トピックス(2016年4月〜2017年3月)

2017年02月03日

【報道発表】平成28年度 尾瀬国立公園入山者数について

平成29年2月3日(金)

関東地方環境事務所
国立公園課長 松本 英昭
担当 (群馬県域) 片品自然保護官 牧野 友香
Tel:0278-58-9145
(福島県域)檜枝岐自然保護官 市塚 友香
Tel:0241-75-7301

 関東地方環境事務所では、尾瀬国立公園の入山者数の動向を把握するため、主要な入山口に登山者カウンターを設置し、入山者数を算出しております。
 この度、平成28年度の入山者数の結果をとりまとめましたので
お知らせいたします。

1.入山者数

 平成28年度尾瀬国立公園への入山者数は約291,860人(対前年比89.5%)、そのうち、尾瀬地域(*)への入山者数は約274,910人(対前年比89.6%)でともに前年を下回った。
 今年度の入山者数に影響を与えうる要因として、過去数十年間例のないほどの少雪の影響等により、夏季に見頃を迎える湿原植物の開花時期がずれたことや、8月9月の週末の台風の接近にともなう悪天候の影響により、入山者が減少したことが考えられる。((*)尾瀬ヶ原・尾瀬沼)

2.入山口毎の入山者数割合

 最も入山者数が多かった入山口は、尾瀬ヶ原に入る鳩待口(尾瀬ヶ原方面)の約59%で、次いで沼山口の約19%となった。鳩待口の全体に占める入山者数割合は昨年度より微減しており、一方、沼山口は、今年は少雪のため御池沼山間車道が例年よりも早く、4月29日から開通したことなど(※)により、入山者数割合が増加した。
 その他、猿倉口、馬坂口は入山者数割合が増加した。
(※)平成27年5月21日~7月17日は道路崩壊のため一時通行止め及び通行規制を実施

3.月別入山者数割合

 少雪の影響により、ミズバショウの見頃が早まるなどしたため、前年に比べると5月の入山者数が増加し6月から7月にかけて入山者数は減少したものの、シーズンを通した入山者数割合は、例年どおり6月7月で半数を占めた。
 ただし、例年各入山口のカウンターは尾瀬山開き前後の5月中旬から設置しているため、5月全体の入山者数の動向は不明。

4.曜日別の入山者数割合(尾瀬地域のみ)

 土日に入山する割合は約46.6%で、昨年度に比べ増加した。

  

5.資料

平成28年度 尾瀬国立公園 入山者数 「表とグラフ」(PDF 373KB)
登山者カウンター設置場所(PDF 636KB)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 関東地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
GEOC(リンク)
エコアクション21(リンク)
エコドライブ普及推進ポータルサイト(リンク)
ページ先頭へ