ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2013年01月08日多彩な魅力の山 「三ツ峠山」

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

新年あけましておめでとうございます。
今年1年皆様に充実した情報をお届けできるように頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。


着任より1か月が経ちました。
ここ数年、冬を避け南半球と北半球を行ったり
来たりしていたので、5年ぶりの冬になりますが、
12月よりさっそく富士五湖の寒さの洗礼を受けています。



今回は昨年仕事納めに巡視に行った「三ツ峠山」
についてお話したいと思います。

皆様、「三ツ峠山」をご存知でしょうか?
富士山のほぼ真北に位置し、富士河口湖町、西桂町、
都留市の境界にある日本二百名山・山梨百名山です。


厳密には「三ツ峠山」という山はなく、
「開運山(1785m)」「木無山(1732m)」「御巣鷹山(1775m」
という三山の総称です。


古くは奈良時代から修験道の霊山として知られていますが、
●富士山の大展望
●ロッククライミングのメッカ
●高山植物

と多彩な魅力を持った、山梨県でも1、2の人気を争う
ハイキングの名所です。
また、近くには太宰治が滞在し「富嶽百景」を執筆した
天下茶屋もあります。


山頂に至るルートは複数ありますが、
この日は富士河口湖町側からの最短ルートを登りました。
このルートですと駐車場より片道1時間半でした。


シーズンオフということもあり、
ほとんどハイカーはいませんでした。
登山道は数日前に降った雪が凍っていました。



山頂付近の山小屋付近では(晴れていれば)
富士山の大パノラマが望めます。


あいにく山頂は見えませんでした(H24年12月28日撮影)



三ツ峠山には貴重な高山植物が数多く生育していますが、
近年シカの食害が見られるようになり、
それらの植物を守るために鹿よけの柵を設置しています。


中:柵の外側には柵に沿って鹿の足跡が・・・
右:鹿によって樹皮を剥がれた木
(H24年12月28日撮影)



今は柵の内外でそれほど違いは判りませんが、
新緑の時期になりますとおそらく違いが
はっきりと分かってくると思います。
またその時期になりましたら、比較できるような写真を
皆様にお届けしたいと思います。

冬場は登山道が凍結しているので、
お出かけの際は安全には十分にお気を付けください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ