ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年5月

23件の記事があります。

2020年05月28日#STAYHOME 南アルプスのアクティブレンジャー業務

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

今回は南アルプス自然保護官事務所のアクティブ・レンジャーの業務について書きたいと思います。

■南アルプス国立公園の巡視および写真撮影、利用者指導

山梨県、長野県、静岡県の3県にまたがる南北に広い国立公園です。ご存じの通り、山深くひとつひとつの山がとても大きいので巡視にはとてもやり甲斐を感じます。亜高山、高山帯の巡視は6月から始まります。

雪渓を歩いたり、倒木をどかしたり、防鹿柵の作業を行ったり。ただ歩くだけではなく、ゴミ拾いや高山植物の開花状況の確認、ニホンジカの食害を見ながら歩きます。利用者(登山者)からはコースタイムを聞かれることが多く、会話する中で、「○○からの景色がすごくよかった!」、「また南アルプスに登りたい!」などの声をいただくこともあり、嬉しい気持ちになります。

■ホームページ等を活用した情報発信

このアクティブ・レンジャー日記や南アルプス国立公園ホームページ、国立公園SNS、野呂川広河原インフォメーションセンターの展示などがあります。

南アルプス国立公園ホームページ:http://www.env.go.jp/park/minamialps/

国立公園Instagramhttps://www.instagram.com/nationalpark_japan/?hl=ja

国立公園Facebook https://www.facebook.com/NationalParksOfJapan/

アクティブ・レンジャー写真展もツールの1つです。この写真展はアクティブ・レンジャーが主体となり、関東地方環境事務所管内の国立公園の景色や生き物を多くの方に紹介し、自然の素晴らしさや大切さを伝え、自然保護と適切な利用、国立公園、アクティブ・レンジャーの普及啓発を目的に行っています。昨年度は夏に野呂川広河原インフォメーションセンターで、冬は南アルプス市芦安支所で開催しました。

野呂川広河原インフォメーションセンターでの開催時には、北海道や九州など、県内外問わず多くの方にご覧いただきました。南アルプス市芦安支所での開催時には、地元の方が来られ、直接、写真の説明やエピソードなどお話ししました。来場者の反応を直に感じることができ、有意義な時間でした。どちらも南アルプス国立公園およびアクティブ・レンジャーの普及啓発になったと思います。

また、昨年はサントリーさんと連携し、「冒険手帳」を作成しました。

南アルプスは山深く、地元に住んでいても登ったことがない子どもが多いため、現地に行かずとも南アルプスの魅力が伝わるようにし、かつ子どもたちにも興味を持ってもらえるよう工夫しました。高山植物や地質・地形、ニホンジカ対策など幅広い内容を取り扱い、分かりやすく説明しています。水に濡れても破けない素材を使用しているので野外でも使えます♪

その他にもこんな業務があります。

北岳周辺で行われているライチョウ保護増殖事業の取り組みの1つ、「捕食者対策」で捕獲されたテンを下ろす業務、山梨県および長野県で行われているニホンジカ個体数調整のわな設置・見回りの同行、希少生物の違法捕獲パトロール、物品購入などの事務作業、季節ごとに行われる開山祭やイベントの対応など。

関東事務所では他にも20名ほどのアクティブレンジャーがおり、事務所ごとに業務の内容が異なります。ぜひ、他地域のアクティブ・レンジャー日記もご覧ください♪

アクティブ・レンジャー日記〈関東地区〉http://kanto.env.go.jp/blog/index.html

ページ先頭へ↑

2020年05月27日オオシマツツジ開花 大島(伊豆諸島地域)

富士箱根伊豆国立公園 竹下実生

こんにちは。伊豆諸島管理官事務所の竹下です。

大島では、5月中頃からホトトギスの声が聞こえ始めました。新緑の季節になると、ホトトギスは東アジアから日本へ渡ってきます。皆さんの周りでも、「特許許可局!(トッキョキョカキョク!)」という声が聞こえていませんか?

さて、ちょうど大島にホトトギスがやってきた頃、三原山ではオオシマツツジが開花しました。

大島温泉ホテル付近つつじ園の展望台から眺めるオオシマツツジと三原山

▲オオシマツツジと三原山(大島温泉ホテル付近つつじ園)

オオシマツツジは本州のヤマツツジの海岸型で、冬でも一部の葉を残す、半常緑の性質を持っています。

伊豆諸島の他に、伊豆半島の海岸部、紀伊半島の一部にも分布しているそうです。

オオシマツツジの茂みにやってきたシチトウメジロ

▲オオシマツツジの茂みの中を飛び回るシチトウメジロ

大島温泉ホテル付近のつつじ園には、背丈よりも大きなオオシマツツジの株が立ち並んでいます。

大きなツツジの下をゆっくり歩いていると、シチトウメジロの群れに出会いました。

シチトウメジロは、日本に分布するメジロの亜種ですが、本州のメジロと羽の色は同じです。

さかんに鳴きながら茂みの中を飛び回ったり、花の蜜を吸ったりしていました。

新緑の茂みを写した写真の中には、何羽のシチトウメジロが写っているでしょうか?

▲問題. この写真の中には何羽のシチトウメジロが映っているでしょうか?

突然ですが、ここで問題です。

上の写真の中には何羽のシチトウメジロが映っているでしょうか?

新緑の茂みの中には、3羽のシチトウメジロが隠れていました。

▲答え:3

答えは、3羽です。ちょっと簡単だったでしょうか。

秋、冬の緑の少ない時期は、黄緑の体色が目立って見えますが、今の時期は、おなかの白、頭から背中の黄緑色、翼の縁の影の色が、光の反射や枝葉の色になじんでカモフラージュになるのですね。

【ご注意ください】

令和2年5月25日、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除となりましたが、伊豆諸島の多くの島では、引き続き観光など不要不急の目的での来島自粛を呼びかけています(5月27日時点)。伊豆諸島への旅行を計画されている方は、各自治体のホームページをご確認ください。

ページ先頭へ↑

2020年05月27日【小笠原】コンクリート希少種

小笠原国立公園 玉井徹

世界遺産センター横の道路脇になんと・・・・!

国内希少野生動植物種がでていました。

シマカコソウというシソ科の植物です。

父島ではごくごくわずかにしか生育していません。

去年、近くに設置していた栽培個体の種子が飛んできて発芽したようです。

なんという、希少種魂!アグレッシブ過ぎる・・・

シマカコソウはランナーという、

長い茎をつるのように伸ばして、子株を作ります。

果たして、コンクリート上でこれからどのように生育していくのでしょうか、、

このように冬には白くきれいな花を咲かせます。

起源は、琉球諸島や台湾、中国に自生するヒメキランソウにあるようです。

玉井

ページ先頭へ↑

2020年05月22日【小笠原】現場に行く前のひと手間

小笠原国立公園 近藤希

はじめまして。

5月から小笠原自然保護官事務所でアクティブレンジャーとして働いています、近藤です。

小笠原には初めて来ました。父島に来て1ヶ月が経とうとしていますが、

通勤途中にバスの車内から見る、ボニンブルーに輝く海や夕日の美しさに日々癒やされています。

山登りにも動植物にも初心者で日々勉強中ですが、このアクティブレンジャー日記を通じて、

小笠原の魅力をたくさん発信していきたいと思います。

早速ですが、この写真は何をしているところでしょうか?

正解は、プラナリア対策のために靴底にお酢をかけているところ、です。

プラナリアのなかでも、特定外来生物である"ニューギニアヤリガタリクウズムシ"は

父島のほぼ全域に侵入しており、陸産貝類(カタツムリ)を捕食しています。

父島はプラナリアによる壊滅的な被害を受け、現在では南部のごく限られた地域でしか

固有の陸産貝類が確認されなくなってしまいました。

プラナリアはお酢やアルコールなどで死滅させる事ができます。

なので、現場に持って行く履物は毎回きれいに土や泥を洗い落とし、お酢をかけてから出発します。

少し手間がかかりますが、世界中で小笠原にしか生息しない陸産貝類を守るため、

と考えれば絶対に手は抜けませんね。

ちなみに私は最初この作業を見たとき、

靴にお酢をかけるなんてすごく足が臭くなりそう・・・と思ってしまいました。

ですが、これから現場に行く中で何回も行うことになる作業なので、

歯磨きみたいにやらないと気持ち悪い!と思うようになることでしょう。

せっかくの初更新が靴の写真だけというのも寂しいので、

先日の視察で出会った動物たちやきれいな風景もご覧ください。

【南島 扇池】

【ジニービーチ】

【スジヒメカタゾウムシの一種】

【カツオドリ】

外出自粛が続いていますが、この写真で少しでも小笠原の雰囲気を感じていただけたら幸いです。

ページ先頭へ↑

2020年05月22日尾瀬の日本百名山!

尾瀬国立公園 檜枝岐 細川有希

みなさんこんにちは!

関東ではアジサイが咲き始める梅雨の時期がやってきましたね。

福島県会津地方ではヤマブキやスズランが咲いている姿を見ますが、関東では見頃は終えたようで、同じ日本でも季節の巡りが遅れてやってくることを実感し、特別な気持ちになります。

今回は、尾瀬国立公園内の山について紹介します!

尾瀬の中には東北最高峰の燧ヶ岳(福島県域)と、至仏山(群馬県域)、会津駒ヶ岳(福島県域)の3つが日本百名山に入っています。

今回はそれぞれどのような山なのか紹介します。

【燧ケ岳】

標高2,356ⅿの東北以北の最高峰の山で、尾瀬を代表する成層火山です。山頂付近からは尾瀬沼や尾瀬ヶ原を見渡すことができ、国内有数のブナの原生林が広がる山麓付近では貴重な生態系が育まれています。

△広沢田代のワタスゲの群生

御池から入る登山道、尾瀬沼から入る長英新道、群馬県側から一番近いルートである見晴新道、ナデックボ道の4つのルートから登ることができますが、ナデックボ道はガレ場なのでおすすめできません。長英新道(約3時間30分)と、御池から入る登山道(約4時間)は比較的登りやすい道となっています。

ゆっくりであれば難しい登山ではありません。

途中に水場はないため十分な水分と携行食などを持っていきましょう。

私は汗っかきなので夏場は500mlペットボトルを3本持っていきます。

△燧ケ岳山頂から見た尾瀬ヶ原と至仏山

コンビニなどで売っているような膝丈くらいのカッパを一枚着ていらっしゃる方がおられますが、段差があるところで枝や岩にひっかかることがあるので、アウトドアショップなどで販売している上下に分かれたカッパの方が歩きやすいです。

【会津駒ケ岳】

標高が2,132ⅿあり雪解けが進む7月頃には山頂付近に駒大池が現れ、周辺にはハクサンコザクラが群生します。また、中門岳に延びるなだらかな稜線沿いには地塘が点在し、遠く広がる山並みと湿原の組み合わせが訪れた人を楽しませます。

△会津駒ケ岳から少し降りて望む中門岳方面

一般的なルートは滝沢登山口から登る約3時間半のコースです。コースの真ん中近くに水場があるので、そこで水分補給ができます。「駒の小屋」という山小屋に荷物を置かせてもらい約20分で頂上に向かうことができます。途中の水場以外には補給するところがないので、駒の小屋に宿泊する際は十分な水と自炊用の食料を持っていきましょう。(駒の小屋内でも水のペットボトルを販売しています)

ピンク色の小さなかわいらしい「ハクサンコザクラ」が近くで見られるので、是非撮影して思い出として残していただければと思います。

△ハクサンコザクラ

木道が非常に滑りやすいので(特に雨などで濡れている際)、下山中は滑って転ぶことを考えて身構えながら降りると受け身が取りやすいです。

【至仏山】

標高2,228ⅿの燧ケ岳と並び尾瀬を代表する山です。山体が蛇紋岩からなるため、登山道沿いにはカトウハコベ、ホソバヒナウスユキソウ、オゼソウなどの希少な蛇紋岩植物が見られ、山頂からは尾瀬ヶ原が見渡せます。

群馬県側にある山で至仏山の登山だけを目的とするなら鳩待峠登山口から入ることをおすすめします。鳩待峠登山口から山ノ鼻ビジターセンターまでは1時間ほどのコースでセンター付近に登山の入口があります。

3時間コースで、晴れていれば後ろに尾瀬ヶ原と燧ケ岳を一望することができます。

私が初めて登った際の印象は頂上付近が滑らかな標高なので、なかなかゴールが見えず階段の木道なので疲れてしまいまいした。

△ゴールが見えない木道階段

しかし、一度登るとどの程度の体力を残しておけばよいかなどがわかるので、山は一回ではなく二回以上登ることで楽しさが深まるのだと思いました。

初めて登る方も自分のペースで疲れる前にこまめに休憩を取りながら進めば、至仏山の魅力を十分に感じて楽しい登山ができると思います。

コース内に水場はありませんので、登山前と後にある施設で十分な水分を持っていくと良いでしょう。

△至仏山山頂から見た尾瀬ヶ原と燧ケ岳

以上、3つの山について紹介しました。

山は天候によってさまざまな景色を見せてくれます。快晴だったり霧で周りが見えなかったりと一回目ではやはり山のほんの一部しか知ることができないと思います。

もし、尾瀬の山に興味がありましたら一回だけでなく是非もう一度訪れてみてください。

ページ先頭へ↑

2020年05月22日小さな侵入者

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

<佐渡自然保護官事務所へ続く道沿いに咲くトビシマカンゾウ>

先日、佐渡自然保護官事務所内で、床を横切る小さな影に気が付きました。

影は、どうやら職員のデスク下に逃げ込んだようです。

一体何が侵入したのか。

デスク下をのぞいてみました。

ウロコに覆われた、でもツルッとした長い尾。

長い尾の持ち主は私に驚き、今度は私のデスク下に逃げ込みました。

これは捕獲のチャンス!

そーっと手を伸ばし、キャッチ!

影の正体は「ヒガシニホントカゲ」でした。

佐渡ではトキの繁殖期まっただ中ですが、このトカゲも繁殖期を迎えているようです。

のど元がオレンジ色の婚姻色に染まっていました。

小さな侵入者は私に捕まり、敷地内の草むらへ解放されました。

もう捕まるんじゃないよ。いい相手が見つかるといいね。

普段からよく目にするトカゲですが、婚姻色をじっくり見たことはありませんでした。

身近な自然に目を向け、耳を澄ましてみると、案外おもしろい発見があるかもしれません。

ページ先頭へ↑

2020年05月22日箱根GW明け5月の植物② (箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 山口光子

皆さん、こんにちは。

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の山口です。

前回に引き続き、今回も箱根でこの時期見頃の植物を紹介します。

コロナ禍は、少し落ち着いてきたようにも見えますが油断は禁物です。

何より箱根のある神奈川県は、まだ緊急事態宣言の解除が行われていません。

駐車場が閉まっているところも多いので、もう少しご自宅でお楽しみください。

今回の紹介はこちら。

【ブナの新緑】

ブナの木が一斉に芽吹いています。実は箱根周辺には、貴重なブナ林が残っているのです。

戦後の復興時、日本では木材の需要が増えました。その時ブナの木は、木材使用には適さない(腐りやすく、曲がりやすい)と伐採され、代わりにヒノキやスギが日本の山野には多く植林されました。ブナ林とヒノキ林の違いは、時間がたった今、顕著に現れています。

【台風災害後のヒノキ林地帯】

【同じ散策路のブナ林地帯】

材木としては役に立たないといわれたブナですが、今は「森の女王」と呼ばれます。大量の落ち葉で豊かな土壌を作り、そこに植物が多く根を張ることで土砂崩れを防止したり、ブナ林全体が高い保水力を持って森のダムとなり、山全体の環境を守っていたりもします。

5月という芽吹きの季節に、ブナ林での森林浴は最高に気持ちが良いですよ。

【ブナ林】

頭上だけでなく、足元にも目を向けると。

素敵な花たちもこの季節、箱根で咲いています。

【コイワザクラ】

【チゴユリ】

ぜひ来年にはブナの新緑やこの花たちを五感で味わってもらえますように。

今はSTAYHOME、写真で癒されてください。

箱根では現在も、公共の駐車場がほぼ閉鎖されています。

期間は5月31日までですが、場合によっては延長もありえます。

ご注意下さい。

「湖尻」にある箱根ビジターセンターHP →http://hakonevc.sunnyday.jp/

今後の親しむ運動イベント情報 →http://hakonevc.sunnyday.jp/shitashimuundou.html

ページ先頭へ↑

2020年05月20日【小笠原】オガサワラシジミを守る活動として

小笠原国立公園 坂田彩

皆さんこんにちは!!小笠原の坂田です。

小笠原の世界遺産センターの玄関先では

"オオバシマムラサキ"という小笠原固有の植物を育てています。

これは、近年母島でしか確認されていない小笠原固有の小型(全長12~15mm程度)のチョウである

"オガサワラシジミ"のために育てています。

このピンクとボニンブルーが素敵なこの子達↓のためです!!

【左:オガサワラシジミ幼虫 右:オガサワラシジミ成虫】

野生下で数が減っている国内希少動植物種でもあるオガサワラシジミ。

本州の多摩動物公園や新宿御苑では飼育下での繁殖(生息域外保全)を行っています。

その飼育には定期的にエサとなるオオバシマムラサキが必要です!!

本州でもその栽培に力を入れ取り組んでいますが、

夏は暑すぎ、冬は寒すぎて、オオバシマムラサキの栽培環境としては適していません。

オガサワラシジミの幼虫が食べるものに困らないように

必要なときに必要な分だけ新鮮な餌が確保できるように

世界遺産センタ-でもオオバシマムラサキを育て、本州に届ける取組を始めています。

でも、おいてあるだけではこの植物が何なのか?

何のためにここにあるのかわかりませんね・・・

新型コロナウィルス対策のため、現在小笠原の世界遺産センターは閉館していますが、

開館してお客さんがいらした時にわかりやすくなるように展示を作ってみました!!

世界遺産センターが開館した際には

是非来館していただき実際に見て、触れていただければと思います!!

今後も増やしていく予定なので、オオバシマムラサキの成長にもご期待ください♪

ページ先頭へ↑

2020年05月20日富士山は何色?

富士箱根伊豆国立公園 沼津 山田優子

みなさま、こんにちは。沼津管理官事務所の山田です。

沼津では連日夏日が続いています。先日、日の出直後に外に出ると冷たく澄んだ空気に包まれ、初夏の朝の空気を感じました。季節はいつの間にか夏に向かっていますね。

さて突然ですが、皆さんは山の絵を描くとき何色で書きますか?新緑の緑、紅葉の赤や黄色を使う方もいると思います。では、富士山はどうですか?青色で描く人が多いのではないでしょうか。

富士山富士宮口五合目から富士山を見てみましょう。

【 富士山富士宮口五合目からの富士山 】

少しも青くないですね。富士山は約1万年前に100回以上の噴火を繰り返して、今の富士山の形になったと言われています。登山道も、それ以外の場所も火山噴出物の一種である黒いスコリア(細かい穴の空いた軽石)に覆われています。ですから五合目から山頂を見上げると見渡す限り黒い山です。とは言っても、富士山の五合目より上にまったく植物がないわけではありません。写真を見ても分かる通り植物は生息していますが、山肌を緑に染めるほどの植物や木はありません。

では、富士山からの直線距離が約50キロ以上離れた恋人岬、達磨山から見た富士山はどうでしょうか?

【 達磨山から積雪前の富士山 】

【 恋人岬から積雪後の富士山 】

 

どちらの写真も青く見えますね。

同じ富士山を見ているのに、黒色に見えたり、青色に見えたり、なぜこのような現象が起きるのでしょうか?秘密は距離にあるようです。

富士山と自分との距離が離れることで、その間にはたくさんの空気が存在していることになります。

空気中には、水蒸気やチリなどの粒子がたくさん含まれています。太陽光は、青く見える波長の短いものから、赤く見える波長の長いものが混じりあっていますが、この中の波長の短い光は、空気中の粒子とぶつかりやすく、ぶつかることで光が四方八方へ屈折する特徴があります。

これにより、空気中の粒子にぶつかった波長の短い光が散乱し空いっぱいに広がることで、自分と富士山との間に青色のカーテンのようなものが見えているのです。

今の時期の富士山は、まだ山頂付近が雪深く真っ白な富士山です。夏の朝日に照らされた「赤富士」、真冬の朝夕に白い山肌に光が照らされて紅色に染まる「紅富士」など、季節や時間、天気によって、さまざまな色の富士山を見る事が出来ます。雲のかかり方によっても色んな顔を見せてくれるので、ぜひ色々な場所から富士山を眺めて比べてみて下さい。皆さんのお気に入りの富士山が見つかるはずです。

【 田貫湖から逆さ富士 】

現在、田貫湖ふれあい自然塾は新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、施設の休館をしております。イベントを楽しみにされていた方もたくさんいらっしゃると思いますが、安心して遊べる環境が整うまでもうしばらくお待ちください。詳しくは田貫湖ふれあい自然塾HPにてご確認下さい。

▼田貫湖ふれあい自然塾

http://www.tanuki-ko.gr.jp/

ページ先頭へ↑

2020年05月19日【お知らせ】南アルプスの山小屋等情報(5月19日)

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

コロナへの対応に伴う山小屋等施設の休止について519日現在の情報をお伝えします。最新情報につきましては各機関へお問い合わせください。

【環境省 直轄施設】

○野呂川広河原インフォメーションセンター

722日(水)まで休館。トイレやロッカー等の使用できません。

○北沢峠休憩所

<山梨県側>

201910月台風19号で発生した土砂崩れによって広河原-北沢峠間が通行止めにつき、開所しません。

<長野県側>

未定

問い合わせ先:南アルプス自然保護官事務所

【白峰三山周辺】

北岳山荘 広河原山荘 白根御池小屋 長衛小屋 両俣小屋

722日(水)まで休業

北岳肩ノ小屋

722日(水)まで休業

大門沢小屋

未定

農鳥小屋につきましては直接お問い合わせください。

【甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山】

七丈小屋

524日(日)まで休業

薬師岳小屋、南御室小屋

531日(日)まで休業

鳳凰小屋

610日(水)まで休業

夜叉神峠小屋、夜叉神ヒュッテにつきましては直接お問い合わせください。

【仙丈ヶ岳、塩見小屋】

馬の背ヒュッテ

2020年度休業

仙丈小屋、塩見小屋、北沢峠こもれび山荘

今後の方針は未確定

三伏峠小屋につきましては直接お問い合わせください。

【荒川岳、赤石岳、熊の平小屋】

千枚小屋、荒川小屋、赤石小屋、小河内岳避難小屋、中岳避難小屋、赤石岳避難小屋、熊の平小屋、百間洞山の家、高山裏避難小屋、椹島ロッヂ

2020年度休業

【茶臼岳、聖岳】

茶臼小屋、聖平小屋、横窪沢小屋

2020年度休業

【光岳】

光岳小屋

2020年度休業

小屋によってはテント場の利用も不可となっております。事前に確認するようにしてください。コロナウイルス感染拡大防止に協力し、みなさんに南アルプス国立公園を楽しんでいただけける日が少しでも早く訪れることを願っています。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ