報道発表資料

2016年06月11日

第14回放鳥の状況について(6月11日のまとめ)

平成28年6月11日(土)

関東地方環境事務所

所    長  上杉 哲郎

野生生物課長  澤  邦之

(℡:048-600-0817)

佐渡自然保護官事務所

首席自然保護官 広野 行男

(℡:0259-22-3372)

トキの第14回放鳥については、6月10日(金)から開始し全18羽のうち15羽が同日中に飛翔しましたが、本日、残る3羽の飛翔はありませんでした。

本日までの放鳥の実施状況等について、お知らせします。

1 第14回放鳥の状況

月日

飛翔したトキ

順化ケージ内のトキ

当日

累計

6月10日(金)

15羽

15羽

3羽

6月11日(土)

0羽

15羽

3羽

2 放鳥トキの飛翔状況(まとめ)

個体番号

(性別、生まれ年)

飛翔日時

個体番号

(性別、生まれ年)

飛翔日時

個体番号

(性別、生まれ年)

飛翔日時

241(♂、12)

249(♂、13)

6/10 10:03

256(♂、14)

6/10 13:34

242(♂、12)

6/10 10:03

250(♂、13)

6/10 10:03

257(♂、14)

6/10 11:24

244(♂、12)

6/10 10:03

251(♂、14)

6/10 11:51

258(♀、15)

6/10 13:34

245(♂、13)

6/10 10:03

252(♂、14)

6/10 10:03

259(♀、15)

246(♂、13)

253(♂、14)

6/10 8:23

247(♂、13)

6/10 8:23

254(♂、14)

6/10 8:23

248(♂、13)

6/10 11:24

255(♂、14)

6/10 8:23

※合計18羽(オス16羽、メス2羽)

※No.243は5月28日に収容し、今回の放鳥を見送り

3 本日の順化ケージの管理状況

5:56 放鳥口開放 

    放鳥口開放時に、放鳥口の外側の池にドジョウ0.3㎏を給餌

12:16 放鳥口付近の池でトキが採餌するよう、順化ケージ内部の池からドジョウを除去し、放鳥口の外側の池にドジョウ0.3㎏を給餌

16:47 放鳥口を閉鎖し、放鳥を終了

放鳥口閉鎖時に、放鳥口付近の池でトキが採餌するよう、順化ケージ内部の池の一部(水面)に砂を投入

明日6月12日(日)についても、6時頃に放鳥口を開放する予定です。

4 昨日飛翔したトキの状況

昨日飛翔した15羽の多くは、野生復帰ステーションから概ね数キロメートル程度の範囲を中心に行動するのが確認され、No.243、No.245、No.253、No.255及びNo.257の5羽については、各個体がそれぞれに既放鳥個体のNo.50及びNo.114とともに木に止まる様子が確認されました。

No.245及びNo.254 については、野生復帰ステーションから7キロメートル程度離れた場所において2羽で飛翔する様子が観察されました。

5 モニタリング体制等について

観察人数 13名

(環境省職員3名、調査請負事業者職員1名、鳥獣保護員1名、新潟大学職員3名、市民ボランティア5名)

観察地点数 3地点



地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ