ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2014年5月

17件の記事があります。

2014年05月30日鳴虫山巡視

日光国立公園 櫨木 めぐみ

昨日、登山口が事務所から徒歩圏内にある鳴虫山の巡視に行ってきました。鳴虫山は、日光市街地に近い1104mの山で、駅からのアクセスもよく、日光市観光協会などでハイキングコース(上級)としても紹介されている日帰り登山の山です。

今回は、駅寄り東側の登山口からスタート。夏のような陽射しで巡視日和かと思いきや、登りはじめて間もなく日光連山の山々が黒い雲に覆われ、その奥で雷鳴が轟いていました。様子を見ていましたが、黒い雲はそのまま南下して奇跡的に天気を持ち越しました。

曇天の中(左:矢印部分)から午後顔を出した女峰山(右)
 
鳴虫山という名から虫に由来があるのかと思いましたが、聞こえてくるのはツツドリやカラ類の鳴き声くらい。調べると、この山に雲がかかると雨になることから“泣き虫山”と呼ばれ、転じて鳴虫山となったようです。この日の巡視中は、山に雲がかからなかったようですね。

鳴虫山は、天候に恵まれれば日光市街や日光連山の展望がよく、春にはカタクリやツツジ科、秋には紅葉が楽しめるそうです。今回、ツツジの最盛期には一足遅かったようですが、緑がきれいな時期でわずかに残っていたヤマツツジが緑の中で際立っていました。登山道は、ほぼ稜線を境に南側に人工林、北側に落葉広葉樹林が広がっており、森の違いが面白いほど明白に観察できます(特に東側から山頂付近)。ただ、この登山道は傾斜がきつい箇所もあり、道のコンディションがいいとはいえない箇所もあります。

ヤマツツジ(左上)、稜線は森の境界線(右上)、傾斜の様子(下)

鳴虫山は、ハイキングコースという設定やアクセスの良さから手軽さもアピールの1つのようですが、靴などの装備、体調、天候(雨天時、雨天後はおすすめしません)、時間配分など「登山」と思って備えをした方がいいコースという印象を受けました。特に鳴虫山山頂から西側のコースは、急傾斜な上に岩や砂礫、粘土質の土が露出し、晴れていても滑りやすいのでご注意ください。そこを抜けると、清涼感漂う憾満ヶ淵(かんまんがふち)や化け地蔵で有名な慈雲寺へと通ずるルートでもあり、無理なく山行に望めば日帰り登山としては十分に楽しめるコースの山です。

憾満ヶ淵(左)と化け地蔵(右)

ページ先頭へ↑

2014年05月30日合同巡視with 富士山レンジャー

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

新緑がまぶしい富士五湖事務所からお届けします。

皆さん、富士山レンジャーをご存知ですか?
2005年に富士山地域における自然保護、観光客や登山者に対する
マナー啓発等の目的で山梨県が設置したもので、
地方自治体としては東京都に次いで全国で2番目です。

昨年度までは4名体制でしたが、4月より7名体制にパワーアップし、
富士山周辺のパトロールや学習会等々の活動をしています。

富士五湖自然保護官事務所では、様々な業務の折に
富士山レンジャーと協力をしています。

今年度は週に1回ペースで利用者の多いルートを中心に
合同でパトロールすることを計画していて、
さっそく第1回目を実施しました。今回は約11キロの行程。



設置されているベンチを確認中。(2014年5月20日撮影)


どんな点に注意をしながらパトロールをしているかと言いますと、

●登山道に危険箇所がないか
●標識が間違っていないか、老朽化していないか
●ベンチやあずまやに問題はないか
●稀少種などの植生状況
●利用者の状況(どれくらいの人が利用しているか等)
●より魅力的なルート・スポットの探索

等々、皆さんが安全かつ快適に自然を楽しむ事ができるよう
色々な視点からチェックをしています。


『危なくないかな・・・?』利用者の気持ちになってチェックします(2014年5月20日撮影)


もし何か問題を見つけた際は、簡易的なものであればその場で修理をしますが、
不可能な場合は、登山道の管理者に随時報告をしています。




緩んだ標識を固定中の富士山レンジャー(2014年5月20日撮影)


利用されているみなさんの声はとても大切です!
もし登山道などで黄色いレンジャー服(環境省)、
カーキ色のレンジャー服(山梨県)を見かけたら
気軽に声をかけてくださいね!

ページ先頭へ↑

2014年05月29日尾瀬沼の状況

尾瀬国立公園 長峯 彩

檜枝岐自然保護官事務所の長峯です。
ヘリでの荷揚げ作業も終わり、尾瀬がようやく開山しました。


この日を待たれていた方、大変多いのではないかと思います。
檜枝岐自然保護官事務所も冬の静かな雰囲気とは一転し、慌ただしくなる時期に突入しました。

さて、現在の尾瀬沼までのルートの状況ですが、沼山峠付近はまだ雪があります。
林内には雪の重みで曲がっている樹木や枝が多数があり、急に枝が跳ね上がる場合がありますので、付近を通る場合は注意して通行して下さい。

特にこれからは雪で木道が滑ったり、踏み抜きの多い時期になってきます。
今の時期は雪によるケガが多い時期ですので、くれぐれも慎重に通行してください。
雪で滑るのが心配な方は、簡易アイゼンなどを携行したほうがよいかもしれません。


大江湿原まで出れば、木道上に雪はありません。
雪が無いところでは木道を痛めてしまうため、アイゼンは脱いで頂くようお願いします。

尾瀬沼ではミズバショウやリュウキンカが咲き出していました。
まだまだニッコウキスゲは芽が出たばかりです。
今年はどんな花が多く咲くか楽しみです。

ページ先頭へ↑

2014年05月28日尾瀬開山

尾瀬国立公園 服部 恵子

先週の21日(水)に尾瀬の開山祭が行われました。
開山祭では、神事やくす玉開披、音楽の演奏会などが催されました。


私は、開山祭が終わってからそのまま大清水より入山して尾瀬沼に宿泊し、
翌日尾瀬ヶ原へと抜けて鳩待峠より下山しました。

尾瀬ヶ原ではすでにミズバショウがたくさん顔を出していますが、
尾瀬ヶ原より標高200m程高い尾瀬沼周囲でも
雪解けの早い場所でミズバショウが咲いていました。

その他2日間の行程の中で、ショウジョウバカマやワタスゲ、
ザゼンソウなどを見つけることができました。

日当たりのよい湿原では木道上に雪が残っているところは少ないですが、
湿原まで向かう林内の登山道にはまだ雪が残っています。


雪解け水で濡れた木道は滑りやすく、
また、踏抜き等の危険もありますので、
時間に余裕をもった行程でゆっくり楽しめるようお出かけください。

ページ先頭へ↑

2014年05月27日自然を感じる

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

もう5月も末、暑いと感じる日が少しずつ多くなってきました。
5月22日、伊豆半島東側に位置する城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)の
遊歩道(ピクニカルコースと自然研究路)を巡視した際も、
木々の間を歩いているのにとても蒸し暑く感じ、夏が近いことを実感しました。
そんな木々の間を歩いていて、ふと甘い香りが漂っていることに気がつきました。
香りの正体はこちら。


トベラです。
海岸沿いを歩いているのに潮の香りではなく、
ほのかに甘いトベラの花の香りがしてくることに、少し驚きました。

さて、城ヶ崎海岸は植物も豊かですが、海岸の地形も見ごたえがあります。


左:柱状節理 右:ポットホール

この他にも、同じ柱状節理でもカーブしているものや、
溶岩がうねりながら流れてそのまま固まった様子など、
いろいろな岩の造形を間近に見ることができます。

伊豆半島にはあちらこちらに自然が作った地形を見られる場所【ジオサイト】があり、
2012年9月24日に「伊豆半島ジオパーク」として、日本ジオパークに認定されました。
そして、この城ヶ崎海岸も【ジオサイト】のひとつです。

今回紹介した岩の造形は、自然研究路にあるものです。
自然研究路は岩がゴツゴツして歩きにくかったり、
少し起伏があったりしますので、歩きやすい靴を履いてお出かけ下さい。
また、これからの時期は水分補給が重要になります。
しっかり準備をして、楽しく自然の中を歩きましょう。

ページ先頭へ↑

2014年05月26日箱根ビジターセンター イモムシ展~キモカワイイ妖精たち~のお知らせ

富士箱根伊豆国立公園 箱根 杉山 大樹

初めまして。4月から箱根自然環境事務所のアクティブレンジャーに着任しました杉山 大樹(すぎやま だいき)です。
以後、よろしくお願いいたします。


現在、箱根ビジターセンターではイモムシ展~キモカワイイ妖精たち~が開催されています。
最近、「気持ち悪い」とランクづけされていたものが「きもかわいい」というプラス要素として表現されています。その代表格(になり得る?)がイモムシ!本特別展ではその見直されているきもかわいいイモムシたちの形態、生態、魅力を紹介します。





イモムシ写真コンテスト同時開催!
とっておきのイモムシの写真、お待ちしています!開催期間中展示物にもなります。開催期間終了後、スタッフが審査し、カワイイ賞、キレイ賞、特別賞等入賞作品を発表します。
応募方法:・会場持参(L版~A4用紙、画像の入ったSDカード)・メールa-suda@bes.or.jp (800×600以下)

イモムシ相談室
「このイモムシの正体が知りたい~!」とお悩みのあなた!一緒に調べましょう。(土日のみ開催)





キモカワイイ妖精たちに会いに来ませんか?


日時:平成 26年5月24日(土)~7月21日(月・祝)
場所:箱根ビジターセンター 特別展示室



ページ先頭へ↑

2014年05月26日アカバナヒメイワカガミ

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

5月24日(土)に大涌谷コースの自然情報収集に参加してきました!
毎月、箱根ボランティア解説員連絡会では、
箱根内でコース毎の自然情報を記録しています。

大涌谷コースは箱根ビジターセンターを出発し、
大涌谷-湖尻自然探勝歩道を歩き、大涌谷に向かうコースです。
このコースは、変化に富んださまざまな自然を
ゆっくりと観察しながら歩いても
片道2時間程度で歩くことができる比較的お手軽なコースです。



[金太郎岩:コースの途中には
    金太郎が腰掛けたとされる岩があります]

今回は少し足を伸ばして、アカバナヒメイワカガミの
開花状況を確認しに神山と早雲山の分岐点まで行ってきました!
アカバナヒメイワカガミは大涌谷から早雲山に向かう登山道を
30分ほど登ったところで観察できます(画面下部コースマップ参照)。

葉はテカテカと光沢があり、花は個体によって白っぽい花もあれば
濃いピンクもあるとてもかわいらしい植物です。
今年はちょっと少なかったようですが、
新緑に映えるピンクがとてもキレイで、
登山者の方々からも感嘆の声が聞こえてきました。



[アカバナヒメイワカガミ:6月中旬頃まで見られます!]


満足してボランティアとともに下山していると、
ギンリョウソウが所々にまとまってたくさん生えていました!
こんなにたくさん生えているのは珍しいそうです。



[ギンリョウソウ:周辺に株がたくさんありました]


他にも、アミガサタケの仲間が道ばたにコロコロ落ちていたり、
サラサドウダンやツツジが満開だったりと
とても充実した一日になりました。



☆箱根ビジターセンター周辺の自然情報についての
              お問い合わせはこちら☆
【箱根ビジターセンター】
http://www.mmjp.or.jp/HakoneVisitorCenter/
TEL:0460-84-9981 FAX:0460-84-5721
E-mail:hakone-vc@kanagawa.email.ne.jp



※大涌谷から早雲山に向かう登山道を利用する際には
登山靴を履き、軽登山を意識した準備をオススメします。




ページ先頭へ↑

2014年05月26日H26年度 第1回外来種駆除活動

日光国立公園 吉川 美紀

22日(木)に外来種駆除活動を行いました。
駆除対象は特定外来生物に指定されているオオハンゴンソウという植物です。
オオハンゴンソウは大きな黄色い花を咲かせ群生するため、花期は大変目立つ花です。
一見すると、黄色いお花畑の見事な景色を作っているように見えるのですが、これらは元々その場所に生育していた植物を押しのけそこにあった風景を浸食してできた、その場所にはないはずの景色です。
元ある那須の自然の風景を守るため、皆様に「これが那須の植物たちです!」と胸を張って説明するために、今年度も外来種駆除活動に取り組んでいきます。


道路脇のオオハンゴンソウ除去作業中
活動当日は、地元のカフェや企業の方々にお手伝いいただき、少人数ながら充実した活動となり成果を上げることができました。
お天気に恵まれなかったことだけが残念でした。


現在のオオハンゴンソウは背丈が10~30cm程度で、ヨモギの葉と似ています。
これをひたすら引っこ抜いて、岩の上などに積んで干しておきます。
今回の活動では、計800株近くを除去できました。
同時に拾ったゴミも45L袋半分以上になりました。空き缶やティッシュ、中には靴まで落ちており、利用者の皆さんにはマナーを守った利用をお願いしたいものです。

活動の成果物

那須の自然と景観を守るため、外来生物との戦いはまだまだ始まったばかり!
行くぞ!アクティブレンジャー!
ということで、これからも地元の皆様のご協力の下、外来種対策に取り組んで参りたいと思います。

ページ先頭へ↑

2014年05月23日雲取山歩道整備

秩父多摩甲斐国立公園 奥多摩 野崎 拓

5月22日に東京都のレンジャーさんや日本山岳会の皆さんと一緒に、東京都最西端、最高峰として知られる雲取山の登山道整備を行いました。

歩道には積雪が原因で抜けてしまったロープ柵の杭や、登山者がすれ違う際などに複線化・拡幅してしまった歩道などがありました。今回の作業では、ロープを張り直し、歩道を一本化することで植生の保護と回復を目的としています。

杭の打ち直し作業の様子です。


積雪があると、ロープを手すりの代わりに利用されるため杭が抜けてしまうようです。人の体重を支えるほど頑丈ではないので、ロープを掴むのはかえって危険です。

次の写真は、石積み作業による歩道の一本化と道幅の補正作業の様子です。


石を道路の白線のように積んでいき、歩道の位置を明確にします。石は環境を荒らさないように近くにあるものを利用しています。元々その場にあるものを利用しているので景観を損なうこともなく、とても綺麗に整備することができました。このまま順調に植生も回復して欲しいですね。

最後に、下山中に見つけた群生しているギンリョウソウの写真です。


これほど密生している状態は初めて見たのでとても驚きました。

現在雲取山は新緑がとても綺麗です。
お越しになる際には、石積みなどにも注目してみてくださいね。

ページ先頭へ↑

2014年05月23日新緑ときどき夏鳥

日光国立公園 櫨木 めぐみ

事務所のある日光の山麓でも夏のような陽射しを感じることもある今日この頃ですが、奥日光にもようやくといった感じに新緑の季節が訪れています。カラマツやズミなどの初々しい優しい緑が戦場ヶ原をはじめ、奥日光を彩り始めています。

新緑のカラマツにキビタキのカップル

小田代原付近ではフデリンドウを発見。小さな花束みたい。

そんな戦場ヶ原に、ある夏鳥もやってきています。それは、「カッコウ」です。街頭の横断歩道の音楽や鳩時計でおなじみの鳴き声(“鳩時計”と称しつつ鳴き声は「カッコー」・・・そんな矛盾に今更ながら気づきました。)なので、森を歩いていて空に澄み渡るその鳴き声をよく耳にしては親しみさえ感じていましたが、その割に姿を全く見たことがなかった私でした。みなさんは、いかがでしょうか?

それが、先日の巡視中、ついに肉眼で姿を捉えることができました!赤沼方面から巡視を開始するやいなやカッコウの鳴き声が戦場ヶ原に響き渡っていました。それが泉門池へと足を進める途中、「これは間近にいる!」と確信できる最大の声量を頭上で感じ、木道から辺りの木を丁寧に見ていたら木の先端で懸命にさえずる姿を発見!本やインターネットで姿は何となく知っていましたが、やはり本物と出逢う体験は格別ですね。野鳥観察をしている方のカメラには及ばないデジタルカメラでしたが、一か八か焦点をあてていたら、何とかカメラでも捉えることもできました。

これが証拠です。頑張りました!(カメラが)

カッコウは別名「閑古鳥」とも言い、古来はカッコウの鳴き声に物寂しさを感じていたようですね。私は夏の到来の清々しささえ感じますが、どんな感じに聞こえるか、また目視できるか、皆さんも奥日光へ飛来してきてはいかがでしょう。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ