種の保存法の申請・届出

「国内希少野生動植物種」に定められた種の、生きている個体を捕獲したり、採取することは、

学術研究・生息状況調査などの特別な場合を除き、禁止されています。

学術研究・生息状況調査などの目的で捕獲や採取を行う場合は、環境大臣の許可又は届出が必要です。

「生息地等保護区」として国内希少野生動植物種の生息・生育地を保護している場所では、

各種の開発行為が規制されています。

各種の開発行為を行う場合は、環境大臣の許可又は届出が必要です。

申請があった場合は、法律などに基づく基準に照らして審査が行われます。

審査の結果が出るまでの期間は行為の内容によって異なりますが、概ね1ヶ月です。

希少な野生動植物種の保全

 特定国内種事業の届出について

特定国内種事業を行おうとする者は、関東地方環境事務所及び農林水産大臣への事前の届出が

義務付けられています。

記載例を参考に特定国内種事業届出書に必要事項を記入し、郵送してください。

届出書 :特定国内種事業届出書.doc

記載例:繁殖する場合の記載例.doc

   :繁殖しない(流通のみ)場合の記載例.doc

郵送先:〒330-9720 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館6階

関東地方環境事務所 野生生物課 宛

  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ