ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年04月24日【那須】那須事務所よりお知らせ

日光国立公園 吉川 美紀

みなさんこんにちは。

那須事務所周辺(標高約900m)の雪は大分溶け、とうとう那須平成の森でも冬のプログラム・スノーシュートレッキングが終了しました。カタクリやショウジョウバカマが開花しており、とても春らしくなってきましたが、まだ場所によっては1m近い積雪が残っている場所もあります。

那須にお越しの際は、目的地の状況や天候をご確認のうえ、適切な装備をご用意ください。

(峠の茶屋登山口/4月21日撮影)

さて、そんな春らしくなってきた那須よりお知らせです。

  1. ①那須事務所の名称変更

    平成29年度より、那須自然保護官事務所は「日光国立公園那須管理官事務所」に名称が変更いたしました。事務所名称の変更に伴い、自然保護官の役職名も「国立公園管理官」に変更となり、自然保護官補佐も「国立公園管理官補佐(通称はアクティブレンジャーのまま変わりなし)」となります。

    事務所の所在地には変更ございませんので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

     ○参考:http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_95.html

  2. ②那須平成の森フィールドセンター及び那須高原ビジターセンターの休館日の変更

    平成29年度より、那須平成の森フィールドセンターおよび那須高原ビジターセンターの休館日が以下のとおり変更となりました。ご利用の際はご注意ください。

       (変更前)休館日 4-11月:無休、12-3月:水曜日

       (変更後)休館日 毎週水曜日(ただし、5、8、10月は無休)

         ○那須平成の森フィールドセンター:http://www.nasuheiseinomori.go.jp/

         ○那須高原ビジターセンター   :http://www.nasuheiseinomori.go.jp/vc/

  3. ③2017新宿御苑みどりフェスタ出展

     4月29日(土)新宿御苑にて開催されます「2017新宿御苑みどりフェスタ」に那須管理官事務所が出展いたします。タイトルはずばり、「楽しさ発見!日光国立公園・那須の山、那須平成の森にでかけよう!」

    今年度、第2回山の日記念全国大会の会場に選ばれた那須の魅力をご紹介します。また、「木の枝で笛作り」などのワークショップも同時に開催!ぜひお近くにお越しの際は、那須の情報をゲットして那須の魅力に触れてください!

     ○参考:http://www.env.go.jp/press/103958.html

        

    (木の枝で笛作り)

    今年度、那須は話題がたっぷりです!

    アクティブレンジャー日記でも随時情報を発信していきますので、ぜひおつきあいください!

ページ先頭へ↑

2017年04月24日雪と尾瀬

尾瀬国立公園 細川有希

2017年4月より尾瀬国立公園檜枝岐地区に着任しました細川です。

到着した当初から檜枝岐村内で雪が1から2m程積もっていました。


シーズン前に行う尾瀬のビジターセンター等の開所作業の準備のために尾瀬に登りました!

雪山は白馬山しか登ったことがなく、長靴もスノーシューズも初めての経験でした。

雪山=とっても寒い
という印象だったので何枚も重ね着をしていたのですが、序盤から汗をかく程暑く感じました。

尾瀬沼に到着すると施設(ビジターセンター等)が雪に埋まっており、

ビジターセンターは二階の出入り口から入ることができました。

(尾瀬沼ビジターセンター)


雪は山の中だとおよそ3m近く積もっており、夏場と冬場では雰囲気が全く違うので
道を間違えないようピンクテープを木にくくりつけて、帰りはそれを辿って下山しました。

大江湿原には雪が積もり、真っ白な平原ができあがっていました。

(大江湿原)

寒い冬は夏に感謝し、暑い夏は冬に感謝するように、四季の変化を身近に感じながら

尾瀬は今後も私たちを魅了してくれることでしょう。

(尾瀬沼から見た燧ヶ岳)

ページ先頭へ↑

2017年04月21日着任のごあいさつ

南アルプス国立公園 本堂舞華

初めまして。

4月から南アルプス国立公園に着任しました本堂舞華です。

登山は大学2年生の頃から始め、現在4年目になりました。

主に北アルプスや八ヶ岳、中央アルプスなどへ。

南アルプスには、昨年秋に初めて登りました。

大好きな山に関わりながら仕事ができることにとても喜びを感じています。

自然についてはまだまだ勉強中ですが、動植物の保全に貢献したいと思っています。

先日、夜叉神峠へ行ってきました。

芦安から夜叉神峠登山口の道路には雪は全くありません。

夜叉神峠付近の登山道にはアイスバーンがほんの少し。

夜叉神峠から見る素晴らしい白峰三山を期待していましたが・・・・・・。

雪が残りガスがかかる白峰三山

真っ白でした・・・・・・。残念。雪がまだありました。高山ではまだ冬ですね。

今回私が行った夜叉神峠ですが、ルートも分かりやすく、5月ごろには樹々が新緑に包まれます。

木々の名前が記載されている標識

写真のような標識が付いているので、歩きながら樹々を楽しむこともできます。

登山口から1時間ほどのハイキングコースで、天気が良いととても美しい白峰三山も見ることができます!

芦安地区では御勅使川(みだいがわ)に鯉のぼりが泳いでいます。春を感じますね。

御勅使川を泳ぐこいのぼり

休日やゴールデンウィークに足を運んでみてはいかがですか?

ページ先頭へ↑

2017年04月20日箱根に春がやってきた!②

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

後藤アクティブ・レンジャーに引き続き、箱根の春の情報です。
現在箱根では周辺の地域より一足遅い春が訪れ、花々が咲き、彩りも豊かになってきました。

今回は仙石原の様子をお伝えします。


(国指定の天然記念物『仙石原湿原植物群落』)

仙石原では毎年3月頃に野焼きが行われています。昔は仙石原のススキ草原は屋根材や堆肥、牛馬の飼料として利用され、人為的に草刈りや火入れが行われていました。それらの活動によって草原環境が保たれ、貴重な生態系が残されてきました。いつの日か人間の活動による草原の利用がなくなり、火入れが行われなくなると、草原は森林化していきました。その後、貴重な草原環境を守ろうと、再び火入れが行われるようになりました。

今年も3月9日に火入れが行われ、辺り一面が真っ黒になりました。

3月24日撮影。正面、天然記念物指定地は草刈りのみ。)


一見すると死の世界になってしまったようですが、4月に入り暖かくなると、再び新たな命が芽吹いてきました。


4月20日撮影。)

地面がうっすら緑色になってきているがお分かりになりますでしょうか?




地面に顔を近づけてみると、小さな芽があちらこちらに生えてきているのがよく分かります。

これからさらに暖かくなるにつれて、植物もぐんぐんと背を伸ばし、辺り一面が緑の世界へ、そしてその後、黄金色の世界へと変わっていきます。
これからもそんな仙石原の変化をお伝えしていきますので、お楽しみにしていてください!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ