ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年12月

22件の記事があります。

2020年12月28日師走のクリーン月間(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 山口光子

皆さん、こんにちは。

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の山口です。

12月に入り、年越しに向けて大掃除の季節がやってきました。箱根ビジターセンターがある湖尻周辺では、日頃自然散策でお世話になっている芦ノ湖や周辺の自然に感謝の気持ちを込めて、大きく3つのクリーン活動が実施されています。

1.12月6日(日)「パークボランティア・クリーンデー」活動実施

箱根パークボランティアの皆さんが、4チームに分かれて湖尻地域周辺のゴミ拾いを行いました。密にならないように気をつけながらの作業です。アクティブレンジャーもご一緒しました。

植え込みの中も丁寧に確認します。

今年はコロナ禍で、観光客が減少したせいか、前年に比べてゴミは少なめでした。

芦ノ湖の中までゴミを拾いに行きました。

足元に小魚が泳ぐ、きれいな湖にゴミは似合いませんね。

分別もしっかりと行い、ゴミ拾い終了です。

今年は活動が少なかったパークボランティアの皆さんも、清掃活動であればと当日は可能な範囲で多数ご参加頂くことができました(密を避け、活動後は速やかに解散しています)。天候も良く、気持ちの良い清掃日和でした。パークボランティアの皆さん、さわやかな活動実施をありがとうございました。

2.12月10日「ハイク&クリーン」活動実施

これは、湖尻地域の飲食店や観光業者の皆さんと箱根ビジターセンターが中心となって始められた今年で6年目の清掃活動です。新型コロナ感染症対策として、今年はビジターの参加はありませんでしたが、湖尻周辺の皆さん方や箱根町役場の皆さん方と一緒になって、当所のレンジャー及びアクティブレンジャーもゴミ拾いを行いました。

芦ノ湖湖畔をゴミ拾い中。

地元観光業のガイドさんがゴミの多い場所を下調べし、当日はその場所へ案内頂きました。湖畔のゴミ拾いはロケーションが良く、気持ちよく活動出来ます。来年は、是非ビジターの皆さんも一緒にゴミを拾いながら歩けると嬉しいです。途中で楽しいガイドも聞ける、素晴らしいハイク&クリーン活動になること間違いなしです。

いつ捨てられたゴミでしょうか。

プルタブの輪の中から、植物が大きく成長していました。かなり古いゴミと思われます。こういったゴミが有り続けないように、利用者の皆さんには日頃から「捨てない」心がけをお願いしたいです。

ハイク&クリーンの活動の様子は、箱根町のFacebookページ「箱根町景観だより」もご覧下さい。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2787338598199234&id=1753557758243995&__tn__=%2As%2As-R

3.12月17日「箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄防止一斉パトロール」活動実施

大涌谷や駒ヶ岳を見ながらゴミ回収

この活動は、当所の呼びかけで実施した、2020年を締めくくる国立公園内の大掃除です。活動の様子は、また1月のAR日記で報告いたします。

箱根の美しい景観は地域皆さんの協力の下に保たれていますが、一番はゴミを捨てないことです。引き続き観光客の皆さまにもご協力をよろしくお願いいたします。

国立公園にふさわしくない光景を少しでも減らせるように、3つの清掃活動が無事実施された12月でした。これで気持ちよく2020年を締めくくることが出来そうです。個人的には、アクティブレンジャーとなってようやく1年が経ち、様々な皆さんにご指導頂きながら業務にあたった2020年がもうすぐ終わります。この経験を活かし、2021年も箱根地域に貢献できるよう楽しく努めて行きたいと思います。また来年もアクティブレンジャー一同をぜひ、よろしくお願いいたします!

ページ先頭へ↑

2020年12月28日色んな角度から

富士箱根伊豆国立公園 箱根 高木俊哉

AR日記をご覧の皆様、こんにちは。

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の高木です。

最近はぐっと冷え込んで、箱根地域では気温が氷点下を下回ることが珍しくなくなりました。

非常に寒いですが、この時期に富士山がほとんど雪化粧になっていないのもまた、珍しいことと感じています。

三国山付近からの富士山眺望

▲三国山付近からの富士山眺望(撮影日:12月23日)

さて、箱根のARの業務の中には「仙石原湿原の景観モニタリング」というものがあります。ご存じの方も多いかと思いますが、ススキ草原で有名なあの仙石原湿原です。

神奈川県唯一の湿原を保全するべく様々な保全活動及び調査が行われていますが、本業務ではその名の通り、仙石原湿原の景観(見た目)の変化をモニタリングしています。具体的には、定期的(2・5・8・11月)に以下の3地点の同じ場所から撮影し、記録を行っています。

・ススキ遊歩道(仙石原湿原内)

・長尾峠(仙石原湿原外)

・金時山中腹(仙石原湿原外)

今回はそんな仙石原湿原を、外から見た様子を紹介します。

まずは、箱根外輪山の北に位置する金時山の中腹から。

金時山中腹からの仙石原湿原眺望

▲金時山中腹からの仙石原湿原眺望(撮影日:←12月 8月→)

こちらの撮影地点は大岩がどっしりと構えておりそれだけで圧巻なのですが、その上から見た仙石原湿原はとても見やすく、意外な広さ(約25ヘクタール)を感じさせてくれます。

そしてこちらは、箱根外輪山の北西にある長尾峠付近の長尾隧道から。

長尾隧道からの仙石原湿原眺望

▲長尾隧道からの仙石原湿原眺望(撮影日:←12月 8月→)

湿原の中を一本道が通っているのがお分かりでしょうか?

こちらが観光として有名なススキ遊歩道です。意外と傾斜のある道であることが分かると思います。

また、こちらの撮影地点は箱根地域の中でも絶景ポイントのひとつで、芦ノ湖・大涌谷などもまとめて見ることが出来ます。

長尾隧道からの箱根地域の眺望

▲長尾隧道からの箱根地域の眺望(撮影日:8月)

見切れてしまっていますが、画像右が芦ノ湖、左が仙石原湿原、そして中央が大涌谷です。大涌谷を擁する箱根山を中心とした、カルデラの地形が確認できます。

如何でしょうか。箱根は観光スポットが多い地域ですが、スポットからだけでなくひとつ大きな視点で違う角度から見てみると、また新たな発見が生まれるような気がします。

それではまた、次回に新しい年の箱根の様子をお送りできればと思います。

ページ先頭へ↑

2020年12月24日夜叉神峠にセンサーカメラを設置しました

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

これまでに何度か夜叉神峠巡視の様子をアクティブ・レンジャー日記に掲載してきました。巡視する度に見かけるニホンジカ。多いときには10頭以上見たこともあります。ニホンジカだけではなく、糞や樹皮剥ぎ、食痕も多く見られます。

環境省では、夜叉峠で新たにニホンジカ捕獲事業を実施する予定であり、夜叉神峠のどの場所にどのくらいのニホンジカが生息しているのかを知るために、これまでの目撃情報と糞や食害の多さ、積雪に残っていた新しい痕跡などから設置候補地を挙げ、センサーカメラの設置を行いました。設置したこのセンサーカメラは動いている物体に赤外線が反応し、撮影することができます。昼間だけでなく、夜間の撮影も可能です。

シカが通る場所が映るようにカメラを良い角度で設置できるかによって、うまく撮影できる・できないが大きく変わります。直立する樹木にカメラを設置するのですが、斜面の場合には、カメラを下向きに調節するため、落ちている枯れ枝を支えにするなど設置にコツが必要になります。この日は5台のセンサーカメラを設置。最初の1台こそ時間がかかりましたが、数を重ねるにつれて設置に時間がかからなくなり、テスト撮影も一発クリア!これまで設置されているセンサーカメラを見ても特になんの感情もなかったですが、実際に設置作業を経験してみて、¨大変な作業なんだ¨と気づかされました。

今後は月に1回程度、電池の交換やデータの回収を行います。作業の様子や撮影状況については、アクティブ・レンジャー日記でもお伝えしたいと思っています。

この日は快晴で白峰三山が綺麗に見えました。前回はガスで真っ白な白峰三山だったので、今回はスッキリした景色を眺めることができて良かったです♪


ただ、やはり積雪が少ないような気がします。年末年始は寒波が到来するようで、今後の降雪に期待です。

南アルプス自然保護官事務所からお届けするアクティブ・レンジャー日記は年内これで最後になります。令和3年も更新を頑張りますので、引き続き、よろしくお願いいたします。みなさん、よいお年をお迎えください。

ページ先頭へ↑

2020年12月21日奥日光での雪上パトロール(NPV)活動です!

日光国立公園 日光 大森健男

皆様こんにちは!日光ARの大森です。

このところの寒さで奥日光では、この時期としては大雪となっています。

そのような雪の季節の日光パークボランティア(NPV)の「雪上パトロール」活動の様子をお知らせします。

 奥日光では、冬期はスノーシューやクロスカントリースキーを利用する方が多く、道迷いや湿原への入り込みなどを防ぐため、歩道のコース沿いに赤布やポールなどを設置しています。

 この日のパークボランティアの活動は、三本松の展望台や小田代原への林内の歩道での赤布設置などを行いました。

        赤布付け・・雪の中での目印です

         展望台でのロープの設置

 冬期活動(スノーシュー・クロスカントリースキー)の利用者の方への注意標識

 天候急変など予期せぬリスクがありますので、十分な情報と装備をお願いします。

 また、雪の下には、春を待つ貴重な植物が眠っています。

                ・・湿原への入り込み、植物の踏みつけはご注意を!

地吹雪の時は、コースの見通し悪くなり要注意です。また凍結した木道や階段も注意が必要です。

◇奥日光地域は、冬期は駐車場やトイレなどが閉鎖されている箇所があり、事前に、HP等で確認していただくようお願いします。

環境省日光湯元ビジターセンターHP

 http://www.nikkoyumoto-vc.com/road/toilet.html

 

◇また、スノーシューやクロスカントリースキーのレンタルもあり、また、冬期のガイドツアーなどのあります。詳しくは日光市観光協会のHPをご覧ください。

http://www.nikko-kankou.org/event/1217/

寒い時期ですので、十分な服装と装備(車も)で、奥日光の冬をお楽しみいただければと思います。

ページ先頭へ↑

2020年12月18日三原山火口に現れた小鳥の群れ 大島 三原山 (伊豆諸島地域)

富士箱根伊豆国立公園 伊豆諸島 竹下実生

こんにちは。

伊豆諸島管理官事務所の竹下です。

11月下旬頃から、三原山中央火口の周りで小鳥の大群を見かけるようになりました。

50羽くらいの群れで、火口やその周りの荒原を飛び回っているのです。

三原山中央火口(2020年12月3日)

▲三原山中央火口(2020123日)

荒涼とした静かな景色の中に、ときどき、チュチュチュ・・・というにぎやかな声が聞こえてきます。

昨年も同じくらいの時期に見かけていて、どこから来たのか、どんな鳥なのか、気になっていました。

いつも距離が遠くて、じっくり観察できずにいたのですが、ついに先日写真を撮ることができました!

二羽のハギマシコ

▲スズメ目アトリ科 ハギマシコ(Asian Rosy Finch) Leucosticte arctoa 

歩道の柵に同化して静かに待っていると、群れが近くまで来てくれました。

脇腹の薄紅色、黄色い嘴がかわいらしい、ハギマシコという鳥でした。

北方から越冬のために日本へ渡ってくる冬鳥です。

三原山の火口周辺は、越冬するのにちょうど良い環境なのでしょうか。

ハチジョウイタドリの種をついばむハギマシコ

▲ハチジョウイタドリの種子をついばむハギマシコ

主な食べ物は草の種です。この時も、斜面を移動しながら草の種をついばんでいました。

火口周辺にはハチジョウイタドリなどの草本類が多く生えているので、草の種はたくさん見つかりそうです。

火口周辺の低木に鈴なりになって一休み。表に見えているのは20羽ほどですが、木の中にもたくさんとまっています

▲火口周辺の低木に鈴なりになって一休み。(表に見えているのは20羽ほどですが、木の中にもたくさんとまっています)

ときどき、一斉に低い木に集まります。休息しているようです。

木にとまっている間も、チュチュチュ・・・と鳴きあって、にぎやかです。

地図も持っていないのに、どうやってこの場所を見つけたのか?

いつからここへ来ているのか?

噴火の時はどうしていたのか?

疑問は尽きません。

【伊豆大島】

・東京からの距離は約120km

・東京竹芝桟橋から大型客船で約8時間(夜行の場合)、高速船で約1時間45

・東京以外にも、横浜、久里浜、熱海などから船が就航

・調布飛行場から25

・面積 約90㎢(伊豆諸島最大)

伊豆諸島の図

【ご注意ください】

伊豆諸島では、自治体ごとに来島のガイドラインを掲げ、島内での感染拡大防止への協力を求めています(202012月現在)。伊豆諸島へ旅行を計画されている方は、自治体のホームページで来島のガイドラインをよく読み、最新の情報を必ず確認してください。

ページ先頭へ↑

2020年12月17日今年、最後の広河原

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

1210日に広河原へ行ってきました。この日は天気が良く、雲ひとつない快晴!お昼には12度になり、この時期の広河原にしては暖かいほうだったと思います。

△北岳

△栗沢山、アサヨ峰

栗沢山やアサヨ峰は黒々としていて冬らしさを感じられませんでしたが、北岳は順調に白さを増しています!ここ数日の寒さできっと、南アルプス山域は真っ白になっているかもしれません・・・♪

広河原橋を渡って、広河原山荘へ。広河原山荘には南アルプス山域の中でも広い面積のテント場があります。テント場を散策していると・・・やっぱりありました。

ニホンジカの糞です。今年の広河原は工事関係者やトラックが行き交っていたものの、橋より奥の北岳や広河原山荘、広河原園地での人の出入りがほぼなかったため、ニホンジカにとって、住み心地の良い場所になっていたようです。

通常、テントを張る平らな場所にも足跡がたくさん。

この足跡は野呂川からのびており、水分補給をしたあとテント場へきたことが推測できます。今年は例年に比べて、広河原へ訪れる回数が圧倒的に少なかったため、高山植物の開花ピーク時を見ることができていませんが、来年はこれまでと変わらず、広河原周辺にも北岳にも高山植物が咲いてくれることを願います。

これからの時期は林道が凍結し、通行が危険な場合があるため、春先まで広河原から見る北岳はお預けになりそうです。寂しい気持ちもありますが、徐々に白さを増す北岳を下界から眺めたいと思います。

ページ先頭へ↑

2020年12月16日「アクティブ・レンジャー写真展」開催中です!

富士箱根伊豆国立公園 下田 齋田滉大

みなさん、こんにちは。証明写真を撮るときは目が半開きになりがちな齋田です。

昆虫や動物の写真を撮ることは好きなのですが、自分自身が被写体となるのは少し苦手です。

さて、伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」にて開催中の写真展「環境省 アクティブ・レンジャー写真展 - 国立公園・野生生物の姿 -」について、多くの反響を頂きありがとうございます!

この日記を見ているみなさんの中には会場までお越し頂いた方も多いのではないでしょうか?

会場に設置した写真やポスター、パンフレット等を通じて、一人でも多くの方に自然の素晴らしさや国立公園の魅力について知って頂けると大変嬉しく思います。

今回の日記では、会場の展示物だけではお伝えしきれなかった撮影場所の様子について詳しくご紹介します。

写真展の開催内容や展示状況等については、環境省 関東地方環境事務所のHP山田アクティブ・レンジャーの日記をご覧ください。

下田管理官事務所からは、海岸沿いの景色を切り取った2点の写真を出展させて頂きました。

まずはこちらの写真から。トロピカルな花々に包まれる真冬の爪木崎海岸です。

【楽園の冬 爪木崎海岸】

夏場は人気の海水浴スポットとして賑わう爪木崎海岸。冬場は紅白の花々が海岸沿いを彩ります。

海辺一帯に広がる白い花はニホンズイセン。周辺には甘くやわらかい香りが広がり、思わずうっとりとした気分にさせられました。

左端に見える紅い花はキダチアロエ。鮮やかな暖色がほどよいアクセントととなり景観を引き締めますね。

ニホンズイセンとキダチアロエはこれからの季節に見頃となります。近隣にお住まいの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

■楽園の冬 爪木崎海岸

撮影場所:爪木崎海岸 静岡県下田市

撮影時期:2020年1月上旬

アクセス:伊豆急下田駅よりバスで15分

続いての写真はこちら。可愛らしい黄色い花が揺らめく真夏のユウスゲ公園です。

【煌めく ユウスゲ公園】

石廊崎周辺の海岸線を一望できる小高い丘に位置するユウスゲ公園。

西日に煌めく太平洋の碧や草木の緑を背に、黄色い花弁が磯風に揺れ動く様子は、言葉ではとても言い表すことの出来ない程に情緒的でした。

この可愛らしい花の正体は、公園名の由来となったユウスゲです。彼らは夏の夕方頃に開花し翌朝にはつぼんでしまうワスレグサ属の一日花。7月下旬から8月中旬の16時以降が見頃となります。

■煌めく ユウスゲ公園

撮影場所:ユウスゲ公園 静岡県南伊豆町

撮影時期:2019年7月下旬

アクセス:伊豆急下田駅よりタクシーで30分

以上が下田管理官事務所より出展した写真です。温暖な伊豆半島の雰囲気が伝わったでしょうか?

伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」を会場とした写真展は1月26()まで開催中です。

2月から3月にかけての期間には、富士五湖・奥多摩・伊豆諸島・那須の4地域にて開催されます。

詳細な開催情報については、該当地域の「アクティブ・レンジャー日記」にて随時公開予定です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策については、各施設の指示に従って頂きますようお願いします

▼伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」

https://georia.izugeopark.org/

▼写真展 開催案内「環境省 アクティブ・レンジャー写真展 - 国立公園・野生生物の姿 -

http://kanto.env.go.jp/to_2020/2020_6.html

ページ先頭へ↑

2020年12月16日トキ写真展開催中です!

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

12月14日からトキ野生復帰の普及啓発のために「トキ写真展」を開催しているのでご紹介します!

期間:2020年12月14日(月)~2021年3月31日(水)

時間:8時~16時

場所:佐渡汽船両津港 両津南埠頭ビル2階 入場料無料

両津港ターミナル2階待合室を出て、土産物街を通り抜けた先の1番奥で写真展を開催しています。

▲会場の様子

写真展では野生下・飼育下のトキの写真などを展示しています。

野生下のトキの写真コーナーでは、親にエサをもらうヒナや群れで採餌している様子など、トキの様々な姿を捉えた写真を展示しています。

▲展示写真の1つ。野生下のトキの写真は全て今年撮影したものです!

飼育下のトキの写真は、佐渡トキ保護センターからお借りしています。

孵化したばかりのトキの写真や、まだ小さいヒナに人工給餌している様子を捉えた写真など、飼育下だからこそ撮影できた写真を展示しています。

▲卵から出てきたばかりのヒナの写真はなかなか見られません!

この他にもトキ野生復帰の取組についてのポスターや実物の1/4サイズのトキの巣、飼育下のトキに与える人工飼料の見本も展示しています。

▲実物の1/4サイズのトキの巣(左)と人工飼料(右)

両津港にお立ち寄りの際は是非ご覧ください!

ページ先頭へ↑

2020年12月15日#指定70周年記念 なりきり!ジュニアパークレンジャー!

小林真弥美

みなさん、こんにちは。

奥多摩自然保護官事務所の小林です。

11/7 in 奥多摩

12/5 in 御岳山

にて、70周年記念のジュニアパークレンジャーを無事開催することができました!

今年はこの2日間で、子ども達にレンジャーなりきってもらい、

秩父多摩甲斐国立公園にいる哺乳類の痕跡を探してもらいました!

まずは~~

盛り上がる参加型クイズ!!

「奥多摩に来たことがある?」

「レンジャーはどんな仕事をしてる?」など、

私たち職員がフリップを持ち、参加者の方に移動してもらいながら、自己紹介も兼ねてからだをあっためてもらいました!

次は、、

(親御さんも)ジュニアレンジャーに認定!!

今年は秩父多摩甲斐国立公園が70周年という記念の年のため、

認定と共に、今回の活動で使用するフィールドノートの贈呈式を行いました。

この行事を実施して下さった(株)CESの方がデザインしたテン・・

めっちゃかわいいですね!!

いよいよ外に出て生き物の痕跡を探し・・・・

あ!テンのうんちを発見!

フィールドノートの目盛りを横において、サイズを測ります。

そのサイズ、色、内容物などをこのフィールドノートに忘れないようにメモしてもらいます。

御岳山ではテンのうんちがそこらじゅうにあって、種が入っている物、虫が入っているもの、

クロスズメバチのお腹だけが大量に固まった物もありました!

他にも、

ムササビやリスが食べた、松ぼっくりやスギの実の痕もたくさん見つけ、

どうやって、どの部分を食べているか、じっくり観察してもらいました。

ビジターセンターに入り、もう一度フンや痕跡をじっくり観察しながらスケッチします。

上の写真は、子どもたちが実際に書いてくれたスケッチです!

これからも、国立公園の中だけじゃなく、見つけた色んなものをノートに書きためて、
この生き物たちを守りたい、守ろう!とお友達にどんどん広めてほしいですね。

コロナ禍でどうなるかわかりませんが、来年も実施出来ることを祈っております。

ページ先頭へ↑

2020年12月15日【小笠原】小学校1年生マイマイの授業

小笠原国立公園 近藤希

みなさんこんにちは。

初めて小笠原で迎える年越しに今からわくわくしています。小笠原では1月1日に海開きをするので、

私も寒すぎなければ泳ぎ初めしようと思います。

前回の小学校三年生ハンミョウ授業に引き続き、小笠原小学校一年生にマイマイ授業を行いました。

ウスカワマイマイ(外来種)を使って実験をしたり、一人一匹育ててもらったり。

▲細い糸の上を綱渡りできるか実験。固唾をのんで見守ります。

マイマイは注目されて緊張したのか何回か落下したものの、子ども達の応援の甲斐あって無事渡りきれました。

Myウスカワマイマイをゲット!触った後は手を洗うのを忘れずに。

▲みんな思い思いのエサをあげていました。

最終回は世界遺産センターで固有のマイマイについて学んでもらいました。

子ども達の興味は尽きることがありません。

▲街中で拾ったタコノキの葉には小笠原固有種のノミガイ(トライオンノミガイ)が暮らしています。

大きさはなんと2~3ミリ!

子ども達が大人になっても、またその子ども達の代にも、マイマイを始めとする小笠原の貴重な動植物を引き継いでいかなければなりません。

みんなの住んでいる父島のマイマイは、今どのような状況なのか?

なぜ守っていかなくてはならないのか?

私達にできることは何なのか?

少しでも伝わっていれば嬉しいです。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ