ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年04月19日富士山麓に春、到来中!(富士五湖エリア)

富士箱根伊豆国立公園 小西 美緒

こんにちは。富士五湖の小西です。

2019年度も富士五湖エリアの魅力を発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

この冬は暖冬でしたが、3月、4月に入ってから何度か雪が降ったり氷点下になったりと季節が足踏みをしているかのようでしたが、ようやく春到来です!

ただいま、河口湖湖畔が桜満開です!やっぱり富士山に桜は似合いますね。

河口湖産屋ヶ崎(4月18日 齋藤管理官撮影)

外国からの旅行者の傾向も「モノ」消費から「コト」消費へと変化してきていると言われていますが、年々この時期に「桜と富士山」を目当てに訪れる国外からの旅行者が増えているように感じます。

桜といえばソメイヨシノですが、この辺りにはマメザクラ(フジザクラ)が数多く自生していて、山梨県と富士吉田市の花に指定されています。
華やかさではソメイヨシノに劣りますが、小ぶりでうつむき加減に咲く姿はとても愛らしいです。

満開のマメザクラ(4月19日)

その他にもミツバツツジも咲き始めました。

鮮やかな紫が林内でとても目立ちます(4月19日)


富士のすそ野に位置する富士五湖エリアでは桜の咲く時期が標高によって異なるため、場所を変えれば長い期間、桜を楽しめるのも魅力のひとつだと思います。

実際に、河口湖は桜が満開ですが、標高が100m高い山中湖では開花までもうしばらくかかりそうです。

まだつぼみの桜(415日 山中湖)

富士山麓に訪れた春を感じに、是非遊びにきてください!

【下記イベントを開催中です】

富士・河口湖さくら祭り(~421日)

 問い合わせ先:0555-72-3168(富士河口湖町観光課)

●ふじざくら祭り(~429日)

 問い合わせ先:0555-21-1000(ふじよしだ観光振興サービス)

ページ先頭へ↑

2019年04月18日アクティブ・レンジャー写真展開催中のお知らせ!(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 池田興平

412日(金)から526日(日)まで、箱根ビジターセンターの多目的ホールで「環境省アクティブ・レンジャー写真展-国立公園・野生生物の姿-」を開催しています。


関東地方環境事務所管内の国立公園などの最前線で活躍しているアクティブレンジャー達が撮影した、豊かで美しい自然の風景や動物の写真を多数展示しています!


アクティブレンジャーは日々の業務の中で、業務報告として写真を撮影するほか、写真展のために国立公園の素晴らしさをアピールできる最高の一枚を撮影することを心掛けています。

そんな気合いの入った一枚をぜひ見て頂きたいです。

お近くにお越しの方はぜひお立ち寄り下さい!

<場所>環境省 箱根ビジターセンター(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164

<時間>9:00-17:00(最終入館は16:30まで)

箱根ビジターセンターまでのアクセスはこちらhttp://hakonevc.sunnyday.jp/access.html

ページ先頭へ↑

2019年04月16日南アルプスに咲く花(稜線編)

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

関東平野部でも雪の予報があった先週10日、芦安では朝から雪が降り続きました。4月だというのに、冬らしさを感じました。

辺り一面が真っ白になった芦安

△辺り一面が真っ白になった芦安

この日は山の神ゲートから上の道路は積雪のため、通行止めになりました。現在は通行止めも解除され、芦安は雪の白さのかけらもないですが、夜叉神峠までの登山道および鳳凰三山へ向かう登山道には雪がありますので、アイゼン等の冬装備を持って行くようにしてくださいね。

さて、前回の「南アルプスに咲く花(亜高山帯編)」、前々回の「南アルプスの咲く花(低山帯編)」に引き続き、今回が最後です。稜線(2,700mから3,100m)で見ることができる高山植物をご紹介します。

【タカネビランジ】

八本歯のコルまでのはしごを登り切った先で出迎えてくれました 鳳凰三山稜線部の岩陰に咲いていました

南アルプス固有種の1つです。主に北岳、鳳凰三山、荒川岳などの広い範囲で咲いています。北岳や荒川岳で見られるタカネビランジは左の写真のような淡いピンクまたは白っぽい色のものが多いです。対して、鳳凰三山や北岳の一部では右の写真のような淡いピンクが多く咲きます。地域によって色の濃淡が違うので、南アルプス各地で探してみるのもいいですね。

【イブキジャコウソウ】

1つ1つでは小さいですが、株だと大きく見えます

伊吹山で発見されたことからイブキジャコウソウという名がつきました。岩の周囲に密集しており、小さい花をたくさん付けます。冬は葉をつけた状態で雪の中で越冬します。花は濃いピンク色をしていますが、実になると鮮やかな赤色になります。また、植物全体からはハッカの香りがするそうです。

【キンロバイ】

私はキンロバイの形が可愛らしくて好きです。

キンロバイはバラ科の低木です。イメージとしてはノバラを黄色くしたもので、花そのものは2センチほどで小さく可愛らしい花です。漢字で表記すると「金露梅」と書きます。字の通り、梅の花に似ていますよね。キンロバイは黄色ですが、色違いで白い花もあり、ギンロバイやハクロバイと呼ばれています。盗掘により個体数を減らしており、現在では環境省のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。

【シコタンソウ】

白い粒は水滴や雪を連想させます

名前の由来は千島列島の色丹島で発見されたからですが、中部以北から北海道の高山帯に生育しています。大株を作り、稜線のあちこちで見かけます。白く似たような花がいくつかありますが、シコタンソウの特徴は間近で花をよく見てみると茶色と赤色の小さな斑点が付いていること、花弁は5枚になっていることです。

今回は稜線(2,700mから3,100m)で見られる花をお送りしました。このあたりは相応の体力が必要となってきます。3,000mの稜線を縦走しながら、高山植物の観察をじっくりするのもいいですね。

3回に渡りお届けした南アルプスに咲く高山植物はいかがでしたでしょうか?私自身、まだ見つけることができていない花がたくさんあります。種類が多すぎて、覚えきれていない花もあります。今年の夏はたくさん南アルプスの山々に行き、いろんな花を見つけて、何種類も覚えて、勉強していこうと思います。

ページ先頭へ↑

2019年04月11日自然に親しむ、現代版『東海道五十三次』

富士箱根伊豆国立公園 沼津 山田優子

皆さま、はじめまして!!

4月1日より沼津管理官事務所にアクティブ・レンジャーとして着任しました山田優子です。

静岡県に生まれ富士山をはじめ山と海に囲まれながら生活してきました。

この度、アクティブ・レンジャーとして自然を守るお手伝いが出来ることになりうれしく思っています。

沼津管理官事務所の管轄はとても広く、富士箱根伊豆国立公園の富士山の山頂部とその静岡県側、伊豆半島北半分と箱根の静岡県側になります。これから四季折々の情報をたくさん発信していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

今回は、先日初めて巡視に行った東海自然歩道について紹介したいと思います。

「東海自然歩道」は、東京高尾山から大阪箕面を結ぶ全長約1,700kmの長距離歩道です。日本の美しい自然や貴重な文化財を守り、多くの人々が足で歩いて自然の魅力にふれる健全なレクリエーションと情操教育の場として、昭和45年から整備されてきました。

 

この歩道は、沿線の自然保護をはかりながら、ハイキングを楽しめるように整備されています。野鳥のさえずり、清らかな渓流、木漏れ日が射し込む緑の林、めずらしい動植物の生態、そして由緒ある寺社や古墳などの文化遺産があります。 現代版の 『東海道五十三次』 となっているそうです。

【 標識看板 】

今回はその中で、富士宮市北部にある朝霧高原周辺の、静岡県と山梨県の県境バス停から割石峠(県境)誘導標識を登り、標識看板を左へ、根原口バス停までを周り戻ってくる1時間30分程のルートです。

沼津管理官事務所が管理する看板、木橋や、ロープ手すりなどをチェックしたり、木や石が登山道を遮っていないかなど確認しながら、登山道を進んでいきます。

【 玉雪 】

途中、切り株の根元にまだ雪が残っていました。発砲スチロールのような小さな丸が集まったような雪で

『玉雪』と言って、比較的あたたかい時期に降る雪です。なんだかかわいいですね。

【 バイケイソウ 】

『バイケイソウ』の芽も出ていました。『バイケイソウ』は6月から8月に、梅の花に似た緑白色の花を房状に多数つけます。葉は長楕円形で先が尖っています。若芽は山菜のオオバギボウシやギョウジャニンニクの若芽に似ていますが、有毒で、誤食すると血管拡張作用があり血圧低下を引き起こし重篤な場合死に至るのでお気をつけください!

木橋にクルミの殻が落ちていました。リスが上手に割って食べたのでしょうか?想像すると山歩きが楽しくなりますね。人々が足で歩いて自然と触れ合えるように整備されてきた自然歩道ですが、動物たちもこの歩道を使っているのでしょうか?

玉雪や植物の芽、動物の活動など、山の春を感じることが出来ました。

県が整備している新しく建設されたトイレです。

キレイで気持ちよく使えてトイレがあると女性は安心出来ますよね。

山から下りてくると正面に富士山が見えてきます。何十年も見てきましたがその存在に圧倒されますし、季節折々の顔があり見る場所によっても見え方が違い飽きませんね。

このコースは、普段登山をしない方でも短い時間で自然を感じながらいい運動になり、またこれから夏に向けて登山をしようと思っている方も準備運動におすすめです。

 途中、登山道が狭くなっている場所が何ヶ所かあるので、しっかりと足下を確認しながら楽しんでいただけたらと思います。

これから沼津の広い管轄を生かし、いろんな顔の富士山も随時お届けできたらいいなと思っています。

たくさんの人の意識に自然を大切に思う心や、「自然っていいなー」と思ってもらえるような活動をしていけるように日々がんばっていこうと思っていますのでよろしくお願いします!!

沼津管理官事務所 山田優子

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ