ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年07月29日花の仙丈、防鹿柵設置!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

7月上旬、仙丈ヶ岳・馬の背の防鹿柵設置を行いました。仙丈ヶ岳は¨花の仙丈¨と呼ばれていますが、ここ数年の間に多くの高山植物がニホンジカの食圧によって少なくなってきてしまっています。そこで、平成20年度より、環境省で5カ所、林野庁・信州大学・長野県・伊那市等の11機関で構成されている南アルプス食害対策協議会で12カ所に防鹿柵を設置しています。

例年、設置作業は・・「①支柱となる杭にポールを差し込む」、「②ネットのロープをポールにくくりつける」の2つですが、今年度の作業は・・「①既存のネットを撤去する」、「②新ネットに入れ替える」、「③ネットを抑えるためのアンカーを打ち直す」の3つの作業が加わりました。3つの作業が加わった理由は、既存ネットが縮んでしまい、防鹿柵として機能しない可能性があることから、ネット入れ替えの作業が増えたためです。


ネット入れ替えの作業はとても大変でしたが、南アルプス食害対策協議会の皆さんと作業し、無事、ネットの入れ替えができました。

ネットの入れ替えを行ったことによって、網目が綺麗になりました!!

柵の中ではミヤマキンポウゲやヒメイチゲ、シナノキンバイなどが確認できました。仙丈ヶ岳は日本百名山に選ばれるほか、花の百名山にも選出されています。柵の中でも徐々に高山植物が戻っているように感じますが、ニホンジカの被害が出る前の20年、30年前に比べるとまだまだ少ないです。柵を設置してすぐ戻るわけではないため、地道な作業ですが、いつか植生が戻ってくれるといいな、と思います。

今回は1泊2日で作業を行いましたが、2日間ともどんより雲またはザーザー降り。なんとも梅雨らしい気候でしたが、1日目の夕方、仙丈ヶ岳山頂に向かう途中、雲が切れて馬の背が綺麗に見えました!

2日間を通して悪天候予報だったので、予期せぬご褒美でした。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ