ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

佐渡

115件の記事があります。

2020年08月27日トキかな?サギかな?

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

佐渡でも暑い日が続いていますが、朝晩は気温が下がるようになり、どことなく秋の気配を感じるようになってきました。
野生下のトキは群れでの行動が目立ってきており、今頃から12月頃までがトキを一番観察しやすい季節になります。

▲大勢で食事タイム!

今年の6月に全面オープンした野生トキ観察・展望施設「トキのテラス」から、空を飛んでいるトキを見られるチャンスも増えています。

トキのテラスで作業をしていると、お客さんが「あそこに飛んでいるのはトキじゃない?」「いや、あれはサギだよ」等と話しているのをよく耳にします。

確かに、ダイサギなどの白いサギ類(以下:サギ)とトキは、飛んでいると見分けにくいかもしれません。

▲地面におりていると、その差は一目瞭然なのですが・・・

そこで今回はトキとサギの飛び方の違いをご紹介したいと思います!

さて、次の写真はダイサギとトキがそれぞれ飛んでいる写真です。

飛んでいる姿をよく見比べてみてください。

実は、サギの飛ぶ姿とトキの飛ぶ姿には大きく違うポイントが2つあるのです。

どこが違うかわかりましたか?

ポイント①・・・首に注目!

サギは首がとても長いのですが、飛ぶときは写真のように首を折りたたんでいます。それに対してトキは首を真っ直ぐ伸ばして飛びます。「今日は飛びすぎて首が疲れたわ~」なんて思ったりしないのかな・・・と想像してしまいます。

ポイント②・・・脚に注目!

サギは尾羽よりも脚が長く見えますが、トキの脚は尾羽からほとんど出ません。

あの鳥はトキかな?と思っても後方にスラッと長い脚が見えたら、それはサギです。

▲サギの群れ

▲トキの群れ

慣れてくると遠目でもトキかサギかわかるようになるので、佐渡に来島した際には是非チェックしてみてください!

ページ先頭へ↑

2020年08月21日野生トキ観察・展望施設「トキのテラス」

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

新型コロナウイルスの影響で外出しにくい時期ではありますが、感染予防対策をして供用中の野生トキ観察・展望施設「トキのテラス」を紹介します。

トキのテラスは、佐渡自然保護官事務所へ続く登り坂の途中にあります。

トキのテラスの見所は何より、野生のトキが暮らす佐渡の自然環境が一望できることでしょう。


<トキのテラス屋上からの眺め 2020/08/21撮影>

春は田植え前の水を張った水田が佐渡の山と空を映し出し、夏は青々とした稲が風にそよぎ、秋は黄金色に染まった稲穂が一面に広がり、冬は雪化粧した山と平野がキラキラと輝く、四季折々の美しい景色が楽しめます。

また、屋内観察室では年表や剥製、望遠鏡などの常設展示に加え、最近のトキのねぐら出時間帯や生息数、生息密度マップなどの最新情報の掲示物、トキの野生復帰に関するパンフレットなど、様々な資料を設置しています。


トキについて学んだあとは、ぜひ屋内観察室や屋上から佐渡の景色をのんびり眺めてみてください。しばらく見ていると野生のトキが飛ぶ姿が見られるかもしれません。




<野生トキ観察・展望施設 トキのテラス>

○場所:新潟県佐渡市新穂正明寺1277

○お問い合わせ

 佐渡トキ保護センター 野生復帰ステーション

 TEL:0259-24-6151

○利用時間

 屋内観察室

 4月~11月→9:00~17:00

 12月~3月→9:00~16:00

 屋上テラスは随時利用可能ですが、降雪の状況等により予告なく閉鎖する場合がございます。


※お車でお越しの際は、トキのテラスから坂をさらに登った先にある一般駐車場(無料)をご利用ください。


野生のトキが光をあびて飛ぶ姿は息をのむ美しさです。

皆様がこの景色をご覧いただけることを願っています。

ページ先頭へ↑

2020年07月29日トキの繁殖期が終わりました

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

<佐渡自然保護官事務所敷地内のナラの木にやってきた昆虫たち>

今年の夏は雨が続きますね。

連日、報道で豪雨による被災地の状況を見ますが、心が痛みます。

亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、ご遺族と被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。支援が行き届き、必要が満たされ、1日も早い復旧・復興を心より願っております。

新潟県佐渡市では、7月3日にモニタリング対象となっていた野生下のトキのペアの繁殖が終了しました。

※詳しくはこちら

今期、誕生を確認したヒナの数は83羽。

うち、巣立ちが確認できたのは67羽でした。

誕生したヒナが全て巣立てるわけではありません。

今回の繁殖期間中、私が観察を続けていた巣のうちの1つで、ヒナが動かなくなっているのを確認しました。親鳥がしきりにヒナを羽繕いしますが、全く動きがありません。

3羽いたヒナのうち2羽が巣内で死亡していました。

残る1羽は、見つかりませんでした。

間もなく巣立ちを迎えるはずだったヒナ3羽。

天敵に襲われたようです。

誕生から見守ってきた私には、とても悲しい現実でした。

トキの放鳥が始まって12年。

佐渡では日常的にトキが見られるようになりました。

青空を光を浴びて飛ぶトキ。

彼らの美しさの背景に、厳しい環境を生き抜いてきた強さが見えます。

もしトキを見つけたら、彼らのたどってきた道のりにも思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

大空を飛ぶNo.135。野生下では最高齢の14歳オス。

今年初めて繁殖に成功し、ヒナ1羽を巣立たせました。

私たちが目にする鳥たち1羽1羽にも、多くの試練を乗り越えて今があるのかもしれません。

ページ先頭へ↑

2020年07月17日ミヤマクワガタと本格的な夏の到来

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

新潟県佐渡市では、トキの子育ても終わり、各地で巣立ったトキの幼鳥が確認されています。

<水管橋の手すりにとまる幼鳥2羽>

7月に入ってからも佐渡では長らく雨が続いていましたが、先日ようやくすっきりとした夏らしい暑い日になりました。

そんな天気に誘われてか、佐渡自然保護官事務所の敷地内で、夏を代表する人気者の昆虫が見つかりました。



「ミヤマクワガタ」です。

ミヤマクワガタの漢字表記は「深山鍬形」。

山間部の涼しい場所を主な生息域にしています。

近藤の地元、愛知県の平野で見つかるのはもっぱらノコギリクワガタで、ミヤマクワガタは山深い地域まで遠征しないと捕まえられない珍しい種でした。

しかし、佐渡でよく見かけるのはこのミヤマクワガタ。

佐渡の夏は本州よりも涼しく、適度な湿気もあり、ミヤマクワガタには住みやすい環境のようです。

<よく見ると身体が毛に覆われています>

このミヤマクワガタ、野外で活動する成虫が越冬することはないそうです。

人と比べると大変短い一生ですが、命いっぱい夏を謳歌し、次の世代へ命をつなげていってほしいと思います。

トキやミヤマクワガタのように(同列に扱うにはちょっと無理がありますが)、かつての私にとっては幻のような珍しい生き物たちが身近に存在する佐渡。

佐渡を知れば知るほど、佐渡の自然の豊かさが身にしみます。

こうした生き物たちがこの先もずっと見られる佐渡であってほしいと願わずにはいられません。

<佐渡自然保護官事務所の林にとまる巣立って間もないノスリの幼鳥。事務所にいるだけで様々な生き物に出会います。>

ページ先頭へ↑

2020年07月03日こんなところにトキが!?

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

つい先日、今年初めての野生下のトキのヒナ誕生に喜んでいたような気がしますが、あっという間にヒナたちは巣立ちを迎え、飛び回りながら少しずつ行動範囲を広げています。

▲餌をねだる幼鳥(左)と親鳥(右)

巣立ったばかりの幼鳥は目が黒っぽく、オレンジ色の顔をしています。巣立ちから一ヶ月程度は親鳥と共に営巣林の近くで過ごします。

幼鳥が親鳥の後ろについて田んぼで餌を採っている姿や、木にとまろうとして「おっとっと」とバランスを崩している姿は微笑ましいです。

モニタリング中にふと顔をあげると、あんなところに幼鳥が・・・!


つぶらな瞳が何とも可愛らしい・・・・

でも何か違和感があるような・・・

トキらしくないような・・・

皆さん、お気づきでしょうか?

なんと、この幼鳥は神社の屋根にとまっているのです!

トキは人の暮らしに近いところで生活していますが、普段は人工物にはとまらず、休息する時も塒をとる時も、木にとまります。

▲木にとまる成鳥

しかし、巣立ったばかりの幼鳥は屋根や電柱など「なぜそこに!?」と思わされるようなところにとまることがあるのです。

まだ十分な運動能力がない幼鳥にとっては、細い枯れ木や葉が生い茂る木よりも、屋根のような安定した場所にとまる方が楽なのかもしれません。

場合によっては、来る日も来る日も同じ場所にとまり続け、地元の方々から心配されてしまうことも・・・

もし佐渡で屋根などにとまっている幼鳥をみかけても、怪我をしているようでなければ問題ないので、そっと見守ってもらえると嬉しいです。

ページ先頭へ↑

2020年06月11日第22回トキ放鳥が行われました!

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

あっという間に6月ですね。夜は涼しくても、日中は蒸し暑く感じる事が多くなってきたので、そろそろ半袖のレンジャー服を着ようか、長袖のままでいようか毎日迷ってしまう今日この頃です。

▲見ごろを迎えたトビシマカンゾウの花

そんな中、6月5日に第22回トキ放鳥が行われました!

通常であれば、放鳥の日はモニタリングボランティアの方々と共に、放鳥されたトキの様子を観察します。

しかし、今回は新型コロナウイルス感染症対策のため、環境省職員等の少人数で見守りました。

新規放鳥されたトキは今年の3月12日から「順化ケージ」と呼ばれる、佐渡の里山を模した大きな施設の中で順化訓練を受け、野外で生きていくために必要な「飛翔」や「採餌」などの能力を身につけてきました。

トキたちが約3か月間過ごした順化ケージの扉を開けるのは朝の6時。

▲放鳥口を開きます

トキ保護センターの職員が放鳥口を開き、放鳥口付近の池にドジョウを給餌します。

その後は誰も順化ケージには近寄らず、管理棟内のモニターでトキの様子を見守ります。

どんな風にトキたちは飛び立つのでしょうか?

放鳥口付近に設置したカメラの画像でお見せしたいと思います!

▲放鳥口付近の池に給餌されたドジョウを食べに集まるトキ

▲何かの拍子に・・・

▲飛び立った!

私は野外で放鳥トキを観察する役割だったので、後でビデオの映像を見たのですが、何がきっかけで飛び立つのか全くわかりません。

もしもトキと話すことができたら「あの時、何がきっかけで飛んだの?」と聞いてみたいものです。

今回は順化ケージでソフトリリース方式による放鳥を行いました。トキが自ら順化ケージの外に出るのを待つため、放鳥終了までかかる時間や日数はわかりません。

前回のソフトリリース方式による放鳥では、放鳥初日に1羽だけ順化ケージ内に残ってしまい、翌日まで延びてしまいました。

ところが、今回は6時に扉を解放してから9時52分までに全羽が飛び立ったのです!

放鳥されたトキは順化ケージ周辺を飛翔したり、木にとまったりしており、特に事故等は確認されませんでした。

▲飛翔する放鳥トキNo.402 

今のところ新規放鳥トキは順化ケージ周辺で見られることが多いですが、これからどのような動きをしていくのか、楽しみです!

ページ先頭へ↑

2020年06月02日トキの卵についてきたミクロな生きもの

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

先日、回収したトキの卵殻(※)の写真を撮影していると、不思議な生きものがいるのに気が付きました。

<撮影していた卵殻。卵殻には土などが付着してきます。>


大きなハサミをもったミクロな生きもの。

アップで見てみると...


<青い目盛り1つが1mmです>

大きなハサミの他に脚は8本。サソリ?何だ、これ?

調べてみると、カニムシの仲間ということが分かりました。

カニムシは、地表や土の中にいて、ダニなどの小さな動物を補食するそうです。

ミクロの世界の捕食者、カニムシ。

生きものの世界の奥深さを垣間見たようでした。

アクシデントで採取してしまったカニムシは、心苦しいですが、トキの卵殻と一緒に佐渡自然保護官事務所の冷凍庫に保存されています。

※野生下のトキの卵殻回収について

野生下のトキが繁殖をやめてしまった場合等に巣の下へ行き、卵殻回収を行います。産卵数や有精卵率などを調べ、得たデータはトキ野生復帰事業に活用します。

ページ先頭へ↑

2020年05月22日小さな侵入者

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

<佐渡自然保護官事務所へ続く道沿いに咲くトビシマカンゾウ>

先日、佐渡自然保護官事務所内で、床を横切る小さな影に気が付きました。

影は、どうやら職員のデスク下に逃げ込んだようです。

一体何が侵入したのか。

デスク下をのぞいてみました。

ウロコに覆われた、でもツルッとした長い尾。

長い尾の持ち主は私に驚き、今度は私のデスク下に逃げ込みました。

これは捕獲のチャンス!

そーっと手を伸ばし、キャッチ!

影の正体は「ヒガシニホントカゲ」でした。

佐渡ではトキの繁殖期まっただ中ですが、このトカゲも繁殖期を迎えているようです。

のど元がオレンジ色の婚姻色に染まっていました。

小さな侵入者は私に捕まり、敷地内の草むらへ解放されました。

もう捕まるんじゃないよ。いい相手が見つかるといいね。

普段からよく目にするトカゲですが、婚姻色をじっくり見たことはありませんでした。

身近な自然に目を向け、耳を澄ましてみると、案外おもしろい発見があるかもしれません。

ページ先頭へ↑

2020年05月13日野生下のトキのヒナへの足環(あしわ)装着

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。 

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

佐渡では田植えの最盛期を迎えています。

この時期のトキたちは子育て真っ最中!

トキのエサとなる生きものが豊富な時期でもあるので、ヒナを育てるには好都合なんです。

<モリアオガエルとサドガエルの2匹を同時に捕まえたNo.251>

そのような中、今期初となる「トキのヒナへの足環(あしわ)装着」を本日行いました。

野生下で誕生したトキのヒナに足環を装着することで、個体ごとの生存や繁殖の状況を追跡調査できるようになります。こうした調査で得られた情報はトキの野生復帰に活用されます。

それにしても、いったいどうやって野生下のトキのヒナに足環を装着するのでしょうか。

答えは、

「トキの巣がある木に登り、巣にいるトキのヒナを捕獲して足環を装着し、ヒナを再び巣に戻す」

です。

請負業者の方にトキの営巣木に登ってもらい、ヒナを捕獲して地上へ降ろします。

地上では、獣医師を含む職員が足環装着作業を行います。

<トキのヒナと装着された足環>

足環装着作業が終了したら、ヒナを再び巣に戻し、速やかに林を出ます。

<巣内のヒナ>

足環装着作業は2班に分かれて行います。

1班は林内で足環装着作業をする班、2班は林外の離れた位置から親鳥と巣の様子を広角で観察する班です。

親鳥は、オス・メス交替で巣にいてヒナを守っていますが、作業が始まると人が木に登って巣に近付くため、驚いて飛び立ってしまいます。

2班は作業後、この飛び立ってしまった親鳥が巣に戻り、ヒナの世話を始めるまで観察を続けます。親鳥が普段通りヒナの世話を始めたら、作業終了です。

(※野生下トキのヒナへの足環装着は2013年から行っていますが、親鳥が戻って来なかった事例はありません)

私たち佐渡のアクティブ・レンジャーは、ヒナが誕生する前の親鳥の動向から追跡し、ヒナ誕生から巣立ちまで見届けます。そして、ヒナが巣立って2年後、成鳥となり繁殖を始める様子を観察することがあります。

誕生したヒナは、巣立つ前に天敵に襲われたり、親鳥が何らかの理由で死亡し、ヒナまでも死んでしまったりと、巣立ちへの道のりは決して平坦ではありません。

<メスに羽繕いされるNo.136。2017年撮影(左)、No.136の死体回収現場。2019年撮影(右)>

(※No.136は2019年4月、天敵に襲われ、ペアの抱卵中止が確認されました。)

また、巣立って間もないトキは、上手く飛べなかったり、エサを見つけられなかったり、逃げ足が遅かったりするので、成鳥よりも生存率が下がります。

そうした困難をいくつも乗り越え、ヒナだったトキが親になり、新たに命をつなぐ様子は、観察する私たちに感動と励ましを与えてくれます。

佐渡の人たちの100年以上におよぶ熱心な保護により、約400羽のトキが佐渡の野生下で暮らしています。

来年の今頃は何羽のトキが佐渡の大空を飛んでいるのでしょうか。

引き続き、見守っていきたいと思います。

<トキのヒナ>

ページ先頭へ↑

2020年04月30日制札調査って?

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

佐渡では424日に今季初の野生下トキのヒナ誕生が確認されました。

▲静止画だとわかりにくいですが、黄色の丸で囲っているところにヒナがいます 

昨年4月に着任した時は、すでに営巣・抱卵しているペアがほとんどであったように記憶していますが、今回はトキがペアで行動するようになる12月下旬頃から、ずっと見守ってきたので、喜びもひとしおです!

さて、佐渡のアクティブ・レンジャーの業務で「野外」といえば、ほとんど野生下トキのモニタリングなのですが、今回はちょっと違う「野外」での業務についてご紹介します。

その1つが国指定鳥獣保護区の制札(せいさつ)調査です。

制札?さて何のことやら?と思った方は下の写真をご覧ください。

山の中や道路脇で見たことがある方もいるのではないでしょうか。

制札とは、鳥獣保護区を示す看板のことなのです!

「鳥獣保護区」とはその名の通り、鳥獣の保護を図る区域であるため、狩猟が禁止されています。

また、佐渡にある「国指定小佐渡東部鳥獣保護区」の中には「特別保護地区」というものがあり、その区域では木や竹の伐採など、一定の開発行為が規制されます。

鳥獣保護区の制札は一般道路の脇などに設置されていることが多く、車を使って設置状況を調査することができるのですが、国指定小佐渡東部鳥獣保護区内の特別保護地区の制札は山の中にあります。

この時ばかりは、車を使ってのモニタリングで楽をしている足に鞭打って、歩かなくてはなりません・・・!

(楽をしているのは足だけで、モニタリング自体は楽な業務ではありませんよ・・・!)

▲道路沿いの制札調査の場合      ▲山の中の制札調査の場合(ひたすら歩きます・・・)

制札に辿り着いたら、設置状態や支柱・板面のサビ具合などをチェックし、記録を取っていきます。周りの雑草が伸びていたら草刈りをし、傾いたり、倒れてしまっている制札を直すこともあります。

 

▲支柱のぐらつき具合はどうかな・・・?

意外とやることが多いので、持ち物もたくさんあります。

かなづち、ドライバー、スコップ、草刈り鎌、ナタ、カメラ等々・・・

特に山の中に入るときは、救急箱や、飲み物・行動食も忘れてはいけません。


それから、制札調査中にトキを見つけた場合に観察記録を取れるように、トキ識別表や無線などのモニタリングセットも必ず持って行きます!

▲識別表や無線などのモニタリングセット 

今回はモニタリング以外の野外業務についてご紹介しましたが、佐渡のアクティブ・レンジャーが野外に出るときには、いつでもトキのモニタリングができるよう準備をしているのです!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ