ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

尾瀬国立公園

146件の記事があります。

2017年05月22日第37回尾瀬山開き@片品

尾瀬国立公園 柳澤美果子

みなさん、こんにちは!

片品村も爽やかな新緑の季節を迎えました。

そんな中、5月19日に尾瀬シーズンの幕開けを告げる、山開きが開催されました。

山開きを尾瀬山小屋組合主催から尾瀬がまたがる3市村自治体で開催するようになって今年で3年目。
一昨年は福島県檜枝岐村、昨年は新潟県魚沼市で開催され、今年は・・
そう、ここ群馬県片品村で山開きが開催されました!


片品村村長の挨拶の様子

尾瀬を訪れる多くの人に、ミズバショウの花言葉である「美しい思い出」をつくって欲しい
との言葉が印象的でした。



テープカットとくす玉開披

式典には、群馬県のゆるキャラ、ぐんまちゃんも駆けつけてくれました!

その他、アルプホルンや地元高校の吹奏楽部による演奏、
尾瀬の郷・親善大使で歌手の沢田知佳さんのステージなど、内容盛りだくさんの山開きとなりました。



尾瀬高校吹奏楽部による演奏


そして、今年は尾瀬にとって特別な年です。

それは・・2007年8月30日に日光国立公園から分離独立し、尾瀬国立公園として誕生して

今年で10周年という記念すべき年なのです!
10周年を記念して、尾瀬では様々なイベントを予定しています。
10周年記念イベントの詳細はこちら


ぜひこの機会に、尾瀬ファンの方はもちろん、まだ尾瀬を訪れた事のない方など、
たくさんの方に尾瀬に足を運んでいただければと思います!

シーズン幕開けとは言え、今年は雪が多く、尾瀬の中はまだまだ雪が多く残っています。

木道や階段の上にも雪があり、スリップや踏み抜き等に十分注意が必要です。

事前に情報を収集して、滑り止めや防寒具等、しっかりと装備を整えてお越し下さい。




雪どけした場所から咲き始めたミズバショウ

尾瀬を訪れるみなさんにとって、尾瀬での思い出が、美しく、そして楽しい思い出となりますように。

ページ先頭へ↑

2017年05月16日雪溶けの尾瀬

尾瀬国立公園 細川有希

尾瀬ではまだ雪が多く、山開きの5月19日まで雪は残りそうです。

雪が降ることはもうないと思いますが、代わりに雨が降ります。

雨が降ると一気に体が冷えるのでフリースなどすぐに出せる所にしまっておくと良いでしょう。

(沼山峠から大江湿原までの様子2017/5/11)

全く林道が見えない状況で、雪が溶けかけていることもあり、雪の中の空洞に足がはまりやすいです。

下をしっかり確認しながら歩く注意が必要です。

(大江湿原2017/5/11)

橋の一部は見えてますが、その周辺は大変足が抜けやすくなっているので渡るときはしっかりと足場を確認しましょう。

(ワタスゲ2017/5/11)

(ミズバショウ、リュウキンカ2017/5/12)

ミズバショウはまだ小さかったですが、リュウキンカと共にぽつぽつ咲いてきており、

とてもかわいらしい姿でした。

檜枝岐村では雪はほとんど溶けており、山桜が今満開を迎えています。

暖かくなってくれば尾瀬にも新しい芽が次々と出てくるでしょう。

真っ白から青々とした尾瀬に徐々に変わっていく姿を見るのが楽しみです。

ページ先頭へ↑

2017年04月24日雪と尾瀬

尾瀬国立公園 細川有希

2017年4月より尾瀬国立公園檜枝岐地区に着任しました細川です。

到着した当初から檜枝岐村内で雪が1から2m程積もっていました。


シーズン前に行う尾瀬のビジターセンター等の開所作業の準備のために尾瀬に登りました!

雪山は白馬山しか登ったことがなく、長靴もスノーシューズも初めての経験でした。

雪山=とっても寒い
という印象だったので何枚も重ね着をしていたのですが、序盤から汗をかく程暑く感じました。

尾瀬沼に到着すると施設(ビジターセンター等)が雪に埋まっており、

ビジターセンターは二階の出入り口から入ることができました。

(尾瀬沼ビジターセンター)


雪は山の中だとおよそ3m近く積もっており、夏場と冬場では雰囲気が全く違うので
道を間違えないようピンクテープを木にくくりつけて、帰りはそれを辿って下山しました。

大江湿原には雪が積もり、真っ白な平原ができあがっていました。

(大江湿原)

寒い冬は夏に感謝し、暑い夏は冬に感謝するように、四季の変化を身近に感じながら

尾瀬は今後も私たちを魅了してくれることでしょう。

(尾瀬沼から見た燧ヶ岳)

ページ先頭へ↑

2017年04月17日至仏山残雪調査2017

尾瀬国立公園 柳澤美果子

こんにちは。

尾瀬の麓、片品村で過ごした2度目の冬は、雪がよく降り寒さが身にしみる、

雪国を体感した冬でしたが、ようやく辺りの雪もとけ、心待ちにしていた春がやってきました。

(桜の開花はもう少し先です。。)

そして、今年も至仏山の残雪状況を確認をするため、この時期恒例の至仏山残雪調査に参加してきました。

調査日は4月13日です。

(昨年の様子はこちら)

昨年は記録的な少雪は尾瀬関係者を驚かせ、ミズバショウなど植物の開花が半月程早まるなど
様々な影響がありましたが、今年の積雪量はどうでしょう?

まず、出発地点の鳩待峠へ。



そこには、雪の大谷を思わせる雪壁が周囲にドーンと立ちはだかっていました。積雪はおおよそ4m!

「この時期にこんなに雪が多いのは初めて」とガイドさんや地元の方が言うほどの積雪量です。

そして、気を引き締めて、いざ残雪の至仏山へ!

鳩待峠から至仏山間の3箇所に設置されている積雪深計を確認していきます。

鳩待峠付近:3m(2016年4月18日:65cm、2015年4月23日:2.1m)

なんと、昨年の5倍弱程の積雪量です!

標高1780m付近:3.3m(2016年4月18日:1m、2015年4月23日:2.5m)

標高1850m付近:3.6m(2016年4月18日1.1m・2015年4月23日2.9m)

写真左が去年の様子、右が今年の様子です。(赤いラインが同じ位置!)

私はこの残雪調査に3回参加しましたが、少雪と大雪の両極端を経験し、年によってこれほど違うのか・・

と驚かされました。

そしてなんと、3箇所とも記録の残る平成19年以降、一番多い積雪量でした!




調査のルートを進みながら、山岳遭難救助隊の方が冬道の目印となるピンクテープをつけていきます。

ポールの指す先が去年のテープ位置です。

この日は予報では晴れ予報でしたが、次第に雪が降り始め、辺りはガスで真っ白に。

今回は山頂まではいかず、途中で引き返すことになりました。

山は安全第一。無理は禁物です。

空に溶け込む残雪の至仏山

残雪期の至仏山利用者に向けて、【至仏山利用ルール】を作成しています。

入山される方は、登山計画・雪山装備を万全に、植生保護や安全のためルールを守って行動して下さい。

ページ先頭へ↑

2016年12月20日尾瀬沼ライブカメラ

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは

冬の尾瀬は人が立ち入らない厳しい自然の場所なのですが、
その間尾瀬がどうなっているか気になりませんか?

そんな時は
環境省自然環境局生物多様性センターが運用しています
ライブカメラをチェックするのはどうでしょうか。

尾瀬には複数カメラが設置されていますが、

環境省のカメラは尾瀬沼に設置されています。
冬の尾瀬沼や湿原、
東北以北最高峰である燧ヶ岳の様子が楽しめ、
過去の画像と見比べて自然の遷移も確認できます。


 
(左)2002年12月20日14時撮影 (右)2016年12月20日14時撮影
※どちらの画像も環境省檜枝岐自然保護官事務所が縮小加工をしています。

また、日光や富士箱根などにも設置されていますので
お気に入りの場所を探してみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
生物多様性センター インターネット自然研究所
http://www.sizenken.biodic.go.jp/index.php
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 




ページ先頭へ↑

2016年12月13日尾瀬 檜枝岐の冬

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは

尾瀬国立公園は福島県側にあります檜枝岐村では
雪が降っては溶けての繰り返しです。





12月12日朝の様子です。 事務所前は30cm-50cmほどの積雪でした。



こちらは大雪の冬となった 2014年12月16日の様子です。

雪の量が違います。
これでは除雪しないと事務所に入ることができなさそうですね。

雪かきは大変ですが

はたして今回はどれほど雪が降るのか楽しみです。

ページ先頭へ↑

2016年11月01日尾瀬沼ビジターセンター閉所

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは


尾瀬沼ビジターセンターは

1031日をもって本年度の利用を終了いたしました。


今年度のビジターセンターはいかがでしたでしょうか。

今年は企画展示の仕方を変えてみたり、

アクティブレンジャーのコーナーを設けたりもしました。


来年度からも創意工夫をして、

訪れる方々を楽しませていきたいと思います。


そして先日、尾瀬国立公園内で初雪を観測しました。

これから尾瀬は半年間ほどの長い冬を迎えます。


また雪が溶け出した頃、

徒歩でしか訪れることの出来ない大自然の中にある

「尾瀬沼ビジターセンター」で、

皆様のお越しをお待ちいたしております。


今年度の御利用、誠にありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2016年10月25日紅葉、黄葉、暮れの秋に華やぐ尾瀬

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは。


各地続々と紅葉情報が入ってきていますが、

尾瀬内では紅葉の見頃はすぎてしまいました。

10月25日現在では麓の方に紅葉前線がきております。



10
20日撮影


こちらはブナ平の様子です。

ブナの原生林が広がる福島県側の尾瀬では

秋の名物となっています。


また、尾瀬見晴地区では

・無料休憩所

・公衆トイレ

・キャンプ場

上記3施設の本年度の利用を終了いたしました。





各山小屋も既に冬季閉鎖されている所もありますので御注意下さい。


交通機関、山小屋、その他施設等の詳しい情報は

「尾瀬保護財団のホームページ」

「尾瀬沼ビジターセンターのFacebook

を御確認下さい。


いよいよ冬の気配が色濃くなってきた尾瀬ですが

残りの期間、しっかりと防寒対策をして、尾瀬を楽しみましょう。

ページ先頭へ↑

2016年10月21日第6回 尾瀬・日光シカ対策ミーティング@戦場ヶ原

尾瀬国立公園 柳澤美果子

こんにちは。

第6回目となる尾瀬・日光シカ対策ミーティングが、先週の1012日~13日に

日光自然環境事務所主催のもと開催されました。

シカ対策の取り組みの現場・戦場ヶ原を会場に、

尾瀬・日光地域のシカ対策に関わる、国・県・市町村・調査業者など担当者が集まり、

情報共有や現場視察をしました。


初日は、各機関のシカ対策の取り組みや捕獲の実績などについて情報共有し、

意見交換を行いました。

その後、辺りが暗くなる頃、マイクロバスに乗り合わせて、ライトセンサス調査※に出発!

さすが、日々シカに関わる担当者の目が多かったせいか、みなさん次々とシカを発見!

【ライトセンサスで見つけた立派なオスジカ】


二日目は、小田代ヶ原周辺のシカ対策の取り組み現場を視察しました。

シカ侵入防止柵の人の出入り口部分が、ワンウェイドア(柵外からは引かなければ入れない)であったり、

くるくる回る回転扉だったりと、工夫が凝らされていました。


【柵出入り口の回転扉】

柵の解放部(シカ侵入防止柵を閉じることが出来ない箇所)には、

シカ侵入防止のための超音波装置(参加者の中で聞こえる人と聞こえない人に分かれ、聴力検査みたいでした。キーンと頭に響く不快な音です。)が設置させていたり、

蹄のあるシカが歩行を嫌がるグレーチングと合わせて、道路にグレーチング模様をつけ、

侵入意欲を喪失させる作戦などなど、ユニークな取り組みを見る事ができました。


【グレーチングと超音波装置】

モニタリングのセンサーカメラの画像によると、効果は発揮されているようです!


最後に湯元ビジターセンターで、シカ対策の展示や関連資材の見学をし、

内容盛りだくさんのミーティングは終了です。


奥日光での取り組みが、全ての地域にそのまま適用できる訳ではありませんが、

取り組みを行う上での良いヒントになったのではないでしょうか。

なにより、各地域でシカ対策に真剣に取り組んでいる担当者が顔を合わせ、意見を交わし、

対策の現場を訪れ体感したことは、今後の対策を行う上で励みになります。


なかなか思うように対策が進まなかったり、効果がすぐに現れないなど、課題の多いシカ対策ですが、

今後も関係者で情報共有を図りながら、一生懸命取り組んでいかなければいけないと思わされたひとときでした。


※ライトセンサス調査

 夜間、低速走行の車からスポットライトを照らして、シカの数をカウントする調査。

ページ先頭へ↑

2016年09月16日雨月

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは。

今年は9月15日、つまり昨日が[中秋の名月]でしたね。
まさに読んで字のごとく十五夜でした。
皆さんのところでは観月できたでしょうか。
私のところでは秋入梅とでも言うべきなのか、
連日連夜降雨で、辺り一面霞がかっていました。
ですが、なぜか月だけがぼんやりと光っていて

とても幻想的な光景でした。


※檜枝岐村から見た十五夜の月

また

十五夜のことを、芋を月に供えていたことから
[芋名月]とも呼ぶみたいですね。

芋と言えば
尾瀬国立公園の福島県側、檜枝岐村では。
[いもったらし]という芋料理があります。
どんな料理か想像できますか?

その正体とは






一番左の焼いたやつが[いもったらし]です。
いももちとは違う芋料理です。

このほかにも十割そばの[裁ちそば]や
[サンショウウオの燻製]などの郷土料理も楽しめます。

紅葉の季節はブナの原生林がとても色鮮やかになりますので、
一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ