ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2014年12月

8件の記事があります。

2014年12月26日平成26年度箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄防止一斉パトロール

富士箱根伊豆国立公園 箱根 杉山 大樹

12月15日(月)

天気に恵まれ、太陽の下で動けば汗が出てくる陽気な日

環境省主催で箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄防止一斉パトロールが開催されました。



箱根地域の事業者が10団体45名、機関・団体は10機関34名が参加しました。

パトロール中は車に「不法投棄防止パトロール」と書かれたマグネットを貼り、箱根地域を巡回します。不法投棄されたゴミを発見したら回収し、美化活動と不法投棄の防止・啓発する活動です。



いざ、パトロールへ。

環境省は長尾峠を中心にパトロールしました。

車で走っていると見た目は不法投棄されたゴミはないように見えましたが、道路脇の崖下や車から降りて物陰を見てみると...不法投棄されたゴミがありました。

車の部品、建築廃材、家電製品、タイヤ、缶、ペットボトル、冷蔵庫...etc








回収スタートです。

道路から8~10メートル下まで降り、上からロープを垂らし、不法投棄されたゴミをつり上げます。

重いものもあり、危険を伴う作業です。引き上げの途中でロープが外れないようにきつく縛り、下の人が安全な場所まで移動したら、慎重に引き上げを行いました。







道路脇になんと,,,冷蔵庫が...




冷蔵庫など、人手がないと回収困難な不法投棄されたゴミについては環境省、箱根ビジターセンター、箱根町が協同で作業を行いました。







環境省と箱根ビジターセンター併せて、160㎏の不法投棄されたゴミを回収しました。





この活動で回収された不法投棄ゴミの総量は931㎏でした。





不法投棄されるゴミがある現実を知り、悲しい気持ちになりましたが、その問題に立ち向かう地域の事業者や機関・団体がいることを知りました。さらに啓発の大切さも知りました。継続的に回収・パトロール・啓発をし、捨てる側の意識が変わってくれればと思います。

ページ先頭へ↑

2014年12月16日サンタが富士山にやってきた!!

富士箱根伊豆国立公園 小西 美緒

クリスマスまで残り10日程になりましたね。
都会ではクリスマスソングが流れ、イルミネーションがキラキラしていることと思います。


なんと富士山にも一足早くサンタがやってきました!!


(撮影2014年12月15日@河口湖町浅川地区)

見えますか?サンタさん!

では、もう少しズームに・・・・・


見えましたでしょうか?まだダメですか?


これでいかがでしょうか?
もう一度上の写真を見ていただくと、見えてきませんか?

私も最初は分かりませんでしたが、一度認識をすると
そうとしか見えなくなりました。不思議ですね!

これは12/14の山梨日日新聞に紹介されていました。
写真家の方が見つけたそうです。

春先の農鳥の雪形は有名ですが、サンタクロースは初めて聞きました!!

雪の降る量でも変わってくると思うので、いつまで見られるか、
そして来年も見る事ができるのか・・・・・自然がくれた一足早い贈り物でした!

ページ先頭へ↑

2014年12月12日南アルプスの地味な(!?)生き物 その1 「ふしぎな生き物」

南アルプス国立公園 大石佳織

こんにちは。
南アルプス自然保護官事務所の周辺でも雪が降るようになりました。ここのところ、山から足が遠のいて、少しさびしい毎日を過ごしていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、山に行けないなら、行ったつもりになってしまおう!
というわけで、冬の間は夏の活動中に出会った生き物を紹介していこうと思います。

何から紹介しようかなと、写真を見返してみたところ...
あら...?なんか地味な生き物ばかり写真に収めているような...。
夏の間、私は地味な生き物に吸い寄せられていたようです。

地味でも南アルプスの大切な生き物です。
今回はちょっとふしぎな生き物を紹介します!


夏、高山帯の稜線を歩いていると、ハイマツの根元などに何やら白いものが...

見たことあるという方もいるのではないでしょうか?

【見たことあるという方もいるのではないでしょうか?】

小動物の骨!?
枯れた枝??
ちらっと見ただけでは、生き物の感じがしないふしぎな白い物体...。

でも、よくよく見ると「生えてる」んです。
こいつは一体何者なのか!?

実は、地衣類という生き物です。
調べてみると「ムシゴケ」。
そっくりの種類に「トキワムシゴケ」というのもあるようなので、どちらかわかりませんが、高山帯に分布する種類だそうです。

【じっくり見ると陶器みたいで綺麗だし、かわいい。と思うのは私だけ?】

足もとには目立たないけど、花とは別の美しさのあるふしぎな生き物がひっそり生きています。

あまり注目されない生き物にスポットを当てて紹介するのがきっと私の使命。
これから地味な(!?)生き物を紹介していきます。お楽しみに!


◆南アルプスの生き物を知ろう!まめまめ知識
【 「地衣類」って何?? 】
菌類と藻類が一緒になって生きている(共生している)生き物。
キノコとも植物とも違う不思議な生き物です。

「地衣類」には、今回紹介したムシゴケの他にも、ウメノキゴケやハナゴケなど『コケ』と名のつくものがたくさんありますが、「コケ植物」(スギゴケ、ゼニゴケなど)とは全く別の生き物です。

ややこしいですね。

ページ先頭へ↑

2014年12月12日化石観察会を 開催しました

秩父多摩甲斐国立公園 野崎 拓

12月6日、東京都あきる野市にて自然観察会「親子で秋川上流の化石を観察しよう~化石から見る3億6千万年の歴史~」を開催しました。

現在あきる野市、日の出町、檜原村では秋川流域ジオパークの認定を目指しています。
今回観察会を開催した三ツ合鍾乳洞周辺は、国立公園内であり、ジオパークの候補地にもなっている場所です。

集合場所の小宮ふるさと自然体験学校で国立公園と化石についてレクチャーを受け、その後三ツ合鍾乳洞へ向かいました。


鍾乳洞の見学のあとに、東京のこの地域になぜ化石があるのかという解説を聞きました。クラッカーとクリームでプレートの動きを表現したユニークな説明でした。


説明に使われたお菓子の中にも化石が観察された石灰岩から取った成分が含まれており、スタッフの方の話では触れない日、食べない日はないといいます。化石に関するものなんてこのような観察会でもなければ触れる機会はほとんどないと思っていたので、とても興味深い話でした。この話を聴いてから化石がとても身近に感じられるようになりました。

昼食後は川岸へ下り化石を観察しました。
途中雪が降り出しとても寒い中での観察会でしたが、参加者の皆さんは夢中になって化石を探していました。


化石観察をした場所は、国立公園内でありジオパークの候補地でもあり、大切な資源を守るため、観察のみ行いました。せっかく見つけた化石も元の場所へ戻さなければならないので、参加者の方が満足できないのではと思っていたのですが、観察会後のアンケートではほとんどの方から満足の回答をいただくことができました。魅力的な解説をして下さった、ジオパーク推進会議と小宮ふるさと自然体験学校の皆さんのご協力のおかげだと思います。
寒い中足を運んで下さった参加者の皆様、ご協力下さったスタッフの皆様、ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2014年12月10日不法投棄防止統一パトロール

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

12月5日(金)、不法投棄撲滅月間の取組みのひとつである不法投棄パトロールが実施されました。
富士山麓周辺の市町ごとに実施されるパトロールの中、沼津自然保護官事務所は沼津市のパトロールに参加しました。
パトロールするのは、人通りや車通りが少なく人の目につきにくい投棄されやすい場所です。
今回パトロールしたのは写真のような山の中の道路沿いでした。


赤丸の中には大きめの冷蔵庫の本体やドアが散らばっています。
別の場所には家庭ゴミ(ペットボトル・漂白剤の容器・洗面器など)が捨てられていました。


これらの投棄物は、沼津市が回収・処理することになりました。

このような場所の近くには、得てして良い眺めの場所があるものです。


(淡島・沼津市街・愛鷹山・雲の中には富士山)
「良い眺めなのに足元にはゴミがあるなんて悲しいな」とは、一緒にパトロールした方の言葉です。
まったくその通りだと思いました。

普段から地元の方や関係機関がパトロールを行っており、投棄物発見件数は減少傾向にありますが、不法投棄は後を絶ちません。
環境や景観の保全のためにも、不法投棄をせず適切な処理をしていただけますようお願い致します。

ページ先頭へ↑

2014年12月08日那須の動物・冬準備!

日光国立公園 吉川 美紀

先月那須岳では閉山祭が行われ、那須には本格的な冬がやってきています。
茶臼岳は真っ白に冠雪し、那須平成の森では地面を歩くとザクザクといい音をさせる立派な霜柱ができるようになりました。


(12/8ビジターセンターから撮影した茶臼岳)

そんな寒さが厳しくなってきた那須では、動物たちが冬の準備をしています。
突然ですが、みなさんはヤマネという動物をご存じでしょうか?
ヤマネとは「山鼠」と書くネズミの仲間です。
ニホンヤマネは数百万年前から日本に棲んでいる「生きた化石」と呼ばれる日本固有種で、国の天然記念物に指定されています。ほ乳類には珍しくしっかりした冬眠をするのが特徴で、半年近く冬眠し、その期間エサは食べません。
※冬眠する動物としてはツキノワグマが有名ですが、実は冬眠期間中もときどき起きて食事をしています。

さて、那須平成の森には鳥類や小動物調査用に巣箱を設置しているのですが、先週巡視中にその巣箱の中を確認してみるとなんと!眠っているヤマネに出会うことができました!
巣箱のふたを開けてみてもあまり反応せず眠ったままです。


(巣箱の中のヤマネ。ふたを開けたときに少し動かしてしまったようです...ごめんね)

ヤマネに詳しい那須平成の森のスタッフによると、「冬眠しているときはもっと体をしっかり丸めています。きっとまだ仮冬眠中で暖かい日には起きているのでしょう。」ということでした。
実はヤマネにとって、このような巣箱は冬本番の厳しい寒さの中で冬眠するには寒いらしく、樹洞など、より暖かい場所を好むのだそうです。もしかしたらこのヤマネも、巣箱で仮冬眠をした後、暖かい日にもっと冬ごもりに適した場所を探しに行くつもりだったのかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんなかわいいヤマネの棲む那須のビジターセンターでは、今月下旬から毛糸でヤマネを作るイベントが開催されます。ぜひご参加ください!


「簡単!毛糸でぽんぽんヤマネをつくってみよう」
開催期間:12月20日(土)~1月13日(月)
詳細は↓
●那須高原ビジターセンターHP●
http://www.nasuheiseinomori.go.jp/vc/

ページ先頭へ↑

2014年12月03日「国立公園・野生生物フォトコレクション」開催のお知らせ

富士箱根伊豆国立公園 箱根 杉山 大樹

平成26年12月3日~12月24日まで
箱根ビジターセンター多目的室にて
「国立公園・野生生物フォトコレクション」を開催しています!

<国立公園・野生生物フォトコレクションとは>
関東地方環境事務所管内で活動するアクティブ・レンジャー(11地区16人)が、業務中に撮影した国立公園内の風景や野生動物などを写真で紹介するものです。





箱根にお越しの際は、ぜひ箱根ビジターセンターにお立ち寄りください!




箱根ビジターセンター

富士箱根伊豆国立公園
<開催案内>平成26年度「国立公園・野生生物フォトコレクション」開催について(箱根地域・箱根ビジターセンター)[2014.12.3~2014.12.24]

ページ先頭へ↑

2014年12月01日箱根ジオパークと国立公園のつながり

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

11月29日(土)に箱根地区パークボランティア研修会
「箱根ジオパークと国立公園のつながり」を開催しました!

この研修会は、国立公園箱根でのジオパーク推進活動が
活発化しつつあることから、そのなかで、
「箱根ジオパークでパークボランティアができること」
を学ぶための研修会としました。
また、同時に、新しく募集したパークボランティア7期候補生の
養成研修を兼ねることで、パークボランティア候補生と現役との
交流を深めることを目的としました。

当日はあいにくの雨天となり、プログラムの変更があったものの、
事故等なく、好評のうちに無事終了することができました!


特に箱根町ジオパーク推進室の青山氏による「箱根ジオパーク」の話や
レンジャーによる「国立公園」の話はとてもわかりやすく、
富士箱根伊豆国立公園の箱根ジオパークで活動する
パークボランティアから「活動目的の再認識に役立った」と
好評をいただきました。


【講義「箱根ジオパーク」】

また、候補生と現役ボランティアの自己紹介のために実施した
「動物交差点」というネイチャーゲームでは
「参加者と広く交流することができ、緊張がほぐれた」、
「ネイチャーゲームを学びたい」と嬉しい感想をいただきました。


【ネイチャーゲーム「動物交差点」】

本来は予定していませんでしたが、
少しの晴れ間に行ったビジターセンター周辺の散策では、
現役ボランティアの自然解説に、候補生から
「箱根の自然のすばらしさや自然解説活動の面白さを感じることができた」
と今後の活躍が期待できる意見をいただきました。


【自然解説「ビジターセンター周辺コース」】

今後も箱根地区パークボランティアが富士箱根伊豆国立公園箱根地域で
活躍するために必要な知識や技術を得ることができるような
研修会を企画する予定です!

研修会で得たものを公園利用者に広く伝え、少しでも多くの方に
国立公園の素晴らしさを感じていただければ幸いです!!!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ