関東地域のアイコン

関東地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

トキ、色づいています!

2020年01月24日
佐渡

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

新しい年を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

▲大佐渡の山々も真っ白・・・というわけではありません

佐渡は日本海側の天気らしく曇りや雨の日が多いですが、雪はあまり降らない日が続いています。

雪道運転をしなくて済むことにホッとしつつも、一方で、あたり一面真っ白になった佐渡の雪景色はさぞかし美しいのだろうなぁ・・・と思いながらトキのモニタリングをしていると・・・

おや?

なにやら視界の端に色の違うトキが!見間違いでしょうか。

もう少し角度を変えて見てみましょう。

やはり、色が違うトキがいます!

左側のトキは明らかに喉元や背中の羽の色が黒っぽく見えますよね?

実は、この羽の色の変化は繁殖期に見られる特徴で、「繁殖できることをアピールするため」あるいは「巣で子育てをしている時に天敵に見つかりにくくするため」だと考えられています。

この色の変化はどのように起きているのかというと・・・

なんと、首まわりの皮膚からはがれ落ちる黒い物質を、水浴び後に背中などの羽に塗りつけているのです!

繁殖期に羽の色を変化させる鳥は他にもいますが、皮膚からはがれ落ちる物質を塗ることで色を変えるのは、世界中でトキだけです。

羽色変化が始まっているトキを観察することが日に日に増え、いよいよ繁殖期に入ってきていることを実感している今日この頃。

今年はどのペアがどこで巣を作るのか?これからのトキたちの行動を注意深く見守っていきたいと思います!