ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年3月

4件の記事があります。

2017年03月31日海が割れるトンボロ現象!! 西伊豆 三四郎島

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

沖合約200mのところに4つの島でできた三四郎島があります。

普段は海に阻まれて渡ることができません。 

 

 

しかし、潮が引くと 

 

人が渡れるくらいの陸地が出てきます。 

このような干潮時、島と陸地がつながる現象をトンボロ現象と言います。

 

 

海と海の間を歩いて島に渡ると、島同士がつながり、広い磯になっていました。

磯の香りがして、石には海藻がついていてツルツルと滑りました。

岩の間には貝や小さな魚がいて、大人も子供も楽しんでいました。

 

遊ぶのに夢中になって帰り道がないなんてことにならないように気をつけてください。

ページ先頭へ↑

2017年03月27日箱根自然講座『わらじ作り』開催!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

平成29年度323日(木)に箱根自然解説活動連絡協議会が主催する箱根自然講座、自然体験プログラムの技術を学ぶための「わらじ作り」が箱根ビジターセンターで開催され、箱根パークボランティアの皆さんが参加されました。

箱根の旧街道を昔の人はわらじを使って歩いていたということで、旅に必須の「わらじ」と「箱根」の歴史とは、関係が深いものです。

午前中、指が思うように動かない中1時間30分以上かけて1足を作ります。

お昼休憩を挟み、午後からもう一足作成開始!でしたが、皆さん手慣れてきたのかとても早く、午前中の半分の時間でもう一足が完成しました。

こちらが後藤作成のわらじです!

手慣れた午後の作成分(左)より、慎重に作成した午前分(右)の方がキレイな形をしております...

両足揃ったら、実際に履いて外を歩きます。

土を踏みしめる感覚が心地よく、指が出るので石の上では踏ん張りがききます。自分で作ったわらじなら感動もひと際大きいですね!

わらじ作りは非常に楽しく時間を忘れるようでした。皆さんの前でも手際よくわらじ作りをお伝えできるよう、こっそりと練習することにしますね。

ページ先頭へ↑

2017年03月13日伊豆で見つけた氷の自然現象

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

山に登るとまだ寒いですが、徐々に暖かくなってきており、伊豆に春が近づいてきていると感じます。

今回は伊豆の山で見つけた氷の自然現象をご紹介します。  

 

 

(2017/02/28 仁科峠周辺)

山を見て、綺麗な花が咲いていてもう春かと一瞬思いました。でも花が咲くにはまだ少し早くないかと、 

近くで見てみると 

 

 

  

(2017/02/28 仁科峠周辺)

 

花ではありませんでした。大気中の水分が凍ってくっついた霧氷(むひょう)です。 

木の枝がまるで鳥の羽のようになっていました。これはこれで綺麗でしたが少し騙された感じです。

山を見回して、全体が白ければ凍っているとわかりますが、所々なので花が咲いているように見えました。

 

 

 

(2017/03/08 万三郎岳) 

 

土からフサフサと髭のような白いものが生えています。 

 

 

 

(2017/03/08 万三郎岳) 

 

霜柱(しもばしら)です。まず地表の水分が凍って、毛細管現象で地中の水分が表面に出てきて凍ってを繰り返して柱状になったものです。56cmくらいの長さでした。 

 

 

 

 

(2017/03/08 万三郎岳) 

 

  

登山道を歩いていると土が盛り上がっていたので覗いてみると中は、透き通った氷が土を押し上げ、空洞になっていました。

これは、凍上(とうじょう)という現象で地中の水分が凍って、厚い氷の層を作り、盛り上がったものです。上に乗っても潰れないだけの強度がありました。  

 

 

(2017/02/21 天城峠周辺)   

最後にコケから垂れた鼻水。ではなく水滴が垂れて凍ったかわいらしい氷柱(つらら)です。

同じ氷でもその場所の気候や状況の違いで様々な状態に変化していてとてもおもしろいです。

寒いと外に出たくなくなりますが、一歩外に出るとこの時期ならではの発見があるかもしれません。

 

 

ページ先頭へ↑

2017年03月10日小笠原世界遺産センター 新築工事の様子 その10

小笠原国立公園 沼田伸一

遺産センター成長記、第10回目です。

外装工事がほぼ終わって、内装工事が急ピッチで進んでいます。
小笠原世界遺産センターがお披露目できる日が近づいてきました。


連続写真を並べると、建っていく様子がよくわかりますね。
次回からは、中身の詳細をお知らせできると思います。


私事ですが、3月末をもって小笠原のアクティブ・レンジャーを退職します。
つたない文章でしたが、小笠原諸島の魅力をお伝えできたかと思います。
10年間アクティブ・レンジャー日記をご愛読頂きありがとうございました。
4月からフレッシュなアクティブ・レンジャーが日記をお届けしますので、何卒よろしくお願いします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ