ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年01月27日箱根の雪と仙石原湿原植生復元区の火入れ

富士箱根伊豆国立公園 山口光子

皆さん、こんにちは。

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の山口です。

年末のクリスマス寒波では、箱根はかなり冷え込みました。そして、写真の様なものが観察されました。

【氷華】

氷華(こおりのはな、ひょうか)は、シソ科の植物で時折観察できる現象です。一見枯れた植物でも実は地中で根が生きており、枯れた茎の道管に水が吸い上げられ、その水分が凍ってこの氷華が現れます。最近はシモバシラという植物で氷華が観察できることが有名になりましたが、条件がそろえば箱根でもヤマハッカなどのシソ科植物で観察できることが分かりました。とにかく今年の箱根は寒いです。

2022年、新年早々には雪が積もりました。

【事務所の看板の積雪】

あっという間に溶けてしまいましたが、立ち往生など交通機関の麻痺が各所で発生しました。冬場の箱根は、実はタイヤチェーンや冬用タイヤの備えが必須です。都心から近くても油断はできませんのでご注意ください。

【箱根ビジターセンター駐車場】

そんな冬の最中、仙石原にある箱根湿生花園の火入れ作業が今年も実施されました。

【火入れ作業の様子】

箱根湿生花園に隣接する特別保護地区「仙石原湿原」の植物群落の復元を目指して、毎年この作業は行われています。火入れをして背丈の長い植物を除去すると、湿原性植物に日の光がよく当たり、成長を促せるという作業です。昨年、根元の氷が火入れ後にも溶けていなかったことから、(昨年のAR日記参照:http://kanto.env.go.jp/blog/2021/02/post-1006.html)地表近くの植物に影響が少ないことを実感していましたが、なんと今年は火入れ後の地面からネズミと思われるほ乳類が現れました。しばらくあたりを移動すると、また地面に戻っていきました。種類までは判別できず、写真に撮ることも出来ませんでしたが、ほ乳類も地中で炎をやり過ごせるのだと感じた出来事でした。

【ネズミが現れた、火入れ後の植生復元区】

今年もきれいに焼けました。これからの湿原性植物の成長が楽しみです。暖かい春に期待をして待ちましょう。

ページ先頭へ↑

2022年01月24日雪の上だと全部が丸分かり (伊豆諸島地域)

富士箱根伊豆国立公園 伊豆諸島 小野可蓮

こんにちは。鳥と花が好きな小野可蓮です。

気付けば昨年の2月に着任してから1年が経とうとしています。

AR日記を読んでくださっているみなさま!いつもありがとうございます。

2022年も伊豆諸島についていっぱい紹介するので、どうかお付き合いくださいませ~!

伊豆大島に住んでいて、冬場によく聞かれる(言われる)こと。

それは大島での冬は寒いか否かについてです! 

「大島はなんだか寒そう~」「大島は(島だし)そんなに寒くないんでしょ~」

色々と言われますが、実際のところは、「まあまあ寒い」です(笑)

本土と比べれば、寒暖差が少なく過ごしやすい日も多い反面、風が強過ぎて参りそうになることもあります。

この冬大島では、12月末から1月上旬にかけて、3,4回も雪が降りました。

「降っても年に1,2回」と地元の方々から聞いていたので驚きました。

今年は雪見られるかな~と淡い期待を抱いていただけだったのですが、昨日も含め、何回も降ってくれています。

▲ 裏砂漠入口 奥に見えるのが三原山 あまり日の当たらない箇所だけ雪が残っていた

大島で初めて見る雪。

黒い溶岩の上だと雪の白もこんなに映えるのですね。

当たり前ではありますが、やはり実際に見てみると「おおお」となりました。

この日(202217日)行った裏砂漠はとにかく静かでした。

でも鳥達が元気そうに活動していたのが印象に残っています。

雪が降った後の晴れの日は、食料を集めるのに大忙しだったのでしょうか。

裏砂漠の入口から進んでいくと、直ぐに足跡を見つけました。

▲ 動物の足跡がくっきりと

さてこの足跡を残していったのは誰でしょう???

その前に、大島に生息する哺乳類を一部紹介しておくとします。

在来種はアカネズミ、オオシマイタチ、キクガシラコウモリなど。

外来種はキョン、タイワンザル、タイワンリスなどがいます。

足跡を識別するためどんなところに着目しているかというと、、、?

・爪の跡が残っているかどうか

・肉球の数、形、大きさ

・歩幅

などなどです。

▲ 動物の足跡の横に人の足跡 大きさや歩幅などを参考に

この足跡、爪の跡はしっかり残っていて、肉球は5個、歩幅は足跡が4つ重なったものが一定の間隔でありました。

あった場所は裏砂漠。

その二つの情報からして、オオシマイタチでないかなと思いました。

足跡と足跡の間隔が広いのは、歩くようにではなく、走るように、もしくは飛ぶように移動している、ということです。

実際に裏砂漠付近ではよく日没頃などオオシマイタチを見かけています。

しばらくするとこんなものも。

(食事中の方は閲覧注意)

▲ 足跡、糞、尿

マーキングですかね?

雪があるとなんでもかんでも跡が残る。

そう、「雪の上だと全部が丸分かり」です。

ここにいた!というのが分かるのは嬉しいですよね。

そこからまた、オスかメスか、何匹くらいいるのか、裏砂漠周辺では何を食べているのか、などなど考え出すと止まりません(笑)

三原山の方にも少し雪が残っていました。

▲ 裏砂漠から見た三原山 (過去に三原山で雪が積もった時の様子はこちらから)

また雪、降るかな?

ちなみに、過去の記事にもあったように、冬場はハギマシコが種子を目当てに三原山や裏砂漠を訪れるようです。

まだカメラには収められていませんが、声+姿は確認できました。

かすかに「チュチュ」と聞こえてきたと思うとすぐ飛んで行ってしまい、中々近付かせてくれません。

今回の記事では大島の冬について紹介しました。

地元で採れる冬の食材が沢山出回り幸せな季節です(ブロッコリー、大根、白菜、じゃがいも、キャベツ、カリフラワー、さつまいも、苺など)。

椿も丁度見頃で、シチトウメジロが飛び回っている姿をよく見かけます。

また、状況が落ち着きましたら、みなさまも伊豆諸島の冬を満喫しに遊びにいらしてくださいね!

【ご注意ください】

伊豆諸島では、自治体ごとに来島のガイドラインを掲げ、島内での感染拡大防止への協力を求めています(2022121日現在)。伊豆諸島へ旅行を計画されている方は、自治体や観光協会のホームページで来島のガイドラインをよく読み、最新の情報を必ず確認してください。

ページ先頭へ↑

2022年01月21日天城山『八丁池』の全面結氷

富士箱根伊豆国立公園 沼津 山田優子

みなさま、こんにちは。沼津管理官事務所の山田です。本年もよろしくお願いいたします。

気がつけば新しい年になって1ヶ月が過ぎようとしています。今年の目標を何となく頭に浮かべながら決めきらず月日が流れていってしまいましたが、節分までには決めたいと思います。2022年いい年になるといいですね。

さて、今年初の日記では天城山にある八丁池が全面結氷していたので紹介したいと思います。

天城山とは、東は遠笠山から万二郎岳(標高1,299m)、伊豆半島の最高峰の万三郎岳(標高1,406m)など伊豆半島のほぼ中心を東西に貫く連山の総称です。天城山は年間を通して雨が多く、年間降水量は4,000㎜を超える多雨地帯で、苔や樹木が育つ最適な環境です。私が巡視に行った日も、近隣の市町は晴れていましたが、天城山では時折玉雪が舞っていました。積もった雪はクッションの中身の発泡ビーズのようにまん丸で可愛かったです。(以下全ての紹介写真はクリックで拡大出来ます。)

【 積もった玉雪 】

八丁池は標高1,173mにある池で、「天城の瞳」の愛称で呼ばれています。池の周囲が八丁(870)あることから名付けられたと言われていますが、実際は580mほどしかないそうです。

池の色は天気や季節によって違う色に見えます。天然記念物の「モリアオガエル」産卵地としても知られていて、昨年も梅雨頃にたくさんの卵を確認出来ました。池の周りは「モリアオガエル」の保護のため、半周ほどで通行止めになっています。

何度か冬に八丁池を訪れていますが、全面結氷は久しぶりに見ました。昨年も同じ頃に巡視で行きましたが一部結氷のみ、一昨年は全く凍っていませんでした。年に数回ある全面結氷ですが、今年は気温が低く長い間見る事が出来そうです。

【 全面結氷の八丁池 (2022.1.19撮影)


【 八丁池様子(2022.1.19撮影)


【 八丁池様子一部結氷(2021.1.6撮影) 】 【 八丁池様子(2020.1.14撮影) 】

色の少ない歩道を歩いていて、遠くに雪が積もった木があるなと思い近づくと、ミツマタの花の蕾でした。冬の登山は植物が少なく寂しい気もしますが、落葉した木々の上の鳥がよく見えたり、地面を覆う植物が少ないので、長い間動物の姿を観察できたりします。自分の歩く音以外の音に耳を澄ましてみて下さい。何か発見出来るかもしれませんよ。

【 ミツマタの蕾 】

--お知らせ---------

旧天城トンネル(天城山隧道)入口公衆トイレ、天城高原ハイカー駐車場トイレは凍結の為、3月中旬まで  使用できません。八丁池公衆トイレは冬季専用のみ使用できます。

天城峠バス停から旧天城トンネルへの登山道は周辺工事の為現在通行出来ません。

-------------------------

◆おまけ◆ 「シカはどこ!?」

上の写真にシカがいます。どこにいるでしょうか?難易度★かなり簡単です。クリック拡大で探してみて下さい。*答えは一番下に↓

「シカはどこ!?」答え、真ん中にいました。

森と同じような色合いで一瞬分かりませんでしたが、枝が折れたような音が聞こえたので見てみると、木の後ろからじっとこちらを見ていました。皆さん分かりましたか?

ページ先頭へ↑

2022年01月07日今年度、最後の南アルプス国立公園写真展開催中!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、新年明けましておめでとうございます。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。本年もよろしくお願いします。

さっそくですが、写真展のご案内です。1月7日より南アルプス市芦安山岳館の無料エリアにて、「環境省 南アルプス国立公園写真展」を開催しています。

開催場所:南アルプス市芦安山岳館 無料エリア

     (南アルプス市芦安芦倉1570)

開催期間:1月7日(金) ~ 30日(日)※休館日/水曜日

開館時間:午前9時~午後5時

アクセス:中部横断自動車道白根ICより約30

4月から始まった「環境省 南アルプス国立公園写真展」も7会場目になり、今年度の開催は本会場が最後になりました。今回は氷河地形やライチョウのほかに、積雪期の白い南アルプスの写真も展示しています。また、南アルプス国立公園でくらす生きものや地質・文化の紹介、ニホンジカ問題についても取り上げています。

今回、アンケートにご協力いただいた方へのノベルティは南アルプス国立公園オリジナルコースターです。ライチョウ、キタダケソウ、ヤマトイワナ、南アルプス国立公園シンボルマークの印が押されています。数に限りがありますので、立ち寄られた際はぜひアンケートにご協力をお願いします。

南アルプス市芦安山岳館は、山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としており、無料エリアでは写真展のほかに、豊富な山岳図書を読んだり、北岳ライブカメラの映像を大きなスクリーンで見ることができます。

△午前中はガスガス+雪が舞っていましたが、夕方にはほんの少し青空が!

山に登らなくても南アルプス国立公園の景色を堪能できます♪

有料エリアでは常設展示があるほか、現在は企画展も開催中です。詳しくは南アルプス市芦安山岳館ホームページをチェックしてください。 ▶ https://www.minamialps-net.jp/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ