ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2010年03月04日松の植樹

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

富士箱根伊豆国立公園城ヶ崎海岸は、美しい松林の景観で有名な観光名所のひとつです。
しかし、マツノザイセンチュウの感染によって多くの松が枯れてしまうという事態が起こったため、地元の方々が「松を守ろう」と「城ヶ崎海岸の松と自然環境を守る会」を立ち上げ、松の木への防腐剤の樹幹注入をはじめ、松を守るための様々な作業をされています。
「松の植樹」もその一環で、毎年2月~3月に城ヶ崎海岸地区の小学校を卒業される生徒さん達に「卒業記念植樹」を行ってもらうことによって、松林の再生を目指しています。

先日、その「卒業記念植樹」に参加してきました。
少々風が強い曇天でしたが、2つの小学校の生徒さん39人の元気な声が作業場所に響き渡ると、そんな天気も気にならなくなりました。
生徒さん達は、会の方の「なぜ松を植えるのか」「どんな松をどのように植えるのか」という説明を聞いた後、4人ほどのグループに分かれてそれぞれ会の方々の指導の下、楽しそうに松を植えていました。
植えられた松は背丈40㎝ほどのものですが、これから生徒さん達の成長と共に元気よく背丈を伸ばしていくことでしょう。


一生懸命作業中です。

自分の松を植え終わった子が、お友達を手伝っている姿もありました。

植えられた松達は、日当たりの良い場所ですくすくと成長していくことでしょう。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ