報道発表資料

2019年06月26日

第21回放鳥に向けたトキの訓練個体の死亡について

令和元年6月26日(水)

関東地方環境事務所

所 長  牧谷 邦昭

野生生物課長 横田 寿男

(℡:048-600-0817)

佐渡自然保護官事務所

首席自然保護官 澤栗 浩明

(℡:0259-22-3372)

 佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージにおいて、6月25日に野生復帰のための訓練を開始したトキの1羽が、同日に死亡したため、お知らせします。

1.死亡した個体

 No.3812017年生まれ、メス):多摩動物公園生まれ

2.経過

  当該個体は、9月下旬の第21回放鳥に向けて佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージ内で、6月25日に順化訓練を開始した個体である。

同日午後5時41分、飼育員が同ステーション管理棟のカメラモニターで、ケージ内の状況を確認したところ、1羽(No.381)が地面に横たわっているのを確認した。午後5時44分、直ちに個体の回収を行ったものの、既に死亡しているのが確認された。

解剖の結果、致命的な外傷は確認されず、現時点では死亡原因を特定できていない。

3 第21回放鳥に向けた訓練について

 訓練個体1羽の死亡により順化ケージ内の放鳥予定個体は、オス11羽、メス6羽の計17羽となった。17羽で9月下旬に実施予定の第21回放鳥に向けた訓練を継続する。

  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ