ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年12月

11件の記事があります。

2017年12月26日伊豆下田の冬の風物詩

富士箱根伊豆国立公園 吉川貴光

12月も後半になり、一段と寒くなってきました。 

伊豆半島は、温暖な気候ですが海からの風が強く体感的にはとても寒いです。

この時期になると、あちこちでよくみかけるのが、アロエの花です。  

 

  

(下田市白浜 アロエの里) 

一本にょきっと伸びた花軸の先にはたくさんの赤い花がつき、その特徴的な見た目がとても目を引きます。 

 

   

(下田市白浜 アロエの里) 

下田市白浜のアロエの里では、現在アロエの花祭り(12/1~1/8)が開催中です。 

大きなアロエの花がこれだけたくさんあるとちょっと圧倒されます。 

 

  

(白浜大浜海岸) 

下田の白浜といえば、白浜大浜海岸。

夏は、大勢の人で賑わっていましたが、冬は、とても静かな海です。

底が透けて見えるほど綺麗な海を見ていると思わず海辺を散歩したくなります。 

 

  

(白浜大浜海岸) 

日の光が波に反射して、キラキラ輝いていました。

冬場はもちろん寒くて泳げませんが見るだけでも来る価値ありです。

   

(下田市須崎 爪木崎海水浴場) 

そしてなんといっても下田の冬の風物詩といえば水仙です。

下田爪木崎水仙まつりも現在開催中(12/20~2/10)です。一部花を咲かせている箇所がありましたが、 

全体を見るとまだまだといった感じ。例年1月上旬に最盛期を迎えます。

水仙の花でいっぱいになった景色が待ち遠しいです。

次回は満開の水仙をお届けいたします。

ページ先頭へ↑

2017年12月26日【富士山がある風景100選】竜ヶ岳(富士五湖エリア)

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

こんにちは、富士五湖の小西です。2017年も残すところ1週間を切りました。

みなさんにとって2017年はどんな1年だったでしょうか?

2017年最後の「富士山がある風景100選」は、竜ヶ岳(山梨県富士河口湖町/身延町)を紹介します。


富士五湖の中でも一番の透明度を誇る本栖湖の西側に位置する竜ヶ岳(1,485m)は、山梨百名山のひとつで、富士山や南アルプスの眺望を楽しむことができる山です。

晴れた日には右手に駿河湾も望めます


山梨県と静岡県の県境に位置する山ですが、西暦864年の貞観噴火による溶岩の上に形成された青木ヶ原樹海(写真左側の森)と、溶岩の影響を受けなかったため酪農が盛んにおこなわれている静岡県側(写真右側)の違いがよくわかります。

また、富士山には山頂以外の噴火口が山腹に100以上あると言われていますが、その多くは北西-南東のラインに並んでいます。竜ヶ岳からは北西ライン上にある側火山を見ることができます。上の写真で、富士山の右側の裾野はきれいなラインですが、下の写真の左側はかなりボコボコしているのがわかると思います。これらが全て噴火した跡なんです。

遠くから見ると分かりづらいですが、山腹は実はかなりボコボコしています


年末年始にダイヤモンド富士が見られる絶好スポット!



1年を通じて多くの人が訪れる竜ヶ岳ですが、お正月の前後1週間に富士山の山頂から日が昇る「ダイヤモンド富士」が見られるんです!



限られた場所で限られた期間しか見ることのできないダイヤモンド富士

富士五湖周辺には、富士山の眺望を楽しめる山は数多くありますが、「ダイヤモンド富士」が見られる山は多くはありません。それもお正月前後のタイミングで見られるというのはやはり特別ですよね。

山頂から日が昇ってくるのは7時40分前後ですが、6時過ぎ頃から空が徐々に白み始め、富士山のシルエットが浮かび上がってきますので、時間に余裕を見て登ることをおすすめします。また、山頂まで行かなくても、中腹にある展望台からも見ることができます。

竜ヶ岳の情報:山梨県HP


【訪れるみなさんへ】
日の出前ですので、相当冷え込みます。また、登山道が凍結している可能性もありますので、充分な防寒対策と軽アイゼン、ストックなど準備をして登ってください。

++++++++++"富士山がある風景100選"とは+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念事業の一環として、国立公園内と周辺地域の代表的な富士山の展望地を"富士山がある風景100選"として選定しました。
その他の選定地などの情報につきましては環境省関東地方環境事務所のページをご覧下さい。

http://kanto.env.go.jp/pre_2017/80_1.html

http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_94.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2017年12月21日【富士山がある風景100選】明神ヶ岳(箱根周辺エリア)

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城



本日は神奈川県の箱根町と南足柄市の境に位置する明神ヶ岳(標高1,169m)をご紹介します。

明神ヶ岳からの景色の特徴は金時山越しの富士山を眺められることです。

かつては「猪鼻山(いのはなやま)」とも言われた金時山(標高1,212m)。

そのぽっこりと膨らんだ特徴的なフォルムと富士山の組み合わせが面白いですね。

(山頂の様子)

山頂付近は開けており、箱根の大涌谷なども一望できます。また東側では相模湾も眺められます。

暖かい季節にはっきりと富士山を見ることはなかなか難しいですが、空気が澄んだ冬はチャンスです。しかし、山頂は風を遮るものが無くとても寒いですし、積雪もありますので装備をしっかりとして登山を楽しんで下さい。

山頂は植生復元をしているので、柵の内側には入らないでくださいね。

(夏の富士山)

明神ヶ岳から金時山まで(またはその逆ルート)は2時間半程で縦走することができます。笹の間を歩いたり、森の中を歩いたり、変化のある登山が楽しめますよ。

金時山山頂からの風景も「富士山がある風景100選」に選ばれているので、また違った富士山が楽しめます。次回はその風景をお伝えしますのでお楽しみに!




++++++++++"富士山がある風景100選"とは +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念事業の一環として、国立公園内と周辺地域の代表的な富士山の展望地を"富士山がある風景100選"として選定しました。
その他の選定地などの情報につきましては環境省関東地方環境事務所のページをご覧下さい。
http://kanto.env.go.jp/pre_2017/80_1.html

http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_94.html






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




ページ先頭へ↑

2017年12月20日雪の戦場ヶ原で標識調査

日光国立公園 番場美奈子

奧日光は徐々に冬の装いで、景色が白く染まりつつあります。

【戦場ヶ原と男体山】

戦場ヶ原の歩道入口の赤沼駐車場も12月になり閉鎖され、散策する人もぐっと減り、紅葉の賑わいが嘘のようです。

12月半ばのこの日は細かい雪が降り、時折冷たい風が吹く中、積もった雪を踏みしめながら戦場ヶ原の標識の調査をしてきました。

標識にはいくつか種類があり、次のような役割を持ったものがあります。

●資源名標識:施設や地名等の名称を示す

●案内標識:地域全体の紹介や地図等によって位置関係を示す

●指導標識:分岐点で目的の方向を示す

●解説標識:その場所で見られる自然等を紹介する

●制札標識:禁止事項を示し、また注意喚起をする

※左から資源名、案内、指導、解説、制札標識(他にも種類があります)

標識は屋外に設置している為、雨風、雪にさらされ、少しずつ汚れや劣化が進みます。

戦場ヶ原の標識も設置してからしばらく経つので、来年度に改修する予定です。

それに向けて今回は解説標識を一通り確認していきました。

標識を前に、この内容を引き継ぐのか、他に何かこの場所に適した内容があるだろうかと検討してみたり、、、

別の適した設置場所があるだろうかと検討してみたり、、、

標識の無い場所で、この場所に新たに標識を設置してはどうだろうかと検討してみたり、、

この日の調査中には散策している人はほとんどいませんでしたが、特に新緑から紅葉の時期まで、戦場ヶ原には自然を楽しむ個人の利用者の方、修学旅行で環境学習をしている小学生の団体さんがたくさんいらっしゃいます。

みなさんに今以上に戦場ヶ原を知って、興味を持って楽しんでいただける標識にしていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2017年12月20日【富士山がある風景100選】長者ヶ岳(富士山西麓エリア)

富士箱根伊豆国立公園 沼津 三上和希

今回は、『富士山がある風景100選』の1つである「長者ヶ岳」をご紹介します。

長者ヶ岳は、富士山の西に位置する1335.8mの山です。

田貫湖北岸と西岸に登山口がありますが、今回は西岸から登ってきました。

はじめはジグザグの道を歩きながら、高度を上げていきます。

道中、鳥のさえずりが聞こえ、心地が良いです。

また歩いている途中コツコツという音が聞こえたので、音の方向を見てみると、キツツキの仲間であるコゲラがくちばしで木を叩いていました。

下の写真の中にコゲラがいるのですが、分かりますか?

(コゲラ)

ちょうど写真の中央にいます。

木にとまる際に尾を木にくっつけるのがコゲラの特徴です。写真でも尾を木につけていますね。

途中に田貫湖北岸からのルートとの合流点があり、ここから富士山の全景を眺めることができます。

ここから先の途中、ヒノキの木々の間を通る一直線の区間がありますが、非日常的な風景でおすすめの風景です。

(ヒノキの木々の間を通る一直線の道)

合流点から1時間強で山頂に到着です。

山頂東側の開けた場所から富士山を眺めることができます。

眼下に広がる麓の景色と富士山は絶景です。

下の方には田貫湖も見えます。

(長者ヶ岳山頂から眺める富士山)

私が山頂に到着したときは、雲が山頂部にかかっていましたが、数十分程度待っていると雲が徐々に消えて富士山の全景を眺めることができました。

山頂にはベンチとテーブルがあるので、座って休憩しながら富士山を眺めたり、雲が過ぎ去るのを待つのがいいですね。

山頂付近では歩道上に霜柱が出来ている区間も見られましたので、登られる場合は十分な防寒対策と装備をしていきましょう。

++++++++++"富士山がある風景100選"とは +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念事業の一環として、国立公園内と周辺地域の代表的な富士山の展望地を"富士山がある風景100選"として選定しました。
その他の選定地などの情報につきましては環境省関東地方環境事務所のページをご覧下さい。
http://kanto.env.go.jp/pre_2017/80_1.html

http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_94.html






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2017年12月19日夜叉神峠から見た白銀の白峰三山

南アルプス国立公園 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

近頃、芦安では冷え込みが厳しいもののお天気が続いています。晴天に誘われて、14日に夜叉神峠巡視へ行ってきました。夜叉神峠は芦安にほど近く、鳳凰三山の南に位置する標高1770mの峠です。

登山道のあちらこちらに雪があり、踏みしめると「ぎゅっぎゅっ」と音が鳴って、冬が来たことを実感しました。

登山道のあちこちにみられる雪

(登山道のあちこちにみられる雪)

12月14日時点では、アイゼンや滑り止めが必須というほどではありませんでしたが、濡れた落ち葉や、凍結して滑りやすくなっている箇所もあるので、特に下山の際は十分にお気をつけください。

登山口から1時間ほど歩き、夜叉神峠に着くと・・・・・・雪で白く染まった白峰(しらね)三山がお出迎えしてくれました!

雪で白く染まった白峰三山

(雪で白く染まった白峰三山)

白峰三山は、日本高峰第2位の北岳(3,193m)、第3位間ノ岳(3,190m)、農鳥岳(3,026m)の総称です。この日は雲一つない快晴で、青い空に白い山がきれいに映えていました。雄大な山並みに雪がつき、いつにも増して大きく感じられます。写真には写っていないのですが、北岳と間ノ岳の間に小さく北岳山荘を見ることができました。

(夜叉神峠から見た白峰三山・北岳山荘の位置図)

夏の夜叉神峠のようす

(夏の夜叉神峠のようす)

この写真はガスのため白峰三山がかすんでしまっていますが、夏と冬を比較すると、前景の木々や山肌の色の違いがはっきりと分かりますね!夏は、花々やちょっとした涼を求めて。冬は、寒くはありますが澄んだ空気の中で、美しい景色を堪能することができます。同じ山、同じルートでも、季節が変われば違う楽しみ方ができるのが山や自然の素晴らしいところだと思います。

●これからの時期、夜叉神峠へお越しの皆様へ●

夜叉神峠登山口へ向かう林道では、路面凍結、落石の可能性があります。スタッドレスタイヤ等、積雪・凍結対策をとり、安全には十分注意して走行してください。

また、気象状況によっては山の神ゲートから夜叉神ゲート間が閉鎖される場合もありますので、交通規制状況について事前に確認されることをおすすめします(夜叉神ゲートから広河原・北沢峠までは冬季閉鎖のため通行止めになっています)。夜叉神峠から鳳凰三山へ向かう方は、アイゼンなどの冬山装備をご準備の上、登山届の提出などの安全対策をとって、気をつけて登山を楽しんでください。

(参考)

山梨県 県営林道通行規制情報

http://www.pref.yamanashi.jp/rindoujyouhou/kisei.php?id=4

山梨県警察 山岳情報

https://www.pref.yamanashi.jp/police/sangaku/

ページ先頭へ↑

2017年12月15日小学生向けオガサワラハンミョウ授業

小笠原国立公園 古田貴士

こんにちは。小笠原の古田です。

12月6日、地元の小学3年生に、固有種オガサワラハンミョウ(以下、ハンミョウ)について授業を

行いました。小笠原世界遺産センターに26名の子供達が参加してくれました。

最初に、なぜハンミョウを保護しているかを環境省から説明し、ハンミョウ飼育スタッフによる体の構造や

生活史についての話がありました。

その後、実際に飼育している保護増殖室に移動し、幼虫・蛹・成虫を観察したり、飼育スタッフの手ほどきを受けて幼虫のケア(試験管内の掃除等)を行いました。

・プラケース:1・2齢幼虫が集団飼育されています。(観察用)

・試験管:2・3齢幼虫が個別飼育されています。(観察、ケア体験用)

・シャーレ:死亡した成虫を入れています。(成虫観察用)

子供達はハンミョウの姿や行動に興味津々でした!

12月17日には、一般向けにオガサワラハンミョウのイベント

「ハンミョウの知られざる世界」も開催します!

ページ先頭へ↑

2017年12月15日教育関係者向け兄島視察会

小笠原国立公園 小笠原 古田貴士

こんにちは。小笠原の古田です。

兄島では固有の陸産貝類や昆虫類等を保護するため、外来種のグリーンアノール、ネズミ、モクマオウ

(樹木)等の駆除作業が行われています。そうした取組を地元の方に知って頂くため、11月23日に父島の教育関係者を対象とした兄島視察会を行いました。地元の小、中、高校等から12名の先生方等に参加頂きました。

対策箇所までは険しい道を注意しながら登っていきます。

兄島では、関係機関による様々な対策が実施されています。

対策の現場がよく見える台地上の高台に移動した後、環境省によるアノール駆除トラップ、アノール侵入防止柵(A,Bライン)、希少植物保護、固有陸産貝類保護などについて説明したほか、林野庁による外来植物

対策、東京都によるノヤギ駆除の歴史、アノール侵入防止柵(Cライン)の整備状況、小笠原村役場から、

世界から見た小笠原諸島について、クイズ等を交えて説明をしました。


昼休憩後は希少植物種を観察しました(写真はコヘラナレン)。

林内では固有陸産貝類の観察も行いました。カタマイマイ、カドオガサワラヤマキサゴ、

ヘタナリエンザガイ、ハハジマキセルガイモドキ等が見つかりました!

今回は地元の先生方に小笠原世界遺産の価値を知って頂くことができたのではと思います。

小笠原 古田

ページ先頭へ↑

2017年12月13日【富士山がある風景100選】越前岳富士見台(富士山南麓エリア)

富士箱根伊豆国立公園 沼津 三上和希

今回は、『富士山がある風景100選』の1つである「越前岳富士見台」をご紹介します。

富士山の南麓には、複数の山々から成る愛鷹山塊が広がっています。愛鷹山塊の最高峰が越前岳(1504.2m)です。

越前岳へは2つのルートがあり、東の「愛鷹登山口」からのルートと北の「十里木登山口」からのルートがあります。

「十里木登山口」へは、バスもしくはマイカー(駐車場有)でアクセスできます。

「十里木登山口」から登ると、2時間半ほどで越前岳に到着です。

越前岳山頂では、北に富士山山頂部、南に大きく広がる駿河湾を眺めることができます。

(越前岳山頂から眺める富士山)

(越前岳山頂から眺める駿河湾)

もう20分ほど先へ進むと、富士見台に到着です。

富士見台から見える富士山は、昭和13年(1938年)に発行された五十銭紙幣に描かれています。

裾野の風景まで見渡せ、雄大な富士山を楽しむことができます。

また正面にぽっかりと空いた宝永火口を確認することもできます。


(富士見台から眺める富士山)

越前岳山頂から見えるのは富士山の山頂部のみで、全景を見ることはできませんので、越前岳山頂まで来たら、ぜひ富士見台にも寄ってみることをおすすめします。

「愛鷹登山口」までは、バスが通っています。登山口から林道を歩き、20分ほどで山神社に着きます。鳥居をくぐると登山道が始まります。山神社には駐車場があるので、マイカーで山神社まで来ることもできます。

富士見台に着くまでは富士山の全景を眺めることはできませんが、木々の間から富士山がちらつきます。

山神社から2時間ほどで富士見台に到着です。

富士山を眺めた後、越前岳山頂まで行き、駿河湾の風景もあわせて楽しむのもいいですね。

++++++++++"富士山がある風景100選"とは +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念事業の一環として、国立公園内と周辺地域の代表的な富士山の展望地を"富士山がある風景100選"として選定しました。
その他の選定地などの情報につきましては環境省関東地方環境事務所のページをご覧下さい。
http://kanto.env.go.jp/pre_2017/80_1.html

http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_94.html






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2017年12月12日年末のゴミ拾い

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城

今年もいよいよ終わりに近づいてきました。

皆さん、大掃除はお済みですか?

例年たくさんの方々にご協力頂いている「箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄一斉防止パトロール」が昨日行われました。

年に1度、富士箱根伊豆国立公園の箱根地域のゴミの清掃・パトロールを行政及び民間関係者で行っているのですが、過去10年の取組で約10tのゴミを回収してきました。

私たちは昨年に引き続き、不法投棄が多い場所の確認に行ってきました。

道路から森の中を覗いてみると...。

ありました!今年もたくさんの不法投棄が!

不法投棄の防止テープがはってあるのに。

森の中から道路までゴミを引き上げて行きます。



さらに...




引き上げる!




引き上げる!!




引き上げる!!!




疲れました...。

結局私達が行った2箇所だけでも軽トラック2台分、300kg以上のゴミを回収しました。

悲しいことに今年も多くのゴミが回収されましたが、たくさんの方々のご協力のおかげで箱根地域が少し綺麗になりました!



(今年度の参加機関・団体、及び事業者はこちら )

*************************************************

【機関・団体】

国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所 林野庁関東森林管理局東京神奈川森林管理署 神奈川県県西地域県政総合センター 神奈川県自然環境保全センター箱根出張所 神奈川県県西土木事務所小田原土木センター 箱根町 御殿場市 裾野市 公益財団法人神奈川県公園協会 一般財団法人自然公園財団箱根支部 環境省関東地方環境事務所箱根自然環境事務所  計11機関・団体

【事業者】(五十音順)

伊豆箱根交通株式会社 伊豆箱根鉄道株式会社 伊豆箱根バス株式会社 小田急箱根ホールディングス株式会社 株式会社小田急リゾーツ 箱根観光船株式会社 箱根ターンパイク株式会社 箱根登山バス株式会社 箱根ロープウェイ株式会社 株式会社プリンスホテル 計10事業所

*************************************************

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ