報道発表資料

2019年03月28日

「富士山における適正利用推進プログラム」の策定について(お知らせ)

平成31年3月28日(木)

富士山における適正利用推進協議会事務局

環境省 関東地方環境事務所

富士箱根伊豆国立公園管理事務所

 富士山における適正利用推進協議会では、その前身となる「富士山標識関係者連絡協議会」を含め、2009(平成21)年より、社会情勢の変化の中で顕在化する富士山の適正利用に係る課題に取り組んできました。

 今般、富士山世界文化遺産に係る保全状況報告書の提出、国立公園満喫プロジェクトの推進など、富士山を取り巻く状況の変化及び利用の現状と課題等を踏まえ、協議会として取り組むべき事項の明確化を図り、富士山における適正な利用の推進に向けた取組を促進・強化するために「富士山における適正利用推進プログラム」を策定しましたので、お知らせします。

富士山における適正利用推進プログラムの概要                     

<策定主体>

 富士山における適正利用推進協議会

  構成員:国、県、市町村、民間団体など計42団体(添付資料参照)

  事務局:環境省、山梨県、静岡県

<期間>

 2019(平成31)年4月1日~2024年3月31日

<目標>

 「望ましい富士登山の在り方」の実現に向けて、来訪者管理計画において設定された指標の10%程度の改善を目指すとした目標水準の達成に資するため、富士山における安全かつ快適な利用の推進及び自然環境等の普及啓発に関する取組を実施することとし、本プログラム期間では、特に「外国人を含めた利用者への情報提供及び普及啓発」を促進・強化する。

<協議会で推進する主な取組>

 ○富士登山オフィシャルサイトの管理・運営

 ○富士山ガイダンス(仮称)の実施

 ○富士登山における安全確保のためのガイドラインの普及啓発

 ○富士山における標識類総合ガイドラインの普及啓発等

<問い合わせ先>

 富士箱根伊豆国立公園管理事務所   石川 拓哉 TEL:0460-84-8727

 (山梨県関係)富士五湖管理官事務所 齋藤 天道 TEL:0555-72-0353

 (静岡県関係)沼津管理官事務所   成田 智史 TEL:055-931-3261

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ