ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

富士箱根伊豆国立公園 箱根

99件の記事があります。

2017年04月20日箱根に春がやってきた!②

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

後藤アクティブ・レンジャーに引き続き、箱根の春の情報です。
現在箱根では周辺の地域より一足遅い春が訪れ、花々が咲き、彩りも豊かになってきました。

今回は仙石原の様子をお伝えします。


(国指定の天然記念物『仙石原湿原植物群落』)

仙石原では毎年3月頃に野焼きが行われています。昔は仙石原のススキ草原は屋根材や堆肥、牛馬の飼料として利用され、人為的に草刈りや火入れが行われていました。それらの活動によって草原環境が保たれ、貴重な生態系が残されてきました。いつの日か人間の活動による草原の利用がなくなり、火入れが行われなくなると、草原は森林化していきました。その後、貴重な草原環境を守ろうと、再び火入れが行われるようになりました。

今年も3月9日に火入れが行われ、辺り一面が真っ黒になりました。

3月24日撮影。正面、天然記念物指定地は草刈りのみ。)


一見すると死の世界になってしまったようですが、4月に入り暖かくなると、再び新たな命が芽吹いてきました。


4月20日撮影。)

地面がうっすら緑色になってきているがお分かりになりますでしょうか?




地面に顔を近づけてみると、小さな芽があちらこちらに生えてきているのがよく分かります。

これからさらに暖かくなるにつれて、植物もぐんぐんと背を伸ばし、辺り一面が緑の世界へ、そしてその後、黄金色の世界へと変わっていきます。
これからもそんな仙石原の変化をお伝えしていきますので、お楽しみにしていてください!

ページ先頭へ↑

2017年04月20日箱根に春がやってきた!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

桜の開花で賑わう今日この頃、日中には暖かい日差しが差しており、箱根にも春が来たと教えてくれています。

今回は箱根の春を、少しだけお裾分けします。

今週422日(土)に開催される「箱根地域自然に親しむ運動 スミレを探して春の仙石原を歩く」自然観察会の下見に行ってきました。

箱根パークボランティアの皆さんと一緒に歩き始めると、道の端や木の下には、たくさんの小さなスミレを発見!横を見ても、上を見ても、紫色、白色、黄色、ピンク色と春の植物に目を奪われます。

(ニオイタチツボスミレ)

(エイザンスミレ)

(マメザクラ)

(ミツマタ)

ヒメスミレや、タチツボスミレ、ニョイスミレ、ナガバノスミレサイシンと、

スミレがメインの自然観察会、今年は開催日にたくさん咲いているでしょうか?

雨天中止にならないことを心から祈っております!

皆さんの地域はどうでしょうか?

是非、外に出て歩いてみてください!

ページ先頭へ↑

2017年04月11日平成29年度のAR写真展♪ 「箱根」で開催中!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

今年度も関東地方の国立公園 / 国指定鳥獣保護区で活動するARによる写真展

「国立公園・野生生物フォトコレクション -アクティブ・レンジャー写真展-が始まりました!

最初の会場は「箱根」

平成29年4月8日(土)~ 4月27日(土)まで、箱根ビジターセンターにて開催しております。

ARの人数も増え、さらに各所の特徴が見えるようになったAR写真展。活動中に見た雄大な自然や、動植物を皆さんにお届けいたします。

こちらは箱根のAR、後藤・宍戸が撮影した写真です。

【水の音:箱根自然環境事務所 後藤AR撮影】

【火入れを見守る:箱根自然環境事務所 宍戸AR撮影】

他地域の写真や実物も見に来てください!

ゆっくり座って書けるアンケートコーナーも設けておりますので、見に来た方はぜひ、印象に残った写真をお選びください。AR一同、今後の励みとなります!

本展示は今年度1年間を通して、関東地方を回ります。お近くでの開催を楽しみにお待ちくださいね。

ページ先頭へ↑

2017年03月27日箱根自然講座『わらじ作り』開催!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

平成29年度323日(木)に箱根自然解説活動連絡協議会が主催する箱根自然講座、自然体験プログラムの技術を学ぶための「わらじ作り」が箱根ビジターセンターで開催され、箱根パークボランティアの皆さんが参加されました。

箱根の旧街道を昔の人はわらじを使って歩いていたということで、旅に必須の「わらじ」と「箱根」の歴史とは、関係が深いものです。

午前中、指が思うように動かない中1時間30分以上かけて1足を作ります。

お昼休憩を挟み、午後からもう一足作成開始!でしたが、皆さん手慣れてきたのかとても早く、午前中の半分の時間でもう一足が完成しました。

こちらが後藤作成のわらじです!

手慣れた午後の作成分(左)より、慎重に作成した午前分(右)の方がキレイな形をしております...

両足揃ったら、実際に履いて外を歩きます。

土を踏みしめる感覚が心地よく、指が出るので石の上では踏ん張りがききます。自分で作ったわらじなら感動もひと際大きいですね!

わらじ作りは非常に楽しく時間を忘れるようでした。皆さんの前でも手際よくわらじ作りをお伝えできるよう、こっそりと練習することにしますね。

ページ先頭へ↑

2017年02月20日箱根で登山道補修ボランティア

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

皆さんは山登りが好きですか?

普段は何気なく歩いている登山道。歩きやすい登山道があったり、逆に荒れている箇所があったり。道の具合を気にしながら歩くと、色々と気が付くことがあります。

現在箱根では、町の登山道の補修活動の舞台でボランティアの方々が活躍されています。

箱根は都心からのアクセスが良く、登山道の利用者が多いので、オーバーユースによる道の荒廃が起こったりします。登山者の踏圧によって道が掘られると、そこに雨水が流れ浸食が起こり、徐々に溝が深くなってしまいます。そんな状態を防ぐために、定期的な登山道補修は欠かせません。

登山道の補修は月2回行われており、箱根自然環境保全活動研究会が第3土曜日に、箱根町が第4水曜日にボランティア活動を主催しています。

先日は黒岳という所の、急坂で土が露出している、転倒の危険性が高い場所の補修を行いました。

その日は新規の参加者が3名おり、その内の2名は女性でした。

補修箇所の現場までは人力で資材を運ぶ必要があるのですが、女性の方も大変パワフルに資材を運んでいました。もちろん自分ができる、危険のない範囲で作業は行っていただきます。

冬は地面が凍っているため、山へ補修活動に行かずに、補修に使う杭づくりを行ったりすることも多いのですが、この日は天気も良く地面の氷が溶けていたため、現地で作業を行いました。

杭打ちは多少慣れが必要です。慣れるまではへっぴり腰になったり、木槌をうまく杭に当てられません。熟練の方ですとうまく力を抜きながらも打てるのですが、初心者は力を入れ過ぎて振ってしまうので、翌日には腕が筋肉痛になってしまいます。

作業に慣れてくると夢中になってしまい、あっという間に時間が過ぎて行きます。

また、作業中に登山者の方から「ご苦労様です」、「ありがとうございます」と言われたりするのが大変励みになります。

補修を終了して成果を振り返ってみると、かなり整備が進んだことに驚きます。

みんなで一心不乱に作業を行った結果ですね。

作業前

作業後

作業前は、急坂のため下るときに勢いがついて、止まることができないような道でしたが、階段を作ることによって、落ち着いて歩けるようになりました。また適所に水切りを作ることによって、水の勢いを止め、雨による洗掘も防ぐこともできます。

登山道補修活動は心地よい疲労感と大きな達成感があります。箱根自然環境保全活動研究会の代表の辻本さんは「登山やトレランのように、登山道補修も自然の楽しみ方の1つとして定着してくれれば」とおっしゃっていました。

この回の補修活動は地元のタウンニュースにも紹介されました。

http://www.townnews.co.jp/0609/2017/01/27/367847.html

爽やかな汗がかけ、登山者や環境にも優しく、活動後のご飯やお風呂が楽しみになる登山道補修活動。
ぜひ皆様も体験してみませんか?

+++++++++++++++++++++ 箱根の登山道補修ボランティア +++++++++++++++++++++

興味を持った方は箱根ビジターセンターまでご連絡下さい。

初心者の方も、経験者が優しく指導いたします。

箱根ビジターセンター

TEL0460-84-9981

Emailhakone-vc@kanagawa.email.ne.jp

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2017年01月26日冬の金時山

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

金時山は一年を通して登れる山ですが、冬の登山には軽アイゼン等の雪山登山の装備が欠かせません。現在の登山道は、雪が踏み固められて氷状になり、大変滑りやすくなっております。特に下りが大変危険ですので、注意してお歩きください。







さて、そんな冬の金時山ですが、空気が澄んだ今の季節は、山頂から綺麗な富士山を見られる確率がかなり高くなります。



また南方面へ向くと、眼下に広大な景色を眺めるができます。



左から大涌谷、仙石原のススキ草原、芦ノ湖、駿河湾まで見渡せます。

しばらく寒い日が続いており、雪が溶ける気配はありません。

下界に雪が無い状態でも、冬に山に登る際は必ず雪山装備を持参してお楽しみ下さい!


ページ先頭へ↑

2016年12月14日箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄一斉防止パトロール

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

1129日に、毎年恒例の箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄一斉防止パトロールが行われました。

同日に一斉に各管理地のパトロールをして、ゴミが落ちていたら拾うというイベントに今年も沢山の方々がご協力して下さいました。

私達も昨年と同様、箱根スカイラインへ向かう道を巡回したのですが、再び沢山のゴミが落ちていたのを発見しました。この道は車通りが少なく、夜間などに車を停めてゴミを投げ捨てやすいのだと思います。

ちょうど道路脇が崖になっている所なので、ロープを使ってゴミを引き上げて行きます。







短時間で軽トラックがいっぱいになりました。これでもこの道は箱根町の方が既に何回か巡回している所とのことでした。

当日のゴミ回収量は全参加者の合計で約451kgにも上りました。缶やペットボトルや紙くずが多いのですが、中には冷蔵庫や電子レンジなどの大型ゴミもありました。

国立公園内外にかかわらず、ゴミの不法投棄はやめましょう!

またご協力頂いた皆様には誠に感謝申し上げます!

(今年度ご協力頂いた参加機関・団体、及び事業者はこちら )

*******************************************************************************

【機関・団体】

国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所、林野庁関東森林管理局東京神奈川森林管理署、神奈川県県西地域県政総合センター、神奈川県自然環境保全センター箱根出張所、神奈川県県西土木事務所小田原土木センター、箱根町、裾野市、公益財団法人神奈川県公園協会、一般財団法人自然公園財団箱根支部

【事業者】(五十音順)

伊豆箱根交通株式会社、伊豆箱根鉄道株式会社、伊豆箱根バス株式会社、小田急箱根ホールディングス株式会社、株式会社小田急リゾーツ、箱根観光船株式会社、箱根ターンパイク株式会社、箱根登山バス株式会社、箱根ロープウェイ株式会社、株式会社プリンスホテル

*******************************************************************************

ページ先頭へ↑

2016年12月12日箱根地区パークボランティア 勉強中!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

123日(土)に箱根地区パークボランティア向けに開催している

平成28年度第2回パークボランティア研修を開催しました。

今回のテーマは【箱根ジオパークと国立公園の連携】。

今年度9月に箱根ジオパークが

「南足柄市の編入」に伴い「日本ジオパークに新規認定」されたことを受けて本テーマによる講義を実施しました。

今回編入した南足柄で活動されている「南足柄ジオガイドの会」の方達も参加してくださり、計37名の参加となりました。

ペレットストーブを点けても寒い部屋の中でしたが、3名の講師

・箱根ジオパーク推進協議会 事務局の片野氏

・神奈川県温泉地学研究所 所長の里村氏

・伊豆半島ジオパーク推進協議会 事務局 専任研究員の鈴木氏

により「箱根ジオパーク新規認定について」や「昨年の箱根火山について」「伊豆半島と箱根について」など、今後の活動に役立つ講義が行われました。



皆さんは質問もしつつ、真剣に講義を聞いていました。

講師を含め、全員で「意見交換会」も実施しました。

短い時間でしたが、様々な意見が飛び交います。

箱根パークボランティアの皆様、1日お疲れさまでした!

今後も箱根を訪れる方に箱根の魅力をお伝えできるよう、一同お待ちしております!

ページ先頭へ↑

2016年11月14日2年ぶりの開催!箱根の紅葉観察会

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

徐々に紅葉も進んでいる箱根で、

自然に親しむ運動「紅葉の箱根路を訪ねて」自然観察会が開催されました!

--------------------------------------------------

・日  時:平成28118日(火)

・主  催:自然に親しむ運動実行委員

・開催担当:環境省 箱根自然環境事務所

--------------------------------------------------

本観察会は、過去2年 雨天中止・・・

今年も、前日まで降水確率を

ドキドキしながら確認していました。

当日は曇天でしたが、無事開催!

その様子をお伝えします。

まずは恩賜箱根公園駐車場の「箱根八里の碑」の前で

パークボランティアによる解説を聞きました。

その後は、班ごとに「杉並木」に出発!

最長のものは38m程あると言われる杉を両側に眺めながら

目に付く植物について、

パークボランティアからの解説があります。

昔の旅人に思いを馳せつつ「石畳」の坂道を越え

午後からは、「お玉の伝説」が伝わっている「お玉が池」へ向かいました。

池の向こうには二子山の紅葉が見え、

その美しい光景に一瞬寒さを忘れました。

その後も木々の間を登りながら植物や鳥の観察を続け

あっという間に、終了地点の「石仏群と歴史館」に到着してしまいました。

季節柄、すっかり冷たくなった風に吹かれながらの観察会でしたが、

その風のおかげで紅葉も色付きを深めており、とても良い自然観察会でした。

皆様も、箱根の紅葉を見に、是非いらしてくださいね!

ページ先頭へ↑

2016年11月02日紅葉を見る自然観察会の下見に行ってきました!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

小雨の降る111日(火)に

来週118日(火)開催される「紅葉の箱根路を訪ねて」自然観察会の下見に行ってきました。

徳川幕府が、旅人に木陰を与えるために道の両側に植えた

「箱根旧街道 杉並木」を通りながら

杉の大きさに驚きつつ、昔の旅人の思いを感じながら進んでいきます。

「石畳」の坂道を越え

歴史深い「お玉が池」では遠くの方で一羽のアオサギが迎えてくれました。

秋の植物も花を咲かせておりましたが

コミネカエデはまだ赤くなっておりませんでした。

これから色づくのが楽しみですね♪

カマツカの実やツタリンドウも赤い実を見せてくれ

秋を感じさせてくれております。

自然観察会は静岡県東部の降水確率40%以上の場合は中止となります。

今年こそは晴天になり、開催できる事を期待して

ご案内の準備をしております!!

これからの季節、皆様もぜひ箱根にお越しください!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ