関東地域のアイコン

関東地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

冬の里山

2022年02月25日

みなさん、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の右田です。

今年も大雪に見舞われ大変な思いをされている地域の方も多いかと思います。

佐渡はというと新潟の山間部ほどの積雪量はないので、私もなんとか佐渡の冬一年目を過ごしています。

事務所の屋根に積もった雪は、融けて凍ってを繰り返して長い長いツララになっています。

さて、最近のトキの様子ですが、繁殖期が近づきペアでの行動が見られるようになってきました。とはいうものの、群れ行動の時期が終わり、少数で行動していることに加え、田んぼでは雪や氷で餌が採りづらいため、今は水路などの凍っていない場所で採餌することが多く、すっかりトキの姿を見る機会が減りました。

その代わり、雪上ではこの時期、様々な生き物の痕跡、そう足跡をみつけることができます。

今回は雪上の足跡コレクションをお届けします。

まずは、トキの足跡から。大きさは10cmを少し超えるくらいです。

写真ではわかりづらいですが、場所は田んぼの畦で、傾斜のきつい斜面です。かなり歩幅もせまく慎重におりている様子が目に浮かびます。

次は大きさ約7~8cmの足跡です。

トキより少し小さい脚で、急ぎ足の様子。

この足跡の持ち主は、キジです。

農道から出てきて私の目の前をとことこ横切り、隣の田んぼで餌を食べていました。

次の2つの足跡は、何の足跡か分かりますか?左の方が少し小さく、右のものは大きめです。

答えはタヌキとテンの足跡。左がタヌキ。右がテンです。

拡大すると違いがよくわかります。

 

タヌキの足跡は、大きさ5cm弱。指の数は4本です。

そしてこちらがテンの足跡。

テンの足跡はタヌキより少し大きく、約5cm~10cm程度で、指が5本あるのが特徴です。(歩行、走行、速歩といった移動スピードの違いによっても足跡の並びが変わります)

テンの足跡の近くには、別の足跡も残されていました。

佐渡の固有種、サドノウサギの足跡です。

前足は4cmくらい、後ろ足は10~13cmくらいで、前足を出した後に、その前方に後ろ足を着地して走ります。

先日、朝出勤した際に、事務所前を駆け抜けるサドノウサギ、それを追うテンを目撃しました。ちなみに、テンはトキの天敵でもあります。

最後にとてもにぎやかな足跡をご覧ください。

田んぼ脇の農道の様子です。

左からタヌキ、キジ、人、サドノウサギの足跡です。同じ場所に暮らし、同じ道を通っているのがわかります。

生き物と人が共生している冬の里山ならではの光景に、思わず笑顔になりました。