報道発表資料

2020年07月03日

野生下のトキの2020年の繁殖結果について(速報値)

 野生下のトキの2020年の繁殖結果の実測データによる速報値について、お知らせします。なお、最終的な繁殖結果は、実測値として得た情報を統計学的に処理・算出した推定値として、秋頃に公表する予定です。 今期は両津、金井、新穂、畑野、真野、佐和田、相川、羽茂地区において延べ86組の営巣が確認されました。このうち33組から83羽のヒナが誕生し、さらにそのうちの26組から67羽が巣立ちしました。

1 野生下のトキの2020年の繁殖結果

 野生下のトキの2020年の繁殖結果の実測データによる速報値について、お知らせします。なお、最終的な繁殖結果は、実測値として得た情報を統計学的に処理・算出した推定値として、秋頃に公表する予定です。

抱卵中となっていた最後のペア1組において、本日、抱卵中止を確認しました。この他に営巣行動は確認されていないため、当ペアの中止の確認をもって、今期にモニタリング対象としたペア86組の繁殖活動は終了したものと判断しました。

営巣

ふ化

巣立ち

繁殖活動終了

ペア数

ペア数

ふ化羽数

ペア数

巣立ち羽数

2012

18

3

8

3

8

6/21

2013

24

5

14

2

4

7/5

2014

35

14

36

11

31

6/24

2015

38

12

21

8

16

6/19

2016

53

25

53

19

40

7/8

2017

65

36

92

31

77

7/19

2018

77

32

67

27

60

7/6

2019

99(120)

37

84

33(40)

76(95)

7/16

2020

86

33

83

26

67

7/3

※2019年の括弧内の数字は最終的な繁殖結果の推定値です。なお、ふ化ペア数及びふ化ヒナ数は、根拠データが繁殖期モニタリングのみであるため、推定していません。

※ふ化に係る数字は、巣立ち、育雛中及び育雛中止の合計値です。

 今期の野生下のトキの繁殖結果(実測値)は、両津、金井、新穂、畑野、真野、佐和田、相川、羽茂地区において延べ86組の営巣が確認されました。そのうち33組から83羽のヒナが誕生し、さらにそのうちの26組から67羽が巣立ちしました。また、野生下で誕生したトキ同士のペアによる営巣は29組確認し、そのうち11組から計26羽のヒナが誕生、このうち9組から計24羽が巣立ちました。

2 野生下のトキの繁殖状況

 野生下のトキの繁殖結果をとりまとめた資料を本日14時30分頃に環境省佐渡自然保護官事務所公式Facebook及び環境省佐渡自然保護官事務所公式Twitterに掲載します。

関連Webページ

■ 問い合わせ先
関東地方環境事務所
所    長 瀨川 俊郎
野生生物課長 佐藤 大樹
(℡:048-600-0817)
佐渡自然保護官事務所
首席自然保護官 澤栗 浩明
(℡:0259-22-3372)
  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ