ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2013年05月02日桜のあとのサクラ

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

今回は4月29日(月・祝)に開催された
自然に親しむ運動「スミレを探して春の仙石原を歩く」についてご報告します。
当日は見事に晴れ、すばらしいスタートを切ることができました。





この観察会は参加費(保険代)100円のみで箱根の自然を満喫できるとあって、
毎年ご好評をいただいており、今回も参加者は抽選でした。
参加者の皆さま、スタッフを合わせて80名を超える大所帯で出発です。

しかし、行動は班ごとなので、
箱根に詳しいパークボランティアのガイドから自然解説を聞くだけでなく、
質問もしやすいのが特徴です。





コースを進むにつれ、たくさんの種類のスミレに加え、
この季節だからこそ見られる植物にも出会うことができました。

中でも、ひときわ高い人気を博したのがこちらです。




スミレの女王といわれる「サクラスミレ」

一般的なスミレよりも大きく、色も鮮やかで桜のような花びらをしています。
サクラスミレとの出会いに多くの方が感嘆の声をあげ、
我も我もと撮影をしていました。

そして「今年も良い思い出ができました」とのお声をいただきました。
この観察会に参加して見るからこそ、サクラスミレに出会えた時の素晴らしさが一段と増すのだそうです。
素敵ことを言ってくださいますね。

参加者は8~84歳までと幅広い年齢層でしたが、
皆さま、仲良く楽しく元気よく!到着地点に到達することができました。

今後も様々な観察会を開催しますので、
ぜひ箱根の魅力を発見しに来てくださいね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ