ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2013年4月

5件の記事があります。

2013年04月22日出会いの春

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

初めまして!
4月から箱根自然環境事務所のアクティブレンジャーとして
勤務しております、
道又(ミチマタ)と申します。
以後、よろしくお願いします。

さて、季節はもうすっかり春ですね。
箱根はまだ少し肌寒い日もありますが、
ポツリポツリとかわいい春が顔を出しています。

そんな折、箱根ボランティア解説員連絡会主催のミニ観察会に参加してきました。
箱根パークボランティアの方が自然解説をしてくださり、
様々な植物を観察することができました。
その中でも私が印象に残ったのはこちらです。




参加者の皆さんが夢中になって観察しているのは…




リンドウ科リンドウ属「コケリンドウ」です。
芝生に紛れてたくさん咲いていました。
花の直径が7~8mmと、とっても小さな花ですが、
見た目は立派にリンドウですよね。

何気なく通り過ぎてしまうような場所にも春の訪れを発見できました!

ページ先頭へ↑

2013年04月19日尾瀬界隈の残雪状況

尾瀬国立公園 服部 恵子


尾瀬国立公園の群馬県側では、
本日4月19日(金)の午前10時を持ちまして
冬期閉鎖されていた戸倉交差点~大清水間の道路が開通されました。
尾瀬戸倉スキー場入口~鳩待峠間も4月26日(金)の午前10時より開通されます。

道路の開通に向けて、鳩待峠では目下除雪中です。



昨日は、開通後の登山者入山による植生破壊防止と
登山者の安全確保のために至仏山保全対策会議メンバーにより、
至仏山の残雪調査が行われました。

その結果、
毎年計測が行われている所では去年より30~70㎝も残雪が少ない状況でした。
至仏山頂でもご覧の通り。


2012/4/20撮影

2013/4/18撮影

近日入山予定の方は、
入山口等で配布予定のチラシをよくご覧いただき
植物を傷つけないようよろしくお願いいたします。

去年より残雪が少ないとはいえ、
登山道にはまだまだ雪が残っています。
万全な冬山装備でお出かけください。

ページ先頭へ↑

2013年04月17日芦ノ湖スカイライン

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

いつもは、歩いて楽しめる国立公園の歩道や登山道をご紹介していますが、今回は車で訪れて楽しむことができる国立公園の景色をご紹介します。

温泉や観光地として日本国内のみならず海外からも多くの人が訪れる箱根には、芦ノ湖があります。
その芦ノ湖の西側にある箱根峠と湖尻峠を結んでいる道路が「芦ノ湖スカイライン(有料)」です。
道路沿いには数カ所に展望地があり、芦ノ湖と箱根の山々や富士山、駿河湾方面の景色などを堪能できます。(お天気良好時)


山伏峠より、芦ノ湖と箱根の山々。


三国峠より、富士山と愛鷹山。


尾根を通る芦ノ湖スカイラインと箱根の山々。

このような素晴らしい景観を維持していくため、関係者をはじめとした多くの方に(もちろん来訪される方々にも)、日々ご協力いただいています。ありがとうございます。

ページ先頭へ↑

2013年04月12日尾瀬の利用と課題 ②尾瀬のクマから尾瀬の利用を考える

尾瀬国立公園 長峯 彩

新年度になりました。檜枝岐自然保護官事務所の長峯です。

檜枝岐村で春を迎えるのもとうとう2年目ということで、
1年目とはまた違った視点で、皆さんに尾瀬を伝えて行けたらと思っています!
今年度一年、またよろしくお願いします。


さて、突然ですがですが、みなさん。
「山でクマに会う」と聞くと、どう感じますか?

怖い!危ない!襲われる!殺される!
大抵の人はそう感じるのではないでしょうか?(クマ撃ちの人を除いて・・・。)

私もよく巡視をしていて、大きなガサガサ!という音がすると心臓が止まりそうになります。

そうなんです。尾瀬にもクマがいるんです。


クマの皮剥痕と爪痕

『尾瀬にもクマがいる。』
山によく行かれる方は当然と思うかも知れないこの事実、巡視をしていると意外と知られていないのではないかなあと思うことがあります。

早朝ブナ林の木道を歩いていて、クマがいつ出てきてもおかしくない中、鈴を鳴らしまくって歩いている私の前に、突然登山客が現れることもしばしば。
クマではなくても、こちらがビックリしてしまうことが何回もあります!


クマ鈴持ってる?

尾瀬は平坦で木道が整備されていて、都心から気軽に行けるからというイメージがありますが、逆にそのイメージが『クマも生息する立派な山』という感覚を忘れさせているのかも知れません。

沢山の人に楽しんでもらいながら、登山の危険性を認識してもらう。
これから目指していかなければいけない国立公園の姿が、この辺りにあるのかもしれません。

もうまもなく尾瀬のシーズンに入りますが、春先から夏にかけては動物たちが活発になります。

クマだって人間に会いたくありません。
お互い出会わないように私たちも気をつけましょう。


私はクマ鈴とクマスプレーを巡視の時に持ち歩いています

ページ先頭へ↑

2013年04月03日田貫湖の展望デッキと木道歩道が新しくなりました。

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

昨年度から行われていた田貫湖畔の展望デッキ及び木道歩道の改修工事が終了しました。


改修工事中には通行制限などのご迷惑をおかけしましたが、みなさまのご協力により、無事に工事完了となりました。
ご協力いただきありがとうございました。

新しい展望デッキは、階段とスロープの2コースで湖畔近くまで行くことができるようになりました。(以前はスロープのみでした)
また、スロープの傾斜が以前より緩やかになるなど、様々な方に楽しくご利用いただけるようになったと思います。

この展望デッキは田貫湖越しの「ダイヤモンド富士」が見られるポイントとして有名な場所です。
「ダイヤモンド富士」が見られる時期は、4月20日前後と8月20日前後。
間もなく今年度1回目のチャンスがやってきます。

毎年、多くの方がこの時期に展望デッキでカメラを構えますが、マナーの問題も発生します。
周りの人に迷惑となる行為をせず、楽しく鑑賞・撮影をしていただきますようお願い致します。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ