ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年08月13日鳳凰三山にて、新たな取り組み

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

7月中旬に鳳凰三山に設置された防鹿柵設置現場の巡視に行ってきました。南アルプス山域ではニホンジカ対策を関係者で積極的に取り組んでおり、対策の1つとして、防鹿柵が設置されています。環境省では今年度より南アルプスユネスコエコパーク韮崎市地域推進協議会と連携し、新たに鳳凰三山で防鹿柵を設置しました。

防鹿柵は南御室小屋、薬師岳小屋、地蔵ヶ岳直下・賽の河原、鳳凰小屋の4か所に設置されています。¨これまで守ってきた高山植物を引き続き守ろう¨、¨柵を設置して、昔の植生を取り戻そう¨など、それぞれの設置場所で目的や意図は異なりますが、今回の設置が良い傾向に向かうといいな、と思います。

鳳凰三山は「花の百名山」にも選定されており、この時期はさまざまな高山植物が咲きます。


巡視に行った7月中旬はクルマユリ、ヤナギラン(つぼみ)、キソチドリ、テガタチドリ、そして、南アルプス山域固有種のタカネビランジが咲いていました。中でも、オレンジ色が鮮やかなクルマユリがとても印象に残りました。ちょうど今はヤナギランや鳳凰三山の固有種・ホウオウシャジンが咲いているのではないでしょうか♪

今回の巡視はこれまでの防鹿柵設置のガスガスの天気と打って変わって、日差しが眩しい夏らしい巡視になりました。

■鳳凰三山の登山を計画されている方へ

1.今年度、鳳凰三山山域のテント場の営業は南御室小屋のみとなります。(完全予約制)

2.8月23日まで韮崎駅-御座石温泉・青木鉱泉の登山バスは運休しています。(8月13日現在)

3.広河原峠、白鳳峠から入下山される場合、コースタイムやご自身の体力とよく相談してください。

◎各小屋でコロナ対策が異なるため、必ず確認をしてください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ