ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年11月

10件の記事があります。

2016年11月30日トキモニタリングの す ご い 紹介します!

佐渡 原奈緒子

皆様、はじめまして!

新しく、佐渡地区のアクティブ・レンジャーとして着任いたしました、原奈緒子です。

このアクティブ・レンジャー日記を通して、より多くの方々に私たちの仕事内容やトキの事について知って頂けたらと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。

今回は、アクティブ・レンジャーの主な業務である、トキのモニタリング方法について紹介致します。

~モニタリングのココがすごい!~

トキのモニタリング業務は、環境省の職員だけでなく、地域のボランティアの方々や新潟大学などと連携してモニタリングチームを作り、毎日、日の出前からトキの行動を追跡しています。なんとこのモニタリングはトキが初めて放鳥された2008年から一日たりとも途絶えたことがないのです。これもモニタリングチームのトキに対する熱い思いのあらわれですね。

~モニタリングの道具がすごい!~

普段のモニタリングで使用している道具は無線機・双眼鏡・望遠カメラ・・・

そして、今回紹介する'スコープ'です。

これがスコープ。車の窓に装着して使用します。

車に装着したスコープ

トキはどこにいるでしょうか・・・?

スコープから観察する風景

*トキが驚かないように、200m程度離れたところから、車内で観察するのが基本です!

赤枠内に注目!! 3羽いるのが見えるでしょうか?

トキの位置拡大

これをスコープから覗いてみると、、、

スコープから覗いて見るトキ

こんなに大きく見えるのです!これなら足環もばっちり読めますね。

スコープはそれぞれの個体に装着している足環を読み、個体識別するために必要不可欠な頼れる道具なのです。

ページ先頭へ↑

2016年11月29日伊豆諸島も雪景色!?【大島】

富士箱根伊豆国立公園 森山希美

みなさん、こんにちは。

先週24日、関東各地で初雪が観測されニュースになっていましたね。

雪はめったに積もらない伊豆大島でも、三原山山頂付近で雪が積もりました!

雪山を見慣れた方にはなんてことのない光景に感じるかもしれませんが、
三原山の貴重な雪化粧姿です。

2016年1125日撮影 三原山外輪山から内輪山を望む)

カルデラ内の普段溶岩で覆われている場所ではポツポツと溶岩の

頭だけが見え、おもしろい光景に!

2016年1125日撮影 カルデラ内の様子)

この日は天気が良く、海の向こうの伊豆半島がよく見えました。

富士山もきれいに見たので、三原山内輪山にある三原神社から、鳥居の

内側に富士山を収めて写真を撮りました。

(2016年11月25日撮影 三原山内輪山より富士山を望む)

撮ったときは良く撮れたと思ったのですが、改めて見ると富士山の
雪化粧と雲が相まってどこに富士山があるかわからないですね・・・。

心の目で見ていただけると幸いです。

遅ればせながら、伊豆諸島でも冬の到来を感じた一日でした。

これから寒くなりますが、風邪を引かないように暖かくして、
ぜひ冬景色を探しに国立公園まで足をお運びください!

ページ先頭へ↑

2016年11月18日紅葉の御岳昇仙峡

秩父多摩甲斐国立公園 奥多摩 野崎 拓

みなさんこんにちは。

11月に入り奥秩父でも積雪が確認されましたが、標高の低い場所ではまだ紅葉シーズンが続いています!
そんな中、山梨県甲府市の御岳昇仙峡に行ってきました。

(11/16撮影:左の岩が覚円峰、右の岩が天狗岩)

昇仙峡は同じ国立公園内の国師ヶ岳や金峰山を源流とする荒川の浸食によりつくられました。渓谷では上の写真のように奇妙な形に削れた岩が多く見られ、歩きながら岩を眺めるのも楽しみの一つです。


(11/16撮影:仙娥滝)

昇仙峡は国の特別名勝にも指定されており、全国でも人気の高い景勝地です。

今回紅葉の時期に訪れたのはたまたまでしたが、人気なのが納得の渓谷美でした。

(11/16撮影:昇仙峡を流れる荒川)

写真を撮影した16日は平日でしたが市営の駐車場は満車でした。土日等の休日は更に混雑が予想されますので、自家用車でお越しになる場合は注意が必要です。

ページ先頭へ↑

2016年11月18日北アメリカから湯ノ湖にやって来たコカナダモ

日光国立公園 中野 純

<水草コカナダモを刈り取る>

1116日に奥日光清流清湖保全協議会主催の「湯ノ湖水草コカナダモ除去及び湖畔清掃」が行われました。

作業内容は、湯ノ湖の湖上を手こぎボートで移動し、錨(いかり)によりコカナダモを刈り取る作業と、湖畔を歩いてのゴミ拾いです。

コカナダモを刈り取る作業は、平成10年から継続して実施されており、毎年大量のコカナダモが刈り取られ、域外に搬出されています。

今年は強風の影響で手こぎボートは使用出来ませんでした。そのため、湖畔から錨を投げての刈り取り作業となりました。


コカナダモを刈り取る作業

<コカナダモとは>

沈水植物コカナダモは、北アメリカを原産とする外来種で、昭和48年に湯ノ湖でその存在が確認されて以来、湯川そして中禅寺湖の一部まで生育範囲を広げています。

日光市提供_コカナダモ
コカナダモ(日光市提供)

<コカナダモの自然浄化機能を活用>

コカナダモは、春から夏の成長段階で富栄養化の原因となる栄養塩類(窒素やりん等)を吸収するため、水環境改善の働きをします。ところが冬になり枯れて湖底に沈むと、吸収した栄養塩類を放出することになるため、水環境を悪化させてしまいます。

つまり、栄養塩類を吸収したコカナダモを湖外へ搬出することが下流域の湯川や中禅寺湖等を含め奥日光水域における水環境の保全につながるわけです。

近年、コカナダモの刈り取りによる効果もあってか、絶滅危惧種に指定されている在来種の水草数種類(ヒメフラスコモ、センニンモ等)の生育範囲が増加したとの報告もあります。

<最後に>

環境省・農林水産省では、コカナダモを「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト」(通称:生態系被害防止外来種リスト)における「総合対策外来種」となっています。

総合対策外来種とは、「国内に定着が確認されているもの。生態系等への被害を及ぼしている又はそのおそれがあるため、国、地方公共団体、国民など各主体がそれぞれの役割において、防除(野外での取り除き、分布拡大の防止等)、遺棄・導入・逸出防止等のための普及啓発など総合的に対策が必要な外来種」と規定されています。

詳細はこちらを参照 ↓

https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/iaslist.html

農林水産業を中心とする産業分野では、家畜用、栽培用、園芸用、緑化用、天敵用、受粉用、食用、飼料用等として多くの外来種が利用されており、これらは我々の社会や生活を支えています。しかし、その中には管理下から逸出することで問題が発生するものもあることから、社会的な便益を引き続き享受できるようにするとともに、生態系等へのリスクを低減するという観点から、我々の社会と外来種との適切な関わり方を考えていく必要があります。

外来種問題の対策は、外来種の導入に伴う生態系、社会、経済等への効果・影響を多くの人が理解し、一人一人の心がけと行動が大切となります。

今や外来種は我々の身近な存在となっています。

身のまわりに、どんな外来種が生息・生育しているのか、観察してみてはいかがでしょうか。

驚きの事実が判明するかも!?

参考:外来種被害予防三原則 ↓

http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/sangensoku.html

<参考文献>

第3期 奥日光清流清湖保全計画(奥日光清流清湖保全協議会)




ページ先頭へ↑

2016年11月17日小笠原世界遺産センター(仮称)新築工事の様子 その8

小笠原国立公園 沼田 伸一

遺産センター成長記、第8回目です。


今日の日没時間は16:40
日が傾くと涼しさを感じられ、冬が近づいてきたと感じる今日この頃です。
そろそろザトウクジラも繁殖・育児の為に戻ってきます。


遺産センター、遠景写真はもう変化がないですね。
手前の緑の幕があるのは、別の建物の塗装工事なのでお間違えないように!

内装は先月と比べると柱(鉄筋)がいっぱい立ってきました。
その後に配線しいて壁立てて...となる模様です。

そしてこちらは、設計当初のイメージ図です。
細かくは変わっているみたいですが、完成するとこんな感じになる予定です。


そして、今月はお花ではなく、キノコ!


ソライロタケ(空色茸)
画像の加工はしていません!
自然そのままの色です。
とても珍しいキノコですね。
表面に傷がついたり触ったりすると黄色に変色します。
食毒は不明です。
でも、これを見て食べてみようと考える人はいるのでしょうか?

ページ先頭へ↑

2016年11月15日南アルプスは冬へ...野呂川広河原インフォメーションセンター閉所

南アルプス国立公園 大石 佳織

みなさん、こんにちは。

北岳の登山口、広河原(山梨県南アルプス市)にある施設、
野呂川広河原インフォメーションセンターの開館期間が終わり、
11月10日に閉所作業が行われました。

閉所作業が行われたこの日、北岳は雪をかぶってすっかり冬の顔と
なっていました。
(北岳。11月10日撮影)
北岳。11月10日撮影

他にも冬の気配が感じられるものがありました。
一つはつらら。
(つらら。11月10日撮影)
つらら。11月10日撮影

さらに、ちょっと変わったものも見つけました。
(枯れた植物の茎についた氷。11月10日撮影)
枯れた茎にできた氷の柱。11月10日撮影
枯れた植物の茎に沿って、氷が幕のように広がっていました。
これは「シモバシラ」という種類の植物に見られる現象だそうです。
茎や葉が枯れた後も根が水の吸収を続け、茎に水が送られるために
このような氷の幕ができるそうです。
ただ、如何せん枯れた茎しか残っていないので、この植物が本当に
シモバシラかどうかは確認できていません。
調べてみると、シソ科の植物ではこの現象が観察されることがある
ようなので、もしかすると他の種類かもしれません。

このように、南アルプスも冬へと季節を進めています。
広河原や北沢峠への道路は冬季閉鎖となり、来年の6月中旬頃まで
野呂川広河原インフォメーションセンターはしばし眠りにつきます。
来シーズン、林道の安全が確認され、バスの運行が始まる頃に再び
オープンします。来年も皆さまのお越しをお待ちしています。

+++++ バス等の運行について++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
山梨県側から広河原方面へ入るバス・タクシーは11月9日、
長野県伊那市側から北沢峠方面に向かうバスは11月15日をもって
今シーズンの運行は終了です。


来シーズンのバス運行情報等は、来年度以降、各運行機関から発表
される情報をご確認ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2016年11月14日2年ぶりの開催!箱根の紅葉観察会

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

徐々に紅葉も進んでいる箱根で、

自然に親しむ運動「紅葉の箱根路を訪ねて」自然観察会が開催されました!

--------------------------------------------------

・日  時:平成28118日(火)

・主  催:自然に親しむ運動実行委員

・開催担当:環境省 箱根自然環境事務所

--------------------------------------------------

本観察会は、過去2年 雨天中止・・・

今年も、前日まで降水確率を

ドキドキしながら確認していました。

当日は曇天でしたが、無事開催!

その様子をお伝えします。

まずは恩賜箱根公園駐車場の「箱根八里の碑」の前で

パークボランティアによる解説を聞きました。

その後は、班ごとに「杉並木」に出発!

最長のものは38m程あると言われる杉を両側に眺めながら

目に付く植物について、

パークボランティアからの解説があります。

昔の旅人に思いを馳せつつ「石畳」の坂道を越え

午後からは、「お玉の伝説」が伝わっている「お玉が池」へ向かいました。

池の向こうには二子山の紅葉が見え、

その美しい光景に一瞬寒さを忘れました。

その後も木々の間を登りながら植物や鳥の観察を続け

あっという間に、終了地点の「石仏群と歴史館」に到着してしまいました。

季節柄、すっかり冷たくなった風に吹かれながらの観察会でしたが、

その風のおかげで紅葉も色付きを深めており、とても良い自然観察会でした。

皆様も、箱根の紅葉を見に、是非いらしてくださいね!

ページ先頭へ↑

2016年11月02日紅葉を見る自然観察会の下見に行ってきました!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

小雨の降る111日(火)に

来週118日(火)開催される「紅葉の箱根路を訪ねて」自然観察会の下見に行ってきました。

徳川幕府が、旅人に木陰を与えるために道の両側に植えた

「箱根旧街道 杉並木」を通りながら

杉の大きさに驚きつつ、昔の旅人の思いを感じながら進んでいきます。

「石畳」の坂道を越え

歴史深い「お玉が池」では遠くの方で一羽のアオサギが迎えてくれました。

秋の植物も花を咲かせておりましたが

コミネカエデはまだ赤くなっておりませんでした。

これから色づくのが楽しみですね♪

カマツカの実やツタリンドウも赤い実を見せてくれ

秋を感じさせてくれております。

自然観察会は静岡県東部の降水確率40%以上の場合は中止となります。

今年こそは晴天になり、開催できる事を期待して

ご案内の準備をしております!!

これからの季節、皆様もぜひ箱根にお越しください!

ページ先頭へ↑

2016年11月01日尾瀬沼ビジターセンター閉所

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは


尾瀬沼ビジターセンターは

1031日をもって本年度の利用を終了いたしました。


今年度のビジターセンターはいかがでしたでしょうか。

今年は企画展示の仕方を変えてみたり、

アクティブレンジャーのコーナーを設けたりもしました。


来年度からも創意工夫をして、

訪れる方々を楽しませていきたいと思います。


そして先日、尾瀬国立公園内で初雪を観測しました。

これから尾瀬は半年間ほどの長い冬を迎えます。


また雪が溶け出した頃、

徒歩でしか訪れることの出来ない大自然の中にある

「尾瀬沼ビジターセンター」で、

皆様のお越しをお待ちいたしております。


今年度の御利用、誠にありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2016年11月01日伊豆の踊子と歩く 河津七滝

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

今回は、河津七滝と旧天城トンネルをご紹介いたします。 

河津七滝は、大滝、出合滝、かに滝、初景滝、へび滝、えび滝、釜滝の七つの滝があります。 

ここでは、「滝(たき)」→「たる、だる」と読みます。水が垂れる「垂水(たるみ)」という言葉からこの読み方になったそうです。  

 

初景滝 「踊子と私」 

 

川端康成の小説「伊豆の踊子」の「踊り子と私」の銅像がある初景滝や水しぶきをあげてダイナミックに流れる釜滝などそれぞれ違った表情を持っていて、とても美しい風景を見せてくれます。  

 

 

釜滝 

 

天気の良い日には、虹が見られるかもしれません。

これからの季節はきれいな紅葉と滝を楽しむことができます。 

 

 

旧天城トンネル(天城山隧道) 

 

河津七滝から車で20分ほどのところにあるのが、旧天城トンネル(天城山隧道)です。100年以上前、明治時代に造られたトンネルで、今でも車の通行ができる現役です。石造りのトンネルとしては、日本で最も古く、国の重要文化財に指定されています。

このトンネルは、幽霊が出るという噂があります。実際に歩いてみると思った以上に長く、上からは水がぽたぽた落ちてきました。明かりはありますが薄暗く、自分の足音が響き渡ります。とりあえず今回、幽霊はでなかったです。みなさん安心して利用してください。

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ