ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2015年9月

12件の記事があります。

2015年09月24日南アルプスに秋が来た!

南アルプス国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
南アルプスは秋の訪れを感じられるようになってきました。

先日、南アルプス中部の塩見岳へ行ってきたので、現在の様子をお伝えします。 
標高3,047mの塩見岳では、ナナカマドやダケカンバが少しずつ色づき
はじめています。紅葉真っ盛りもいいですが、緑・黄・赤が入り混じる
この時季もとてもきれいですね!
(塩見岳南東斜面の木々の色づき。9月20日撮影)














これからの色づきが楽しみです♪
 
ウラシマツツジも真紅に色づいていました。
(塩見岳のウラシマツツジ。9月20日撮影)





















そして、秋山の美しさは紅葉・黄葉だけではありません。

コケも美しいんです!!

秋雨や低めの気温のおかげで湿度が高くなるため、輝くようにイキイキとした
コケの姿を観察することができます。
(ガラス細工のようなムツデチョウチンゴケ。
 比較的大型のコケですが、葉の長さは1cmもありません。9月19日撮影)













鳥倉の登山口から三伏峠へ向かう登山道では、たくさんの種類のコケ植物が生育
していて癒されます。コケに心を奪われていると私は歩みが遅くなってしまうので
要注意なのですが...

【登山される皆さんへ】
秋の南アルプスは冷え込みも激しくなっています。氷点下の朝もあるので、防寒対策を
しっかりして、体温調節しやすい服装で登山してくださいね。
また、日没も早くなっています。必ずヘッドライトを持って(換え電池も忘れずに!)、
早めの到着を心がけるようお願いします。今回も遅い時間に小屋やテントサイトに到着
された方がいましたが、夜遅くの行動は多くの危険が伴います。
また、到着後、すでに就寝している他の登山者や小屋の方にも迷惑をかけることになるので、
登山口への到着が遅くなったときは、無理に登らず朝を待つなどして計画の変更も大切です。

せっかくの素敵な秋山ですから、安全第一で楽しみましょう!

ページ先頭へ↑

2015年09月17日シカの食害見学会

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

8月29日に小田原山盛の会が主催する箱根外輪山におけるシカの食害状況を見学する会が開かれました。小田原山盛の会では現在定期的に箱根外輪山でシカの食害を調査していて、その被害の実態を周知するために今回の会が催されました。

環境省では、神奈川県や箱根町と協力して、箱根地域におけるシカの分布状況の把握や、対策の検討を行っているため、業務の参考にするために、今回の会に参加したものです。

当日には周辺市町村、関係団体の方たちが多く参加され、シカ問題に対する関心の高さがうかがえました。案内は元東京農工大学教授の古林先生が行いました。

今回のルートは外輪山を南足柄市側より登り、箱根町との境あたりを主に見学しました。
















まずは南足柄の桧山林道を通って山に入りましたが、林道の法面の草が食べられて牧草地のようになっていました。よく観察してみると、ほとんど全ての植物に食痕があることがわかります。またヒヨドリソウのようなシカが好まない植物だけが残っています。

森の中でも獣道や足跡、糞などが確認できます。












新しい皮剝ぎ被害の跡。












枝折り被害。












何度も食べられた葉は矮小化する。












林内に下層植物がほとんどない状態。



普段何気なく通り過ぎてしまうような光景でも、よく観察してみるとシカの痕跡が沢山残っていることに今回気付かされました。

箱根全体ではシカの被害はまだそれほど大きくありませんが、箱根の外側から徐々にシカが侵入していることが伺えました。

環境省では、箱根町内の5個所にモニタリング用の10m四方の柵を設置し、その内外の植物を比較することにより、シカの影響の調査をしています。

箱根でもシカの被害が徐々に広がっている現在、今後も新たな調査、対策を検討していきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2015年09月17日草紅葉のアヤメ平

尾瀬国立公園 柳澤美果子

こんにちは。

アヤメ平から八木沢道経由で尾瀬ヶ原まで巡視に行ってきました。

尾瀬では幸いにも先日の大雨による大きな影響はなく、
今回歩いたコースも異常はありませんでした。


アヤメ平は標高約1900mの山上に広がる湿原です。

その名前から、さぞかしキレイなアヤメのお花畑があるのかと思いきや、

実は、キンコウカの葉をアヤメと間違えて名付けたのが由来といわれています。

それだけキンコウカが一面に広がり、夏の黄色い花や、秋の草紅葉は見事!

そして、これからがちょうど草紅葉がきれいな季節です。












色づくキンコウカの葉


池塘も点在し、その奥に燧ヶ岳や周辺の山々が見える光景は別天地のようです!

アヤメ平から望む燧ヶ岳               青空を写す池塘

前回の至仏山の記事で植生復元について紹介しましたが、
ここアヤメ平も長年、植生復元を実施している場所として知られています。

かつて天空の楽園と呼ばれたアヤメ平には、尾瀬ブームといわれた昭和30年代に大勢の登山者が押し寄せ、
湿原が踏みつけられぬかるみが広がり、泥炭がむきだしになるなど、その姿は様変わりしてしまいました。
昭和40年代頃から、群馬県や東京電力を中心に植生復元が行われています。
40年間かけてその姿は戻りつつあるものの、いまだ回復していない箇所などもあり、
自然の保護と利用について考えさせられる場所でもあります。












今も残る過去の爪痕

尾瀬ヶ原もだんだんと草紅葉が進んできています。見頃は例年9月下旬から10月上旬です。













尾瀬ヶ原と至仏山

初夏から色とりどりの花が咲いた尾瀬にもエゾリンドウが咲き、花のシーズンに終わりを告げます。




エゾリンドウ                   池塘に浮かぶヒツジグサの葉も色づいています

尾瀬では気温がぐっと低くなり、日も短くなってきました。

余裕を持った計画をたて、防寒服やライトなどの装備を用意して、秋の尾瀬を楽しんでください♪

ページ先頭へ↑

2015年09月17日「初秋の湯坂路と石仏石塔群を訪ねて」開催しました!

富士箱根伊豆国立公園 箱根 後藤香奈

9月12日(土)
秋の草花を見ながら、箱根の歴史を感じる自然観察
「箱根地域自然に親しむ運動:初秋の湯坂路と石仏石塔群を訪ねて」が
環境省箱根自然環境事務所の主催で開催されました。

台風の後の晴天に恵まれ、二十名の方がご参加くださいました!
箱根パークボランティアの案内のもと班に分かれ
精進池の側の「石仏群と歴史館」をスタートし、
「六道地蔵」や「応長地蔵」「二十五菩薩」「五輪塔」な歴史関連の見所をたくさん回りました!



「二十五菩薩」は圧巻ですね!



もちろん、草花も多く咲いていました。

ツチアケビなども見る事ができましたよ。



鷹巣山を越えて、険しい道を乗り越えた先には「千条の滝」が!!



この美しい滝が、疲れた身体を癒やしてくれました。
秋の箱根もやっぱり素晴らしいですね!大涌谷(箱根山)も噴火警戒レベルがレベル2に下がりました。
今しか見る事のできない大涌谷の噴煙を見るのと同時に秋の箱根を存分に楽しんでくださいね!

また、次の自然観察会でお会い出来ることを楽しみにしています!








ページ先頭へ↑

2015年09月14日「富士箱根伊豆を一望」してみませんか!?

富士箱根伊豆国立公園 箱根 後藤香奈

秋の箱根はイベントが目白押しです!
今回はハロウィンの時期に行われる自然観察会をご案内いたします。

※予定しておりました「箱根ジオパーク Welcome to Mt.Kami」は
大涌谷周辺(箱根山)の噴火警戒レベルの継続により内容が以下へと変更になりました。
すでにお申し込みされていた方は申し訳ございません。こちらへも是非ご参加ください。

平成27年10月31日(土)
箱根ジオパーク
「富士箱根伊豆一望の箱根黒岳へ」
-箱根外輪山から富士山、神山・駒ヶ岳、駿河湾展望を-




・主催:箱根ボランティア解説員連絡会にて開催されます。

箱根外輪山から、神山・駒ヶ岳など箱根火山・芦ノ湖の成り立ちの体験や、
富士山・伊豆・駿河湾の美しい展望を楽しみます!
今回の自然観察会は標高差320m、5kmの道を歩く「健脚の方向き」となっております。
もちろん今回も箱根に詳しいパークボランティアがご案内いたしますので
皆さま奮ってご参加ください!

詳細は箱根ビジターセンターのページからもご確認頂けます。

集合は午前9時30分、午前10時に出発式が始まります。
なお、50名を越えた場合は抽選となりますのでご了承ください。

皆さまのご参加をお待ちしております!




ページ先頭へ↑

2015年09月11日初秋を過ぎた奥日光

日光国立公園 中野純

台風は、毎年のように日本に接近、上陸し、大小様々な影響をもたらします。

今回の台風18号では、日光地域でも大小様々な影響が発生しました。


国道120号の通称いろは坂と呼ばれる表日光と奥日光を繋ぐ山岳観光道路では、9日夕方頃に土砂崩れが発生し、一時的に通行止めになりましたが、関係機関の迅速な復旧作業の甲斐あって、現在は平常通りに通行できるようになっています。


いろは坂の通行止め解除に伴いさっそく環境省が整備、管理する歩道の安全確認に出かけました。


まずは戦場ヶ原自然研究路!


まぁ、なんということでしょう。






これは一体...                     ヒルムシロ科の水草が...


木道のロープ柵に水草が天日干しされているではありませんか。

ではなくて、湯川の水位が歩道を沈めた痕跡ですね。引っかかった水草は外来種のコカナダモも見受けられますが、在来種の貴重なヒルムシロ科(ササエビモ?)の水草も少なくありません。

そして木道では、あちこちで多少のガタつきが生じていました。

通行に大きな問題はありませんが、足下には注意して利用してください。


ホザキシモツケは戦場ヶ原の夏を象徴する植物の一つですが、初秋を過ぎたこの頃になると点々としか花は見られなくなります。戦場ヶ原の夏は終わりを迎えました。


ホザキシモツケ












ホザキシモツケ


次は小田代原!

まぁ、なんということでしょう。













幻の小田代湖!?

小田代原に水たまりができているではありませんか!

平成23年度にはもっと規模の大きな水たまりができたそうで、当時を見かけた方によると「まるで桃源郷のようだった」と絶賛していました。

何はともあれ小田代原内部での大きな攪乱になったでしょうから今後見られる植生に大きな影響があるかもしれません。


小田代原西側の木道を歩いていると、



















キュウリ!?                    ニッコウアザミに集まる昆虫達

キュウリを見つけました。いいえ、オオウバユリの果実です。

ときどき動物に被食された果実も見られるので、動物にとっては美味しいのかもしれません。

この時期になると開花中の植物が少なくなるためか、開花中の植物にはハエやチョウ、ハチなど多くの昆虫が吸蜜?しに集まっていました。

厳しい生存競争の下、昆虫達の日々を生きる必死さをひしひしと感じます(哀愁)。


ん!?













土砂流入跡

山側から土砂が流れ込んだようですが、幸いにも木道自体は大きなダメージを受けていないようです。

小田代原周回線は支障なく通行できますが、木道が敷かれていない区間の一部ではぬかるみとなっている部分もありますのでご注意のうえ、初秋過ぎの奥日光をお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2015年09月10日秋を迎えた佐渡

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。



 佐渡は、朝晩肌寒く、気が付けば、青々していた水田も、金色の穂を垂らす稲に覆われ、すっかり秋の様子です。

 夏の間、大きく成長した稲の隙間に入ることが出来ず、トキたちは水路や農道、あぜなどで餌を採っていました。水路やあぜに降りたトキは、稲等に隠れてしまい、モニタリング業務中は識別どころか、トキを見つけることさえ困難でした。

  
水路で探餌するトキ(2015/8/28撮影)        農道で休息するトキの群れ(2015/8/23撮影)

 最近は、徐々に稲刈りが始まり刈田がぽつりぽつりと見られるようになりました。この時期になると、トキは好んで刈田を採餌場所として選びます。降下しやすく、周囲がよく見え、あぜや農道に比べて餌生物も豊富なのでしょう。まだまだ数少ない刈田を見つけ近付くと、10羽以上のトキの群れに遭遇することもあります。

モニタリングチームにとって、限られた刈田に数多くのトキが集まり、トキの個体番号が付いた足環が草や稲に隠れることなく次々に識別できるこの時期は、大きな達成感を得られる嬉しい季節でもあります。
 長期間観察されていなかった(識別されていなかった)トキを発見できる可能性もあるので、居場所不明扱いになっているトキたちの姿を、再度確認出来ることを期待しつつ、モニタリング業務に励む近頃です。

  
 刈田で探餌しているトキを狙う黒ネコ。黒ネコは本気で襲う気は無いらしく、トキたちも距離を取りつつ、飛び去ることはしませんでした。(2015/9/7撮影)



おまけ
  
佐渡へ飛来したエリマキシギの幼鳥(2015/9/4撮影)

ページ先頭へ↑

2015年09月09日植生回復作業@至仏山

尾瀬国立公園 柳澤美果子

こんにちは。

9月5日に、至仏山の東面登山道(山ノ鼻~至仏山間)の植生回復作業に参加してきました。

毎年沢山の登山者が訪れる至仏山。

しかし、長年の登山の影響によって、登山道周辺の植生が踏みつけなどによって荒廃し、
裸地化(植物がなくなり土壌や岩がむき出しになった状態)が進むなど、深刻な問題を抱えています。


群馬県では、平成4年から群馬県至仏山保全対策等事業により

裸地化した個所の植生回復や登山道の荒廃防止対策を実施しています。


当日は群馬県・尾瀬保護財団・ビジターセンター職員、尾瀬ボランティアさん等、
総勢15名で作業を行いました。


まず、作業用資材の荷上げという大きな仕事が待っていました。












麻袋にササを詰めたもの(土のう代わりに使用)を背負子に背負い、いざ出発!

(これがなかなか重かった・・)

肩にずっしりとした重みを感じながら、ようやく至仏山中腹の作業現場に到着。

今回の作業現場は標高1900m付近の裸地化した山腹です。
作業内容は、これ以上土壌が流出し、水道(みずみち)化するのを抑えるため土のうを設置し、
さらに緑化ネットを敷いて植物が生育しやすい環境を整えることです。












作業中の様子

緑化ネットで地面をおおい、ネットを竹串や石で固定します。












緑化ネット設置後の様子

こうすることで、土壌の流出を防ぎ、土を安定させ、植物が生育しやすくなります。


以前、緑化ネットを敷いた箇所や、人が立ち入らないようロープを張った場所では、
植物が成長し、少しずつ成果がでているとのこと。
私は今回が初参加でしたが、地道に継続することの大切さを感じ、なんだか嬉しくなりました。
今回作業した場所が、この先どのように変化していくのか、楽しみに経過を見ていきたいです!














少しずつ植物が回復しつつある過去の作業現場


残念ながら、今でも時々、登山道を外れて歩く人が見られます。

一度荒廃してしまうと、復元するまでに多大な労力と時間がかかります。

至仏山の美しい自然をこの先も残していくために、登山道からは決して外れないようにお願いします。














作業現場から見えた尾瀬ヶ原と燧ヶ岳

ここからの眺めは最高です!

ページ先頭へ↑

2015年09月09日富士山の登山者カウンターとデータ回収

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

富士山の夏山シーズンが、間もなく終了となります。(静岡県側は9月10日、山梨県側は9月14日)

環境省では、富士山の開山期間中(静岡県側:7月10日~9月10日、山梨県側:7月1日~9月14日)の登山者数を把握するために、各登山道八合目付近に赤外線カウンターを設置しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(富士宮口八合目池田館脇に設置中のカウンター)

 

このカウンターは、赤外線センサーの前を人が通るとカウントされるものです。

もちろん、右から左、左から右へ行く人をカウントしますので、登山者と下山者それぞれの人数がわかります。

充電はソーラーパネルでおこない太陽電池に貯蓄されるので、曇りや雨の日でもきちんとカウントすることができます。

カウントされた数値は、赤外線センサー内に保存されるので、そのデータを回収するためアクティブレンジャーは定期的に富士山に登ります。

お天気の良い日は気持ち良く回収に向かえるのですが、悪天候の日はできれば登山を控えたいのが正直なところです。(あまりにもひどい天候の時は日を変えて回収に行きます)

実際、今回は9月1日に回収する予定でしたが、その日の富士山は普通に歩けない程の暴風雨だったため、9月3日に変更しました。

 

9月3日に回収した時は、朝からどんよりした空模様で、五合目に着いた時には富士山頂付近に笠雲が出始めていました。

登山道を登っている最中も、その笠雲は富士山頂から少しずつ標高を下げ、元祖七合目に到着した時には、自分が笠雲の中に入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(富士宮口元祖七合目付近にて)

 

笠雲の中はとにかく強風です。

時には、右から左から下から上からと風や雨が吹き付けてきて、立っているのがやっとという状況になります。

バランスを崩して転んでしまうこともあるので、強風・暴風の日は登山を控えていただきますようお願いいたします。

 

この日は、何とか耐えられる程度だったため、カウンターに保存されているデータを回収することができました。

そのデータは、9月11日に環境省関東地方環境事務所・富士箱根伊豆国立公園のホームページで公表となります。(7月1日~8月31日の登山者数)

関東地方環境事務所:http://kanto.env.go.jp/topics.html

富士箱根伊豆国立公園:http://www.env.go.jp/park/fujihakone/

 

<おまけ>

宝永火口周辺で、立派なフジアザミに出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山の登山道(御殿場口・須走口・吉田口は五合目~山頂、富士宮口は六合目~山頂)は閉鎖されますが、五合目までは行くことができます。(富士宮口は六合目まで)

これからどんどん寒さが厳しくなる富士山ですが、装備を整えて散策を楽しむのもオススメです。

ページ先頭へ↑

2015年09月07日オオハンゴンソウで学んで遊んで!

日光国立公園 吉川 美紀

突然夏が終わり、余韻を残すこともなく秋がやってきた那須の事務所では8月末からフリースを着るくらい気温が下がってきています。気の早い木の葉は赤くなり始めており、今年の紅葉が楽しみです。

7、8月は私生活でも黄色い花を見かけると気になってしまうくらいに、特定外来生物・オオハンゴンソウに構いっぱなしでした。(もちろん他の業務もありましたよ!)

8月末にはサッポロビール株式会社那須工場さんが社会貢献活動として開催したイベントにて、外来生物駆除活動にご協力いただきました。これは社員ご家族と一般公募の参加者たちと一緒に外来生物について学んだ後、オオハンゴンソウ駆除を行うイベントで、当事務所も講師としてお手伝いさせていただきました。












(開会式)

しかし、残念ながらイベント当日は雨...さすがに外へオオハンゴンソウを引っこ抜きに行けるような天気ではありません。でも、せっかくなのでオオハンゴンソウをよく知ってもらう機会にしよう!ということで屋内ワークショップを行うことにしました。












(ワークショップ「葉っぱのスタンプ」中)

事前に用意しておいたオオハンゴンソウの葉に絵の具を塗って、ハンカチ大の布にスタンプしていきます。

オオハンゴンソウの葉は成長段階によって形が様々で、一本の茎に同じ植物かわからないような形の葉がつくのです。葉をよく観察して、気に入った葉を選んで(若めの丸みを帯びた葉が人気でした)、スタンプして作り上げたオオハンゴンソウハンカチがこちら!












(参加者作成オオハンゴンソウハンカチ)

色使いや配置がみなさん個性的で、ステキな作品ばかりでした!参加者のみなさんはもうオオハンゴンソウの葉の形は覚えちゃいましたよね!


駆除活動ができなかったのは残念でしたが、多くの方にオオハンゴンソウを知ってもらい、外来生物について考えてもらう良い機会となりました。

これからも、当事務所は自分たちの周りの自然について学べる機会をお手伝いしていきたいと思います!ぜひ、みなさんも自分たちが生きる自然について一緒に考えてみませんか?












(参加者全員で記念写真)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ