ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年06月19日防鹿柵設置シーズン突入!!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

みなさんは、南アルプスのあちこちに防鹿柵が設置されているのをご存じでしょうか。南アルプスでは2000年頃からニホンジカが稜線付近に現れるようになり、高山帯を綺麗に彩るお花畑での食害が深刻化していました。ニホンジカは群れで行動し、気に入った場所が見つけるとしばらく滞在する習性があり、高山植物が根こそぎ食べられてしまう恐れがあります。

ニホンジカ(北沢峠にて撮影)

△ニホンジカ(北沢峠にて撮影)

ニホンジカから高山植物を守るために、環境省や県、市町村が防鹿柵を設置しています。

先日、静岡県が主体となり、ボランティアの方々と行っている三伏峠の植生保護活動に参加しました。三伏峠はシカの食圧により、一時草原化したものの、平成19年、20年、24年に設置した防鹿柵の成果もあり、着実に回復しています。

三伏峠には季節型防鹿柵と常設型防鹿柵の2つが設置されています。季節型防鹿柵は雪解け後にネットを立ち上げ、積雪前に撤去するタイプの柵です。常設型防鹿柵は撤去作業等を行わず、1年中設置されているタイプの柵です。

防鹿柵設置作業を行う際は、植生を痛めないために地下足袋などの靴底が柔らかいものを履いて行います。

季節型防鹿柵のネット立ち上げ作業のようす

△季節型防鹿柵のネット立ち上げ作業のようす

立ち上げられた防鹿柵

△立ち上げられた防鹿柵

経験豊富なボランティアの方々によってあっという間に柵の立ち上げ及び補修が行われました!

登山道や三伏峠小屋周辺にはエンレイソウやシナノコザクラが咲いていました。防鹿柵周辺にはシナノキンバイやハクサンチドリ、キバナノコマノツメが咲いていました。他にもたくさんの植物が開花または開花の準備を始めています。

ミヤマエンレイソウ

△ミヤマエンレイソウ

シナノキンバイ

△シナノキンバイ

例年ではこの時期でも小屋周辺や柵周辺には雪が残っているようですが、今年は全くないです!そのため、花の開花時期も2週間ほど早めです。

三伏峠小屋および塩見小屋は7月1日から夏季営業開始予定です。楽しく安全な登山を心がけましょう。

★お知らせ

今週末、6月23日(土)に広河原インフォメーションセンターにて「2018 南アルプス開山祭」が行われます。

日 時:平成30年6月23日(土)午前10時から

場 所:広河原インフォメーションセンター

※雨天決行(南アルプス林道が通行止めの場合は南アルプス芦安山岳館にて行われます。)

地元・芦安中学校生徒による合唱や夜叉神太鼓の演奏や百年前の衣装を身にまとった山案内人による「蔓払い」の儀式が行われます。「蔓払い」の儀式ってなに??と思った方!ぜひ、開山祭でお待ちしています!

ページ先頭へ↑

2018年06月19日コウシンソウ

日光国立公園 鈴木祥之

皆さんこんにちは

日光国立公園の太田です。

先日、日光国立公園の最南部地区の日光市足尾町の庚申山に巡視に行きました。

庚申山は信仰の山、修験者の山で、修験者が修行を積んだ険しい岩場もあります。

おやま巡りのコース

コウシンソウはこのような岩場の日陰や湿った部分に多く見られるようです。

コウシンソウの群落

庚申山のコウシンソウは国の特別天然記念物で、庚申山ではじめて発見されたことから和名が付けられています。分布は日光地区に限られ、日光国立公園を代表する植物のひとつと言って良いと思います。

コウシンソウ

この植物は食中植物で、葉面に粘液を出して小昆虫を捕らえます。花は花茎を伸ばした先にお辞儀をするような感じで咲きます。

花後は花茎を岩壁に伸ばす

花が咲き終わると、花茎は反り返るように伸長して行き、結実すると岩壁に種子をくっつけるようにするそうです。コウシンソウが常に岩壁に生育していけるように、適応してきたためと言われているようです。

皇海山

この日は天気も良く、コウシンソウも見頃だったため、平日にもかかわらず多くの登山者がいました。庚申山の少し西のピークからは、周囲の山々が一望できました。西の方には日光国立公園最南端の二千m峰で、日本百名山の皇海山(すかいさん)がそびえ、今後の巡視対象として早急に行かねば、という強い思いが出てきました。

ページ先頭へ↑

2018年06月18日足環装着って何?

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。

 新潟県佐渡市では、日中25℃を越える日が増え始め、夏の気配を感じるようになりました。

<佐渡市羽茂亀脇>

 この時期、自然界のトキたちの間では、ヒナの巣立ちが続々と確認されています。

<巣立ちしたトキの幼鳥>

上の巣立ちしたトキの写真を見て、何か気になることはありませんか?

自然界で巣立ったトキなのに、カラフルな足環(あしわ)が付いているんです。

この足環、いったいどうやって付いたのか。

今回は足環装着についてお話ししたいと思います。

そもそも足環は何のため?

 足環を装着すると、個々のトキを識別できるようになり、自然界のトキたちの動向や生存率が分かります。放鳥するトキ全てと、自然界で誕生したトキの一部(30羽程度)に足環を装着しています。

放鳥するトキは、放鳥前の飼育されている時期に捕獲され、足環を装着されます。

では、自然界の巣にいるヒナたちには、どうやって足環を装着しているのでしょうか。

答えは、「トキの巣がある木に登って、巣にいるヒナを捕獲し、足環を装着している」です。

~足環装着作業の流れ~

①樹上作業者がトキの巣がある木に登り、ヒナを捕獲します。

 捕獲したヒナは、専用のケースに入れられ、地上へ下ろされます。

<トキの巣がある木に登り、ヒナを捕獲する作業者>

<ヒナを捕獲する作業者 クロースアップ>

②地上にて、獣医師を含む作業者がヒナの身体測定と足環の装着等を行います。

 樹上作業者は、ヒナがいない間、巣の計測等を行います。

<捕獲され、地上におろされたヒナ3羽>    



<足環装着されるヒナ>


<雌雄判定のための羽毛採取>



<巣の計測>


<足環装着作業中、心配そうに巣上空を飛ぶ親鳥2羽>

③作業後、ヒナを巣に戻し、作業者は巣から離れます。

 モニタリング担当の職員が巣から離れた場所で観察を行い、親鳥が巣へ戻ったのを確認して足環装着作業の工程すべてが終了します。

<巣にもどされたヒナ>


<作業者が巣から離れたのを確認してから戻って来た親鳥>

※足環装着作業の際、親鳥は一時的に巣を離れることとなりますが、必ず巣に戻り育雛放棄することはありません。

※天敵となるカラスやテンなどが多い場所での足環装着は行わないなど、足環装着作業を行うことで生じるリスクを最小限にする様々な配慮や対策を講じたうえで実施しています。

 環境省は、トキのヒナの両脚が巣から出た時点を「巣立ち」と定義しており、巣立ったトキは、「ヒナ」から「幼鳥(ようちょう)」と呼び名が変わります。幼鳥は自由に飛べるようになると、島内を広く移動します。足環が付いていれば、どこで誕生し、何歳のオス/メスで、親は誰なのか等が分かります。

 このようにトキの動きを追跡することで、現在進められているトキの野生復帰事業を評価することができます。

 6月8日(金)には、第18回目となるトキの放鳥が行われ、日本の自然界に生きるトキはちょうど300羽となりました。この羽数も、足環によって個体の追跡ができているから出せる数字です。

<佐渡の自然界へ飛び立つ第18回放鳥トキ>

 いずれこうした追跡を行う必要がないほどにトキが増え、トキを支えることができる佐渡の豊かな自然がこれからもずっと続くことを願っています。

ページ先頭へ↑

2018年06月13日長者ヶ岳・小田貫湿原巡視報告

富士箱根伊豆国立公園 松岡宏明

皆さまこんにちは!富士箱根伊豆国立公園の沼津管理官事務所アクティブ・レンジャーをしています、松岡宏明でございます。
今回は、長者ヶ岳を中心に周辺を巡視してきたので、張り切ってその内容を報告させていただきます!

今日紹介させていただくのは、富士山の西方にある、長者ヶ岳と小田貫湿原(こたぬきしつげん)です!


まずは、長者ヶ岳です。
この日は快晴で前日が雨だったこともあり、草花や木々がキラキラ、イキイキとしていてとても活力をもらいました。しかし、登山道がぬかるんでいる箇所や木道がつるつるしていて滑りやすくなっている場所もあったので、雨上がりに登山される際は注意が必要です!
長者ヶ岳の登山口は主に3か所ありますが、今回は東海自然歩道入口から登りました。序盤は階段が続き、標高を稼ぐにはいいですが、体力的にはしんどいかもしれません。
しかし、頑張って歩を進めて、休憩がてら周りを見渡してみると...!

△ 緑輝く登山道

木漏れ日あふれる綺麗な世界が広がっています。それに加えて、今の時期だとコアジサイが可愛らしい花をたくさん咲かせています。

△小さい花が特徴のコアジサイ

青くて小さい花がなんともキュートですよね!道中を少しだけほっこりさせてくれます。
また、長者ヶ岳には富士山の展望地点もあって、その景観を見れば登山の疲れをいやしてくれること間違いなしです!その中でも、長者ヶ岳山頂は「富士山がある風景100選」(http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_94.html)にも選ばれている場所です。この場所だけではなく他の選定地も富士山が綺麗に見える場所なので、富士山を自然の中で観たい!撮影したい!という方は巡ってみてもいいかもしれません。
さてさて、そんな長者ヶ岳山頂からはこんな景色が広がっています。

△ 長者ヶ岳山頂からの富士山(冬季)

どどーん!と壮麗ですね!
...え、なぜ今の時期に富士山に雪があって、周りの木々が寒い感じかって?...実は、この日雨上がりだったこともあり、富士山に巨大な雲がかかってしまい、まったく見えませんでした...。なので、11月ごろに撮影した長者ヶ岳山頂から撮影した写真を使用させていただきました。すみません。
上の写真のように晴れていれば、とても綺麗な景観が待っています。長者ヶ岳に登る際は富士山に雲が多くない日を選んで登山することをおすすめします。皆さんは私のようにならないように注意してくださいね!

そして、次に紹介するのが長者ヶ岳の登山口からほど近いところにある、小田貫湿原です。

△ 小田貫湿原の木道

ぐるりと森林に囲まれて、ながーい木道とカエルの鳴き声やサラサラと草がこすれる音が自然と聞こえてくるような癒しスポットです。
湿原ならではの花や植物、生き物たちもたくさん観察でき、段差や危険な箇所も少ないので、お子さんを連れていかれるのもいいかもしれません。田貫湖周辺を訪れた際はぜひお立ち寄りください!

次回は、今回の巡視で上記の二つの他に巡視した田貫湖ふれあい自然塾(http://www.tanuki-ko.gr.jp/)と白糸の滝(http://www.fujinomiya.gr.jp/shiraito/index.html)について紹介したいと思います!乞うご期待です!

沼津管理官事務所 松岡宏明

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ