トピックス(2014年4月〜2015年3月)

2014年12月16日

報道発表:指定80周年記念特別企画シンポジウム「国立公園の成り立ちと感性的経験 観光美学の展開に向けて」の開催について(お知らせ)

平成26年12月16日(火)
環境省日光自然環境事務所
TEL:0288-54-1076
担当:津田 麻子

 小杉放菴記念日光美術館に所蔵されている「国立公園絵画」は、今から80年前に指定された国立公園の制度の啓発を図るために、候補地を絵画で紹介する展覧会を開催しようと計画したことを契機に制作が始まりました。当時の自然保護の機運が、美術の在り方と密接に関係していたことが伺えます。
 日光国立公園が今年指定80周年を迎えることを記念して、今回のシンポジウムでは、自然を保護しようとする人々の思いが、景勝地で観光を楽しみ、さらにはその優れた風景を記録し、独自の表現で造形化された作品を鑑賞する行為とどのようにつながるのかという問題を、人間の感性的経験をキーワードに美学的観点から語り合います。

1.日時

2014年12月21日(日)13:30~15:30

2.会場

小杉放菴記念日光美術館 エントランスホール
(日光市山内2388-3)

3.パネリスト

津上 英輔(成城大学文芸学部教授)
早川 恭只(大学非常勤講師/美学者)
内野 博子(大学非常勤講師/美学者)
小河原 あや(大学非常勤講師/美学者)

4.参加料

美術館の入館料のみで参加できます

5.入館料

一般 720(640)円
大学生510(460)円
高校生以下は無料
()内は20名以上の団体割引料金

6.参加方法

電話にて申込
小杉放菴記念日光美術館 庶務課 0288-50-1200

7.主催

環境省日光自然環境事務所
公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館

8.後援

一般社団法人 日光市観光協会

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ