ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2014年11月

11件の記事があります。

2014年11月26日天城の瞳

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

天城山系の西端にある『八丁池(はっちょういけ)』は、池の周囲が約八丁(約870m)あることからそう呼ばれていますが、別名『天城の瞳』とも言われています。
11月19日、旧天城峠と八丁池を結ぶ上り御幸(のぼりぎょうこう)線歩道を巡視した際の八丁池は、そよ風程度の風のおかげで水面がぴんと張り、まさに「瞳」のように空を映し出していました。


(八丁池:2014年11月19日撮影)
写真にも写っているように、池の周りの木々の葉が落ちて紅葉は終わっていましたが、風に揺れる木の葉の音が少なくなり、静けさが辺りを包んでいました。

これから冬を迎えると、雪に覆われたり水面に氷が張ったりして、また違った印象となる八丁池。
年間を通して訪れることができる場所ですが、人が訪れるとやはり景観やゴミの問題が発生します。
19日の巡視の際に拾ったゴミは、紅葉シーズン前よりも多く、少々残念な気持ちになりました。
どんな場所を訪れても同じですが、ゴミはきちんと持ち帰り、次に訪れる人が気持ち良く過ごせるよう心がけていただけると嬉しいです。

秋も終盤となりあまり花の姿が見られなかった今回の巡視ですが、下山中にキッコウハグマと出会いました。


足元に咲く小さな植物のためにも、マナーを守って自然の中で過ごしましょう。

<おまけ>
天城山中の紅葉は終わり間近ですが、沼津事務所の目の前にある香貫山(かぬきやま)は、紅葉シーズン真っ盛りです。

(11月26日撮影)
10月29日のアクティブレンジャー日記の写真と比べると一目瞭然です。

ページ先頭へ↑

2014年11月21日スノーモービル乗り入れ禁止

尾瀬国立公園 服部 恵子


雪で閉ざされる尾瀬では、
2月から3月頃になると山小屋さん達が
スノーモービルで入山して小屋の除雪などを行います。

しかし特別保護地区内は、
自然公園法においてスノーモービルを使用することを禁止されているため、
一般の方が無許可で乗り入れることは出来ません。

そこで毎年恒例、閉山後のひと仕事。
モービル乗り入れ禁止看板を設置してきました。


上の写真は鳩待峠へと続く戸倉のゲートです。
この写真を見る限りではまだ気が早いのではないか?
と思われるかもしれませんが、
ここから3kmほどしか離れていない富士見下登山口では、
7cm程度の雪が積もっていました。


わずか数km程度の違いで雪の量にこれだけ差があることに
毎年驚かされます。

ページ先頭へ↑

2014年11月21日紅葉の箱根

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

寒くなってきましたね~。

事務所の周りで落葉したオオモミジを掃除し始めてから数週間、
周囲の山々が徐々に赤や黄色に色づき始め、いまでは秋色真っ盛り。


そんな箱根の紅葉を少しではありますが、写真と共にお知らせします♪

箱根ビジターセンターから芦ノ湖畔に向かって歩いて行くと、
この季節ならではの秋晴れの青空、水面がキラキラと輝く芦ノ湖、
秋色の山々が迎えてくれます。


【桃源台港付近の散策路の様子】


この季節、芦ノ湖には冬の水鳥が飛来するため、
紅葉狩りに加え、バードウォッチングも楽しむことができます。


【芦ノ湖畔からのバードウォッチング】

これから紅葉が終わりに近づくにつれ、落葉が進むので、
初心者でも野鳥を発見しやすくなります!

日増しに寒くなっていますので、
箱根にいらっしゃる際は防寒対策をばっちりして来て下さいね♪



今月末(29日(土))、先日募集した7期生と合同で
箱根地区パークボランティア研修会を実施する予定です。

箱根ビジターセンターから大涌谷までのコースで
模擬自然観察会を行いながら、
箱根ジオパークをテーマに、講師の方々をお招きして研修を行います。


【大涌谷での自然観察会の様子】

これからの活動にすぐに生かすことのできる研修会になることを期待して、
現在、当日の準備中です!

この研修会の実施状況について、またAR日記で報告させていただきます!



ページ先頭へ↑

2014年11月20日富士五湖自然保護官事務所 初雪です!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

前回10月16日に富士山の初冠雪のニュースをお伝えしましたが、
11月19日に富士五湖自然保護官事務所周辺で初雪が降りました!!

今、窓の外に降る雪を見ながらこの日記を書いています。
事務所の標高は1,000mですが山頂から約1か月遅れでの降雪です。


降り始めは水っぽかった雪が・・・・(生物多様性センター 2014年11月19日14時撮影)



積もってきました(生物多様性センター 2014年11月19日16時撮影)


すっかり冬景色です(生物多様性センター 2014年11月19日16時撮影)



いよいよ冬到来です!

季節が変わり空気が澄んできて、富士山がくっきり見える日も
増えてきましたし、夏の間には見る事のできなかった、
雪のついた富士山が日の出や夕日で赤く染まる「紅富士」も
楽しむことができる季節になってきました。

山梨名物のほうとうや富士吉田名物の吉田うどんなど
温かいものも美味しい季節ですね。

夏とは違う魅力の冬の富士五湖にも是非遊びにいらしてください。

マイカーでお越しの方は、道路が凍結している恐れがありますので
スタッドレスタイヤやチェーンをご準備の上、安全運転でお越しください。

また富士山五合目までの富士スバルラインは積雪や道路凍結によって
閉鎖されることがあります。事前にHPにてご確認をお願いします。

(富士スバルライン)




ページ先頭へ↑

2014年11月18日スタンプラリー応募締切迫る

南アルプス国立公園 南アルプス 大石佳織

こんにちは。
南アルプスの山々は雪化粧し、すっかり冬の装いとなっています。
広河原や北沢峠などへアクセスする林道も11月9日で冬季閉鎖と
なり、来春の林道開通まで、山はひっそりとした静かな世界です。

雪化粧した間ノ岳(11/14撮影)

さて、南アルプスでは、国立公園指定50周年を記念する事業として
4月からスタンプラリーを開催してきました。
南アルプス周辺の60以上の施設にスタンプを設置しており、6種類の
スタンプをシートに集めて応募すると、抽選で景品が当たるというもの
です。

その締切が11月25日(火)【当日消印有効】と迫っています。

もう6種類集めたよ!という方は、忘れずにご応募を。
あと数種類という方は、ちょっとお出かけして残りを集めてご応募を。
スタンプラリーなんて知らなかった!という方は、スタンプシートを
プリントアウトして、今週末、頑張ってお出かけして、6種類集めて
ご応募を!

◆設置施設一覧と位置図
登山シーズンが終わっているため山小屋のスタンプは集められませんが
山小屋の他にもスタンプ設置施設がいくつもあります。

施設の中でスタンプを見つけられないときは、それぞれの施設の方に
聞いてみてくださいね。

スタンプコーナーが設けられていたり、レジの横にちょこんと置いて
あったり…置き方は様々です。

スタンプは、動物や植物など南アルプスにちなんだものがデザイン
されており、世界でここにしかないものになっています。
個人的には全種類集めたい!と思っていたのですが、全部で67種類
もあるため、コンプリートするのは難しいです…。

今週末は、雪化粧した南アルプスを眺めながら、スタンプ集めの旅
というのはいかがでしょうか?

スタンプ設置施設、スタンプシートのダウンロードなど、スタンプラリー
についての詳細はコチラ

ページ先頭へ↑

2014年11月14日冠雪

日光国立公園 櫨木 めぐみ

 私の通勤路は、往路では日光連山を正面にして、山に向かっていくように進みます。昨日、そのいつもの風景の中に「おっ!」と目についた変化がありました。
 それは、男体山の冠雪です。初冠雪なのかどうか定かではありませんが、少なくとも私にとっては、今冬の男体山をはじめとする日光連山の初冠雪でした。

 この冠雪は、これから完全に雪化粧をまとっていく前のわずかな期間に見られる姿でもあります。せっかくなので男体山の冠雪姿をいくつか撮影しました。撮影位置によって印象が異なって見える白い冠をつけた男体山の姿もあわせてご覧ください。


左上)いろは坂下より。丸みを帯びた山頂が白くなっています。    
右上)いろは坂上部の明智平から。
左下)竜頭の滝付近より。冠雪の様子がはっきり見えます。
右下)光徳沼より。シャープな印象の男体山。奥の尾根に冠雪が見えます。

 明智平からは、筑波山も見えました。冬の澄んだ空気のおかげですね。空気が澄んで、眺望がよくなる季節です。防寒対策さえしっかりすれば、紅葉シーズン後の落ち着いた日光もおすすめです。

ページ先頭へ↑

2014年11月14日植生保全活動

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

11月12日、田貫湖畔にて地元の方々が実施した植生保全活動に参加してきました。
前日実施の予定が雨で延期となり、この日も朝からどんよりしたお天気で実施が危ぶまれましたが、お天気が回復する見込みだったので実施となりました。

実施場所は田貫湖の南西の端、休暇村富士の建物やダイヤモンド富士が見られる展望デッキの前です。
この場所では時期が来るとアサマフウロなどの植物が見られますが、放っておくと鬱蒼となってしまうため、定期的に下草刈りの作業が行われています。


(作業開始直後の様子)

草刈り機を動かしながらも、草の中からポイ捨てゴミを拾ったり、地面の上の小石が飛び散らないように気をつけたり、残しておかなければならない植物を刈らないようにしたり・・・様々なことに気を遣っています。

機械での作業が終わると、今度は手作業で刈った草を運び出します。
そして草を運び出した後の様子がこちらです。


湖畔を歩く方々からもきれいになった様子が好評でした。
ただ、この作業は見た目がきれいになることが目的ではなく、この場所の植生を保全するためであることを忘れてはいけません。

そんな下草刈り作業の中、注意を払って守られたリンドウがいました。



今回の作業中に出てきたゴミは空き缶1本でした。
田貫湖畔を利用する方々と地元の方々のご協力があってこそのゴミの数だと思います。
これからも環境保全のためにご協力をお願い致します。

ページ先頭へ↑

2014年11月13日閉山のお知らせ

尾瀬国立公園 長峯 彩

檜枝岐自然保護官事務所の長峯です。


今年度も無事に尾瀬沼ビジターセンターを閉所することができました。
ビジターセンターにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。


【ビジターセンターより望む尾瀬沼と燧ヶ岳】

沼山峠では、10月から行っていた木道掛け替え工事が終わり歩きやすくなりました。
春先は溶けた雪で滑りやすくなっていた区間ですが、来春は少し安心して歩けそうです。
裏燧林道の木道も新しくなっています。

(左:沼山峠 右:裏燧林道)

今年度は尾瀬地域内の施設と山小屋は全て営業を終了し、田代山頂のトイレも11月6日をもって閉所しています。
なお、福島県側御池から沼山峠までのシャトルバスも運行終了しており、御池から先は一般車両は通行できません。
※周辺道路の交通情報の詳細については、尾瀬周辺の交通情報 2014(冬期閉鎖)をご覧下さい。

これにより、尾瀬国立公園は半年間の閉山(オフシーズン)期間に入ります。
来年の5月迄は、ライブカメラで尾瀬沼の様子をお楽しみ下さい。

■インターネット自然研究所(尾瀬沼ライブカメラ)
http://www.sizenken.biodic.go.jp/live/view.php?camera_no=92

ページ先頭へ↑

2014年11月07日奥多摩の紅葉

秩父多摩甲斐国立公園 奥多摩 野崎 拓

こんにちは!11月に入り、朝晩はかなり冷え込んできました。山では落葉が進み、中腹の辺りで紅葉の見頃を迎えています。
事務所がある奥多摩駅や氷川渓谷周辺は、標高が300~400メートルとそれほど高くはないため葉も色付き始めてからまだ間もないようです。


昭和橋から見た多摩川

花の開花と同様、紅葉も見頃はあっという間に過ぎてしまいます。花の楽しみ方と違うのは紅葉していく色合いの変化も楽しめることですね。


↑氷川渓谷と昭和橋

私は紅葉のピークはもちろんですが、緑色が混ざった色付き始めの状態も好きなので、毎日景色の変化を楽しみにしています。

氷川渓谷の周辺はこれからが紅葉の見頃ですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


最後に開催案内です。
11月7日~11月26日まで奥多摩ビジターセンターで「国立公園・野生生物フォトコレクション」を開催しています。
関東地方で活躍するアクティブ・レンジャーが撮影した写真を展示していますので、ぜひお立ち寄り下さい!
http://www.env.go.jp/park/chichibu/topics/141110a.html

ページ先頭へ↑

2014年11月07日尾瀬冬期閉山

尾瀬国立公園 服部 恵子


片品村の山沿いでは先月末に雪が降り、
アヤメ平へと続く登山道も写真のような状況でした。

(10月29日撮影)

しかし昨日は打って変わって暖かく、
尾瀬ヶ原ではトンボが舞う姿も見受けられました。
そんな陽気のいい日に環境省で管理している橋板の撤去が行われました。
橋板が雪の重みで折れないよう、1枚1枚外して重ねておき越冬します。


橋板が撤去されたあとの橋はこのような状態↓になっています。


11月10日に戸倉のゲートが閉まり冬期通行止めとなるまでは
鳩待峠まで車で行くことができますが、橋板の撤去により
山ノ鼻から先、牛首分岐方向へ行くことは出来ませんのでご注意ください。


ページ先頭へ↑

ページ先頭へ