ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年4月

14件の記事があります。

2021年04月30日ぽかぽか陽気の広河原へ

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

4月22日に広河原へ巡視に行ってきました。昨年は広河原山荘のテント場が雪で覆われ、山々も白く¨まだまだ雪がたくさんある!!¨とはしゃぎましたが、今年は・・・

・・雪が少ない。写っている山は栗沢山とアサヨ峰方面です。同じ時期なのに、沢筋や稜線の雪の量が全く違います。今年の写真には広河原山荘のテント場のようすが含まれていませんが、ご察知の通り、全く雪はありませんでした。

広河原で私が楽しみにしているのが、北岳を眺望することです。まだ展葉していないため、もの寂しさを感じますが、もう少しすると木々が青々し始め、鮮やかな新緑が見られます♪

積雪が少ないといえど、日本第2位の高峰の北岳はまだまだ白いですね。左側にある一面真っ白のところは北岳のメジャールートになっている大樺沢です。北岳の中でも1番最後まで積雪が残る場所で、開山後しばらくは雪渓を楽しむことができます。

昨年はコロナウイルスの影響により、広河原までの交通機関が運休、山小屋が休業。北岳に関しては登山道が通行禁止になり、登ることすらできませんでしたが、今年は感染防止対策を行いながら、開山する予定です。また、南アルプス市営の山小屋である「北岳山荘」、「白根御池小屋」、「広河原山荘」、「長衛小屋」が完全予約制となり、ウェブ上で宿泊の予約システムを導入しました。上記4箇所の山小屋の利用を計画されている方はぜひご一読ください。

■「南アルプス市営の山小屋」完全予約制の導入について

https://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/docs/9789.html

広河原巡視中、ステキな景色を見ることができました。

なんのへんてつもないただの飛行機雲、と言われるとそうなのですが・・・自然や山は全く同じ景色はないと思っています。昨年の新緑や紅葉、この前の虹、昨日の夕焼け、今日の空。自然との出会いはまさに一期一会です。新型コロナウイルスによる影響は落ち着つくようすがまだ見えず、これまでのように強く¨ぜひ来てください!¨とお伝えしづらいことが残念です。みなさんが気兼ねなく南アルプスに来られる日が早く来ますように!

ページ先頭へ↑

2021年04月29日【お知らせ】バーチャル写真展

秩父多摩甲斐国立公園 小林真弥美

みなさん、お久しぶりです。

奥多摩自然保護官事務所の小林です。

令和2年度のアクティブ・レンジャー写真展について、

本来なら3月に奥多摩ビジターセンターで開催する予定だったのですが、

新型コロナウイルスの影響により、ビジターセンターの閉館が続いたため、

ずっと開催できずにいました。

で!す!が!

場所を変えて、やっと開催できることになりました!!

場所は埼玉県にある、三峰ビジターセンター内で開催します!

三峰神社のすぐそばにあります。

さらに、昨年の冬に新宿御苑で行った、

「秩父多摩甲斐国立公園70周年記念写真展」の写真も同時に展示しちゃいます!!

さてさて!

秩父にも新宿にも遠くて行けない、、外出自粛要請で県外へ出られない、、という方!

最終兵器をご用意致しました。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

https://youtu.be/Kk0EXrcWT80

データ通信量が増えますが、是非画質設定を720pか1080pにして見て下さい!

※パソコンで見ると、画像がスムーズに再生されない場合があるので、スマートフォン等で見ることを

オススメします。

奥多摩ビジターセンターのYoutubeチャンネルをお借りして、

「バーチャル写真展」を開催中です。

本当は実際の写真をじっくり見て頂きたいですが、小さい画面でも想いは伝えられる!

アクティブレンジャーが残したい自然、伝えたい魅力を、写真で伝えております。

お気に入りの写真をスクリーンショットして待ち受けにしてはどうでしょうか?

それでは会場、画面、それぞれでお楽しみ下さい。

ページ先頭へ↑

2021年04月28日2021年も野生下のトキのヒナ誕生!

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

佐渡では、田植え前の水田に水が張られ、水鏡に写る大佐渡山地が大変美しい季節になりました。

4月26日(月)、野生下のトキたちからヒナが誕生していることが分かりました。

<ヒナに餌を与える親鳥 2021/4/26撮影>

私たち佐渡のアクティブ・レンジャーはトキの子育てに影響のない離れた場所から観察を行っています。

具体的には、トキの巣がある林の外から、葉と葉の隙間をぬって覗くようにして巣とヒナの様子を確認します。

<木々の隙間から見えるトキとトキの巣 2021/4/26撮影>

巣は浅いお椀状に中央がくぼんでいるため、ヒナがいてもなかなか見えません。

親鳥がヒナに餌を与えようとすると、ヒナがくびを伸ばして親鳥に近付きます。そのときに初めて巣からヒナの頭が見えます。

<ヒナに餌を与える親鳥 2021/4/26撮影>

今季最初のヒナ誕生を確認したペアは、飼育繁殖で増やして放鳥したトキではなく、佐渡の自然界で誕生した野生のトキたちでした。

佐渡には、トキの餌場となる生きもの豊富な水田、ねぐらや営巣場所となる林が存在します。こうした佐渡の里山環境がトキをはぐくみ、トキの命をつないでいます。

今後の他のペアのふ化も期待しつつ観察を続けます。

ページ先頭へ↑

2021年04月27日【小笠原】小笠原の生態系を守るために

小笠原国立公園 坂田彩

みなさんこんにちは。

小笠原の坂田です♪

だんだん日差しが強くなり、海に入りたい!!と思う季節が早くも訪れています。

【△昨年天気の良い日によく泳いでいた大村海岸(前浜)】

小笠原には通常一般の方が立ち入らない無人島が数多くあります。

その中でも兄島は、今も多くの固有の動植物が生息する小笠原固有種の宝庫です。

そのため、その生態系を守る活動が盛んな場所でもあり、そこには日々動植物の調査や、外来種の対策等、小笠原の固有種を守るために働いている方たちがいます。

【左上:コヘラナレン 右上:ヒメカタゾウムシ】

【左下:オガサワラハンミョウ 右下:アニジマカタマイマイ】

彼らの仕事場は無人島!!

無人島は救急車がすぐに来られる場所ではないので、安全面に関する配慮が必要です。

また、島に入る際には外来種を持ち込まないように、島内では在来種への様々な配慮も大切です。

今回は、無人島で働く方々を対象に定期的に実施されている、安全管理・環境配慮講習に参加してきました。

今年も去年に引き続き、コロナ対策や現場での実践を意識して実際に兄島での講習です。

【△出発前の全体ミーティングの様子】

【△ロープ場では前後の人が安全確認!!】

【△途中の台地上で解説中】

途中で固有の生き物の解説なども交えながら、実際に島内のルートを歩き、現場でどのようなことに配慮・注意が必要か確認していきます。

普段から様々な業務で無人島へ入っていく私たち。

日々実施している環境配慮や安全管理も、改めて確認することはとても大切なことですね。

"一人一人の意識や行動がこの固有種の宝庫を守ることにつながっている"

このことを忘れずに行動していきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2021年04月27日仙石原湿原のニホンジカ対策

富士箱根伊豆国立公園 箱根 高木俊哉

AR日記をご覧の皆さま、こんにちは。

箱根事務所の高木です。

最近は暖かい日が続いています。

動物達もすでに活動を始めていますが、事務所の周りではこんな光景が広がっています。

このめちゃめちゃに掘り返したような跡はイノシシでしょう。

穴の深さは30cm以上もあり、他には木の根が浮いていたり歩道に土が溢れ出たりしている箇所もありました。

ビジターセンターも隣接していて昼間は人の営みがあるこの場所でも、こんなにも色濃く痕跡があることを考えると少し怖く感じます(ビジターセンターではイノシシとの遭遇に対して注意喚起を行っています)。

さて、動物の問題と言えば、箱根地域では仙石原湿原を守るために植生保護柵が設置されています。

シカなどによる採食や踏みつけによって、トキソウやモウセンゴケなど希少な湿原性植物を絶やしてしまわない様に、湿原を管理するための金網が仙石原の植生保護柵=シカ柵なのです。

現在は一部区間で未設置となっていますが、今後は柵を増設して湿原を一周させ完全に内部への侵入を防ぐものとする計画になっています。

このシカ柵の点検と補修を先日実施しましたので、ここでお話をさせて頂きます。

まずは現在のシカ柵の様子から。

支柱を軸として金網のパネルを連結させてあり、また柵下部には(写真では確認できませんが)スカートの様に斜めに張ったスカート部があります(スカート部によって水平面積を増やすことで、シカを寄せ付けにくくするという効果もあるようです)。

▲柵の様子(柵奥側が仙石原湿原内)

写真中央の柵が大きくへこんでしまっています。

これは恐らくシカによるアタック(衝突)が原因と考えられます。

好んでアタックをしているわけでは無いでしょうが、箱根地域で増えつつあるシカも自然の中で移動をするためにこの経路は避けて通れないのかもしれません。

それを裏付ける様に、付近の山と行き来する様子がモニタリング用に設置しているセンサーカメラで撮影されています。

▲仙石原湿原内で撮影されたニホンジカ

こちらは今回の点検で最も破損のひどかった金網を上から撮影した写真です。

衝撃で柵の針金の溶接が外れてしまっています。

1回のアタックでこのようになったわけでは無いと思いますが、その衝撃の大きさを物語っています。

このような破損は、溶接が外れて防護の機能を失った金網の隙間から動物が侵入することに繋がってしまいます。

そのため、今回は新しく溶接ではなく針金をクルクルと回し、撚った様に作られている金網を試験的に設置してみました。効果のほどはまだわかりませんが、柵そのものの破損が少なくなるよう期待をしています。

▲撚って合わされた針金

ところ変わって、南アルプス国立公園内(北岳や仙丈ヶ岳など一部の地域)では、ポリエチレン素材のネットを使用している様です(とは言っても、ステンレス線も編み込まれているので噛みちぎることが出来ない対策を取っています!)。

一口にシカ柵と言っても、設置の方法や素材等色々なものがあり、状況に合わせたシカ柵を作ることが大事だと言えそうです。

(関連記事はこちら:南アルプスとニホンジカ問題 その3

ページ先頭へ↑

2021年04月27日春の訪れ 東海自然歩道

富士箱根伊豆国立公園 沼津 刑部美鈴

こんにちは!沼津管理官事務所の刑部です。

今年は全国的に桜の開花が早く、富士山地域でも例年より早く桜が咲きました。あっという間に春が来て終わっていくような感じがしますが、桜が咲いているのを見ると毎年四季のはっきりした国にいることの素晴らしさを感じます。

春は里だけでなく山にも桜にツツジ、新緑と色鮮やかな季節で山に登るのが楽しくなる季節ですね。ふと足下や上を見上げると普段気づかなかった物に目がいく楽しい季節でもあり、花粉がなければ一段と素晴らしい季節だと思います。

【今回ご紹介する東海自然歩道の豆桜】

今回は東海自然歩道と、そこからもアクセスできる竜ヶ岳をご紹介しようと思います。

東海自然歩道とは→http://www.tokai-walk.jp/about.html

東海自然歩道は自然に触れ、貴重な文化財に出会うことを条件に選定された総延長1697.2 kmにも及ぶ長距離自然歩道です。

今回ご紹介する場所は東海自然歩道の一部で山梨県と静岡県の県境に位置している青丸で

囲ってある場所です。

▲資料:東海自然歩道連絡協会公式HPより抜粋 (http://www.tokai-walk.jp/)

所処このような木橋や階段が有り整備された登山道になっていて、アップダウンはほとんどありません。

景色を見ながら歩く、というよりは林の中を歩くといった方がイメージに近く森林浴を楽しめます。

▲所処新芽が出ており春を感じました

東海自然歩道から外れ、端足峠に向かい登山道を上がっていくと竜ヶ岳につきます。

竜ヶ岳は1485mの静岡県と山梨県の県境にある山で時期によってはダイヤモンド富士が見られます。途中笹の登山道を上がりますが、端足峠まで上がってしまえば景色を見ながら歩くこともできますし、山頂からの富士山の眺めや南アルプスの眺めは非常に美しいです。

【竜ヶ岳山頂より】

竜ヶ岳は山梨県の本栖湖側からも登山道が有り、そちらからも登ることができます。体力に自信のない方は歩行時間が短くなるので、本栖湖側から上がってみるのもよいかもしれません。

【竜ヶ岳山頂手前より南アルプス】

なかなかコロナの影響で自由に移動することもはばかられるようになっていますが、是非山だけでなく、街で咲く花や通勤路の足下の草花からも春を感じてみてください!

▲カタクリ

ページ先頭へ↑

2021年04月27日箱根外輪山ハイキングコース(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 山口光子

皆さん、こんにちは。

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の山口です。

新年度もよろしくお願い致します。

とても良い季節がやってきましたが、4月中旬になって、箱根がある神奈川県では「まん延防止等重点措置」が適用されました。まずは新型コロナウイルス感染症がこれ以上広がらないように、感染症予防対策にご協力下さい。AR日記をご覧の皆さんは、巡視風景の写真にてこの春を感じていただければ幸いです。

今回は、箱根外輪山ハイキングコース【湖尻峠~山伏峠】についてです。

令和元年秋の台風被害で起きた崩落部の補修が完了し、【湖尻峠~山伏峠】間が1年半ぶりに歩けるようになりました。そこで3月下旬、歩道管理の神奈川県自然環境保全センターの方と一緒に、合同巡視を実施しました。

【海ノ平からの富士山 向かって左に南アルプスが見えます】

前半は、箱根外輪山の稜線を歩きながら、富士山を眺められる素晴らしいコースです。左側には南アルプスもうっすら見えています。この南アルプス、箱根の北側にある明神ヶ岳からは、富士山の右側に見えます。業務でよく明神ヶ岳に登る高木ARからは、不思議な眺めだと感想がありました。

足元を見ると、春の花も咲き初めており、とても可愛らしい花々に出会えました。

【ナガバノスミレサイシン】

【ハナネコノメ】

このコースの見所は、富士山と花々だけではありません。

道中、アカガシとブナの林の中を、歩くことが出来ます。

【ブナの巨樹 人と大きさを比べて下さい】

芽吹き間近のブナの巨樹たちが、とても印象に残った巡視になりました。もうすぐ見られる若葉の新緑が、楽しみに感じて仕方がありません。崩落前には「箱根地域親しむ運動」でハイキングコースとして使われていた理由がよく分かりました。

もちろん、崩落部の補修もしっかりと行われていました。

【崩落部を渡る木道が設置されていました】

補修が完了した登山道も使い、箱根峠パーキングから、湖尻水門まで約6時間の道のりを歩くことができます。ただし、いざ歩くとなると、このコースは途中バス等を利用することが出来ないため、ロングコースになります。利用の際には登山靴やしっかりとした山歩きの準備を行う必要がありますので、ご注意下さい。

駐車場は箱根町港の無料パーキングを使うことをおすすめします。箱根峠まではバスで10分の移動時間です。帰りは桃源台駅から海賊船で芦ノ湖クルージングを楽しんで箱根町港に戻ることができます。

「まん延防止等重点措置」が解除された後には、このようなコースで箱根の外輪山に挑戦してみてはいかがでしょう。お休み中にご自宅にて計画を良く練っていただき、準備万端で後日挑戦してみてください。

ページ先頭へ↑

2021年04月22日『伊豆半島』は開花ラッシュ

富士箱根伊豆国立公園 沼津 山田優子

みなさま、こんにちは。沼津管理官事務所の山田です。

外出が気持ちいい季節になりましたね。最近は自転車に興味があり色んな方から情報を聞いて購入を検討しているところです。各地で自転車専用のレーンなどが多く整備されているので、色んな場所を走ってみたいです。

今年度最初の巡視は、金冠山周辺に行って来ました。歩道の入口でウグイスが鳴いていました。この日は自宅でもウグイスの声が外から聞こえていたので、何となく姿が見られるのではないかと思い声のする方を見上げてみると姿を確認することが出来ました!さえずりが聞こえてもなかなか姿を見る事が出来ないので嬉しかったです。


【 金冠山山頂 】

昨年同じ時期に日記で紹介したマメザクラは散り始めていて、歩道が薄ピンク色の絨毯になっていました。時折り吹く風で桜吹雪が舞い、満開の桜もキレイですがこの時期の桜も素敵だなと思いました。少し前の山とは全然違い山全体にたくさんの色が増えています。

独特の香りがして足を止めると、シキミの花が咲いていました。お花を見てもピンとこないかもしれませんが、仏前やお墓参りに持っていく植物としてスーパーなどの生花コーナーで見かけたことがあると思います。シキミは花や実に猛毒があります。「悪しき実」の「あ」が取れてこの名前が付いたという説があります。

【 樒(シキミ)の花 】

椿も見頃を迎えていました。

【 椿 】

散っていないマメザクラを見つけるのも楽しかったです。

【 マメザクラ 】

【 金冠山~真城(さなぎ)峠間の眺望(2021.4.7撮影)

そして、山肌はまだパッチワークになっていました。この時期限定の色合いなので毎年楽しみにしていますが、少しずつずれて咲く桜が今年は一気に開花したのか、いつにも増してどの山も見事なパッチワークでした。これから初夏に向けて山がさらに鮮やかに彩ります。歩道脇の野草も咲き始めていて季節の移り変わりを実感した巡視になりました。

ページ先頭へ↑

2021年04月20日【小笠原】発見!!ラッキーセブン♪

小笠原国立公園 坂田彩

みなさんこんにちは~小笠原の坂田です!!

4月に入り日差しが強く降り注いでいる小笠原では、色々なところで様々な花を楽しむことが出来るようになってきました。

【この時期に良い香りを漂わせるシマギョクシンカ(固有種)】

4月のこの時期、植物の巡視をしているとふわっと香る良いにおい・・・

その正体は白くて綺麗なオガサワラクチナシ!!

【オガサワラクチナシ】※小笠原固有種

保全状況:絶滅危惧Ⅱ類(VU)

分類:アカネ科

生息地:父島・兄島

花期:3月~6月

真っ白な美しい花に出会えるのもタイミングにより、少し時間がたつと黄色みがかって散ってしまいます。

花は儚い美しさがありますね~。

私が見つけたときも一部は散り始めていました。

オガサワラクチナシの花びらは通常6枚ですが、たまに5枚や7枚があるとか・・・・

そんなレアなのに出会えたらラッキーだろうな・・・と思っていた矢先!!

出会ってしまいました!!ラッキーセブン!!

【花びらが7枚のオガサワラクチナシ】

見つけた瞬間幸せを感じました~

こんなちょっとした発見を身近で感じられるのが小笠原!!

今後も小さな幸せをお伝えしていきたいと思います!!

ページ先頭へ↑

2021年04月16日春がダッシュでやってきた!【富士五湖地域】

富士箱根伊豆国立公園 小西 美緒

こんにちは。富士五湖の小西です。2021年度もどうぞよろしくお願いいたします。
(4月の初旬にこの日記を書き始めましたが、他業務で投稿が2週間ほど遅れてしまいました!ネタが少し古くなってしまってすみません・・・・)

3月最後の週末、実家(神奈川県)に帰っていましたが、その頃神奈川県は桜がちょうど満開でした。山梨に戻ってくる際に見えた富士山はその週末の悪天候で山頂がさらに白くなってまだまだ冬の装いでした。


新雪をかぶった富士山(3月29日)*
(*インターネット自然研究所(富士山北麓フラックス観測サイト)映像を使用)

それを見て、

『AR日記に「富士五湖の春はまだまだです!」と書こう・・・』

と思っていたら!なんと富士五湖地域でもその数日後には桜があっという間に咲き始めました!

例年であれば今頃が咲き始めるので、2週間ほど早い開花な上、様々な花が競うように咲き出し、いつもならソメイヨシノより後に咲く山梨県花でもあるフジザクラも一気に花開き、春がまさにダッシュで来たようでした。


富士五湖の春を彩る代表的な花 ミツバツツジ(左)とフジザクラ(右)(4月16日撮影)



すでに散ってしまっている場所が多くなってきましたが、富士山のすそ野に位置している富士北麓のいい点は、標高に合わせて花期が移動していくので長く楽しめるところです。

標高の高い場所ではまだ楽しめますので、富士五湖地域でのお花見をお考えのみなさん、今年はお急ぎください!


桜の人気スポット。奥に富士山見えてます!(忍野村新名庄川*国立公園外)(4月12日撮影)


標高1100mはちょうど満開でした!(創造の森周辺)(4月15日撮影)

●桜開花情報●
 富士吉田市内 開花情報
 https://fujiyoshida.net/feature/sakurakaika/sakurakaika(富士吉田市観光ガイド)
●イベント情報●
 新倉山浅間公園さくらまつり:43日~18日(すでに葉桜のようです)
 https://fujiyoshida.net/feature/sakura/index(富士吉田市観光ガイド)
 ふじざくら祭り:4月19日~5月2日(予定)
 https://fujiyoshida.net/event/142(富士吉田市観光ガイド)

 *イベントは新型コロナの状況等により中止になる場合もありますので、最新の情報をご確認ください


この地域でもここのところ新型コロナ感染者が増えてきています。お越しの際は感染予防対策をお願いします。また、都道府県をまたぐ移動においても、各自治体の情報を確認し、責任ある行動をお願いします。


ページ先頭へ↑

ページ先頭へ