トピックス(2015年4月〜2016年3月)

2015年04月27日

第2回小笠原諸島ネズミ対策検証委員会の開催について

 世界自然遺産でもある小笠原諸島では、外来ネズミ類が陸産貝類(カタツムリ)等の固有種を含む生態系に大きな影響を及ぼしているため、平成19年より関係機関により外来ネズミ類の駆除事業が進められてきました。

 この中で、関東地方環境事務所では、平成20年度より、父島列島・聟島列島の属島(無人島)等で、殺鼠剤の空中散布による駆除事業を進めており、平成26年度においても、父島列島・兄島(無人島)において実施しようとしたところ、事業内容への懸念や説明不足であること、また、過去の事業による環境影響の再評価の必要性について地域の方々から指摘され、さらに、これまでの殺鼠剤の安全性評価のために作成した資料の数値に誤りがあることが判明しました。このため、予定していた事業をとり止めるとともに、過去の事業の実施に至る経緯及び環境影響について検証し、今後の対策にむけた助言を得るための専門家による委員会を平成27年3月より設置しています。その第2回会合を下記のとおり開催することとなりましたのでお知らせします。

第2回小笠原諸島ネズミ対策検証委員会

●日時:

平成27年5月7日(木)14:00~16:30

●場所:

【さいたま会場】関東地方環境事務所会議室

【父島会場】小笠原村役場会議室

【母島会場】小笠原村役場母島支所

●出席委員:

(座長) 織  朱實  上智大学大学院 教授

大河内 勇  元・独立行政法人森林総合研究所 理事

白石 寛明  独立行政法人国立環境研究所 フェロー

渡邊 裕純  東京農工大学 農学研究院 教授

●主な議題:

  1. 1)第1回検証委員会を踏まえた進め方について
  2. 2)平成21年度に実施した殺鼠剤散布事業の環境影響等
  3. 3)平成26年度に予定した殺鼠剤空中散布事業の中止に至る経緯
  4. 4) ベイトステーションによる環境影響について 等

●その他 

  • ・会議は公開で開催されます。
  • ・さいたま会場にて取材・傍聴をご希望の方は、以下の登録受付先にお名前・所属・連絡先をご連絡下さい。
     登録受付先:一般財団法人 日本環境衛生センター 担当:數間(かずま)
     電話 044-288-4878 FAX 044-288-5016
     登録受付は5月1日(金)12時で締め切ります。申込者数が多い場合は、会場の都合により受付期限よりも前に締め切る場合があります。
  • ・(報道機関の方へ)撮影は冒頭のみとさせて頂きます。
  • ・なお、父島、母島での傍聴も可能です。ご希望の方は、以下までご連絡下さい(ただし、機材の不具合で当日繋がらない等の不測の事態となる可 能性もあることをご了承ください)。
     連絡先:小笠原自然保護官事務所 担当:山下
         電話 04998-2-7174

連絡先

関東地方環境事務所

 国立公園・保全整備課

担当:中島・千田(ちだ)

電話: 048-600-0816


第2回結果報告はこちら

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ