トピックス(2022年4月〜2023年3月)

2022年04月27日

任期付職員募集(関東地方環境事務所資源循環課)について

1. 採用機関及び採用予定人数

環境省関東地方環境事務所資源循環課 1名

2. 勤務地

埼玉県さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館6階

3. 公募の内容

任期付職員法(一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第12号)に基づく任期の定めのある環境省職員(行政職俸給表(一)が適用される常勤職員)として採用します。

4. 業務内容

採用後は、関東地方環境事務所資源循環課に配属となり、ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という。)廃棄物処理に係る地方公共団体への助言・支援、保管・所有事業者への指導等に係る業務に従事します。

具体的には、PCB関連業務を担当する他の職員と協調し、上司の指導を受けながら以下に関する業務に従事します。

・未処理のPCB使用製品及びPCB廃棄物を網羅的に把握する調査、処分の促進、法に基づく措置(報告徴収、立入検査、改善命令、代執行)実施等に関する地方公共団体への助言・支援等、保管・所有事業者(団体含む)への指導等 

・地方公共団体、保有事業者や関係省庁地方機関、環境省本省との各種調整

・PCB適正処理を推進するための説明会等の開催及び講義の実施

・国自ら事務(報告徴収、立入検査、改善命令、代執行等)を執行する際の調整

・その他、必要に応じて資源循環課が所管する業務

5. 任用期間

令和4年7月1日から令和6年3月31日まで

※ 手続きの進捗に応じて、採用時期が前後する場合があり得ます。

6. 身分及び処遇

(1)国家公務員として採用され、国家公務員法(昭和22年法律第120号)に基づく、分限、懲戒、守秘義務等の服務規定の適用を受けます。

(2)給与等については、学歴、職歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)に基づき決定されます。

(3)当該給与の他、該当があれば諸手当(扶養手当、住居手当、通勤手当等)が支給されます。

7. 求める人材

以下の[1]~[5]を満たす者。

[1]以下のいずれかの資格等を活用した業務に4年以上従事した経験を有し、専門性を有すると判断できること

(a)行政処分を実施する上で必要となる法令等の知識を有し、法令に関連する業務に従事した経験を有する者

(b) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律に係る業務に携わった経験を有する者

(c)大学、高専等において環境関係の学部又は理工農学系等所定の学部を卒業した者(※)

(d)短大、高校等において環境関係科目又は理工系科目等を履修して卒業し、所定年数の廃棄物処理に関する実務に従事した経験を有する者(※)

(e)電気主任技術者、電気工事士の資格を保有する者

(f)自家用電気工作物(非自家用電気工作物含む)及び照明器具安定器のしくみ・簡易構成・構造についての知識を使った業務に携わった経験を有する者

[2]一定以上の事務調整能力(文書作成能力及び関係機関との調整能力)を有すること

[3]パソコン(MicrosoftOffice系 Word、Excel(関数含)、Powerpoint、他)を用いて各種資料を工夫しスムーズに作成する能力を有し、プレゼンテーションの経験を有すること

[4]普通自動車免許を有し、運転実務経験が2年以上あり採用後に運転を有する業務に問題なく対応することができること

[5]採用予定期間中、継続して勤務が可能なこと

(※)(c)及び(d)については、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第16条に規定する環境衛生指導員の資格を満たす者又は廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第8条の17に規定する特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を満たす者であることが必要です。詳細は該当条文をご確認ください。

8. 応募資格

上記「7.求める人材」参照。

この他、以下に該当する者は応募できませんのでご了承下さい。

・日本国籍を有しない者

・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者

・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者

・一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者

・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

・平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

9. 応募締切

令和4年5月27日(金)17時(必着)

10.選考方法

【第1次選考】

審査方法:書面審査(履歴書及び職務経歴書、小論文による書面審査)

※ 第1次選考の結果は、応募者全員に通知します。

   

【第2次選考】

審査方法:人物審査(面接)

※ 第2次選考の日時、場所等は第1次選考を通過した者に電子メールで通知します。また、第2次選考の結果は、第2次選考受験者全員に通知します。

※ 第2次選考は原則、対面により面接を実施しますが、状況によってはwebによる面接を実施する可能性があります。web面接の場合、面接実施日時に先立ち事前の接続テストを実施します。利用するweb会議サービス等は以下のとおりです。

・使用するサービス: WebEX

・パソコンを使用する場合:OS Windows8以上 または MacOS X10.13以上

  面接にあたっては、パソコンとして標準的に備える機能のほか、カメラ、マイク等(音声入力)が必要です。

・一般的なスマートフォンを使用しても接続可能(アプリケーションのインストールが必要となります)。

11. 応募書類

(1)小論文

「応募の動機及び自分自身が発揮できると考える能力」について、1200字以上で論述すること。

(2)履歴書(写真貼付)

※ 連絡用に携帯電話番号及びEメールアドレスを必ず記載のこと。

(3)過去の業務経験一覧

※ これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で簡潔に記述すること。なお、特に「7.求める人材」[1]に関連する業務の場合、詳細に記述すること。

12. 勤務時間及び休暇

(1)勤務時間

原則9時15分から18時00分まで(昼休みは12時から13時まで)

上記勤務は、必要に応じ残業があります。

 

(2)休暇

週休2日(土・日)、国民の祝日、年末・年始のほか年次休暇、特別休暇(結婚、忌引等)があります。

13. 応募書類提出先及び問い合わせ先

〒330-9720

埼玉県さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館6階

環境省関東地方環境事務所 総務課

TEL:048-600-0516

電子メール:KANTO-SAIYO@env.go.jp

担 当:秋吉

 ※ 応募書類は郵送又は電子メールで受け付けます。封筒又は電子メールのタイトルに「任期付職員 関東地方環境事務所資源循環課 応募書類在中」と記載してください。(封筒は朱書きにして下さい。)

14. 備考

(1)採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提出していただくことになります。

(2)採用内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書及び過去に在籍した会社等への在籍証明書を提出していただくことになります。

(3)最終的に採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職していただく必要があります。

(4)応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。

  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ