ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年2月

8件の記事があります。

2018年02月28日南アルプスの隠れた魅力

南アルプス国立公園 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

日本アルプス最南端に位置する南アルプスでは、氷期に南下し、その後の温暖化で取り残されたライチョウのような氷期遺存種や、固有種(南アルプスでしか見ることができない種)をはじめ、多様な生物がみられます。そんな南アルプスの、山そのものの大きな魅力はご存じでしょうか?

南アルプスは、はるか昔海底にあった堆積物がプレートの動きによって大陸に付加され、伊豆―小笠原弧の衝突によって急速に隆起したことによって生じた、非火山性の構造山地です。南アルプスは北アルプスに比べ、なだらかな山容をしていますが、それは南アルプスができたのが比較的新しく、浸食がすすんでいないことによるものです。南アルプスでは現在でも隆起が続いており、その速度は年間約4mmと日本最速で、世界でもトップレベルです!!

小赤石岳付近から見る赤石岳山頂

(小赤石岳付近から見る赤石岳山頂)

平成264月、国土地理院が衛星測位システムによる測量成果に基づいて日本の山岳標高を改定しましたが、このときに間ノ岳は3189mから3190mとなり、奥穂高岳と並んで日本で3番目の標高になりました。このほか、赤石岳(3120mから3121m)、光岳(2591mから2592m)など、赤石山系の15の山が1m高くなりました。南アルプスは急速に隆起を続けているので、将来的には間ノ岳ももっと高くなるかもしれませんね。

(参考)

日本の主な山岳標高の改定(国土交通省 国土地理院)

http://www.gsi.go.jp/kihonjohochousa/kihonjohochousa60009.html

山地が急激に隆起すると、稜線部や山腹斜面などが崩壊しやすくなります。また、湿潤で雨の多い南アルプスの気候の影響を受けて、谷は深く浸食されます。

大聖寺平付近のV字谷

(大聖寺平下方のV字谷)

その結果、このようなV字谷や線状凹地、崩壊地などが多く形成されます。

荒川岳稜線で、とても目立つ赤い石を見つけました。この赤い石の正体は「チャート」といい、赤石岳や赤石山脈の由来になっています。チャートは、海中のプランクトンが堆積してできるといわれています。これは、南アルプスがもともと海の底にあり、プレートの動きによって移動し、持ち上げられて形成されたことを示しています。場所によって石の模様が異なるので、いろいろ比較してみるのも面白いでしょう。このほかにも、北岳山頂、光岩などが代表的ですが、有孔虫、サンゴ等が堆積してできた「石灰岩」などの岩石がその起源を物語っています。

荒川岳の赤色チャート

(悪沢岳の赤色チャート)

南アルプスは、氷河が存在した痕跡がある日本で最も南の場所でもあります。南アルプスの高山帯には、約2万年前に形成された氷河地形・周氷河地形が現存しています。

荒川岳西カール

(荒川中岳西カール)

仙丈ヶ岳や荒川三山などでみられるカール(圏谷)もそのひとつです。氷河によってえぐり取られたカールには遅くまで雪が残ります。また、微地形に応じて多様な植生が成立しています。

今回は地形・地質にフォーカスして南アルプスの魅力をご紹介しましたが、おすすめスポットはまだまだたくさんあります。地形・地質から、途方もなく長い時間軸で変化する地球の動きにも思いを馳せながら、移ろいゆく自然の美しさも楽しめる南アルプス。実際に山に登って、目で見て、肌で感じてみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2018年02月26日【那須】平成29年度国立公園・野生生物フォトコレクション 最後の開催です!

日光国立公園 管理者(TEST用ID)

みなさんこんにちは。

最近は暖かい陽気が続きますね。

那須では雪が降る日もあれば、暖かい日もあるので、新雪の上をバフバフとスノーシューで歩くか、暖かい日の降り注ぐ雪の上を歩くか、お好きな散策状況を選べます。

まだまだスノーシューやスキーを楽しみたいので、もう少し雪が溶けずに残ってくれますように...!

(巡視中に見つけたノウサギの足跡)

そんな雪化粧した那須よりお知らせです。

「平成29年度国立公園・野生動物フォトコレクション -アクティブレンジャー写真展- 」を、那須で開催いたします!

<開催期間>平成30年2月27日(火)~平成30年3月18日(日)

<会  場> 那須高原ビジターセンター(栃木県那須郡那須町湯本207-2)

       ( 開館時間:9:00~16:30 水曜日休館 )

この写真展では、関東地区で活動するアクティブレンジャーが日々の業務の中で撮影した風景や動植物の写真を展示します。

現地で働き、現地を知っているからこそ切り取れた瞬間や、なかなか気づくことのない視点や感性で写された写真など、様々な写真の中からあなたのお気に入りの1枚を見つけてみてください。

気になる写真が見つかったら、ぜひ実際に現地を訪れてみることをオススメします!

(写真展会場の様子)

1年間、関東地方環境事務所管内を巡回してきた平成29年度アクティブレンジャー写真展も、那須会場での開催が最後となります。まだ見ていないという方、もう一度見たいという方、那須町にお住まいの方、那須へ遊びに行く予定がある方は、ぜひお立ち寄りください!

● 那須高原ビジターセンターHP ●

http://www.nasuheiseinomori.go.jp/vc/

● 写真展お知らせ ●

http://www.env.go.jp/park/nikko/topics/29_1.html

ページ先頭へ↑

2018年02月21日おがにゃんDAY開催しました

小笠原国立公園 田谷以生

2月2日といえば。。。

ニャンニャンの日ですね。

ネコを飼っている方も多いのではないでしょうか。

ネコは昔から人間と共に暮らしてきた、とても身近で愛されている動物です。

しかし、野外では優秀なハンターとして困った問題も引き起こしてしまいます。

日本だけでなく世界的にも、野生化したネコによって希少な生き物が絶滅の危機にさらされています。

小笠原でも、固有の生き物を守るため、ノネコの対策をしています。

山域に生息するノネコを捕獲したり、海鳥やアカガシラカラスバトの繁殖地に

ノネコが入らないように柵で囲んだり、飼い猫の適正飼養を呼びかけるなど

様々な対策が行われています。

そんな小笠原のネコ対策について一般島民の方々にもっと知ってもらうために

イベントを開催しました。題して おがにゃんDAY 2018!!

イベント当日はパネル展示の他、実際に使用している捕獲カゴなども展示しました。

島民の方のペットたちのベストショットが集まりました。

子どもたちはお絵かきコーナーで思い思いのネコを描いてくれました。

ネコ対策について動画でご紹介。ネコ捕獲隊によるスペシャル解説中。


動物対処室の獣医師による室内飼養の解説も実施しました。

当日は平日にも関わらず、150名以上の方にご来館いただきました。

ペットの飼い主さんや子どもたちでとても賑やかでした。

写真展や一部のパネルは現在も展示中です。

今後も楽しいイベントをどんどん開催したいと思いますので、

ぜひ小笠原世界遺産センターに遊びに来てください。

小笠原のネコに関心のある方は是非ホームページ「小笠原ネコプロジェクト!」をご覧ください。

ページ先頭へ↑

2018年02月20日みんなで富士山を美しく

富士箱根伊豆国立公園 小西 美緒

こんにちは。富士五湖自然保護官事務所の小西です。
今回は、秋から冬にかけた参加した清掃活動についてご報告します。


【富士山吉田口環境保全推進協議会 一斉清掃(10月31日 場所:吉田口遊歩道)】


富士山の吉田口の山小屋や行政機関で構成された協議会での活動の一環で、毎年場所を変えて清掃活動しています。

今回の清掃場所は、麓から富士山頂まで続く吉田口登山道と平行して作られた麓の遊歩道です。
利用者が少ないため、ゴミはさほど無いと思っていましたが、古いゴミや不法投棄されたタイヤが見つかりました。結果的にトラック1台分ほど回収することができました。

遊歩道脇のゴミを拾う山梨県富士山レンジャー

回収したゴミ

【富士山麓環境美化推進ネットワーク 清掃活動(1月18日 場所:東富士五湖道路側道)】


山梨県側富士山麓での不法投棄を撲滅するため、行政や民間が一体となって監視・啓発活動をしていこうという主旨で作られた組織です。

昨年度の会議で、高速道路脇の側道に大型トラックが駐車していて、ゴミのポイ捨てが多いとの声があり、今回はそれを受け側道での清掃活動を実施することとなりました。

当日は官民多くの人が参加しました

側道脇のフェンス沿いを清掃するメンバー

実際、歩いてみるとフェンス周りにはコーヒー缶やタバコの吸い殻など、ポイ捨てと思われる
細かいゴミが目立ちました。

ただ、少し広くなっている場所には、タイヤやテレビも投棄されていました。

木の根元に4本のタイヤが捨てられていました

ポイ捨てと思われる細かなゴミ

テレビなども回収されました

不法投棄をさせないためには、「監視の目」があるということを投棄する人たちに認識させるということも大きな抑止力になります。そういう意味でも、このような活動している姿を定期的に見せることも大切だと感じました。

こうした活動の結果、以前に比べ不法投棄は減ってきており、古いゴミを回収していけば、確実に富士山麓のゴミは減っていきます。

「ゴミゼロ」には引き続き地道な活動が必要です。

この活動の輪をもっともっと大きくしていきたいです。

ページ先頭へ↑

2018年02月19日トキガイド養成講座

佐渡 原奈緒子

みなさんこんにちは


先日、佐渡市が主催している「トキガイド養成講座」でトキのモニタリング体験会を行いました。

▲古い新聞記事などの貴重な資料も交えて紹介する若松レンジャー

トキガイド養成講座とは、トキ野生復帰への取り組みの一環として、トキの生態などを現地にて案内できる「トキガイド」を養成するために佐渡市が開設しているものです。講座は全9回行われ、その後に行われる検定試験で6割以上正解すると、「トキガイド」として認定されます。佐渡市では現在約100名がトキガイドに登録しており、飼育トキの観察施設がある、トキの森公園やエコツアーの旅行者向けにボランティアでガイドをしています。

今年の受講生はなんと60名以上!

講座の内容や、野外のトキの状況は毎年少しずつ変わっているので、既にトキガイドとして活動されていても毎年受講している勉強熱心な受講生もみられます。

▲まずは双眼鏡の正しい使い方をマスターします

佐渡事務所では第1回目に「トキ野生復帰の取組みとモニタリングについて」というタイトルで講座を担当しました。

レンジャーより、トキの野生復帰事業や佐渡におけるトキ保護の歴史について講義をした後、昼休憩をはさんでモニタリングの実習を行いました。

▲実習場所から外の田んぼにいるトキを探す皆さん

実際のモニタリングで使用している機材を使って、トキにつけた足環を読んだり、観察する際にトキに影響のない距離感(車内から観察するときは200m程度)を体感してもらいました。

▲【実際の様子】実はこの中にトキがいます

▲うっすらシルエットがわかりますか?

本物のトキがタイミングよく降りているとは限らないので、今回はデコイ(模型)に活躍してもらいました。

観察会の最中にはなんと、本物のトキが飛んで来るという嬉しいサプライズもありました。

雪景色の中を美しいトキ色をしたトキが舞い上がると大きな歓声が上がり

受講生の皆さんと時間いっぱいまで楽しみました。

ページ先頭へ↑

2018年02月19日【富士山がある風景100選】金時山(箱根周辺エリア)

富士箱根伊豆国立公園 宍戸弘城



神奈川県南足柄市・箱根町・静岡県小山町の境にある金時山(1,212m)には、年間10万人以上もの人たちが訪れ、2軒の茶屋がある山頂はいつも沢山の人で賑わっています。

そんな金時山から眺める富士山は、裾野がなだらかに広がり、ゆったりとした印象を受けます。

山中湖などから見るごつごつとした力強い富士山とは雰囲気が異なります。

山中湖から見た富士山


金時山から見た秋の富士山

1年を通して営業を続けている茶屋の方によると、山頂から富士山が見える日は年間の約31程度だそうです。

中々はっきりとした姿を見せてくれない富士山ですが、昔の人が富士山の雲によって天気を予想していたように、時には特徴的な雲が出現したりもします。

事前に富士山と雲の関係を勉強をしていくのも面白いかもしれませんね(運が良ければこんな景色も!<富士山麓編②>)。

金時山から見た富士山と吊るし雲(発生すると雨になる確率が高いと言われている)

また、運良くくっきりと晴れた日には、遠くに南アルプスの山々が確認できます。

日本で1番高い富士山(3,776m)に加えて、2番目に高い北岳(3,193m)まで見られたらとてもラッキーですね。


南アルプス


北岳

金時山には何回も登る常連客の方も多く、すでに数百回、数千回登っている方もいらっしゃいます。

1~2回登ったことがあるあなた、金時山の魅力に気づくのはこれからですよ!



++++++++++"富士山がある風景100選"とは +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念事業の一環として、国立公園内と周辺地域の代表的な富士山の展望地を"富士山がある風景100選"として選定しました。
その他の選定地などの情報につきましては環境省関東地方環境事務所のページをご覧下さい。
http://kanto.env.go.jp/pre_2017/80_1.html

http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_94.html






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




ページ先頭へ↑

2018年02月05日おがにゃんDAY開催しました

小笠原国立公園 管理者(TEST用ID)

2月2日といえば。。。

ニャンニャンの日ですね。

ネコを飼っている方も多いのではないでしょうか。

ネコは昔から人間と共に暮らしてきた、とても身近で愛されている動物です。

しかし、野外では優秀なハンターとして困った問題も引き起こしてしまいます。

日本だけでなく世界的にも、野生化したネコによって希少な生き物が絶滅の危機にさらされています。

小笠原でも、固有の生き物を守るため、ノネコの対策をしています。

山域に生息するノネコを捕獲したり、海鳥やアカガシラカラスバトの繁殖地に

ノネコが入らないように柵で囲んだり、飼い猫の適正飼養を呼びかけるなど

様々な対策が行われています。

そんな小笠原のネコ対策について一般島民の方々にもっと知ってもらうために

イベントを開催しました。題して おがにゃんDAY 2018!!

イベント当日はパネル展示の他、実際に使用している捕獲カゴなども展示しました。

島民の方のペットたちのベストショットが集まりました。

子どもたちはお絵かきコーナーで思い思いのネコを描いてくれました。

ネコ対策について動画でご紹介。ネコ捕獲隊によるスペシャル解説中。


動物対処室の獣医師による室内飼養の解説も実施しました。

当日は平日にも関わらず、150名以上の方にご来館いただきました。

ペットの飼い主さんや子どもたちでとても賑やかでした。

写真展や一部のパネルは現在も展示中です。

今後も楽しいイベントをどんどん開催したいと思いますので、

ぜひ小笠原世界遺産センターに遊びに来てください。

小笠原のネコに関心のある方は是非ホームページ「小笠原ネコプロジェクト!」をご覧ください。

ページ先頭へ↑

2018年02月01日雪のトキ

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。



 新潟県佐渡市は寒波の影響により、島内の約40%の世帯で断水するという異例の事態となりました。2月1日現在、復旧が進み、ほとんどの世帯で水が使用できるようになっています。

 このような天気の中、トキたちはどのように生活しているのでしょうか。

 今回は、私たちが観察した冬のトキの行動をお伝えします。

 トキの行動は、通常、夜明けとともに始まります。日が昇り始める頃、ねぐらから飛び立ち、エサ場へ向かいます。しかし、最近のような吹雪の日は、夜明け後もしばらくねぐらの林の中にとどまることが多く、ねぐら出するまでに時間がかかるようです。



 また、ねぐら出しても、簡単にエサを取ることはできません。

 一面が雪で覆われるこの時期、凍り付いていないエサ場となる水辺を探し出さなくてはいけません。湧水がある場所や雪に覆われていないごく限られた水辺を、トキたちは上手く見つけ出し、エサを取っていました。あぜで冬眠しているイモリを掘り出して食べたり、動きの鈍くなったドジョウを泥底から見つけて食べたり、凍ったミミズを雪の下から見つけて食べたりと、くちばしの先の感覚を使ってエサを取っていました。

 

 トキたちは、気温が上がり氷が解けるまで、木々にとまって待っていることもあります。



 こうした悪天候の日は、エサ探しに1日のほとんどを費やし、暗くなる前に、ねぐらへと戻って来ます。多くのトキが、決まったねぐらを持ち、ねぐら出した林へと夕方戻って来ますが、吹雪の日は、ねぐらとする林を変えているようです。最後にエサを食べた場所の近くでねぐらを取っているのかもしれません。

 

 断水が起こるだけで、生活に大きな支障が出る私たち。寒波が来ても、生き抜く力を備えているトキたち。私たち人間も、過酷な環境を生きる彼らから学ぶことは多いのかもしれません。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ