ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年3月

7件の記事があります。

2016年03月22日春に舞うもの

南アルプス国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
各地でソメイヨシノ開花のニュースが聞こえるようになってきましたね。
今日は少しひんやりしている南アルプス自然保護官事務所ですが、陽ざしは
すっかり春です。

先週3月14日は、夕方から雨が雪に変わり、予想に反して積もって驚きましたが、
翌15日のお昼前にはすっかり融けて、雪が積もったことを忘れそうになりました。
積もった雪の融ける早さにも春を感じます。
(朝だけ堪能できた銀世界。芦安から夜叉神峠方面。3月15日朝撮影)













さらに17日は、気温がぐんぐん上がったことと、よいお天気だったこともあり、
お昼には、事務所周辺であるものがたくさん舞っていました。

それは、花粉!ではなく、チョウです。(仁田自然保護官がくしゃみをして
いるので、花粉もたくさん舞っているようですが...。)

(梅の花とテングチョウ。3月17日撮影)













これはテングチョウ。天狗のように長い鼻*が特徴です!わかりやすさはダントツ。
(*実際は鼻ではなくて「下唇鬚(かしんしゅ)」という器官だそうです。)
チョウは(も?)見分けるのが難しい!と感じている私ですが、このチョウに関しては
シルエットで種類がわかるので、ありがたいです。

また、別の場所では、羽の擦り切れた少し大きめのチョウがいました。
(擦り切れた羽のチョウ。羽を広げた大きさは5cmくらい。3月17日撮影)













これはヒオドシチョウと言うそうで、成虫のまま冬を越すということでした。
擦り切れた羽は厳しい冬を耐えてきた証なのでしょうか。
ちなみに、戦国時代の武具「緋縅(ひおどし)」が名前の由来になっているそうです。

厳しい環境を生きのびて、自然の中を自由に舞うチョウの姿はとても綺麗だなと感じます。
南アルプスの山々はまだまだ雪の世界ですが、これからの季節、南アルプス国立公園周辺では
さまざまな生きものが活発になっていきます。
自然の中で懸命に生きる生きものを見かけたら、そっと見守ってあげてくださいね。

ページ先頭へ↑

2016年03月17日尾瀬沼ビジターセンター雪下ろし2016

尾瀬国立公園 野原英廣

皆様初めまして。
昨年の8月より檜枝岐自然保護官事務所に着任しました、野原と言います。

よろしくお願いします。

先日、尾瀬沼集団施設地区内の雪下ろしが行われ、私も同行してまいりました。

尾瀬沼集団施設地区

尾瀬沼集団施設地区の様子です。

およそ1.5mほどの積雪でした。

尾瀬沼ビジターセンター

尾瀬沼ビジターセンター2

尾瀬沼ビジターセンター3

環境省所管施設である尾瀬沼ビジターセンターの様子です。

屋根の雪は落ちていましたが、その落ちていた雪の量のすごいこと。

しかし、尾瀬関係者に話を伺うと、

今年は例年になく雪が少なく、昨年の3分の1ぐらいだそうです。

雪が滅多に降らない地域出身の私としては十分すぎる量。

いやはや、自然につくづく敬服するばかりです。

それではまた。

ページ先頭へ↑

2016年03月16日尾瀬の雪はどれくらい?

尾瀬国立公園 柳澤美果子

こんにちは。

今日は積雪の状況確認をしに尾瀬ヶ原の山ノ鼻に行ってきました。

山小屋などの長年尾瀬にいらっしゃる方々からも今年は雪が少ないという声を耳にしますが、
やっぱり、雪が少ない!!!積雪はおよそ1メートル位。

堅い雪の上に新雪が20センチ程積もっていました。山ノ鼻ではスノーシューを使わなくても楽に歩ける程です。この先暖かい日が続けば、さらに雪解けが進むことでしょう・・。


山ノ鼻ビジターセンター

昨年のこの時期は、2階の窓まで雪に埋もれていたそうです!

原の川上川橋

例年埋まっているという橋梁もすでに現れています。

そして、なんと言っても雪の少なさを感じるのが至仏山です。

山ノ鼻からみた至仏山

例年この時期は真っ白だという山肌は、岩や木々が顔を出して黒く見えます。

例年至仏山保全対策会議よりみなさまにお願いしている「至仏山利用ルール」については、
詳細が決まりましたらお知らせします。




ページ先頭へ↑

2016年03月09日富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念式典 ご報告

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

ここ数日暖かい日が続き、富士五湖地域にもようやく春の気配が
感じられるようになってきました。


先月18日、箱根の後藤ARより富士箱根伊豆国立公園年指定80周年記念式典開催の
お知らせをいたしましたが、6日無事終了しましたのでご報告いたします。


当日は、国立公園内の関係都県、市町村の関係者をはじめ、
功労者表彰対象の方々・一般参加者など、総勢約260名と多くの方に
ご参加いただき盛況のうちに終了することができました。

開会の挨拶をする丸川環境大臣
  

当日は、「外国人から見た富士箱根伊豆国立公園の魅力」をテーマに
基調講演や富士山・箱根・伊豆半島・伊豆諸島各地域の事例報告、
パネルディスカッションを行いました。
参加者の皆さんはメモを取るなど熱心に耳を傾けていました。

私自身、富士山地域については話を聞く機会が多いですが、
同じ国立公園内でも他の地域については知らないことが多く、とても新鮮でした。

富士箱根伊豆国立公園は地域ごとに異なった魅力、
多様性のある国立公園だということを改めて実感しました。


一方、それぞれの地域がバラバラで富士箱根伊豆国立公園全体としての
つながりがない、という指摘もありました。これからは地域全体としての
魅力を高めるため、箱根や富士山地域に数多く訪れている外国人旅行客を、
どのように伊豆半島、伊豆諸島へと導いていくのか、戦略を持って取り組んでいく
必要性を感じました。


パネルディスカッションの様子


その後、公園内の各地域で保護とその適正な利用に関し、顕著な功績があった

個人・団体81件(29名、52団体)の皆さんの表彰を行いました。
国立公園を守り、その上で正しく利用していくためには
地元の方々を始めとした、多くの人の協力が欠かせません。

壇上に上がっていただいた功労者の方々を見ながら、
皆さんの地元を愛する情熱や活動によってこの素晴らしい自然が
守られていることに改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。


表彰式の様子

また、会場ホール前では、各地域で活動するグループがそれぞれの活動内容を
紹介するパネルを展示し、熱心に展示を眺めたり、説明を聞く参加者の姿が
見受けられました。入口付近には、富士箱根伊豆国立公園(ジオパーク)を
イメージした生け花「ジオ生け花」の大作が飾られ、皆さん興味深そうに
眺めていました。







パネル展示の様子                   ジオ生け花!!!


指定80周年である今年は今後も記念行事を行う予定です。
情報は随時下記サイト上にアップしていきます!!


「富士箱根伊豆国立公園指定80周年特設ページ」
http://www.env.go.jp/park/fujihakone/effort/80th.html

ページ先頭へ↑

2016年03月07日那須の冬は残りわずか

日光国立公園 吉川 美紀

1月下旬にようやく積もった雪ももう大分溶けてしまい、那須は春が近づいてきています。今年はスノーシューでの巡視がほとんどできませんでした・・・。

↑春霞の中の茶臼岳

 那須平成の森でもスノーシューを楽しむことはできなくなってしまいましたが、まだ「雪のある景色」を楽しむことができます!

哺乳類を骨まで愛している私としては、雪の時期の楽しみといえばアニマルトラッキング!そこで、巡視中によく見つける動物の足跡をご紹介します。

那須平成の森ではおなじみの足跡「ノウサギ」です。

跳び箱を跳ぶように飛び跳ねるので、Y字の足跡がつきます。

次によく見かけるのが「キツネ」の足跡。

一直線に足跡がつくのが特徴です。イヌの足跡と似ています。

見つけると少し嬉しくなる小さな足跡「リス」。

体重が軽いため土には足跡がつきにくいですが、雪上では時々見つかります。

その他にもテン、シカ、イノシシ、鳥類などいろいろな動物の足跡を見つけました!

冬になると本当にたくさんの足跡を見つけるので、意外と身近に動物たちは暮らしているんだなぁと感じられます。


ぜひ、まだ残っている那須の冬を満喫してみてください!

動物の足跡を追いかけ過ぎて、迷子にならないようご注意くださいね。

■ 那須平成の森HP ■

http://www.nasuheiseinomori.go.jp/

■ 那須高原ビジターセンターHP ■

http://www.nasuheiseinomori.go.jp/vc/

ページ先頭へ↑

2016年03月03日尾瀬国立公園シカ対策協議会 開催

柳澤美果子

こんにちは。(大変ご無沙汰しておりました;;)

先月の2月25日に「平成27年度尾瀬国立公園シカ対策協議会」が
関東地方環境事務所で開催されました。

この会議では、尾瀬のシカ対策に関わる国や県、市町村などの関係機関が集まり、
それぞれが取り組んでいるシカ対策事業の報告や意見交換が行われました。

環境省からは主に尾瀬で実施しているモニタリング調査の報告、
林野庁からは大江湿原に設置している防鹿柵の効果、
群馬県や福島県からはシカの捕獲実績などの報告がありました。

依然として、尾瀬の湿原内へのシカの侵入は確認されていますが、
各機関が取り組んできた対策の積み重ねで、影響の悪化は食い止められていると考えられます。
これからも関係機関で連携しながら、対策に力を入れていくことが確認されました。
















協議会の様子



ところで・・今年は、全国的に暖冬と言われていますが、尾瀬の麓、片品も
「こんなに雪が少ない年はない」とみなさんが口をそろえて言うほど少雪です。
(初めて冬を越す私にはありがたかったですが・・)

例年、秋から初冬に尾瀬から日光へと移動するシカたちですが、2月になっても
移動経路上に設置しているセンサーカメラにその姿が映っていました。
















ニホンジカ♂ 22日センサーカメラ撮影

この暖冬が今後のシカの動向にどう影響するのが、気になるところです。



ページ先頭へ↑

2016年03月01日富士箱根伊豆国立公園写真展開催中!

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

3月1日~4月21日まで、箱根ビジターセンターの展示室では、富士箱根伊豆国立公園のレンジャー、アクティブレンジャーが撮った動植物や、活動する人達の写真が展示されています。



間もなくアクティブレンジャーになって1年になりますが、これらの写真を見ると、富士箱根伊豆国立公園内で見るべき美しい場所やものが、まだまだ沢山あることに気づかされます。


また前回の写真展と比較すると、今回は伊豆諸島地域の写真が多数展示されています。

他の地域とは違った、南国的風情漂う写真達。

今回は特別に、展示中の写真の中から、伊豆諸島地域の写真を1枚だけお見せしたいと思います。



なんとイルカです!

実は恥ずかしながら、伊豆諸島でイルカに会えることを知りませんでした。

この他にも、箱根地域、富士山地域、伊豆半島地域の魅力がたっぷり詰まった写真展にぜひお越しください。


<開催期間>2016年3月1日 ~ 2016年4月21日

<開催場所>箱根ビジターセンター(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根旧札場164)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ