ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2009年10月

3件の記事があります。

2009年10月21日世界自然遺産候補地ツアー

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

小笠原諸島は世界自然遺産の登録候補地です。
平成22年2月に推薦書を提出し、平成22年度中にIUCNが小笠原諸島に視察に来て、平成23年度に開催される世界遺産委員会によって審査され、登録か否か決定します。
詳しくは、http://ogasawara-info.jp/index.htmlをご覧下さい。

先日、小笠原住人向けに小笠原の世界自然遺産の価値を知ってもらうために、スペシャリストをお呼びしてイベントを開催しました。
今回は『ボニナイト(※)を見に行こう!』です。

小笠原諸島は海洋性島弧の誕生から成熟した段階に至るまでの一連の成長過程を記録した地層が陸上に大規模に露出しており、これらを詳細に観察することができる世界で唯一の場所です。
小笠原諸島の地質は、大陸地殻がどのようにして形成され成長してきたかを示す地球の進化過程の記録にほからならないのです。

…と難しい説明・資料等は聞いたり読んだりしたことがあるけど理解しがたい分野なので、実際に現場に行き専門家による解説を聴こう!というイベントです。
小笠原諸島の地質に詳しい金沢大学の海野教授を講師に、船に乗って父島をぐるっと回りいろんな所の地層を見ながら説明して頂きました。

普段私は船に乗ると海ばっかり見てイルカやクジラを探していますが、今回は海に背を向けひたすら岩肌を眺めてました。
海野教授の説明を聞いていたら、何気なく眺めていた岩肌それぞれに個性・歴史があるんだなぁと感じました。
いろんな岩の見分け方なども聞いたので、今後も海に出た時は海だけでなく地層も眺めてみようと思います。


※ボニナイト
ボニナイトとは、海洋プレートの沈み込みが始まって間もない時期(島弧の誕生期)にのみ発生する特殊な安山岩の一種です。
このボニナイトには、『単斜エンスタタイト』という輝石類が含まれます。
他にこの鉱物がよく含まれているのは隕石です。地球上の岩石ではボニナイトだけ含まれているとっても珍しいものなのです!
小笠原諸島は、海底火山の衝突による隆起・陸化によりこのボニナイトが世界で最も大規模に露出し、良い保存状態で残され観察できる地球上で唯一の場所なのです。

普段何となく眺めていたものが、何気に貴重なものなのです。

ページ先頭へ↑

2009年10月14日アホウドリになり隊!

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

もう日没は5時頃と秋の夜長が感じられるこの頃。
昼間はまだまだ暖かいですが、もう夜は涼しく感じます。

先日、地元の子供たちを対象に自然ふれあい活動を行いました。
今回は、アホウドリを知り隊!アホウドリになり隊!

北太平洋にアホウドリ類は、ガラパゴスアホウドリ・アホウドリ・クロアシアホウドリ・コアホウドリの4種います。
そして、ここ小笠原ではアホウドリ・クロアシアホウドリ・コアホウドリの3種見ることができるのです!
…と言ってもアホウドリを見るのはかなり稀ですが。
また、主に見られる場所は聟島列島と、なかなか父島母島に住んでいる子供たちは実物を見る機会がありません。
そして今、アホウドリ保護増殖事業として聟島への営巣地誘致事業を行っています。

なぜ、小笠原へアホウドリを誘致しなくてはならないのか?
アホウドリはどんな鳥なのかを勉強する為に、今回島の子供たちが集まりました。

まずは、ビジターセンターに展示してあるアホウドリ展を使って説明。
アホウドリの大きさは?何を食べているのか?など生態についてや、生息地である鳥島の現状やアホウドリの引っ越しについて学びました。

アホウドリのことを一通り学んだら、次は実際にアホウドリになってもらいましょう!
実物大の翼をみんなで作り、腕にはめ羽ばたいてもらい、風の抵抗などを感じてもらいました。
最後に2チームに分けアホウドリリレー
これは大いに盛り上がりました。

これをきっかけにアホウドリのことを好きになってもらえればいいですね。
この子供たちが大人になったら、きっと聟島はアホウドリでいっぱいになっていることでしょう。
島のみんなでアホウドリたちを見守っていこうね。

紙芝居に夢中な子供たち

ぱたぱたぱた~
アホウドリリレー

ページ先頭へ↑

2009年10月06日自然ふれあい活動

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

みなさんこんにちは。
台風14号が過ぎ去った小笠原は景色がガラリと変わりました。
山の木々は枯れ、さながら冬のよう…
海の中はサンゴが崩れ折れ、海底の砂が大きく移動し、沈船の形が変わったのもありました。
改めて、台風の力を思い知らされました。

そして、台風18号が本州に近づいていますね。
この台風はかなり勢力が強いみたいなので、沿岸地域にお住まいの方はお気をつけ下さい。

先日、台風が過ぎ去った数日後に地元の子供たちを対象とした自然ふれあい活動を行いました。
今回は海であそび隊!
島の子供たちの夏の遊び場は毎日海!しかも港近くの浅くても水深5mもある所!
しかも、そこにある堤防から飛び込んだりして遊ぶのが普通です!
ですので、今回は普段はあまり行かないビーチで海中観察などを行いました。

ボードにつかまってそぉ~と魚たちを観察。
そして見た魚などをスケッチしたり、
遊歩道を少し歩いて海と山の関係について勉強したり、
磯の生物を観察したり
と盛り沢山の内容でした。

台風後でしたので、開催できるか私たちも子供たちも不安でしたが、
海水もそんなに冷たくなく、濁りも消えて無事に行うことが出来ました。

子供たちも普段泳がない所をじっくり見れたので大満足な1日でした

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ