ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2013年10月

11件の記事があります。

2013年10月30日富士山(静岡県側)の紅葉

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

ようやく秋らしい気候になり、各地の紅葉情報が伝えられるようになりました。
アクティブ・レンジャー日記でも各地の様子が紹介されていますが、
私も富士山の紅葉状況を少しご紹介したいと思います。

現在、富士宮口五合目周辺と富士山スカイライン付近の紅葉が見頃となっています。

(富士山スカイライン四合目付近:2013年10月30日撮影)

※富士宮口五合目公衆トイレ(登山道を少し登ったところにあります)は、10月14日に供用終了となっております。宝永山ハイキングなどをされる方はご注意下さい。


御殿場口新五合目周辺は、木々の葉がまだ緑色のものが多く、これから見頃となりそうです。
須走口五合目周辺は見頃を過ぎてしまい少し寂しい雰囲気ですが、
ふじあざみライン周辺は見頃となっています。

(富士山五合目周辺:2013年10月23日撮影)

今年は富士山の初冠雪が平年より遅く、先日降った雪もすぐに解けてしまいましたが、
昨日の雨が富士山では雪だったようで、七合目あたりから上は再び白くなっていました。

(富士宮口五合目より:2013年10月30日撮影)

写真では良い天気ですが空気や風は冷たく感じ、富士山は確実に寒くなっています。
五合目周辺へお出かけの際には、しっかりと防寒対策をなさって下さい。

ページ先頭へ↑

2013年10月28日きいて、みて、かいで、さわって、あじわう

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

10月22日(火)に第8回箱根地域自然に親しむ運動
「紅葉の箱根路を訪ねて」(開催担当:環境省)を実施しました!

霧雨が降ったり止んだりの、どんよりとした天気でしたが、
事故等なく好評のうちに終了しました。

コースは恩賜箱根公園から出発し、箱根旧街道杉並木・石畳~
お玉観音~箱根の森~お玉ヶ池~精進池を巡る中で、富士山や
双子山の景色を楽しむことのできる「じっくり観察重視」なものでした。


【これはなんですか?ビジターからの質問に答える箱根パークボランティア】

お玉ヶ池の周辺ではとっても辛いヤナギタデの試食や
アキノウナギツカミを触ってザラザラな感触を確かめたりと、
名前の由来の解説や目で見る観察だけでは終わらず、
五感を使って自然を感じることもできました。


【かわいい花をつけたアキノウナギツカミ】

実はこのコース、ただ歩くだけならば2時間で終わってしまいます。
しかし、箱根パークボランティアの自然解説を聞きながら歩けば、
倍以上の時間をかけてのんびり歩いても、あっという間に感じます。

夏から秋への季節の移ろいを感じながら、森を歩き、池を眺め、
植物を愛で、鳥の声を聞くと、「箱根っていいな」と改めて実感できます。


【一番大きな杉を探しながら箱根旧街道杉並木を歩く】

ビジターからのアンケートにも「ぜひまた参加したいです」との言葉が目立ち、
皆様も私と同じように感じていただけたのかなと思うととても嬉しくなりました!

今年度の箱根地域自然に親しむ運動は
11/22(金)「芦ノ湖西岸から観る箱根の中央火口丘と秋の植物」
(開催担当:(公財)神奈川県公園協会)で最後です。

こちらは健脚向きのコースですが、自然観察だけで無く、
箱根火山成り立ちの秘密に迫ったり、観光船に乗ったりもするようです。

お問い合わせは箱根ビジターセンター(0460-84-9981)までどうぞ!

ページ先頭へ↑

2013年10月25日奥日光紅葉状況

日光国立公園 櫨木 めぐみ

今月半ば、台風のお土産のように男体山や女峰山などの日光連山で初冠雪が見られました(10月17日)。ちなみに台風の影響は国立公園内の歩道等にもあったのですが、一部の木道を横断していた倒木も現在では処理されて通行可能になっておりますのでご安心ください。

日光国立公園は着々と冬に向かっているわけですが、その前に目を楽しませてくれるのが紅葉ですね。まさに今、奥日光地域の紅葉がピークを迎えようとしています。また台風が近づいており天候が崩れて紅葉の葉が落葉する前にと、曇り空の合間にその姿を納めましたのでご覧下さい(10月22日撮影)。






 

 台風の影響もあり不安定な天気が続いておりますが、来週は天候が回復しそうです。
より多くの人が紅葉狩りを楽しめられますように。

ページ先頭へ↑

2013年10月25日初冠雪!!!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

先週、富士山の初冠雪が平年より遅れているとお伝えしましたが、
その翌日19日についに初冠雪が観測されました。
平年に比べて19日遅く、去年と比べると37日と
なんと1か月以上も遅い降雪となりました。



河口湖より望む富士の初冠雪(2013年10月19日撮影)


富士山が世界文化遺産に登録されて初めての雪化粧です。
やはり雪があると富士山の美しさが際立ちますね。
とは言っても今週はお天気に恵まれず、
20日以降麓から一度も山頂を拝めていないのですが・・・・。


山頂では気温がマイナスになる日も多くなり、
すでに冬が訪れていますが、スバルライン五合目は
今ちょうど紅葉が見ごろです。

五合目までのスバルライン沿いもナナカマドやカエデ、
ダケカンバ、カラマツなどの木々が黄色、赤色と
目を楽しませてくれています。


雪化粧した富士山と色づいた木々たち(2013年10月23日撮影)


標高差があるので、紅葉が段階的に進んでいくのが分かるのも面白いです。


日本の針葉樹で唯一の落葉樹であるカラマツ(2013年10月23日撮影)


今週はあいにくのお天気が続きましたが来週は回復しそうです。
麓から富士山が見えなくても、五合目に行くと雲の上に出て
山頂がはっきり見えている、ということもよくあります
(実際写真を撮った10月23日もそうでした)。

富士山周辺にはライブカメラが沢山設置されていますので、
そういった情報もチェックして是非富士山周辺に遊びに来て下さい!

「富士山周辺ライブカメラ情報」
http://www.fujisan-climb.jp/useful/livecamera.html

ページ先頭へ↑

2013年10月25日森林教室

尾瀬国立公園 長峯 彩

檜枝岐自然保護官事務所の長峯です。

会津森林管理署南会津支署で行っている森林教室に、講師として参加してきました。
この日は一年生6名と一緒に、尾瀬の木道の端材を使ったストラップをつくるプログラムです。

まずは、写真を見せながら尾瀬国立公園の木道の話、これから制作するストラップの動物の話をしました。



特に動物には興味津々。

私:「この動物は何でしょうー?」
一年生:「犬ー?」「ハムスター?」「ブター?」「肉ー?」

子供達は自由な発想で自由な発言が出てくるので、逆にこちらが驚かされることもしばしばです。

そうこうしてから、制作に入ります。


細かい作業が多かったのものの、みんな一生懸命作ってくれました。


そして完成したものがこちら。何の動物だか分かるでしょうか?

そうです。オコジョとヤマネです!

それぞれ個性があってカワイイとおもいませんか?

ちょっと難しかったかな・・・と思っていましたが、みんな楽しんでくれていたようでよかったです。
伊南小学校の皆さん、会津森林管理署南会津支署の皆さん、準備にご協力頂いた方々、どうもありがとうございました!

私も楽しかったです!

ページ先頭へ↑

2013年10月24日運転注意

尾瀬国立公園 服部 恵子


10月17日、至仏山の初冠雪が記録され、
現在、尾瀬の中では冬支度の真っ最中です。



尾瀬ヶ原や尾瀬沼付近の紅葉はほぼ終わりましたが、
麓の大清水や戸倉~鳩待峠間などで紅葉が見頃を迎えています。


(10月22日撮影)
赤や緑、黄色が山を彩る様子はとてもきれいです。

戸倉~鳩待峠間ではマイカー規制が終了して、
一般車両の利用が増えています。
戸倉~鳩待峠間は山道で見通しが悪く、車がすれ違えない細い道も多いです。
スピードは出し過ぎず、カーブミラーをしっかり確認して運転するようにしましょう。

ページ先頭へ↑

2013年10月18日秋の恵みたち

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

富士山周辺の秋もだいぶ深まってきました。

富士山五合目の自然解説員の方が15日に
富士山頂付近の冠雪を撮影されましたが、
正式な初冠雪は甲府地方気象台の職員の方が
目視で確認して発表となるそうで、まだおあずけです。

平年の初冠雪は9月30日なので、今年は遅れているようです。


富士五湖自然保護官事務所の周辺では
秋の恵みをいたるところで見かけます。
皆さんの周辺はいかがでしょうか?

巡視中等に見かけた秋の恵みを紹介します。

<あけび>
昔は子供の山遊び中のおやつだったそうです。
つるは籠などの工芸品にも利用されていますね。


あけび(2013年9月24日撮影)

<栗>
栗の木はブナ科ですので栗の実も広い意味では「ドングリ」なんですね。


くり(2013年10月10日撮影)


<きのこ>
巡視をしていると本当にたくさんの種類のきのこと出会えます。


きのこ採りの人に人気のタマゴタケ(2013年10月10日撮影)

※なお、富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村では域内で採取されたきのこより基準値を超えるセシウムが検出されたため採取・出荷および摂取の自粛をお願いしています。
<野生きのこの採取、出荷及び摂取の自粛について(富士吉田市)>
http://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=4935

ページ先頭へ↑

2013年10月16日天城山の自然

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

先日、旧天城峠から八丁池を結ぶ上り御幸(のぼりぎょうこう)線歩道の巡視を行いました。
この時期の天城峠はだいぶ涼しく感じられるはずなのですが、お天気が良かったこともあり少し蒸し暑い中での巡視となりました。


(八丁池:展望台より)
巡視中には、やはりいろいろな自然と出会います。


上段はキノコたちです。
下段左から、ホトトギス・ツルニンジン・サワガニ・アズマヒキガエル。
昨年の同時期よりもホトトギスやツルニンジンが少なく感じられました。
やはり気候のせいでしょうか。

また、少しショッキングな場面にも遭遇しました。


写真がぼやけてしまいましたが、ヤマカガシがカエルを飲み込んでいるところです。
(私に気がついたのか、ヤマカガシはカエルをくわえたまま木の根の影に頭を隠してしまいました)

映像では何度となく見たことがありましたが、実際に目にするのは初めてでした。
飲み込まれてしまうカエルはかわいそうですが、これも自然の摂理です。


これから紅葉の時期を控え、ハイキングや登山などの計画を立てていらっしゃる方も多いと思います。
ゴミは捨てずに持ち帰る・動植物を無闇に採取しないなどのマナーを守って自然の中での活動を楽しんで下さい。

ページ先頭へ↑

2013年10月15日パークボランティア活動終了

尾瀬国立公園 長峯 彩

檜枝岐自然保護官事務所の長峯です。

11~13日にかけて、パークボランティアとニホンジカの調査を行ってきました。
最終日には、尾瀬沼での活動の際に利用する詰所の閉所作業を行いました。


この作業を最後に、今年度のパークボランティアは終了です。
今年もケガ人もなく、無事終了できました。
皆様、お疲れ様でした。

13日は晴天に恵まれ、紅葉を楽しむ登山客で賑わいました。




この草紅葉が終わると、一気に閉山へと向かいます。

今年度の各施設の営業状況については、尾瀬保護財団HPをご覧下さい。

平成25年のシーズンオフの予定について(10/11現在)
http://ozenavi.blog85.fc2.com/blog-entry-3638.html

ページ先頭へ↑

2013年10月10日国立公園・野生生物フォトコレクション【アクティブレンジャー写真展】

日光国立公園 中野純

10月に入って1週間が過ぎ、奥日光では本格的に紅葉前線が到来したようです。

戦場ヶ原周辺では、紅葉する樹木の代表種ともいえるカエデ類をはじめ、ミズナラやズミ等の落葉広葉樹を中心に植物の葉っぱは色彩豊かとなり、多くの人々を魅了しています。

9月末頃からでしょうか、日を重ねる度に色彩豊かな紅葉へ変遷していく様子に気づきました。今年も例年通りであれば、10月中旬頃までは見頃のようです。

奥日光で紅葉狩りを楽しむには絶好の時期ではないでしょうか。

紅葉狩りを満喫した後は、日光湯元ビジターセンターで開催中の「国立公園・野生生物フォトコレクション」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関東地方環境事務所管内には、6つの国立公園(日光・尾瀬・秩父多摩甲斐・小笠原・富士箱根伊豆・南アルプス)と8つの国指定鳥獣保護区〔小佐渡東部(新潟県)・佐潟(新潟県)・福島潟(新潟県)・瓢湖(新潟県)・谷津(千葉県)・鳥島(東京都)・西ノ島(東京都)・小笠原諸島(東京都)〕があります。

そこで働くアクティブレンジャーが、日々の業務の中で撮影した風景や生き物等を写真で幅広く紹介します。アクティブレンジャーが出展した写真であることから、「アクティブレンジャー写真展」とも呼びます。
http://www.env.go.jp/park/nikko/topics/131007a.html

日時:2013年10月5日(土)~10月27日(日)9:00~16:30
場所:日光湯元ビジターセンター内(栃木県日光市湯元)



今週末の奥日光は多くの車や人で混雑することが予想されます。お越しになる際は余裕をもって早めに出発することをお勧めします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ