ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年4月

11件の記事があります。

2019年04月26日【小笠原】南島

小笠原国立公園 玉井徹

こんにちは 小笠原から玉井です。

4/14(日) 

小笠原は天気も良く、とてもさわやかな日曜日でした。

この日南島で、小笠原村主催の島民向けイベント

南島外来植物除去ボランティアが行われました。

環境省もスタッフとして参加し、

南島の現状や取り組みについて、紹介をしました。

AM:外来植物除去作業

   昼食&自由時間

PM:各関係機関による南島での取り組み紹介

【扇池】

父島の南西約1kmに浮かぶ南島は、

沈水カルスト地形という特異な地形や

ヒロベソカタマイマイなどの半化石が多く残っており

国指定天然記念物(2008~)に指定されています。

また、カツオドリなどの海鳥の主要な繁殖地の一つでもあります。

ノヤギが根絶された現在では、

適正利用のルールをつくり、景観の保護、在来植生の回復

クマネズミへの対策などが進められています。

午前中は、参加者のみなさまにも協力していただき

在来植生の回復のため、外来植物の除去作業を行いました。

【作業のようす 奥は陰陽池】

27名の皆さまのおかげで、

コマツヨイグサなどの外来植物を100kg以上除去できました!

午後の取り組み説明では、

南島での外来種への取り組みや、生き物紹介などがあり

参加者の方もとても熱心に耳を傾けていました。

【南島に生息するヘリトリオカガニ(死体)・準絶滅危惧】

環境省からは、

野生絶滅した小笠原固有のカタツムリの『野生復帰』計画

についてご紹介しました。

現在世界遺産センターでは、

種を絶滅から救出し、野生復帰させるため

小笠原固有のカタマイマイを6種飼育しています。

全ての種で繁殖に成功し個体数も安定してきたため、

いよいよ野生復帰の段階へと進めています。

なかには、

チチジマカタマイマイなど、かつて南島に生息していた種もおり、

南島は野生復帰の候補地のひとつとなっています。

【チチジマカタマイマイの半化石を利用するオカヤドカリ】

南島をはじめ、小笠原では様々な取り組みが行われ、

地域の人によって小笠原の自然が守られ続けています。

小笠原にお越しの際はぜひ一度、南島へ訪れてみてください。

玉井

ページ先頭へ↑

2019年04月26日開催報告】自然観察会「スミレを探して春の仙石原を歩く」(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 三瓶雄士郎

こんにちは!富士箱根伊豆国立公園管理事務所の三瓶です。

4月23日(火)に箱根地域自然に親しむ運動の第1回自然観察会「スミレを探して春の仙石原を歩く」を開催いたしました。

今回は70名定員のところ、107名の方からお申込みいただきました。沢山のお申込みいただきありがとうございます。当日は69名の方がご参加いただき、晴天の中、沢山のスミレを観察することができ、参加者も大満足でした。

【出発式後の準備運動の様子】

【スミレを紹介する箱根地区パークボランティア】

【ツボスミレ(別名:ニョイスミレ)】

【観察会コースの様子】周辺の木々が芽吹き、春らしい景色を楽しめました。

【クロモジ】

今回ご案内いただいた箱根地区パークボランティアは、ゴールデンウィーク期間中に箱根ビジターセンターで自然観察会を開催しております。(参加費は無料)

その他にクラフト教室も開催しておりますので、宜しかったらぜひ遊びに来てください。

詳しくは箱根ビジターセンターホームページをご覧ください。

http://hakonevc.sunnyday.jp/index.html

ページ先頭へ↑

2019年04月23日夜叉神峠巡視

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

標高が高い芦安では、まだサクラが咲いています。菜の花やミツバツツジも咲き始め、春らしさが感じられます。落葉していた木々も少しずつ葉をつけ、山が色鮮やかになりつつあります。

芦安に咲くサクラ

△芦安に咲くサクラ

春の陽気に誘われて、19日に夜叉神峠へ巡視に行ってきました。登山口ではすっきりとした青空でしたが、標高を上げていくにつれて徐々に雲が湧いてきてしまい、雲で隠れて真っ白かな?と思いましたが、思ったよりもきれいに白峰三山を見ることができました!

白さを増した白峰三山

△白さを増した白峰三山

4月上旬に降った雪によって、一気に白さが増しました。ゴールデンウィーク中でも白い白峰三山を楽しむことができそうです!

登山道を歩いていると鳥の鳴き声がひっきりなしに聞こえました。もうじき、婚活が始まる個体もいるので、オスがアピールしていたのでしょうか?撮影することができた野鳥を紹介します。

ゴジュウカラ

△ゴジュウカラ

ゴジュウカラは木の幹に対して、縦に止まり、幹や太い枝を動き回って餌を探します。頭を下にして下りてくるとこもできます。写真を撮影している際も、幹の周りを下からくるくる回りながら上へ向かっている最中でした。登るスピードがとても速くて驚きました。繁殖期は3月から6月で、他の鳥の古巣を使って巣を作ります。これからはもっと盛んに飛び回ることでしょう。

ヒガラ

△ヒガラ

細い枝や葉先で活発に行動します。細い枝の先にいたので動くたびに枝がぐらぐら揺れていて、見ているこっちがひやひやするほどでした。バランスを崩してしまったでしょうか?慌てている姿が可愛らしかったです。ヒガラはスズメよりも一回り小さく、シジュウカラ科の中では1番小さいです。黒い蝶ネクタイと帽子を被っているような姿が特徴です。

これからの時期は繁殖期を迎える個体が多いため、野鳥の姿を頻繁に見かけることができます。風が吹くと肌寒く感じることもあるので、暖かい格好をして登るようにしてください。いよいよ今週末からゴールデンウィークが始まりますね!南アルプスの高山帯はまだまだ冬山です。登山される方は自分の技量や体力に見合った山に登るようにしてくださいね。

■ 夜叉神峠から鳳凰三山の登山計画を立てている方へ

夜叉神登山口から夜叉神峠までの登山道間にはほぼ雪はなく、アイゼンを持っていなくても登ることができます。ですが、夜叉神峠から鳳凰三山へ向かう登山道は積雪及び凍結している箇所があります。また、積雪量もかなり多いです。アイゼン等の冬山装備を忘れずに準備してください。

ページ先頭へ↑

2019年04月19日富士山麓に春、到来中!(富士五湖エリア)

富士箱根伊豆国立公園 小西 美緒

こんにちは。富士五湖の小西です。

2019年度も富士五湖エリアの魅力を発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

この冬は暖冬でしたが、3月、4月に入ってから何度か雪が降ったり氷点下になったりと季節が足踏みをしているかのようでしたが、ようやく春到来です!

ただいま、河口湖湖畔が桜満開です!やっぱり富士山に桜は似合いますね。

河口湖産屋ヶ崎(4月18日 齋藤管理官撮影)

外国からの旅行者の傾向も「モノ」消費から「コト」消費へと変化してきていると言われていますが、年々この時期に「桜と富士山」を目当てに訪れる国外からの旅行者が増えているように感じます。

桜といえばソメイヨシノですが、この辺りにはマメザクラ(フジザクラ)が数多く自生していて、山梨県と富士吉田市の花に指定されています。
華やかさではソメイヨシノに劣りますが、小ぶりでうつむき加減に咲く姿はとても愛らしいです。

満開のマメザクラ(4月19日)

その他にもミツバツツジも咲き始めました。

鮮やかな紫が林内でとても目立ちます(4月19日)


富士のすそ野に位置する富士五湖エリアでは桜の咲く時期が標高によって異なるため、場所を変えれば長い期間、桜を楽しめるのも魅力のひとつだと思います。

実際に、河口湖は桜が満開ですが、標高が100m高い山中湖では開花までもうしばらくかかりそうです。

まだつぼみの桜(415日 山中湖)

富士山麓に訪れた春を感じに、是非遊びにきてください!

【下記イベントを開催中です】

富士・河口湖さくら祭り(~421日)

 問い合わせ先:0555-72-3168(富士河口湖町観光課)

●ふじざくら祭り(~429日)

 問い合わせ先:0555-21-1000(ふじよしだ観光振興サービス)

ページ先頭へ↑

2019年04月18日アクティブ・レンジャー写真展開催中のお知らせ!(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 池田興平

412日(金)から526日(日)まで、箱根ビジターセンターの多目的ホールで「環境省アクティブ・レンジャー写真展-国立公園・野生生物の姿-」を開催しています。


関東地方環境事務所管内の国立公園などの最前線で活躍しているアクティブレンジャー達が撮影した、豊かで美しい自然の風景や動物の写真を多数展示しています!


アクティブレンジャーは日々の業務の中で、業務報告として写真を撮影するほか、写真展のために国立公園の素晴らしさをアピールできる最高の一枚を撮影することを心掛けています。

そんな気合いの入った一枚をぜひ見て頂きたいです。

お近くにお越しの方はぜひお立ち寄り下さい!

<場所>環境省 箱根ビジターセンター(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164

<時間>9:00-17:00(最終入館は16:30まで)

箱根ビジターセンターまでのアクセスはこちらhttp://hakonevc.sunnyday.jp/access.html

ページ先頭へ↑

2019年04月16日南アルプスに咲く花(稜線編)

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

関東平野部でも雪の予報があった先週10日、芦安では朝から雪が降り続きました。4月だというのに、冬らしさを感じました。

辺り一面が真っ白になった芦安

△辺り一面が真っ白になった芦安

この日は山の神ゲートから上の道路は積雪のため、通行止めになりました。現在は通行止めも解除され、芦安は雪の白さのかけらもないですが、夜叉神峠までの登山道および鳳凰三山へ向かう登山道には雪がありますので、アイゼン等の冬装備を持って行くようにしてくださいね。

さて、前回の「南アルプスに咲く花(亜高山帯編)」、前々回の「南アルプスの咲く花(低山帯編)」に引き続き、今回が最後です。稜線(2,700mから3,100m)で見ることができる高山植物をご紹介します。

【タカネビランジ】

八本歯のコルまでのはしごを登り切った先で出迎えてくれました 鳳凰三山稜線部の岩陰に咲いていました

南アルプス固有種の1つです。主に北岳、鳳凰三山、荒川岳などの広い範囲で咲いています。北岳や荒川岳で見られるタカネビランジは左の写真のような淡いピンクまたは白っぽい色のものが多いです。対して、鳳凰三山や北岳の一部では右の写真のような淡いピンクが多く咲きます。地域によって色の濃淡が違うので、南アルプス各地で探してみるのもいいですね。

【イブキジャコウソウ】

1つ1つでは小さいですが、株だと大きく見えます

伊吹山で発見されたことからイブキジャコウソウという名がつきました。岩の周囲に密集しており、小さい花をたくさん付けます。冬は葉をつけた状態で雪の中で越冬します。花は濃いピンク色をしていますが、実になると鮮やかな赤色になります。また、植物全体からはハッカの香りがするそうです。

【キンロバイ】

私はキンロバイの形が可愛らしくて好きです。

キンロバイはバラ科の低木です。イメージとしてはノバラを黄色くしたもので、花そのものは2センチほどで小さく可愛らしい花です。漢字で表記すると「金露梅」と書きます。字の通り、梅の花に似ていますよね。キンロバイは黄色ですが、色違いで白い花もあり、ギンロバイやハクロバイと呼ばれています。盗掘により個体数を減らしており、現在では環境省のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。

【シコタンソウ】

白い粒は水滴や雪を連想させます

名前の由来は千島列島の色丹島で発見されたからですが、中部以北から北海道の高山帯に生育しています。大株を作り、稜線のあちこちで見かけます。白く似たような花がいくつかありますが、シコタンソウの特徴は間近で花をよく見てみると茶色と赤色の小さな斑点が付いていること、花弁は5枚になっていることです。

今回は稜線(2,700mから3,100m)で見られる花をお送りしました。このあたりは相応の体力が必要となってきます。3,000mの稜線を縦走しながら、高山植物の観察をじっくりするのもいいですね。

3回に渡りお届けした南アルプスに咲く高山植物はいかがでしたでしょうか?私自身、まだ見つけることができていない花がたくさんあります。種類が多すぎて、覚えきれていない花もあります。今年の夏はたくさん南アルプスの山々に行き、いろんな花を見つけて、何種類も覚えて、勉強していこうと思います。

ページ先頭へ↑

2019年04月11日自然に親しむ、現代版『東海道五十三次』

富士箱根伊豆国立公園 沼津 山田優子

皆さま、はじめまして!!

4月1日より沼津管理官事務所にアクティブ・レンジャーとして着任しました山田優子です。

静岡県に生まれ富士山をはじめ山と海に囲まれながら生活してきました。

この度、アクティブ・レンジャーとして自然を守るお手伝いが出来ることになりうれしく思っています。

沼津管理官事務所の管轄はとても広く、富士箱根伊豆国立公園の富士山の山頂部とその静岡県側、伊豆半島北半分と箱根の静岡県側になります。これから四季折々の情報をたくさん発信していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

今回は、先日初めて巡視に行った東海自然歩道について紹介したいと思います。

「東海自然歩道」は、東京高尾山から大阪箕面を結ぶ全長約1,700kmの長距離歩道です。日本の美しい自然や貴重な文化財を守り、多くの人々が足で歩いて自然の魅力にふれる健全なレクリエーションと情操教育の場として、昭和45年から整備されてきました。

 

この歩道は、沿線の自然保護をはかりながら、ハイキングを楽しめるように整備されています。野鳥のさえずり、清らかな渓流、木漏れ日が射し込む緑の林、めずらしい動植物の生態、そして由緒ある寺社や古墳などの文化遺産があります。 現代版の 『東海道五十三次』 となっているそうです。

【 標識看板 】

今回はその中で、富士宮市北部にある朝霧高原周辺の、静岡県と山梨県の県境バス停から割石峠(県境)誘導標識を登り、標識看板を左へ、根原口バス停までを周り戻ってくる1時間30分程のルートです。

沼津管理官事務所が管理する看板、木橋や、ロープ手すりなどをチェックしたり、木や石が登山道を遮っていないかなど確認しながら、登山道を進んでいきます。

【 玉雪 】

途中、切り株の根元にまだ雪が残っていました。発砲スチロールのような小さな丸が集まったような雪で

『玉雪』と言って、比較的あたたかい時期に降る雪です。なんだかかわいいですね。

【 バイケイソウ 】

『バイケイソウ』の芽も出ていました。『バイケイソウ』は6月から8月に、梅の花に似た緑白色の花を房状に多数つけます。葉は長楕円形で先が尖っています。若芽は山菜のオオバギボウシやギョウジャニンニクの若芽に似ていますが、有毒で、誤食すると血管拡張作用があり血圧低下を引き起こし重篤な場合死に至るのでお気をつけください!

木橋にクルミの殻が落ちていました。リスが上手に割って食べたのでしょうか?想像すると山歩きが楽しくなりますね。人々が足で歩いて自然と触れ合えるように整備されてきた自然歩道ですが、動物たちもこの歩道を使っているのでしょうか?

玉雪や植物の芽、動物の活動など、山の春を感じることが出来ました。

県が整備している新しく建設されたトイレです。

キレイで気持ちよく使えてトイレがあると女性は安心出来ますよね。

山から下りてくると正面に富士山が見えてきます。何十年も見てきましたがその存在に圧倒されますし、季節折々の顔があり見る場所によっても見え方が違い飽きませんね。

このコースは、普段登山をしない方でも短い時間で自然を感じながらいい運動になり、またこれから夏に向けて登山をしようと思っている方も準備運動におすすめです。

 途中、登山道が狭くなっている場所が何ヶ所かあるので、しっかりと足下を確認しながら楽しんでいただけたらと思います。

これから沼津の広い管轄を生かし、いろんな顔の富士山も随時お届けできたらいいなと思っています。

たくさんの人の意識に自然を大切に思う心や、「自然っていいなー」と思ってもらえるような活動をしていけるように日々がんばっていこうと思っていますのでよろしくお願いします!!

沼津管理官事務所 山田優子

ページ先頭へ↑

2019年04月11日トキ、繁殖中

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

<サクラと大佐渡山脈 2019.4.5. 撮影>

新潟県佐渡市では、4月に入っても雪が降る不安定な天気が続いていましたがが、ここ数日、だいぶ暖かくなってきました。トキの繁殖も順調に進んでいます。

今年は、佐渡の自然界で巣を作り、産卵の準備をしているペアが14組、すでに産卵し卵を温めているペアが7組確認されています。これから、ますます増えていくと予想されます。

<巣を整えているトキのペア 2019.3.25 撮影>

佐渡の自然界には、345羽のトキが生息していると推定されており、トキの巣立ち数は年々増加傾向にあります。今年の繁殖期は何羽のヒナが巣立つのでしょうか。引き続き、観察を続けていきます。

~おまけ~

渡りの途中、佐渡に立ち寄った旅鳥の「シマアジ」が加茂湖にいました。

佐渡の豊かな自然は、トキだけでなく、こうした渡り鳥たちも支えているようです。

<シマアジのオス 2019.4.2 撮影>

ページ先頭へ↑

2019年04月10日春の陽気にさそわれて(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 三瓶雄士郎

こんにちは!富士箱根伊豆国立公園管理事務所の三瓶です。

今年度も箱根の自然や魅力をお伝えできるように頑張ります。どうぞよろしくお願いします!

 都心部は先週末に桜が満開になり、いよいよお花見シーズン到来ですね。箱根でも、私たちの事務所がある湖尻地区(標高約780m)でも神奈川県や静岡県、山梨県の地域種「マメザクラ(別名:フジザクラ)」が満開になりました。

マメザクラ

さて、当所も所属している「箱根地域自然に親しむ運動実行委員会(環境省・神奈川県・箱根町・(公財)神奈川県公園協会・(一財)自然公園財団箱根支部)」が主催する★自然観察会が今年度も全9回を開催します。

今月23日(火)「スミレを探して春の仙石原を歩く」は環境所が主催で開催します。

 開催するにあたり、開催予定のコースを下見してきました。主なルートは「仙石原自然探勝歩道」という箱根ビジターセンターから箱根湿性花園まで行くことが出来るコースです。コースのほとんどは舗装路で、アップダウンも少なく、眺望も良く、春の満喫するオススメのコースの一つです。

仙石原自然探勝歩道(箱根ビジターセンターで配布しています)

このコースの魅力は、大涌谷を含む中央火口丘が一望できる景色、日当たりの良い南斜面で見られる季節の草花です。車通りも少なく、ゆったりと歩けるのもこのコースの魅力の一つです。3月末から続く暖かな日差しを受け、春に見られる花は満開。野鳥も活発に活動し始めたため、姿を沢山見ることが出来ました。スミレ類も満開な場所もあり、観察会まで花が残っていてくれるか多少不安ですが、春を満喫したなんとも贅沢すぎる下見でした。

コースの一部では南側に神山・大涌谷などの中央火口丘が見られます。

ノジスミレ

ミツマタ

春の陽気にさそわれて出てきた動物たち

今月23日(火)「スミレを探して春の仙石原を歩く」の自然観察会は、おかげさまで4月7日の時点で定員数を上回ったため、抽選とさせていただくことになりました。申込み締切は今月12日(金)までですので、参加希望の方は、お早めにお申込みください!※申込み方法は上記「自然観察会」リンク先を参照。

ページ先頭へ↑

2019年04月09日南アルプスに咲く花(亜高山帯編)

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

さて、前回の「南アルプスに咲く花(低山編)」に引き続き、今回は亜高山帯(2,400mから2,700m)にスポットライトを当てていこうと思います。

【ミヤマクロユリ】

何株も咲いていました

登山をされない方でも名前を耳にしたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。独特な色と黄色い斑点模様が特徴的です。「クロユリ」という種類もありますが、クロユリは低地草原に生育し、花を3個以上付けます。対して、ミヤマクロユリは亜高山帯や高山帯に生育し1個から2個ほどつけます。花の個数、生育している場所で見分けることができます。花言葉は「恋」と可愛らしいですが、香りは臭いようです。

【ミネザクラ】

桜を見るとやはり、心が和みます

山梨の市街地では葉桜になってきていますが、事務所がある芦安は標高が高いため桜が見ごろを迎えています。街でよく見られるソメイヨシノやエドヒガン等の花期は3月から5月くらいまでですが、標高が高い場所に咲くミネザクラの花期は6月です。街の桜が散った後でも、桜を楽しむことができます。街でお花見するタイミングを逃してしまった方は、山に登ってミネザクラでお花見をしてみてはいかがでしょうか?

【シナノキンバイ】

漢字では「信濃金梅」と書きます

このお花、見たことある!という方も多いのではないでしょうか。シナノキンバイは北海道、中部地方以北と広い範囲で見ることができる大変ポピュラーな花です。花がとても大きいため、1個でもかなり目立ちます。単体で咲いているというより、大群落で咲いているというイメージが強いです。

【ハクサンイチゲ】

日本の高山植物を代表するお花です

ハクサンイチゲは、本州の中部地方以北の範囲で見ることができます。亜高山帯にも高山帯にも咲き、生育地の範囲もかなり広いです。キタダケソウの生育地にも咲いており、形が似ているため見分けるのが難しい、と耳にします。見分けるポイントは葉の形です。ハクサンイチゲは先端が尖って大きく裂けていますが、キタダケソウは先端が丸み帯びていてさほど裂けていません。間違えないようにじっくり観察してくださいね。

生で見ると息を飲むほど美しい景色です

上の写真は荒川岳のお花畑です。黄色の点はシナノキンバイ、白の点はハクサンイチゲです。画像をクリックして大きくすると1つ1つの花がよく見えます。手前に見えるのも奥に見えるのも全て高山植物です。このお花畑を横切るように登山道があるので、間近で大大大群落楽しむことができます!このお花畑に来るまでにはかなりの時間を要しますが、この素晴らしいお花畑を見たら疲れも吹き飛びますね!

今回は亜高山帯(2,400mから2,700m)編をお送りしました。主に北岳では白根御池小屋から小太郎尾根分岐、二俣から八本歯のコル、荒川岳では駒鳥池付近から千枚小屋付近、荒川小屋付近から前岳南東斜面付近のお花畑、茶臼岳では易老岳から茶臼岳などが今回の亜高山帯の標高にあたります。このあたりは登山装備と体力が必要となってきます。時間に余裕を持って、小屋泊等を利用して高山植物を観賞するものいいですね。

次回は稜線(2,700mから3,100m)編をお送りします。お楽しみに♪

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ