ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年1月

9件の記事があります。

2016年01月29日冬らしくなっています!

日光国立公園 櫨木 めぐみ

 今期は暖冬と言われましたが、ここ奥日光でも心配になるほどの暖冬ぶりでした。例えば、湯ノ湖周回線は例年12月中旬には全線通行止めになるのですが、今年度は年が明けても秋のような景色で異様でした。戦場ヶ原も同様で、年明けの巡視では11月末の巡視時よりも暖かく、このまま冬が来ずに春になるのではないかと疑うほどでした。

 そして、全国的に寒波に見舞われた1月17-18日にドカ雪がありました。私たちの事務所でも約40cmの積雪がありました。例年なら段階的に積雪量が増えるところがほぼ0cmから急に約40cmですから、メリハリがはっきりしているというか何というか...、別世界すぎて怖いくらいでした。

 ドカ雪の翌日、除雪車も一通り入ったこともあり、奥日光へ足を運びました。数日前の秋景色とは一変した雪景色を見て、いつもの冬の光景に安心しました。そして、湯ノ湖周回線は1月19日をもって全線通行止めとなりました。湯ノ湖周回線は、歩道と湖が隣接して崖のようになっているところもあり、地盤が見えない雪上で足を踏み外して滑落するとそのまま湖へ転落してしまうおそれもあるため、その点はご理解とご協力をお願いいたします。開通は、例年4月中旬から5月頭の間、雪融け後安全が確認され次第となります。

 雪景色が定着した戦場ヶ原で、部分的だったのですが冬の風物詩の一つ「地吹雪」に遭いました。徒歩だったためその中を歩行せざるを得なかったのですが、その風は痛いほどに強くて冷たく、また端から見ている時、地吹雪の中の走行車は本当に見えない時があります。地吹雪で視界が途切れたり見えなくなったりすることがあるので、戦場ヶ原を通る国道120号線は、車も歩行者も双方要注意です。
 また林内の歩道の中でも、開けていて他と比べて雪がなくて一見歩きやすそうに見える箇所は風の通り道だったりしますので覚悟して通る必要があります。

 戦場ヶ原や小田代原はあまり起伏がないためか、時折、軽装備もしくは街中の格好のままでハイキングコースを歩かれる方を見かけます。起伏がないとはいえ、標高約1400mで山間の中の湿原というだけで山中にかわりはありません。ましてや、特にこの時期は冬の装備や格好でないと命に関わりやすく本当に危険です。先日の巡視で、いくら少しは踏み固めらているとはいえ積雪40cmの中、軽装に革靴という街中の格好のまま雪道を歩く無謀な方を見かけ、気が気でありませんでした。

 山は自己責任と言われますが、自己責任だから備え無しという意味の自己責任の扱いではないことをご理解頂きたいです。装備や天候、ルート等の情報収集などの備えあった上での自己責任というマナーを守って、安心と快適さをもって自然を満喫して頂けたらと思います。

 冬の奥日光の公園利用者はあまりおらず、時に目の前の自然を貸切のような贅沢感を味わえたりします。逆を言えば、利用者も少ないので、なおさら装備や情報収集はしっかりして、この特別感を感じにお越しください。

ページ先頭へ↑

2016年01月28日1月のトキたち

佐渡 近藤陽子

 明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。



 佐渡では、暖冬傾向が続いていたところ、先週になって急にまとまった雪が降りました。
みなさまのところではいかがでしたでしょうか?



 現在佐渡では、あちこちで銀世界が広がっています。

 トキたちにとってはエサ場となる水田が雪に覆われてしまい大変な季節ではありますが、繁殖期に入りペアで仲良くしているトキの姿を目にするようになりました。


 トキにも人と同じように好きな相手、嫌いな相手があり、好きな相手には小枝をくわえて渡したり、お互いに羽繕いをしたりします。羽繕いされる方は冠羽(後頭部に生える飾り羽根)を立ち上げ気持ちよさそうにしています。羽繕いするほうは相手の首や腹部、脚の羽根など、仲が良くなくては触ることの出来ない箇所を羽繕いし、スキンシップをはかっているように見えます。

 現在、群れ行動からペア行動へとトキの動きが変化し、さらに降雪のためモニタリング業務でトキを見つけることが困難な状況にありますが、観察されるトキたちは雪に覆われていない水の流れのあるエサ場をちゃんと見つけて逞しく生きている様子が確認されています。


 厳しい寒さに負けず、無事繁殖期を乗り越え、今年も多くのヒナが巣立ちを迎えることができますように。

おまけ

<佐渡の野鳥>

 

オジロワシ(2016/1/7撮影)

 

ジョウビタキ(2016/1/10撮影) 

ミソサザイ(2016/1/10撮影)

ページ先頭へ↑

2016年01月28日公開シンポジウム「箱根、丹沢、富士山、伊豆半島におけるニホンジカ対策の現状」(2月13日)

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

 箱根でもシカが増えています。

 箱根にも山があるのだから、シカぐらいいて当然じゃないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は箱根では、最近100年ほどシカの生息が確認されていませんでした。

 しかし!近年、箱根でもシカの目撃が増加しています。そして、箱根で捕獲されたシカのDNAを調べてみると、面白いことがわかりました。

どうやら、箱根のシカは丹沢地域及び伊豆半島の双方から来ているようです。






 現在、箱根の5ヶ所に植生保護柵が設置されており、各保護柵の前には自動撮影カメラが設置してあります。そのカメラに撮られた画像を解析した結果、全ての場所でシカが撮影されていました。

 このままシカが増え続けると、箱根の貴重な植物も食べ尽くされてしまいます。しかし、観光地である箱根では、狩猟による対策が難しい面もあります。

 そんな、箱根のシカの現状や対策、丹沢、富士山、伊豆半島との広域連携について話し合うシンポジウムが2月13日(土)に神奈川県生命の星・地球博物館で行われます。参加無料、事前申込不要ですので、お気軽にご参加ください。


☆公開シンポジウム「箱根、丹沢、富士山、伊豆半島におけるニホンジカ対策の現状」


日 時:2016年213()13001620


会 場:神奈川県立生命の星・地球博物館


住所:250-0031 神奈川県小田原市入生田499


電話:0465-21-1515

箱根登山鉄道「入生田」駅から徒歩3分です。


参加費:無料


申込み:不要


【プログラム】

◇シカ問題の現状

■全国のシカの現状と対策...鳥獣保護管理プランナー 羽澄俊裕氏

■丹沢山地のシカの現状と対策...神奈川県自然環境保全センター 山根正伸氏

■富士山南麓と伊豆半島地域のシカの現状と対策...静岡県農林技術研究所 森林・林業研究センター 大橋正孝氏

■箱根地域のシカの現状と対策...神奈川県立生命の星・地球博物館 勝山輝男氏


◇総合討論

■箱根、丹沢、富士山、伊豆半島における広域連携のあり方

■近隣地域の経験を踏まえた箱根におけるシカ対策のあり方


お問い合わせ:環境省箱根自然環境事務所 宍戸まで(TEL:0460-84-8727


詳しくは環境省HPもご覧ください。

http://kanto.env.go.jp/to_2015/post_46.html


ページ先頭へ↑

2016年01月27日国立公園・野生生物フォトコレクション【沼津事務所開催】

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

今年1番の寒さが襲来した日本各地。

沖縄でも雪が舞ったというのに、沼津市街は寒いばかりでひとひらの雪も見ることはありませんでした。

それでも富士山の西麓にある田貫湖では少し雪が降り、富士山もしっかり雪を被りました。

 

2016年124日撮影:田貫湖畔)


この田貫湖の横にある「田貫湖ふれあい自然塾」では、【国立公園・野生生物フォトコレクション】を開催しています。

【国立公園・野生生物フォトコレクション】とは、関東地区のアクティブレンジャーが業務を行う中で撮影した風景や動植物の写真を紹介するものです。

 

<展示案内>

  期間:平成28年124日(日)~212日(金)※予定

  時間:田貫湖ふれあい自然塾開館時間(9:30~16:30

  場所:田貫湖ふれあい自然塾 自然体験ハウス1F

  入館・写真展観覧ともに無料です。

  ※注意※

   休館日があります。(2月1日、2日、8日、9日)

 

田貫湖ふれあい自然塾では、たくさんのプログラム(室内・室外)を楽しむことができます。

寒い日が続きますが、冷たい空気は景色をいつも以上にきれいに見せてくれます。

ぜひおでかけいただき、自然も写真も楽しんでいただきたいと思います。

 

田貫湖ふれあい自然塾HP

http://www.tanuki-ko.gr.jp/

ページ先頭へ↑

2016年01月20日伊豆の山でも冬山装備を!

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

117~18日の荒天、みなさん大事なかったでしょうか。

事務所がある沼津市は、17日夜から雨が降り始め、18日の通勤時間帯は強い雨となっていました。

沼津市内は雨模様でしたが、それほど遠くない三島市の山麓や御殿場市などでは雪が降り積もっていたようです。

そして伊豆半島中央部に位置する天城山でも積雪があったかと思いますが、実際のところどのくらい積もったかはわかりません。(19日のお天気が良かったので、だいぶ解けた可能性があります)

 

先週14日に巡視した際には、とても良い景色に出逢えました。

(万二郎岳下から)

海の向こうに房総半島が見えています。(写真の下から3分の2あたり)

なかなかここまで見られるお天気に恵まれないので、とても運が良かったです。

しかし、やはり季節は冬。

歩道にうっすらと雪がかぶっているところがありました。

(万三郎岳線歩道 1月149:30撮影)

この時は良い天気が続いていたので、なぜこのような状態なのか不思議でしたが、降水量の多い天城山は、下界の天気が良くても山は雲の中ということが多いので、納得できる気もします。

しかし今(1月20日現在)はもっと真っ白ではないかと思います。

 

こちらは2011年24日に撮影した天城山中にある【アセビのトンネル】の様子です。

 

 

伊豆半島でも山に入るとこんな風に雪が積もります。

最低でも軽アイゼンは必要です。

「こんなに積もっているとは思わなかった」は通用しません。

「万が一」まで考慮して、きちんとした冬装備でお出かけ下さい。


ページ先頭へ↑

2016年01月19日雪景色 -箱根-

富士箱根伊豆国立公園 箱根 後藤香奈

あけましておめでとうございます。
平成28年もどうぞよろしくお願いいたします。

都心でも雪が積もった118日(月)ですが、
箱根でも美しい雪景色となりました。



箱根といえば雪景色を見ながらの「温泉」ですね。
暖まりながらの雪景色も素敵ですが、外に出るのも楽しいものです。

ソリや雪合戦など、冬ならではの楽しみもたくさんありますが、
今日は 箱根ビジターセンター周辺で小さく可愛い足跡を見つけました。
鳥でしょうか?



以前芦ノ湖周辺でも、霜柱の上で足跡を見つけました。
これは何の足跡か分かりますか?


ここにはシカの親子が歩いてきていたようです。
足跡を辿ったところ、芦ノ湖の水を飲みに来たようでした。
皆さまも防寒着をしっかり着用の上、この季節でしか味わえない冬の自然をお楽しみください!

ページ先頭へ↑

2016年01月18日聟島生まれのアホウドリ誕生!!

小笠原国立公園 沼田伸一

ついにこの日がやってきました!
アホウドリの新繁殖地形成のために、伊豆諸島鳥島から小笠原諸島聟島にアホウドリのヒナを引っ越しさせて人工飼育を2008年から2012年の5年間行ってきました。
毎年順調に巣立って、ちゃんと聟島に帰って来て、繁殖行動を見せていましたが、なかなかヒナ誕生まではいっていませんでした。


しかし!!


2016年1月9日に山階鳥類研究所の調査員が聟島に訪れたら!!


聟島初のアホウドリのヒナがいましたっ!!!
お母さんのお腹の下にヒナがいましたっ!!!


そのヒナのお父さんは2008年に聟島で育った子
私もその年に短い期間でしたが聟島で人工飼育を手伝ったので、あの子がとうとう父親になったかーと祖父のような気持ちで感動しています(笑)

早くアホウドリいっぱいの聟島列島になってほしいです。


ちなみに、北太平洋に生息するアホウドリ3種を全部いっぺんに見られるのは、ここ小笠原諸島聟島列島だけです!

皆さんも是非、イルカ・クジラだけでなく、アホウドリを見に来て下さい♪


報道発表資料

ページ先頭へ↑

2016年01月06日雲取山~飛龍山

秩父多摩甲斐国立公園 野崎 拓

12月21、22日に雲取山と飛龍山の巡視に行きました。



(雲取避難小屋付近からの景色)



雲取山は標高2017mで東京都最高峰となっており、山頂周辺では苔むした原生林を見ることができます。また、山頂付近は東京都・埼玉県・山梨県の境になっています。

(様々なコケが見られる)



2日間とも12月下旬とは思えないほど気温が高く、巡視中は防寒着もそれほど利用しませんでした。とはいえ日陰では凍結している箇所も見られたため、油断は禁物です。



(飛龍権現付近の禿岩からの景色)



今回の巡視では凍結による危険箇所はほとんどなかったものの、下山時に歩いたサオラ峠~丹波の登山道がかなり荒れていたため通行には注意が必要です。

(一部崩壊している登山道)



飛龍山を通るルートはコースタイムが長いので、登山される際には日没までに下山できるよう事前の準備や情報収集をお願いします。

ページ先頭へ↑

2016年01月04日西伊豆の冬

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

2016年となりました。本年もよろしくお願い申し上げます。

年末年始は各地で暖かい日が続きました。

事務所がある沼津も同様で、どうしても気候が「真冬!」という感じがしません。

それでも12月22日に西伊豆歩道を巡視した際には、やはり季節が変わっている事を感じました。

この日は、いくつかのコースに分かれている歩道のうち、大瀬崎と井田の2コースを確認してきました。

陽射しが出ていて良いお天気だったせいか、歩いているだけで汗だくになりました。

坂道を登っているならわかるのですが、平坦な道でも坂道を下っていても汗をかくのです。

「これは夏の富士山山頂の方が涼しいぞ・・・」と思いました。

そうは言っても、景色はさすがに夏のようには見えません。

やはり木々の葉は色づき、落ちて夏とは違った印象です。

(井田の煌めきの丘から)

残念ながら、富士山は雲の中でした。

 

歩きながら歩道脇を見れば、トベラの実が割れて赤々とした種の姿を見せてくれています。

 

そして、海際にある明神池には、寒くなってくると姿を見せるようになるオオバンの姿がありました。

 

一方で、明神池周りの歩道ではムラサキカタバミ(花期:夏)の姿が・・・。

やはり、伊豆半島は暖かいようです。

 

寒さはこれからが本番です。

日本各地の国立公園では、冬ならではの景色が広がることでしょう。

「その瞬間を逃さないぞ」と各地を訪れる方もいらっしゃるかと思います。

ぜひマナーを守り、楽しくお過ごし下さい。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ