ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

南アルプス国立公園 南アルプス

184件の記事があります。

2021年10月14日防鹿柵の冬支度

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

9月下旬から10月上旬にかけて、環境省事業で行っている仙丈ヶ岳、荒川岳に設置されている防鹿柵の撤去に行ってきました。環境省では、北岳、仙丈ヶ岳、荒川岳に季節型の柵(*)を設置しています。

(*)季節型の柵

杭の中にポールを差し込み、ニホンジカが噛みちぎれない繊維のネットをポールにかけます。積雪量が多く、設置したまま越冬すると雪圧で杭やポールが曲がってしまうので、初夏に立ち上げ作業、秋に撤去作業を行います。

仙丈ヶ岳の作業は南アルプス食害対策協議会のみなさんと行いました。環境省の柵は5か所にありますが、協議会のみなさんのおかげであっという間に撤去ができました。

今年度、劣化したネットを新調したおかげで網目の絡まりがなくなり、かなり見た目が良くなりました!柵の中を見ると、オヤマノリンドウやバイケイソウの実がなっていました。まだまだ¨花の仙丈¨には遠いですが、柵の中だけでも、たくさんの高山植物が見られるようになるといいなと思います。

今回の作業は天候に恵まれ、甲斐駒ヶ岳を横目に作業。


なんて贅沢な時間でしょう。山梨県側はきれいに雲海が広がり、空を見上げるとハロ現象。


見つけたときは、「珍しい現象かな?綺麗~」と心弾ませていましたが、調べてみるとハロ現象が見られるときは、天気下り坂のサインといわれており、低気圧や前線が接近して天気が崩れる前触れと言われているそう・・。案の定、翌日は強風と雨でしたが、ステキな光景が見られたのでヨシとします!!

仙丈ヶ岳から下山し、次の日から荒川岳作業へ移動。

荒川岳作業の3日間は雨に降られることなく、3日間カンカン照り!

荒川岳には西カールに2箇所、前岳南東斜面に1箇所防鹿柵を設置しています。前岳南東斜面の防鹿柵は前岳・中岳分岐から荒川小屋の間に設置されており、登山道を含む大きな防鹿柵です。

傾斜がきつい斜面へ設置していて、落石もあるため、ヘルメットをつけて作業です。西カールの底から柵を見上げると。

こんなに広大で傾斜がある場所で作業しているということを改めて感じました。設置時の作業にすると、斜面いっぱいに広がる高山植物を見ることができ、その光景に毎回感動します。今年も無事にいっぱい花をつけてくれてありがとうと言いたいです。

防鹿柵を設置しても、すぐに植生は戻りません。ですが、設置するかしないかでは大きな差が生まれます。すぐに効果が出るわけではなく、地道な作業ではありますが、続けていくことに意味があると思っています。仙丈ヶ岳はニホンジカの食害を受ける前のお花畑が戻ってきてくれること、荒川岳は後世にもこの素晴らしい景色を残していけるようにと祈りながら、今後の植生復元活動に取り組んでいこうと思います。

ページ先頭へ↑

2021年09月29日★ 南アルプス国立公園写真展開催のお知らせ(10月)

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

◆ ◇ 南アルプス国立公園写真展開催のお知らせ ◇ ◆

10月5日~31日まで、早川町奈良田「古民家 山城屋」にて写真展を開催します!


早川町奈良田地区は、広河原へのバスによるアクセスの起点となっているほか、白峰三山の1つ「農鳥岳」、白峰南嶺の玄関口として利用されています。登山の拠点として利用されるとともに、温泉旅館が立ち並び、疲れた体を癒すことができます。

今回は¨秋¨をテーマに、南アルプス国立公園の紅葉景色を多く展示しています。

今回も南アルプス国立公園や南アルプスユネスコエコパークに関するパンフレットの配布も行っています。アンケートにご協力いただいた方には、南アルプス国立公園シンボルマークの缶バッチをプレゼントします。数に限りがございますので、お早めにお越しください。

△開催会場「古民家 山城屋」

かやぶき屋根に木の床。ライトに照らされている写真がなんだか、いつもよりきれいに見えるような・・?古民家ならではの落ち着きや味わい深さを感じながら、南アルプスを感じてみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2021年09月06日今年、南アルプスで見つけた植物たち

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

今年は例年に比べ梅雨明けが早かったものの、8月は長雨で、「もしかして、今が梅雨!?」と思わせる天気でしたね。7月から8月はたくさんの高山植物が咲きます。悪天候続きで開花ピークを逃してしまった方も多いかと思います。そこで今回は、この夏、南アルプスで見られた高山植物を紹介したいと思います。

ミヤマムラサキ ムラサキ科

小さく青い花。初対面は「かっわいい~!」から始まり、今では「今年も元気かな?」と久しぶりに友人に会うような気持ちを抱くようになりました。例年、7月末~8月上旬に見られますが、今年はなんと6月下旬には咲いていたとのこと。積雪量が少なかったため、かなり早い開花になったようです。北岳ではトラバース道で見られます。どんなに頑張っても6~7時間ほど歩かないと見られない場所に咲いていますが、頑張った先にはかわいいこの子が待っているので、来年はこの子を目指して頑張っていただきたいです!

ミヤマクワガタ ゴマノハグサ科

アクティブ・レンジャーの内定をいただいたとき、高山植物に全く興味が無かった私はとりあえず、高山植物の本を買い、南アルプスで見られる花を抽出する作業をしていました。(数が多すぎて着任から5年経った今も終わっていません)そのときの本に¨ミヤマクワガタ¨の文字を見つけ、「虫じゃん」と思っていました。5年経って、ようやく会えました。ミヤマクワガタ。全く虫らしさはなく、むしろ可愛らしいお花でした。オシベ2本とメシベが花の中心から飛び出ていて横向きに咲き、形が特徴的です。また来年も会えるといいなぁ、と思っています。

サンプクリンドウ リンドウ科

サンプクリンドウは三伏峠で発見された花です。南アルプスには¨キタダケソウ¨という希少な花がありますが、キタダケソウのレッドリストのカテゴリー(ランク)が絶滅危惧種Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に対して、サンプクリンドウは絶滅危惧ⅠB類・EN(ⅠA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)とされています。カテゴリー(ランク)だけでいうと、キタダケソウよりも数が少ないとされています。こんな貴重なお花に出会えて嬉しいと思うと同時に、無くしてはいけない、守っていかねばという想いになりました。

*レッドリストのカテゴリー(ランク)

https://www.env.go.jp/nature/kisho/hozen/redlist/rank.html

8月に北岳に登ったときの出来事です。広河原に着いた途端に雨。急いで雨具を着てスタート。途中、雨は止んだものの、稜線は真っ白。


見えるはずの北岳山荘はガスに埋もれて全く見えません。

・・・2時間後。

すっきり晴れました~!!赤い屋根の北岳山荘もばっちり見えますね。2時間前は北岳が半分しか見えませんでしたが、2時間後は甲斐駒ヶ岳も仙丈ヶ岳も富士山もしっかり見えました。山の天気は変わりやすいと言われますが、今回は良い方に変わってくれました。

天気予報を見てもすっきり晴れる予報が見られない日が続きますね。暑さもほどよくなり、事務所がある芦安は涼しいです。高山ではぼちぼち紅葉が始まります。街ではまだ半袖でもいいくらいですが、山では長袖、もしくはフリースがおすすめです。これからの時期は朝晩問わず冷えますので、防寒着を必ず持ってきてくださいね♪

ページ先頭へ↑

2021年09月02日夜叉神峠のニホンジカ被害

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

先日、夜叉神峠に設置していたセンサーカメラの撤去を行いました。昨年12月に夜叉神峠登山口から西口登山口までの間に5基のカメラを設置し、どのくらいのニホンジカが生息しているのかを調査していました。

登山道から外れた場所に設置しているため、倒木で歩きづらい場所もありましたが、無事に5基のセンサーカメラの撤去ができました。データは生態系保全等専門員である金丸さんが分析中です。3月にメンテナンスをしてから撤去まで電池が切れていない機器もあったようで、夏季のニホンジカの動きを知ることができそうで、個人的にわくわくしています!

夜叉神峠登山口は登山口へのアクセスが楽にでき、1年を通して多くの方が登ります。一方、西口登山口は冬季閉鎖・マイカー規制区間に登山口があるせいか、このルートで登る人はほとんどいません。


△夜叉神峠登山口と西口登山口の位置関係

私自身、この業務を実施しなければ西口登山口から夜叉神峠に登ることはなかったと思います。夜叉神峠登山口からでも食害やシカを頻繁に見かけ、たびたび悲しい思いに浸っていましたが、4回ほど西口登山口の登山道を歩いてみて、食害や痕跡は思っていたよりひどいものでした。

見比べると一目瞭然。夜叉神峠登山口からの登山道は背丈が低いものの、ササが広がっているのに対して、西口登山口の登山道は画像を大きくしてみると、ちょこちょこと植物が確認できますが、大半は地面がむき出しになっています。むき出しになった地面では、雨が降ったときに地中に水が染み込みにくくなります。下層植生や落葉による地表面の覆いが少ないほど、地表流は増加します。この問題は夜叉神峠だけでなく、里山でも多く見られます。ほかにも樹皮剥ぎも多く見られ、「これはひどい」と強く感じました。

断言はできませんが、西口登山口からの登山道が使われていないこともニホンジカの影響が大きい要因の1つだと考えられます。ただ、登山道がかなり荒れているため、通行を呼びかけがたいです。

左の写真は沢を通過する前後の登山道です。木製の階段があったようですが、劣化と土砂で道が落ちています。右は西口登山道を登り始めてすぐの倒木の様子です。倒木があるのは写真で確認できますが、足元も悪いです。南アルプスの中にはニホンジカによる被害が見られるものの、アクセスが悪いこと、地面の状況が思わしくないなどの理由で対策が実施できない場所が多々あります。このような場所をどのようにしていくか、難しい課題です。

ページ先頭へ↑

2021年08月20日ここ数日の広河原のあれこれ

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

タイトル通り、ここ数日の広河原のあれこれをお伝えします。

△広河原橋からの栗沢山方面 8/19撮影

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● あれこれその1 南アルプス市営の山小屋休業  ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

山梨県が令和3820日から令和3912日の期間において、新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置を実施すべき区域として公示されました。これに伴い、市営の山小屋(北岳山荘、白根御池小屋、両俣小屋、長衛小屋、広河原山荘)の山小屋泊・テント泊の休業が決定されました。今年度より導入された山小屋予約システムでも予約を受け付けていません。ただし、北岳肩の小屋や山梨交通含む交通機関は営業・運行しています。宿泊できる小屋が限られていますので、登山を計画されている方は十分お気を付けください。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● あれこれその2 大樺沢の登山道について  ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

連日の大雨により、北岳のメインルートの1つである、大樺沢ルートが大変なことになっています!!

川のようになっている部分、全て登山道です。

白根御池小屋と大樺沢ルートの分岐から約400メートルのあたりで登山道が川になっています。川の登山道は3040メートル。長くないように感じますが、100パーセント濡れます。白くなって見えなくなっている部分に足を突っ込んでしまうともれなく膝までドボンです。これまでにも大雨で大樺沢ルートが水浸しになることはありましたが、ここまで水量が多いのは私がアクティブ・レンジャーに着任してから初めてかと。北岳へ登る際は白根御池小屋ルートから登ることを強くお勧めします。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● あれこれその3 大樺沢ルートの通行について  ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

白根御池小屋・大樺沢分岐点から二俣までの登山道には2つの鉄橋があります。この2つの橋は台風や大雨で崩壊してしまうことが多いことから南アルプス市観光施設課・南アルプス警察署地域課より、9月1日以降は崩壊回避のため、鉄橋を撤去することになったようです。そのため、9月1日以降、大樺沢は通行不可となります。計画を立てられる際は十分にお気を付けください。

野呂川広河原インフォメーションセンター在中のスタッフさんによると、ここ数日は午後から雨が必ずと言っていいほど降り、天気予報も外れてしまうことが多いそうです。ただ、悪い意味のはずれだけでなく、「朝は綺麗に山が見えました!!!」という良い意味のはずれもあるようです。

山では自己判断が大きく求められます。落ち着きが見えない新型コロナウイルス問題もありますが、ご自身の体力・技量に見合った計画、万全なコロナ対策で南アルプスを楽しんでいただきたいです。

ページ先頭へ↑

2021年08月13日鳳凰三山にて、新たな取り組み

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

7月中旬に鳳凰三山に設置された防鹿柵設置現場の巡視に行ってきました。南アルプス山域ではニホンジカ対策を関係者で積極的に取り組んでおり、対策の1つとして、防鹿柵が設置されています。環境省では今年度より南アルプスユネスコエコパーク韮崎市地域推進協議会と連携し、新たに鳳凰三山で防鹿柵を設置しました。

防鹿柵は南御室小屋、薬師岳小屋、地蔵ヶ岳直下・賽の河原、鳳凰小屋の4か所に設置されています。¨これまで守ってきた高山植物を引き続き守ろう¨、¨柵を設置して、昔の植生を取り戻そう¨など、それぞれの設置場所で目的や意図は異なりますが、今回の設置が良い傾向に向かうといいな、と思います。

鳳凰三山は「花の百名山」にも選定されており、この時期はさまざまな高山植物が咲きます。


巡視に行った7月中旬はクルマユリ、ヤナギラン(つぼみ)、キソチドリ、テガタチドリ、そして、南アルプス山域固有種のタカネビランジが咲いていました。中でも、オレンジ色が鮮やかなクルマユリがとても印象に残りました。ちょうど今はヤナギランや鳳凰三山の固有種・ホウオウシャジンが咲いているのではないでしょうか♪

今回の巡視はこれまでの防鹿柵設置のガスガスの天気と打って変わって、日差しが眩しい夏らしい巡視になりました。

■鳳凰三山の登山を計画されている方へ

1.今年度、鳳凰三山山域のテント場の営業は南御室小屋のみとなります。(完全予約制)

2.8月23日まで韮崎駅-御座石温泉・青木鉱泉の登山バスは運休しています。(8月13日現在)

3.広河原峠、白鳳峠から入下山される場合、コースタイムやご自身の体力とよく相談してください。

◎各小屋でコロナ対策が異なるため、必ず確認をしてください。

ページ先頭へ↑

2021年08月05日南アルプス国立公園写真展@広河原インフォメーションセンター

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

さっそくですが、写真展開催のお知らせです!!

8月17日(火)まで野呂川広河原インフォメーションセンターの1階階段の脇、2階奥のギャラリーにて、南アルプス国立公園写真展を開催しています!


1階階段には展示されている写真の中でもイチオシの9枚が展示されています。2階奥のギャラリーでは写真のほかに南アルプス国立公園でくらす生きもの・地質・文化・ニホンジカ問題についての展示も行っています。南アルプス国立公園や南アルプスユネスコエコパークに関するパンフレットの配布も行っています。バス・乗合タクシーの待ち時間などにぜひお立ち寄りください♪

南アルプス国立公園写真展も4会場目に突入しました。普段、登山をされない方や南アルプスの山々へ登ることが難しい方などに南アルプス国立公園の自然の素晴らしさや自然保護の活動を伝えるにはどのようにすればいいだろうかと考えた末、¨写真展¨という方法で取り組むことにしたこの写真展。これまで開催したすべての会場でアンケートのご協力をお願いしています。「登山はできないけど、写真を見て登った気持ちになった」、「南アルプスのことを知るいい機会になった」などの温かいご感想をいただき、大変嬉しく思うのと同時に¨開催してよかった¨と心から思います。写真展をよりよいものにしていくための貴重なご意見もいただいておりますので、反映させていきながら残りの会場も開催したいと思います!

連日、30度を超える日が続いていますね。標高が高いから涼しいだろう、と思う方もいらっしゃると思いますが、山も暑いです。そして、紫外線も強いです。日焼けもしますし、暑さで体力も奪われます。今年は熱中症で行動不能になった方からの救助要請が多いようです。水分不足は足の攣りの原因にもなります。帽子、アームカバー、サングラスの着用、多めに水分を持ちこまめに水分補給をするなどして暑さ対策するようにしてください。

ページ先頭へ↑

2021年08月03日荒川岳に防鹿柵を設置しました

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

7月中旬、荒川岳の西カール底と前岳南東斜面の2カ所に防鹿柵を設置しました。西カール底、前岳南東斜面は前岳・中岳分岐と荒川小屋の間を指します。この2カ所は荒川岳の重要な景観を構成している場所であることから、お花畑を守るために平成23年度より設置しています。

前岳南東斜面のお花畑にある柵は登山道を横断するように設置され、横断箇所にはドアノブ付きの扉が設置されています。南アルプス山域で登山道を横断するように防鹿柵を設置している場所はこの荒川岳のみです。

開けっ放しにしてしまうと、ニホンジカが入り込んでしまい、柵を設置している意味がなくなってしまいます。お花畑を守るためにも、¨開けたら閉める¨を徹底していただきますよう、ご理解・ご協力をお願いします。

今年もシナノキンバイやハクサンイチゲ、ミヤマクロユリなど数多くの高山植物が綺麗に咲いていました。稜線ではミヤマムラサキ、ツガザクラ、チングルマなどが咲いていました。

雨降りの中、水がしたたる高山植物はとても美しかったです。



高山植物が一面に広がるこの景色を見るたび、¨今年も咲いてくれてありがとう¨という温かい気持ちになります。いつまでもこの素晴らしいお花畑が残ってくれることを切に願います。

ページ先頭へ↑

2021年07月29日花の仙丈、防鹿柵設置!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

7月上旬、仙丈ヶ岳・馬の背の防鹿柵設置を行いました。仙丈ヶ岳は¨花の仙丈¨と呼ばれていますが、ここ数年の間に多くの高山植物がニホンジカの食圧によって少なくなってきてしまっています。そこで、平成20年度より、環境省で5カ所、林野庁・信州大学・長野県・伊那市等の11機関で構成されている南アルプス食害対策協議会で12カ所に防鹿柵を設置しています。

例年、設置作業は・・「①支柱となる杭にポールを差し込む」、「②ネットのロープをポールにくくりつける」の2つですが、今年度の作業は・・「①既存のネットを撤去する」、「②新ネットに入れ替える」、「③ネットを抑えるためのアンカーを打ち直す」の3つの作業が加わりました。3つの作業が加わった理由は、既存ネットが縮んでしまい、防鹿柵として機能しない可能性があることから、ネット入れ替えの作業が増えたためです。


ネット入れ替えの作業はとても大変でしたが、南アルプス食害対策協議会の皆さんと作業し、無事、ネットの入れ替えができました。

ネットの入れ替えを行ったことによって、網目が綺麗になりました!!

柵の中ではミヤマキンポウゲやヒメイチゲ、シナノキンバイなどが確認できました。仙丈ヶ岳は日本百名山に選ばれるほか、花の百名山にも選出されています。柵の中でも徐々に高山植物が戻っているように感じますが、ニホンジカの被害が出る前の20年、30年前に比べるとまだまだ少ないです。柵を設置してすぐ戻るわけではないため、地道な作業ですが、いつか植生が戻ってくれるといいな、と思います。

今回は1泊2日で作業を行いましたが、2日間ともどんより雲またはザーザー降り。なんとも梅雨らしい気候でしたが、1日目の夕方、仙丈ヶ岳山頂に向かう途中、雲が切れて馬の背が綺麗に見えました!

2日間を通して悪天候予報だったので、予期せぬご褒美でした。

ページ先頭へ↑

2021年07月01日キタダケソウ、咲いています!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

6月上旬、キタダケソウの開花状況の確認のため、北岳に行ってきました。

キタダケソウは世界中どこを探しても北岳山頂の周辺にしか咲かない貴重な花です。例年では、6月中旬に満開になりますが、今年はなんと、5月下旬に開花しているとのこと。温暖化の影響なのでしょうか...

昨年もキタダケソウ開花状況確認のため巡視に行ったものの、天候が悪く、稜線まで出ることができなかったので、私にとって2年ぶりのキタダケソウになります。巡視前の天気予報を見ると、連日晴れ予報!胸が踊ります!!

北岳の山頂を経由し、池山吊尾根分岐を八本歯のコルへ下ります。この辺りからがキタダケソウの群生地になります。

綺麗に咲いていました!昨年見られなかったこともあり、元気に咲いている様子を確認することができてとても嬉しかったです!

キタダケソウと間違えられがちのハクサンイチゲはまだつぼみが多く、見間違えることはないくらいキタダケソウが咲いていました。今は、どちらも開花しているので、見分けるのが難しいかもしれません・・

キタダケソウだけでなく綺麗な南アルプスの山々を見ることができました♪

△北岳山頂より中白根山、間ノ岳

△北岳肩ノ小屋から仙丈ヶ岳

25日より、芦安・奈良田ー広河原の交通機関が運行し、広河原へアクセスしやすくなりました。環境省直轄施設である、野呂川広河原インフォメーションセンターでもアルコール消毒やサーマルカメラを導入し、コロナウイルス対策を行っています。これまでと大きく違う点としては、1階バスターミナル付近の玄関口を【入口専用】、2階の広場付近を【出口専用】とし、施設全体を一方通行にしています。


ご不便をおかけしますが、ご協力いただきますようお願いします。

山小屋でも予約システムの導入や寝具の持ち込みなどこれまでと大きく変わります。登山計画と合わせて、宿泊を想定している山小屋ではどのような装備が必要なのかも必ずご確認ください。

コロナウイルスの落ち着きが見えず不安もありますが、たくさんの方に南アルプスを楽しんでいただけますと嬉しいです。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ