ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年01月08日地蔵ヶ岳で初日の出

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、あけましておめでとうございます。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。今年もよろしくお願いいたします。

年末年始に1泊2日の行程で鳳凰三山へ行ってきました。鳳凰三山は地蔵ヶ岳(2,764m)、観音岳(2,841m)、薬師岳(2,780m)の総称です。1日目は韮崎市にある御座石温泉登山口から鳳凰小屋まで。2日目は稜線へ上がり、南アルプス市にある夜叉神峠登山口まで下りてきました。樹林帯では気温が低く、稜線では風が強かったものの、2日間とも快晴でした。今回は稜線で見ることができた絶景をみなさんにお伝えしたいと思います。

日の出前に小屋を出発。地蔵ヶ岳で初日の出を見るためです。辺りは真っ暗でしたが、ヘッドライトで照らしながら歩きます。樹林帯を抜けると、ザレ場になります。夏は砂浜のようですが、冬は雪が積もるため、多少歩きやすくなります。登り切り、オベリスクの直下で日の出を待ちます。

2019年初日の出

2019年初日の出

上がってきました!初日の出!日の出が上がるまで10分ほど待ちましたが、その10分が非常に長く感じられました...。ですが、素晴らしい景色を見ることができたので、頑張って登って、待って良かったと心から思いました。今年も安全に楽しく過ごせますようにと手を合わせ、地蔵ヶ岳を後にしました。

地蔵ヶ岳から10分ほど登ると赤抜沢ノ頭に着きます。赤抜沢ノ頭からは仙丈ヶ岳や八ヶ岳、白峰三山などの山々を一望することができます。

雪が付いて白く染まった北岳

△雪が付いて白く染まった北岳

北岳山頂は朝日に照らされて赤く染まっていました。左俣ルート(一直線に真っ白なルート)は真っ白ですね。左に見えるのは間ノ岳です。北岳同様、間ノ岳も白くなっていますね。

地蔵ヶ岳から薬師岳までのルートは樹林帯に入ることなく、ずっと稜線になるため風がダイレクトに当たります。冬山装備を万全にして入山しましたが、やはり寒いです。赤抜沢ノ頭から観音岳を経て、2時間ほど歩くと薬師岳に着きます。薬師岳からは日本高標高第2位の北岳、第3位の間ノ岳、農鳥岳を見ることができます。反対側を向くと、日本高標高第1位の富士山も見ることができます。

白峰三山

△白峰三山

10月に巡視で鳳凰三山へ行きましたが、約2ヶ月の間であっという間に冬の姿に変わりました。(参考:201811月7日更新「鳳凰三山巡視(後編)」)白く染まった白峰三山はとても雄大で、何度見ても圧倒されます。

年末年始は鳳凰三山ルート上にある山小屋がいくつか営業をしてくださるので、多くの方が登られていました。年末年始営業も終わると、再び、閉山したあとのような静かな南アルプスに戻ります。入山される計画を立てている方は事前の準備をしっかり行い、無理のない登山を行ってください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ