報道発表資料

2021年05月21日

令和3年度野生生物保護功労者表彰伝達式について

 野生生物保護に関し特に顕著な功績のあった個人、学校及び団体に対し、その功績をたたえる野生生物保護功労者表彰について、新潟県佐渡市の高野毅氏が環境大臣賞を受賞し、5月31日(月)に伝達式を行うこととなりましたので、お知らせします。

1 概要

野生生物保護に関し特に顕著な功績のあった個人、学校及び団体に対し、その功績をたたえる野生生物保護功労者表彰について、新潟県佐渡市の高野毅氏が環境大臣賞を受賞しました。

例年、みどりの月間(愛鳥週間)に(公財)日本鳥類保護連盟と環境省が共催し東京都内で全国野鳥保護のつどい記念式典を開催して表彰を行っていますが、本年度は新型コロナウイルス感染症の影響により集合形式での式典が中止されたため、佐渡市において伝達式を行います。

2 日時

令和3年5月31日(月) 午後3時から

3 場所

トキのテラス(新潟県佐渡市新穂正明寺)

※晴天の場合は屋上、雨天の場合はピロティ

4 受賞者

  高野 毅(たかの たけし)

5 功績概要

(1) 野生絶滅前のトキが餌場としていた佐渡市生椿地区において、生息環境整備を始め、平成15 年より

 「生椿の自然を守る会」を設立し、地域住民とともに環境整備に尽力している。

(2) トキの野生復帰を目的とした活動団体の意見交換の場を設け、この協議会により、餌場の整備や

  生き物調査、環境教育等の多くの取組みが実施される等、野生復帰の活動体制づくりに努めている。

(3) 生椿でのトキ放鳥の決定に伴い、NPO 団体及び行政等、関係者に呼びかけ、放鳥場周辺の

  草刈りを実施する等、長年にわたる保全活動はトキの生息数回復や佐渡の自然保護に貢献している。

6 取材について

取材にあたっては、新型コロナウイルス対策のため、3つの密(密閉・密集・密接)の回避、マスク着用、手指消毒の実施等について、ご配慮をお願いします。また、現場では職員の指示に従ってください。

■ 問い合わせ先
関東地方環境事務所
所    長 瀨川 俊郎
野生生物課長 佐藤 大樹
(℡:048-600-0817)
佐渡自然保護官事務所
首席自然保護官 澤栗 浩明
(℡:0259-22-3372)
  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ