくり騒がずに、離れて下さい。
なお、見かけた際は最寄りのビジターセンターへお知らせ下さい。

安全に、楽しく、自然の中での出会いを楽しみましょう!

ページ先頭へ↑

2013年05月22日はじめまして!

日光国立公園 中野純

はじめまして!4月1日付で日光自然環境事務所アクティブレンジャーとして着任した中野純と申します。
よろしくお願いします。

日光に住み始めて約2ヶ月が過ぎ、少しずつ日光の自然に魅了されています。日光の山といえば、男・体・山と書いて男体山(なんたいさん)!!下の写真は戦場ヶ原という湿原から撮影しました。
ここから眺める男体山にうっとりしちゃいます。

戦場ヶ原から撮影した男体山。ん~すばらしい。

さて、5月16日に日光自然環境事務所と日光パークボランティアによる外来植物除去活動が実施されました。外来植物とは国外または国内の他の地域から持ち込まれた植物です。
この活動の主な対象種はハルザキヤマガラシで、その他にビロードモウズイカや外来タンポポ類などです。毎年、この活動は戦場ヶ原近辺で実施されており、年々、除去する外来植物の量は減ってきています。

活動の結果はこちらです。↓↓↓

http://www.env.go.jp/park/nikko/data/files/130508aa.pdf

        
今回は大袋の半分くらいを除去しました。
活動当初は何十袋も必要なくらい除去したらしいです。

外来種の一部は、もともとその地域に生育・生息している生物(在来種)の多様性を脅かすといわれます。奥日光の在来種がいなくなっちゃうのはなんだか寂しくなっちゃいますよね。

奥日光の在来種を外来種から守るこの活動をこれからも続けていきたいと思います。




活動の様子。晴れて良かったです。

除去した外来植物。

ページ先頭へ↑

2013年05月02日初めまして。

日光国立公園 櫨木 めぐみ

4月より日光国立公園日光地区の
アクティブレンジャーとして
着任しました櫨木(はぜき)です。

学生時代に日光国立公園でシカの調査をしていたのですが、
またこのような形でこの地に携われることが嬉しいです。
これから、この魅力的な日光の自然情報をお伝えすることで、
より多くの方に日光の豊かな自然にも触れていただけたらと
思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

さて、自然豊かな日光国立公園ではありますが
一方で深刻な問題も抱えております。
全国的にも問題になっていることですが、
ここ日光国立公園でもニホンジカの個体数が増加しています。
シカの個体数増加や分布拡大が原因と考えられる
自然植生の変容などが問題となっているのです。
環境省では、今年度も下記のように継続して取り組みます。
「日光国立公園 奥日光・戦場ヶ原シカ対策」
http://www.env.go.jp/park/nikko/effort/deer.html


シカ侵入防止柵外で群れるシカ

日光の自然の魅力と直面する課題。
それらは、等しく自然からのメッセージだと私は思いますので
これからもみなさんにお伝えしていきます。

日光国立公園は、これから雪解けの新緑の季節となります。
ぜひ、日光の自然へおいでください!


戦場ヶ原の周遊散策路(日光ふれあいの道)より泉門池園地からの男体山

戦場ヶ原とそれを囲む日光の山々

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ