ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年06月05日6/2自然観察会「初夏の箱根の滝を巡る」行事報告

富士箱根伊豆国立公園 三瓶雄士郎

みなさん、こんにちは

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の三瓶です。

先日、箱根ボランティア解説員連絡会主催の行事

「初夏の箱根の滝を巡る」にスタッフとして参加してきました。

その様子をご紹介いたします。

コースは、箱根登山鉄道「小涌谷」駅を出発し、千条(ちすじ)の滝、鷹巣山(標高834m)、飛龍の滝、柱状節理を巡り、畑宿寄木会館まで行く標高差約430m、5.5時間かかる健脚向けのコースです。

 

↑今回のメインである千条の滝(左)と飛龍の滝(右)

9:30 開会

行事担当のパークボランティアさんが司会進行を行い、スケジュール、観察会の内容、班のリーダー・サブリーダーの紹介をしていきます。

↑開会の様子

9:50 観察会スタート

参加者は受付時に伝えられた班にまとまり、移動します。

滝までの移動中はこの時期に見られる花や野鳥の紹介、いくつか眺望が良い場所も通過するので、そこから見える山々の紹介をしていきます。

また、コース一帯はコアジサイやサルナシなどの初夏を代表する花が満開でとても良い香りがに包まれながら進んでいきます。

↑正面に見えるのが明星ヶ岳、夏に「大文字焼」が行われる山です。

↑千条の滝の前で解説するパークボランティア。地元の方で、昔から今までの様子をお話ししてくださいました。

↑コアジサイ。コース上でよく観察できます。カーネーションに似た少し甘い香りがします。

↑深緑の登山道を進んでいきます。明るい場所なので下記の花が観察できました。

↑左よりヒメウツギ、サルナシ、シモツケソウ

↑飛龍の滝。箱根の中では最大級で落差は上段15m、下段25mと二段に分かれているのが特徴です。水量が多く、とても見ごたえがあります。

↑柱状節理(箱根ジオ)。見上げるほど高く、その姿は圧巻です。

15:00 時間通りにゴールである畑宿寄木会館に到着し、解散しました。

みなさん、季節の草木と滝を見られることができ、とても満足されていました。

開催したパークボランティアさんも無事成功してほっとされていました。

このコースはどなたでも行くことが可能で、場所によってはマイカーで近くまで行くことができます。

ただ、石畳や急登、滑りやすい場所が多いため、服装や靴の準備やアクセス方法の確認など

計画を立てられてから訪れるようにしてください。

パークボランティアさんと箱根を歩くと、植物や地学、歴史など様々なことを学ぶことができます。

次回は7月8日(日)「イワタバコを探して 堂ヶ島を歩く」を予定しております。

早川沿いを歩くコースで、早川渓谷の様子やイワタバコの群生を訪れます。

よろしかったらぜひお申し込みください。

↓詳細はコチラ↓

http://hakonevc.sunnyday.jp/shitashimuundou.html#

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ